2018/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312018/11
【AGESA 1.0.0.6bのメモリ設定問題】

9月にAMDから新しいマイクロコードのAGESA 1.0.0.6bがM
Bメーカーに配布されて新BIOSが各社から出ている訳で
すが、

メモリによっては起動不能になる問題がある様です。



【起動不能になる原因】
Ryzenはマイクロコードが煮詰まるにつれて制限が解放され
ていますが、ランク数によって速度が低くなる事があります。

今回の問題は、AGESA 1.0.0.6bでネイティブ2666対応のD
RAMでランク数関係なく2666で動作させようと設定を強化
した事によるものです。

AGESA 1.0.0.6aデュアルランクデュアルチャンネルで動
作させると2400に落ちていたメモリを使用すると、強制的に
2666で動作せようとする設定
がメモリと干渉して動作不能に
なる可能性が出ています。


現状でデフォルトで2400に落ちる2666のデュアルランクのメ
モリを使用している場合は、BIOSを上げない方が良いと思わ
れます。



【起動できない状態になってしまったら】
ネイティブ24002133のDRAMのメモリに交換して起動し、
BIOSを前のバージョンに書き換えて下さい。

予備のメモリを持ってない場合はPCパーツ店のサポートの
診断でテスト用メモリで起動してBIOSを書き換えてもらいま
しょう。(有料)

USBメモリにBIOSのデータファイルを予め入れて店に行って
下さい。

近場に店が無い場合は安いメモリを1枚買って起動させるし
かないですね。



GIGABYTEのサポートリストに入っていたメモリを使用してい
ましたが、レイテンシが最初期のJEDECの設定だったのもあ
ったのか起動できない問題にぶち当たってしまいました。

6月以降に出た2666のネイティブメモリはレイテンシが19な
物が多いので問題が出ない可能性もありますが、

デュアルランクでの設定そのもので問題が出る可能性があ
るので、

購入する前にMBメーカーに動作確認をサポートからした方が
良いと思われます。


尚AMDには報告を入れてあるので、AGESA自体で今後修正
されるかもしれません。

(2017/10/13追記)
AMDから返答が来ましたが、どうやら調整しているのはMBメ
ーカーの様なので、食らった場合は基本的にMBメーカーに連
絡する事になる様です。



このBlogはBlogランキングに参加しています。
役に立ったと思った方はクリックをお願いします。




総合情報に戻る

TOPに戻る
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバック URL
https://pcnomori.blog.fc2.com/tb.php/326-9d7c4412
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック:
成長因子