2018/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312018/11
【Intelの脆弱性に対するApril 2018 Update(1803)用マイクロコード】

4月末に1803を出しましたが、Intel CPUの脆弱性に対する
1803用のマイクロコードを配布開始した様です。



【MS公表リスト】
KB4100347: インテルのマイクロ コード ・ アップデート



【マイクロコードの内容】
Spectre V2に対する緩和用マイクロコードを1803用に変更
した物です。

自動であたる様になっていますが、自動更新を止めている場
合は手動
で当てて下さい。

ノーガードは加害者になる可能性があるので止めましょう。


尚、何らかの原因で当たらない事があると言う事もあるかもし
れませんので、一応コンパネからプログラムのアンインストー
ル→左上のインストールされた更新プログラムを表示と進み、

KB4100347がインストールされているか確認して下さい。



【MS公式サイトの誤翻訳について】
何か酷い翻訳になっていますが正しくは↓になります。

コーヒー湖    :Coffee Lake
Kaby 湖     :Kaby Lake
キヅタ ブリッジ :Ivy Bridge
砂のブリッジ   :Sandy Bridge

笑ってはイケマセン



【SpectreとMeltdown関連】

Intel CPUの致命的な設計不良によるセキュリティ問題
Spectre PrimeとMeltdown Primeについて
SpectreとMeltdown用調整BIOSの配布リスト
IntelのハードウェアセキュリティSGXの脆弱性BranchScopeについて
Spectre Next Generationについて
Spectre Next Generationについて2
Intel CPU及びARM対象のSpecterの新しい亜種について
Intel CPUの新たな脆弱性L1 Terminal Faultについて

Intel CPUの浮動小数点演算回路部分の脆弱性について

AV-TESTがSpectreとMeltdownを利用したマルウェアを収集
中国からのSpectreとMeltdownを利用した攻撃に警戒を
DAWGは現行のCPUとは関係ない


このBlogはBlogランキングに参加しています。
役に立ったと思った方はクリックをお願いします。




総合情報に戻る

TOPに戻る
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバック URL
https://pcnomori.blog.fc2.com/tb.php/360-759fac4a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック:
成長因子