2018/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312018/09
【Windows 10で大型アップデート後に確認する事】

Windows 10から定期的に仕様が変わる大型アップデートが
行われる様になっていますが、アップデートの仕方の仕様か
らくる問題があるので、大型アップデート後に確認をする必
要があります。



【Windows 10の大型アップデートは上書きインストール】
初めから10をクリーンインストールをしていると分かりやすい
ですが、大型アップデート後にローカルディスク(C)を確認す
るとWindows.oldが出来ています。

Windows.oldはアップグレード時に出来る前のバージョンの
OSのデータが格納されるフォルダです。

つまり、大型アップデート時にアップグレードと同様に上書き
インストールをしている
と言う事です。

だから、以下の様な問題が起きます。



【引き継がれないソフトが出る事がある】
OSのバージョンが変わった時にインストール情報が消えてシ
ョートカットの残骸だけ残っている事があります。

手動で再インストールしないと使用する事が出来ません。

ノートンの様なセキュリティソフトや、古いバージョンのMS Of
ficeの様なMSのビジネスソフトですら外れる事があるので、

大型アップデートが当たった後はコントロールパネルからプロ
グラムのアンインストールまたは変更
を選択してインストール
されているソフトを確認
して下さい。

消えている場合は手動で再インストールが必要です。


スタートメニューのWindows システムツールの中にあるアイ
コンか、【Windows8でコントロールパネルの起動の仕方】で
説明しているショートカット経由でコントロールパネルまで進
んで下さい。



【インストールされていても機能しないソフトが出る事がある】
起動もするしUIも表示されるが機能が正常に働かない、と言
う事があります。

大幅アップデート時は構造も変わっている事があるので、ソ
フトによっては正常に動作しない事があります。

その様な場合は対応バージョンが出るまで待って新しいバー
ジョンのソフトをインストール
して下さい。



【古いソフトに必要なライブラリが無くなっている事がある】
上記で大型アップデート時はアップグレードと同じと書きまし
たが、データと後入れのソフトは引き継いでもシステムデー
タ部分は新しいのを入れ直している
ので、

システムデータとして置いているソフトに使用するMSのライ
ブラリが新しいものしか入っていない事があります。

必要なライブラリが入っていないとエラーを吐いて起動できな
いので、古いバージョンのライブラリをインストールしなければ
なりません。


MSのライブラリの場合多少古い程度なら警告と共にインスト
ールするか聞いて来るので、警告文に従ってインストールし
て下さい。



【ドライバが消える事がある】
Anniversary Updateの頃よりはましになりましたが、内蔵
機器、周辺機器問わずドライバ消えて使用不能になる事が
あります。

プリンターを使用しようとしたら認識が消えていた、と言う様
な事がありますので、大型アップデート後は周辺機器や内蔵
機器を認識しているか確認
して下さい。

オディーオドライバが飛んで音声が出なくなったりする事もあ
る様なので、PCメーカーやMBメーカーのサポートページでド
ライバをダウンロードできる様にしておいた方が良いですね。



Windows 10から大型アップデートが自動になっており、いつ
の間にか当たっていて問題に直面する人が定期的に出てい
る様なので、

大型アップデート時はソフトやドライバを再インストールする事
が必要な時もある、と覚えておくと良いと思います。



このBlogはBlogランキングに参加しています。
役に立ったと思った方はクリックをお願いします。




総合情報に戻る

TOPに戻る
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバック URL
https://pcnomori.blog.fc2.com/tb.php/345-f9ad697d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック:
成長因子