パソコン(PC)の森

2020/031234567891011121314151617181920212223242526272829302020/05

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ISP(インターネットサービスプロバイダ)の選び方

【ISP(インターネットサービスプロバイダ)の選び方】

地域の配線網や住居の形態によって、ISDN、ADSL、光、KCTV
等使える回線が変わってきますが、

ISP契約しない事にはインターネットにはつなげません。

今回はISPを選ぶ時のポイントを書きます。



【ISPを選ぶ時のポイント】

【住んでいる地域で契約出来るISPをリストアップ】
とりあえず家電量販店へ行って、何処と契約出来るか見てきて下
さい。

大抵のISPの冊子が置いてあると思います。

まずは使えるISPを知らなければなりません。



【ISPの障害状況を調べる】
一番重要な事で、障害が起きた場合ネットワークを経由した全て
の機器
(ネット、電話、TV)が使えなくなる為、障害が起き難いIS
P
を選択しなければなりません。

安いからと言って、障害が頻繁に起きるISPでは支障が出ます。


ネット環境が無い場合は携帯端末やネットカフェで調べて下さい。

大抵地域 ISP名で検索すると管轄しているISPのHPが出てくるは
ずです。

出来れば公式HP以外のISPの障害情報も入手すると確実です。
(年経過で過去の障害情報を消す所があるので)



【契約内容を調べる】
回線の速度、同時接続台数、接続方式等で変わってくる為、詳しく
調べる必要があります。



【ネット電話の注意】
アナログ回線の電話は、一部の電話機を除き停電時に通話が出来
ます
が、ネット電話モデムに電源が入って無いと通話が出来ま
せん。

環境を良く考えて契約しましょう。



このBlogはBlogランキングに参加しています。
役に立ったと思った方はクリックをお願いします。




初心者総合へ戻る

TOPに戻る

| ネット関連 | 03:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント


TRACKBACK URL

https://pcnomori.blog.fc2.com/tb.php/48-6d81bd26

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT