パソコン(PC)の森

2020/031234567891011121314151617181920212223242526272829302020/05

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

nVidiaのVGAでFreeSyncのディスプレイに対応

【nVidiaのVGAでFreeSyncのディスプレイに対応】

専用ハードがディスプレイに搭載されていないと使用出来ないと
していたG-syncですが、新しいドライバからFreeSync対応の
ディスプレイでも使用可能になった様です。



【関連記事】
「GeForce 417.71 Driver」公開。FreeSync対応ディスプレイ
でG-SYNCを利用可能にする「G-SYNC Compatible Monitors」
プログラム対応版




【FreeSyncとG-syncとは】
元々2009年に標準化されたノートPCのディスプレイのリフレッ
シュレートをGPUの入力に合わせて下げる事で消費電力を下げる
Ignore MSA(Main Stream Attribute)という、

組み込み向けのDisplayPort(eDP)の仕様を通常のDisplayPort
に採用する様にAMDが提唱し、

PC関連のビデオ周辺機器の業界標準化団体であるVESA(Video E
lectronics Standards Association)が標準規格として採用した
のがFreeSync(Adaptive-sync)です。

G-syncはnVidiaが同様な機能を専用ハードをディスプレイに搭
載する事で再現
したものなはずでした。


固定リフレッシュレートのディスプレイに対して性能が低いGPU
で描画能力が足りないと1秒間に描画できる枚数がリフレッシュレ
ート未満になってフレームスキップが起き、

動画等の描画がガタガタになるのですが、上記の機能はGPU側か
ら来る描画出力に対してディスプレイのリフレッシュレートを可
変にする
事でGPUの出力に合わせてディスプレイを描画できる様
になるので、

GPUの性能が低くても滑らかな描画に出来ます。



【今回の事で判明した事】
2015年2月の時点で専用ハードが必要なはずのに非搭載のノート
PCで動作した事で専用ハードは唯のデジタルコンテンツの著作権
管理用の為の物ではないのかと疑惑があったわけですが、

今回の解禁でそれが証明された事になりました。


やはりG-syncはIgnore MSAの流用だっただけなのかもしれま
せん。



【対応ディスプレイ】
G-SYNC MONITORS

nVidiの表記上G-SYNC Compatibleになっていますが、FreeSy
nc
の事です。


【Acer】
Nitro XV273K
XG270HU
XZ321Q
XFA240



【AOC】
Agon AG241QX
G2590FX



【ASUS】
MG278Q
ROG Strix XG248
VG278Q
ROG Strix XG258
VG258Q



【BenQ】
ZOWIE XL2740



まだ対応しているディスプレイは少ないですが、日本で発売され
ているディスプレイも含まれています。

恐らく今後も増えて行くと思われます。



専用ハード搭載でディスプレイが高額化していたせいだと思いま
すが、殆ど広まらなかったのでG-syncで囲い込みを諦めたのかも
しれませんね。



【ディスプレイ関連】

fpsとリフレッシュレートについて


このBlogはBlogランキングに参加しています。
役に立ったと思った方はクリックをお願いします。




総合情報に戻る

TOPに戻る

| ハードウェア | 23:22 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ソフトの記事依頼について

他社から別のソフトの記事を依頼された時にも書きましたが、

何らかの事柄についてソフトの使用が必要な場合はソフトの使い方と
共に説明を載せますが、必ずしも必要としない場合は載せるとしても
軽い説明とソフトへのリンクまでです。

基本的に消費者視点を信条としていますので、依頼での執筆は受けて
いません。

ご了承下さい。

| nim26 | 2019/01/18 23:52 | URL |















非公開コメント


TRACKBACK URL

https://pcnomori.blog.fc2.com/tb.php/398-d05d3dd0

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT