パソコン(PC)の森

2020/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312020/06

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

Win10で体験版のセキュリティソフトを使用している場合の注意

【Win10で体験版のセキュリティソフトを使用している場合の注意】

メーカー製やBTOPCにはマカフィー、ノートン、ウイルスバスタ
ー等の短期体験版が大抵ついていますが、

試用期限が過ぎても設定を変更せずノーガード状態で放置してし
まう事がある様なので注意を一つ



【Defenderは自動で有効にならない】
アンチウイルスソフトの体験版はソフト自体は正規のソフトウェ
アで、期間契約に必要なプロダクトキーを端折っているだけなの
で、Windows上からの認識は通常のアンチウイルスソフトと変わ
りません。

MSのDefenderは競合しない様に他社製のアンチウイルスソフト
がインストールされると機能を無効
にするのと、インストールさ
れた状態だと有効には出来ない
仕様になっています。

つまり、有効期限が切れた状態でも体験版がインストールされた
状態ではDefenderは有効にならないのでノーガード状態になる
訳です。


一応有料のアンチウイルスソフトは期限が切れたらポップアップ
で警告を出すのですが、メーカー製PCだとプレインストールソフ
トのポップアップに紛れる可能性があるのと、惰性で内容を見ず
にそのまま消したり内容を無視する事もある様です。



【Defenderを有効にする前に】
以下の方法で体験版のアンチウイルスソフトをアンインストール
して下さい。

スタートメニュー

Windows システム ツール

コントロール パネル

プログラムの下にあるプログラムのアンインストール

と進んでプログラムのアンインストールまたは変更を開いたらア
ンチウイルスソフトを探し、ソフト名の上で右クリックして出た
ポップアップを実行してアンインストールして下さい。



【Defenderの有効化】
スタートメニュー

Windows Defender セキュリティーセンター

又は

右下の吹き出しからすべての設定

更新とセキュリティ

左の項目のWindows セキュリティ

Windows Defender セキュリティーセンターを開く、又はWin
dows セキュリティを開く

と進んでセキュリティの概要を開きウイルスと脅威の防止を選択
したら、ウイルスと脅威の防止の設定の下の設定の管理を選択し、

リアルタイム保護クラウド提供の保護サンプルの自動送信
オンに切り替えて下さい。



【他社製のアンチウイルスソフトを入れたい時】
PC内にウイルス定義ファイルを置くソフトの体験版が入っている
場合【セキュリティソフトを複数入れると起きる不具合】で説明し
ている様に競合してエラーを吐く様になる為、

上記のDefenderと同様に体験版を先にアンインストールする必要
があると考えて下さい。



昔から期限切れの体験版のまま放置と言う事が結構ありましたが、
現状ハードの脆弱性も相まってマルウェアの脅威が増しているの
で今一度確認する様にして下さい。



このBlogはBlogランキングに参加しています。
役に立ったと思った方はクリックをお願いします。




総合情報に戻る

TOPに戻る

| ソフトウェア | 12:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント


TRACKBACK URL

https://pcnomori.blog.fc2.com/tb.php/415-a7490b29

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT