2018/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312018/09
【NetSpectreについて】

これまでの脆弱性はサイトに使われているjavascriptやマル
ウェアによる攻撃で突かれるモノでしたが、

どうやらネットに接続しているだけで被害が出る攻撃方法が
見つかった様です。



【関連記事】
1:New NetSpectre-Class Attack Raises Device-Hard
ening Concern

2:New Spectre attack enables secrets to be leaked o
ver a network

3:NetSpectre — New Remote Spectre Attack Steals
Data Over the Network

4:NetSpectre: Read Arbitrary Memory over Network
(論文)



【内容】
攻撃の内容としてはV1と同様なのですが、攻撃方法が違い
ます。

V1の場合javascript等でコードを実行しなければなりません
でしたが、今回はIntel CPUに実装されているAVX2の回路
で処理する時に使用しているメモリ領域に対してネットワー
ク上から攻撃用のデータを送信するだけ
で、

V1と同じ方法で情報をカーネルメモリから取得する事が出来
ます。


この方法の場合1時間当たり60bit(7Byteちょっと)しか取得
できませんが、Intelの場合V2でメモリアドレスが解析出来て
おり、ピンポイントで狙える
ので十分脅威になります。


サーバも問題になりますが、被害を受けているか分からない
ので、個人も普通にターゲットになると考えて下さい。



【対象のCPU】

IntelのSandy Bridge以降のAVX2対応のCPU全て



【対処法】
公表自体は現状一番新しいですが、実は今年の早い段階で
緩和パッチが出ています。

なので、現状出ている脆弱性緩和用のマイクロコードは必ず
当てて下さい。


完全に対策出来る訳では無いですが、何の痕跡も残らない
のでノーガードで情報漏洩した時に被害が甚大になる可能
性がある事を考えるとパッチを当てないという選択肢は無い
と考えて下さい。



今回の脆弱性に関しては既に緩和策がよういされています
ので、今までのパッチを当てていれば慌てる必要はありませ
んが、

IDやPASS等の重要情報の取り扱いにはより気を付ける様に
した方が良いでしょう。

必ず防げるとは限らないので。



【SpectreとMeltdown関連】

Intel CPUの致命的な設計不良によるセキュリティ問題
Spectre PrimeとMeltdown Primeについて
SpectreとMeltdown用調整BIOSの配布リスト
IntelのハードウェアセキュリティSGXの脆弱性BranchScopeについて
Spectre Next Generationについて
Spectre Next Generationについて2
Intel CPU及びARM対象のSpecterの新しい亜種について
SpectreRSBについて

Intelの脆弱性に対するApril 2018 Update(1803)用マイクロコード
Intel CPUの浮動小数点演算回路部分の脆弱性について

AV-TESTがSpectreとMeltdownを利用したマルウェアを収集
中国からのSpectreとMeltdownを利用した攻撃に警戒を


このBlogはBlogランキングに参加しています。
役に立ったと思った方はクリックをお願いします。




総合情報に戻る

TOPに戻る
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバック URL
https://pcnomori.blog.fc2.com/tb.php/373-418122f3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック:
成長因子