2018/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312018/11
【PCパーツのネット上の情報に注意】

自作PCを組もうと考えたり、BTOのタワー型PCを購入しよう
とする前にネット上で情報を収集しようと検索を掛けると思い
ますが、

上位に誰でも書き込める掲示板が出る事も多いと思われ
ます。


今回は誰でも書き込める掲示板の書き込まれている情報に
付いての注意点を書きます。



【書き込まれている情報に問題がある】
基本的に誰でも書き込める掲示板の場合不特定多数で、知
識量の違う者が書き込むことになる為、正否が入り混じる事
になる訳ですが、

意図的に間違った情報で誘導しようとする書き込みが存在し
ているので、掲示板上の情報は注意が必要です。


書き込まれた情報を鵜呑みにせず下記の特徴が出ていない
か確認し、出ている書き込みだと判断できる場合は無視して
実際の使用者の情報を探して下さい。

尚、レビューについての注意点もあるので個人レビューの注
意点
を参照しつつ確認して下さい。



【意図的な書き込みの特徴】

【買い煽り】
まず知っておく必要があるのは、書いているのは個人ではな
くチップを製造しているメーカーと契約しているネット工作企
と言う事です。

PCは道具であり、自作PCでは勿論BTOPCでも自分の用途
に必要な性能の物を選択するのが当然な上に、

PCを構成するパーツは合計で5万は超える為、ある程度の
年齢の者の書き込みが殆どとなります。

子供ではないので大半が他者のPCに対して羨望したり貶め
たりしません。


だから特徴として出るのですが、他者が使っているパーツ又
は使用者自体を貶め、高額なハイクラス~ハイエンドのパーツ
やパーツの搭載されたPCを買う様に誘導
する書き込みをし
ています。

例えばGTX 1060なんてゴミ1080以上が普通や、1060しか
買えない貧乏人とユーザーを貶める。

CPUでもi7を買うのが当たりi5以下は無駄等、用途に対す
る必要性能を無視して高い物を買わせようと誘導
します。


変にユーザーを貶めていたり用途に対して過剰な高額パー
ツを使用する事が当然であるかの様に語っている書き込み
があった場合は別の場所で情報を確かめる様にしましょう。



【製品の不具合を隠蔽しようとする】
上記同様に個人ではなく企業の書き込みになります。

何らかの不具合が出ているという情報が集まっている時に具
体的な内容に触れず、

おま環(お前の環境だけの問題)と決めつけてユーザーを罵っ
たり、

問題を公表しないまま販売したり、ユーザーに対する対応に
問題がある時にメーカーを叩いている被害者に対してクレー
マーとレッテルを張ったり
と、

あからさまなメーカー擁護の書き込みをする事があります。


例えばGTX 970が出した時に構造上に欠陥があり、問題が
出ていたのですが、

ユーザーが上げていた情報に対しておま環と決めつけ、海
外で原因が発覚した後は被害者に対してキ〇ガイクレーマ
ーとレッテルを張る書き込みをしてメーカーの言い訳が正し
いかの様にユーザーを貶めていました。


不具合の情報が載せられていた時に、変にメーカーを擁護す
る書き込み
が見らた場合は、海外の情報サイトで確認して下
さい。

日本の広告系企業は広告元であるI社N社都合の悪い
情報は載せない
か、かなり遅れて載せるので、全く役に立ち
ません。

擁護の書き込みがある場合は事実の可能性が高いので、海
外の情報サイトで情報を追った方が良いです。



【ネガティブキャンペーン】
買い煽りにも関係しますが、嘘を書いて契約しているメーカー
の製品が優位であるかの様に書いている事があります。

特徴として日本の広告企業に書かせたバイアスの掛かった
一切参考にならない記事を根拠
にして嘘を書いたり、

製品とは一切関係ないシェアや株価、決算情報を出してメー
カー自体を貶めている事があります。


尚、企業による書き込みを誤魔化す為に嘘を書いている書き
込みに対して自演でニートやキ〇ガイとレッテルを張って
人がネガティブキャンペーンをしている様に装う
事があるので、

上記の特徴が出ている書き込みがある場合は、アスキーア
ートやレッテルの書き込みがセットになっていないか前の方
の書き込みを確認して下さい。



【意図的な書き込みの全体的な特徴】
基本的に掲示板で書き込みをしているユーザーに向けてい
るのではなく、情報を求めて検索してたどり着いた素人に対
して嘘を広める為の書き込みなので、外部に情報を拡散する
為の書き方
になっています。

だから同じ事を何度も書いているのも特徴です。



意図的な書き込みは基本的にメーカーが商品を買わせる為
の誘導広告であり、全く消費者の事を考えていません。

惑わされない為に、情報の取捨選択が出来る様にした方が
良いと思われます。



このBlogはBlogランキングに参加しています。
役に立ったと思った方はクリックをお願いします。




総合情報に戻る

TOPに戻る
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバック URL
https://pcnomori.blog.fc2.com/tb.php/336-3fec4c6d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック:
成長因子