パソコン(PC)の森

2019/051234567891011121314151617181920212223242526272829302019/07

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

WindowsのISOとインストールメディアの作り方

【WindowsのISOとインストールメディアの作り方】

Windows 10の無料アップグレード提供が終わってから1年とち
ょっと過ぎましたが、大型アップデートが何回かあたって変更さ
れています。


10から機種の対応できるバージョンで大型アップデートを入れら
れる限界が違うと言う話なので、

修理で前のOSになって戻って来た時やリカバリ後に再アップグレ
ードは、機種が対応しているバージョンのインストールメディア
を使う必要があるのですが、

公式のが配布しているインストールメディアを作成するツール(M
ediaCreationTool)は大型アップデートが提供される度に最新の
バージョンに変わっているので、

ツールを予め作っておかないと公式のツールでは任意のバージョ
ンのインストールメディア作れません。


今回は公式のツールを使わない、任意のOSのインストールメディ
アを作成する方法を書きます。



【WindowsのISOの落とし方】
まずはインストール用のデータが必要なので、ISOを入手する必
要がありますが、直接の場所が探し難いので、ツールを使ってダ
ウンロードします。

MS内からダウンロードするリンクソフトなので、外部から入手し
ているわけではありません。


【注意】
PCを持っているかパッケージ版、DSP版を購入して所持している
者が、修復や更新プログラムが入った状態のISOを入手する為の
ツールなので、

プロダクトキーを持っていない者が無料で使用出来る訳ではあり
ません
ので、勘違いしない様に。


後、基本的にディスクメディア(DVD)用なので、4GB超えている
事があります。



【ISOダウンロードツール】

Windows ISO Downloader

Download: Windows ISO Downloader.exe

サイトを開いたら、↑の様に書かれているリンクを選択してダウ
ンロードして下さい。

広告に書かれたDownloadに引っかからない様にして下さい。



【ツールの使い方】
このツールはインストールせずに実行ファイルだけで使用でき
ます。

起動するとPCの処理能力の一部をネットを介してHeiDoc.netに
貸す事に参加するかどうか聞いてくるので、

I Disagree Don't use my resources

一応↑で拒否して下さい。

任意で機能も制限される訳で無いので参加する必要はありません。


ISOのダウンロードツール(1)(クリックすると拡大)
起動したら右の項目にあるWindowsのバージョンにチェックを入
れるとバージョンとエディションの選択が出来る様になるので、
必要なバージョンを設定します。

基本的に10の場合はWindows 10 Home/Proを選択して下さい。


Educationは教員や学生等の教育機関向けのバージョンです。

大学等で供給を受けている場合はこちらの方が良いでしょう。


Single Languageは1言語だけ入っているバージョンで、デフォ
ルトの言語が固定されている新興国、特定の国、アカデミック版
のエディションで、日本では販売されていません。


N Home/ProEducation N欧州の公取に引っかかったMSの
ソフト(Windows Media Player等)を省いたエディションなので、
日本では販売されていません。


KN Home/ProEducation KN韓国の公取に引っかかったM
Sのソフト(Windows Media Player等)を省いたエディションな
ので、日本では販売されていません。


Home chinaChina Get Genuineは文字通り中国向けなので、
日本では販売されていません。


ISOのダウンロードツール(2)(クリックすると拡大)
エディションを選択して確認を押すとデフォルトの言の選択が出
てくるので、日本語に設定し確認を押して進みます。

ISOのダウンロードツール(3)(クリックすると拡大)
bitのバージョンが出てくるので、必要なbitのバージョンを選択し
て任意の場所にISOをダウンロードして下さい。

Windowsキー
PCのOSのbitの確認の仕方は、↑の様なWindowsキー押しな
がら
Breakを押せばシステムが表示されるので、システムの種類
の右側を確認して下さい。



【インストールメディアの作り方】
【ディスク(DVD)】
まずはディスクでの作り方ですが、これは簡単でDVD-R(4.7GB)
を用意し、ライティングソフトでイメージで焼けばインストール
メディアを作る事が出来ます。



【USBメモリ】
MediaCreationToolでは過去のバージョンのUSBメモリのイン
ストールメディアが作れなくなっているので、別のツールを使用
する必要があります。


【USBインストールメディア作成ツール】

Rufus

ダウンロード先の説明は古いですが、ソフトは更新されているの
で10でも使用できます。



【ツールの使い方】
このツールもインストール不要で実行ファイルだけで使用出来
ます。

USBインストールメディア作成(1)(クリックすると拡大)
予めPCに4~8GBのUSBメモリを挿して置き、ツールを起動し
ます。

まずはパーテーション構成とターゲットシステムの種類の項目を
システム使用していた、使用したい(クリーンインストール時)パ
ーテーション方式に変えます。


基本的にはそのままで問題ないですが、システムに使用している
ストレージ(HDD、SSD)が3TB以上や、任意でGPT方式に変えて
いる場合はGPT UEFIコンピュータ用のパーテーション構成に変
更する必要があります。


次に、フォーマット設定の項目をISOイメージに変更します。

USBインストールメディア作成(2)(クリックすると拡大)
ISOイメージに設定したら、右側の光学ドライブの絵を左クリッ
クし、ダウンロードして置いたISOの場所まで行って選択すると、

標準のWindowsインストールと言う項目がブートディスクを作と
言う項目の下に出るので、あとはスタートを押せば作成する事が
出来ます。



【注意点】
USBメモリはMediaCreationToolと同様に作成前にフォーマット
される
ので、データの入ったものではなく、専用のUSBメモリを
用意して下さい。


また、Windows ISO DownloaderでダウンロードできるISOは
上記した様にDVDメディアで作る事を前提にしているので、

ISOのバージョンによってはデータが4GBを超えている事があり
ます。

だから、MediaCreationToolと違って4GBのUSBメモリでは作
成出来ない事がある
ので、8GBのUSBメモリを用意して置いた方
が良いかもしれません。



現状ではまだ出ていませんが、そのうち特定のバージョンで対応
が止まるPCが出てくると思われるので、

アップグレードしたPCの再アップグレード用にインストールメデ
ィアを作れる様に覚えておくと良いですね。



このBlogはBlogランキングに参加しています。
役に立ったと思った方はクリックをお願いします。




総合情報に戻る

TOPに戻る

| ソフトウェア | 17:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント


TRACKBACK URL

https://pcnomori.blog.fc2.com/tb.php/335-ad991aca

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT