パソコン(PC)の森

2020/031234567891011121314151617181920212223242526272829302020/05

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

社外CPUクーラーを初めて使う時の注意点

【社外CPUクーラーを初めて使う時の注意点】

冷却性や静音性を高めたい時に高性能な社外のCPUクーラーを導
入しようとすると思いますが、

今回は社外クーラーの装着時に注意する事を書きます。
(2017/9/7時点公開)



【付属しているサーマルグリスに注意】
リテールクーラーや一部社外簡易水冷クーラーには、サーマルグ
リスが初めから塗布されているのでそのまま装着すれば良いだけ
なのですが、

社外クーラーの場合基本的に単体パッケージのグリスとして付属
しているので、自分で適切な分量を装着時に塗らなければなりま
せん。

ある程度使っているうちに適切な分量が分かる様になりますが、
初めてだと失敗する可能性があるので、以下の事に注意する必要
があります。



【付属のサーマルグリスは一回分ではない】
注射器型サーマルグリス(クリックすると拡大)
付属しているグリスのパッケージは↑の様な注射器タイプと、
徹 MarkⅡ(一番下までスクロール)
Contac Silent 12に付属し
ている様な使い切の小袋タイプがあります。

大きいサイズの注射器タイプの場合、グリスの量が一回分の量で
はないと直ぐに判断できると思いますが、

適量が分かっていない時に小さい注射器や使い切りの小袋の場合
一回分だと勘違いする事があります。

特に小袋の場合開けてしまうと保存性が無いので勘違いし易いで
すが、結構多めに入っています。


だから全部乗せてしまって盛大にはみ出させる失敗をする事が多
々あるわけですが、

はみ出た非導電性グリスが掃除の時にSocketに垂れて接点の導通
を阻害したり
、金属(銀、銅)が入っている導電性グリスの場合垂
れた場所によってはショートするので注意が必要です。


もったいないと思うかもしれませんが、適切な分量を乗せたら密
閉出来る小型容器に入れておくか、諦めて捨てましょう。

尚、有機溶剤が揮発してしまったグリスは使用出来ないので、注
射器タイプのグリスを新たに買った方が良いですね。



【サーマルグリスはSocketに塗らない】
常識的に考えられない事ですが、昔から定期的にCPUを装着する
前にSocket側にグリスを塗る猛者が存在している様です。


サーマルグリスはCPUのヒートスプレッダとクーラーの熱伝導の
橋渡しをする為のものなので、CPUの回路に通電する為の接点に
塗っても意味がありません。

それどころか接触不良を起こして起動できなくなったり、動作が
不安定になる、千本以上あるピンが短絡して最悪焦げる可能性も
あるので絶対にやってはいけません

cpugoo
am i doing it right?

ネット上に↑の様なジョーク動画が存在していますが、引っかか
らない様にして下さい。



【金属入りグリスの導電性について】
ヒートスプレッダがCPUの基板に搭載されていなかった時代から、
の入ったグリスが基板上の電子部品についた状態で通電し
燃やしてしまったという話や、

はみ出したグリスが接点に掛かった状態で装着して通電したらSo
cketのピンが焦げた
という話があります。

含有量がどうであれ金属が入っている時点で導電性があると考え
て下さい。



検索サイトでシルバーグリスと導電性で検索すると導電性が無い
と書いてある記事が上位に来ますが、実験自体がお粗末なので信
じない様にして下さい。

豆電球と乾電池を使って実験していますが、状況が全く違います
し、電流の値が違います。


グリスで短絡する原因(クリックすると拡大)
どういう事かと言うと、乾電池1.5Vで最大1000mA(1A)の出
力であり、豆電球は1.5Vで0.3~0.5A必要になる訳ですが、

銀や銅を含有していても有機溶剤自体は導電性が無いので乾電池
程度の出力では直接の経路上にグリスを置いても通電しません。


状況が違うというのは、PCの場合回路として通電している状態で
隣り合わせた回路が経路の途中でグリスを介して接続している状
況なので、

実験の様に初めから電流が流れないのではなく、流れている状態
で隣と経路が繋がってしまっている
という所です。


CPUのCoreにかけられる電圧は0.7~1.4V程度ですが、電流が1
0~90A
流れるので、電流が流れている状態で経路が出来てしまう
と導電性が低くても回路毎にグリスに圧力が掛かって通電し易く
なり通電
してしまいます。

図では2回路で説明していますが、CPUの接点は千本近くある上
過密で間隔が狭いので、ちょっとした量のグリスでも複数本の
接点に触れてしまいショートし易くなる訳です。


またMB上の電子部品やスロットについてですが、CPUと違って機
器の経路には3.3V5V12Vの電圧がかけられているので、元
からグリスによる接続が起きやすい状況になります。

特にSocketの周りには12VをCPU用に変圧する回路(VRM)があ
るので危険です。


シルバーグリスの製品ページにリード線、回路、端子間などに付
着しない
様に注意書きがされているのは上記の事が原因なので、

シルバーやブロンズグリスに導電性が無いというのはであり、
取り扱いに注意が必要になると言う事です。



グリスの盛り過ぎはよくある事ですが、最悪故障の原因になるの
で注意しましょう。

数万したCPUとMBが焦げて買い直しとか目も当てられませんので。



このBlogはBlogランキングに参加しています。
役に立ったと思った方はクリックをお願いします。




総合情報に戻る

TOPに戻る

| 良くあるトラブル | 21:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント


TRACKBACK URL

https://pcnomori.blog.fc2.com/tb.php/322-8f7100dd

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT