パソコン(PC)の森

2020/0112345678910111213141516171819202122232425262728292020/03

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

Intelが機器調査会社に悪質な調査結果を書かせる

【Intelが機器調査会社に悪質な調査結果を書かせる】

Intel第9世代Coreプロセッサーが売れないとよほど困るからなの
か分かりませんが、

本来外部の第3者では無いと駄目な機器調査会社に意図的に差が付
く構成でデータを取らせた上でIntelのCPUの方が性能がだいぶ上
であると言う報告を作らせているのが発覚した様です。



【関連記事】
1The Core i9 Gaming Benchmarks Intel Commissione
d Against AMD Are a Flat Lie

2Intel's i9 9900K vs Ryzen 2700X Gaming Benchmark
s Are Misleading, Period

3Intel Stands Behind Controversial Tests That Favored
Its CPU Over AMD's

4Follow-Up Interview: Principled Technologies on Inte
l Testing Concerns


5Principled Technologies Releases Updated Test Resul
ts

6New PT Data: i9-9900K is 66% Pricier While Being J
ust 12% Faster than 2700X at Gaming




【特定サイトから来た方への注意】
記事を無断転載した上に掲示板のスラングでレッテルを張ってく
るサイトからリンクが張られていますが、ここは特定のメーカー
に与する事はありません。

一般消費者やユーザーが必要とするであろう情報を載せる事を主
としており、問題があるならどのメーカーについても書きます。

被害を受けるのは情報を持たず判断し難い一般消費者なので。



(2018/10/16追記)
PCパーツ店が店舗で予約を開始した様ですが、どうやら訂正前の
悪質なデータのグラフ
を利用して広告を出している様です。

景品表示法の有利誤認と優良誤認、風説の流布による信用棄損で
問題になる可能性があります。

店舗で見かけたら海外の記事を根拠にして店員に忠告した方が良
いと思われます。

騙される消費者が出ると思われるので。



(2018/10/14追記)
細工が暴かれたので再計測した様ですが、8Coreにしただけでメ
モリの細工もクーラーの変更も行っていません。

12%まで差が縮んでいますが、メモリの細工を止めて同周波数に
し、CPUクーラーもNH-U14Sに変えた場合もっと差が無くなる
のは確実ですし、

場合によっては逆転している可能性もあります。

本当に往生際が悪いですね。



【問題の細工について】
話題になっているのはCore i9 9900KとRyzen7 2700Xについ
てですが、酷いLVで偏った環境でデータを取っている為、何の参
考にもならないデータになっているのですが、

パーツの知識が無くベンチマークの数値やグラフしか見ない消費
者を騙す事は可能となっている
のでかなり悪質です。



【細工している部分】
【Ryzen7 2700XのCore数をツールで半減】
AMDのRyzen CPUはRyzen Masterと言うツールで周波数や電
圧、Core数を変更できるのですが、

どうやら8Coreを↑のツールで4Coreに変更した上で計測してい
た様です。

Core i9 9900Kは8Coreのまま計測しているので比較している時
点でおかしいと言う事になります。



【メモリの周波数を合わせずに計測】
記事1を見るとPrincipled Technologiesが出した数値をグラフ
にし、更にサイトが計測した数値をグラフにして並べていますが、

明らかにIntel CPUの数値がメモリOC状態で計測したものと言う
事が分かるのと、AMD側はNative 2133のDRAMのOCメモリを
デフォルトで動作させて数値が低くなる様にしている事が分かり
ます。

9900Kはベンチの公表を禁止しているので比較は8700Kですが、
おかしな数値になっている事が理解できると思われます。

Paid Resulが意図的な構成で計測したグラフになります。


(2018/10/14追記)
どうやらデュアルランクのメモリを4枚挿して意図的に1866まで
速度を落とす細工もしていた様です。



【2700Xだけリテールクーラーを使用】
9900Kの方は排熱能力がTDP220W以上対応の高性能社外CPUク
ーラーのNoctua NH-U14Sを使用し、

2700Xの方はTDP120W程度までしか対応していないリテールク
ーラーのWraith Prismを使用しており、

排熱能力で差をつけて性能に差が出る様にしています。

RyzenはCPUクーラーの性能によって自動OCするXFRと言う機
能がある為、性能が上がらない様にする為だと思われますが、温
度が高い、OC出来ないと言うネガティブキャンペーンにも使用す
るのではないかと考えられます。



【ディスプレイ解像度をFHDだけで計測】
Intel CPUはRyzen CPUと比べて高解像度になるほどベンチの処
理結果に差が無くなり、

WQHD(2560 x 1440)、4K(3840 x 2160)と高くなると逆転
してRyzenの方が数値がよくなることがあります。

つまり、意図的にFHDだけで計測させたと言う事です。



【機器調査会社について】
今回悪質な報告書を作成したPrincipled Technologiesですが、
Intelの公式サイトで製品紹介の資料がここで作られている事に気
が付くと思います。

エグゼクティブ・サマリー: 素晴らしい組み合わせの調査(PDF)

第3者的に検証結果を出していますが、今回の事を考えるに以前か
Intelとズブズブの関係で、

Intelに都合の良い様に他社製品に細工をした状態で試験をして報
告を出していたのかもしれません。


ビジネス取引で業者がここが作成したパンフを持ってきたり資料
でプレゼンをした場合、参考にならないと考えた方が良いかもし
れません。



日本でIntelは日常的に提灯記事を広告企業に書かせているので慣
れていますが、ここまで露骨だと本当にイラっと来ました。

第3者に見せかけて消費者や取引先を騙す行為は本当に悪質なので、
引っ掛からない様に警戒した方が良いと思われます。



このBlogはBlogランキングに参加しています。
役に立ったと思った方はクリックをお願いします。




総合情報に戻る

TOPに戻る

| ハードウェア | 19:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント


TRACKBACK URL

https://pcnomori.blog.fc2.com/tb.php/384-6dcb977d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT