2018/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312018/09
【Intel Remote Keyboardの脆弱性について】

2015年の6月にIntelが公開していたスマートフォンからPC
に入力できるソフトウェアキーボード & マウスのRemote K
eyboardに外部から干渉出来る脆弱性が発見された様です。



【関連記事】
インテルの「Remote Keyboard」アプリに深刻な脆弱性--
提供を終了




【Intel Remote Keyboardとは】
3年前にIntelが出したWindowsやLinuxのPCにAndroidやi
OSの携帯端末で文字入力やマウス操作が出来るアプリケ
ーションソフトウェアの事です。

無線LAN(Wi-Fi)ルーターで構築されたLAN内に専用のソフ
トを入れたPCに対してスマートフォンから操作が可能になり
ます。



【問題部分】
同じLAN内にいる関係ない他者からも入力が出来てしまう
また管理者権限でコードを実行できる脆弱性が発見されて
おり、

PASSの必要が無い公共無線LANに接続したり、リモートPC
系のマルウェアに引っかかった場合にPCを外部から操作さ
れる可能性があります。


尚、全てのバージョンに同様の脆弱性があるので、バージョ
ンを変えても意味はありません。



【対策】
Intelが脆弱性の改修を放棄してソフトの公開を停止したので
待っても対策されません。

PCとスマートフォンからRemote Keyboardをアンインストー
ルして下さい。



前から公開を停止する予定だったと言う事ですが、単純にC
PUの脆弱性対策で構ってられないと言う感じかもしれません。



このBlogはBlogランキングに参加しています。
役に立ったと思った方はクリックをお願いします。




総合情報に戻る

TOPに戻る
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバック URL
https://pcnomori.blog.fc2.com/tb.php/354-29ca66d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック:
成長因子