パソコン(PC)の森

2020/031234567891011121314151617181920212223242526272829302020/05

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

PCパーツや関連小物の偽物について

【PCパーツや関連小物の偽物について】

最近Thermal Grizzly社製のサーマルグリスの偽物について話題
になりましたが、自作PC向けPCパーツや関連する小物には偽物が
出回る事があるので注意を一つ。



【サーマルグリス関連】

Thermal Grizzly社製 Kryonaut 1gの偽造品に対するご注意

代理店の親和産業が出した注意書きしていますが、某OCerによる
と製造企業から横流しを受けて正規パッケージに偽物を詰めて販
売している様なので、付属品で判断するしかないと言う事があり
ます。

買う前によく確認する必要があると考えて下さい。

↑のリンクで偽造品を販売している所が扱っているHalnziyeやA
RCTICのグリスも扱っていた為、偽造品が出回っている可能性が
ありますが、

Amazonだと特にHalnziyeのグリスの付属品がおかしい物が出品
されていたので注意して下さい。

公式サイトの製品ページと、他国のネットショップを見ると単体
で販売されるかヘラだけしかついてきません。


こういう小物の場合ネットオークションだけではなく怪しいネッ
トショップでも販売されることがあるので、購入する前に必ず
規代理店か公式のHP
、他のネットショップ等で付属品やパッケー
を確認して下さい。

万全を期すなら近くのPCパーツ店やCompmartが入っているエ
ディオンの様にPCパーツを扱っている家電量販店で購入する事で
すが、

近くに無い場合は、実店舗とネット店舗を両方持っているTukum
oの様なPCパーツ店のネット店舗で購入して下さい。



【CPU関連】
CPUの偽物は結構昔からありますが、よくある手口がヒートスプ
レッダ上にある製品を特定する為の印字を書き換えるリマーク
です。

例えばIntel CPUの場合以下の様に印字されていますが、
(注意:世代によって微妙に配置が違う)

1:著作権表示           (intelマーク その他)
2:CPUネーム          (Intel ® CORE™ i7 他)
3:モデルナンバー        (i7-8700 他)
4:スペックナンバー及び周波数  (SR3QS 3.20GHZ 他)
5:バッチナンバー        (L825DO11 他)

これらの印字を一度研磨して取った後、印字用の機器で別のCPU
の印字を書き込んで偽装
しています。


CeleronやPentiumをCore i7に印字を変えてオークションに流
していたり、最近ではAMDのBristol Ridge(A12)をRyzenに偽
装したり、

Ryzen 2xxxシリーズをRyzen 3xxxシリーズに偽装して流され
ていたりするので、オークションでの販売は特に注意が必要です。

恐らく出本は中国ですが、引っ掛かった被害者がジャンクとして2
次でオークションに出している事も多いので、裏面の画像の電子
部品の配置
を確認したり、AMDの場合は基板上にある装着位置を
合わせる為の△マークのサイズ
を確認して下さい。

保証に関する情報
尚Intelについては保証確認用のページで偽物か判断できる事があ
るのでバッチナンバーとCPUの基板に印字されている4桁のシリ
アルナンバー
を入力して確認して下さい。

偽物は大体バッチナンバーが適当な英数の羅列になっており、
「製品が見つかりませんでした」とそんなCPUは存在しないと表
示されるので。


ジャンク品扱いで出品されている物は特に注意が必要ですが、中
古品と書いているだけの物も警戒が必要だと考えて下さい。

特に新CPUで供給が不十分な場合に、ジャンクや中古扱いで変に
安い需要が高いモデルがオークションに流れる事があるので引っ
かからない様にして下さい。

此方も安全に買うなら中古も扱っているPCパーツ店で購入した方
が良いでしょう。



【グラフィックボード関連】
これも昔からたまに偽装品がオークションで流れていましたが、
グラフィックボードの場合専用のBIOSでGPUを制御している独
立したPCパーツな為、

BIOSの書き換えで上位モデルと表示が出るように偽装するのが良
くある手口です。

なのでGPU-Zの様なBIOSからデータを吸い出して表示するソフ
トだと判別できない事があります。


一応出力端子(D-sub、DVI、HDMI、DP)の配置をメーカー公式
HPの製品ページで確認すれば偽装品だと判別できる事もあります
が、画像がクーラー部分だけだったり、似た配置の下位モデルを
偽造されていると判断できません。

ベンチをまわしてみれば一発で分かりますが、その時点で引っか
かっている事になるので対策にはなりません。


グラフィックボードの場合は安全に買うなら中古品を扱っているP
Cパーツ店で購入するしかないですね。



製造場所が大陸関係の企業が多いせいか中国を元とした偽物、偽
装品が自作PC用のパーツや小物で出回る事があるので、物によっ
ては注意が必要だと覚えて置いて下さい。



このBlogはBlogランキングに参加しています。
役に立ったと思った方はクリックをお願いします。




総合情報に戻る

TOPに戻る

| ネット関連 | 21:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント


TRACKBACK URL

https://pcnomori.blog.fc2.com/tb.php/450-f771fda8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT