パソコン(PC)の森

2020/0112345678910111213141516171819202122232425262728292020/03

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

データ復元について

【データ復元について】

ごみ箱に送ったデータを戻そうとして完全に消してしまったり、
間違えて必要なデータをShift + Deleteで直消してしまった時に
データ復元を試みると思いますが、

今回はデータ復元について書きます。

注:復元ポイントではなくOS上でのデータ再認識の復元について
(2017/8/9時点公開)



【データ復元が出来る理由】
ゴミ箱を経由したり直接完全消去をした場合Windowsの機能で
はデータ単体で直接復元する機能が無い為、通常だと復元出来な
いので、復元ポイント等のバックアップデータを上書きしてデー
タを戻しますが、

ストレージ(HDD、SSD)の記憶領域を直接確認出来るソフトを使
えば、データ単体で復元が可能になります。


これは、OS上でデータを消去したという処理が、実際にはデータ
領域を書き換えできる領域であるという認識に変えているだけ
あり、書き込まれたデータそのものはストレージの記憶領域に残
っている
からです。

だから、直接記憶領域を確認出来、データを再認識させられるソ
フトを使う事でデータを単体で復元出来る訳です。



【復元が出来なくなる条件】
上記した様にデータ領域にデータが残っている状態なら復元が出
来る訳ですが、以下の条件によって復元が不可能になる可能性が
高まるので注意が必要です。

必ず復元出来る訳では無いと覚えておいて下さい。


【復元したいストレージにデータの保存をする】
HDD上書きの仕様(クリックすると拡大)
HDDの場合書き換えできるデータ領域という認識になった状態で
データの保存を掛けると、外側の空いた領域からデータを埋める
様に書き込む
仕様になっているので、

残っていたデータに別のデータが上書きされてしまってソフトで
は復元が不可能になってしまいます。


ストレージが一つしかなくパーテーションも分かれていない場合、
OSが頻繁にデータを保存してしまうので復元が出来なくなる可能
性が高まります。

またSSDは基本新規の空きブロックがなくなるまで記憶領域を変
えて保存しますが、空きブロックがなくなるとブロック単位で消
去して書き込みする様になるので、保存を掛けると書き換えして
しまう可能性が出ます。


HDDの記憶領域とSSDの記憶領域の仕様は【アロケーションユニ
ットサイズとは
】と【SSDのデータ構造について】を参照して下
さい。



【SSDでTrim機能を有効にする】
SSDは記憶素子の劣化を抑える為と上書きが出来ない仕様上まっ
さらな状態なブロックに優先的にデータを保存する様にしている
のですが、空きが無くなると一度ブロック単位で消去が必要にな
るので、書き込み時に書き換えが発生して書き込み速度が遅くな
ります。

SSD Trimの仕様(クリックすると拡大)
上記の仕様で速度低下を起こし難くする為にSSDにはOS上で書き
換え出来る領域と認識されたブロックをバックグラウンドで定期
的に自動消去
するTrimと言う機能を搭載しています。

だから常に空き領域が出来ていることになるわけですが、書き換
え出来る領域と認識されたブロックなら定期的に消してしまうの
で、単純な消去でもタイミングが悪いと復元したいデータをデー
タ領域から消してしまう事があると言う訳です。


但し、機能を停止すると書き込み速度が経年で確実に落ちるので、
データの保存性かレスポンスのどちらを取るか判断する必要はあ
ります。



【復元をし易くするには】

【重要なデータはデータ専用のストレージに入れる】
上記した様に上書きをしてしまうと復元が不可能になる可能性が
高まるので、

頻繁に上書きが発生するOSのシステムデータが入っているストレ
ージには重要なデータを入れない
様にして下さい。


システム用とデータ用に2台搭載して使い分けるのが最善ですが、
ノートの様にストレージを一台しか搭載できない場合はパーテー
ションを分けておく
のも有効です。


【復元ソフトの起動用DVDかUSBメモリを作成して置く】
システムデータがあるストレージで間違って消した場合に、OSを
読み込まずにBIOS起動時に読み込んで直接起動できるソフトの起
動用メディア
を使用する事で、復元の可能性を高められます。

但し、スタートボタンからシャットダウンしてしまうと上書きさ
れる可能性が高いので、使用する前に電源ボタン長押しで強制終
了させる
必要があります。



【復元ソフトの例】

【DataRecovery】
DataRecovery v2.4.7.1

表記は7までの対応ですが、10 Pro 64bit(1703)でテストした
所、正常に復元出来ました。



【Recuva】
Recuva

ポータブル版はUSBメモリ等を挿してそこにダウンロードし、そ
のまま実行できるので、システムドライブ上のデータを消した緊
急時に使えます。



【完全データ復元PRO(有料)】

完全データ復元PRO15|ダウンロード版
(2016/4/6)
ジャングル



USBブートメディアを作成してOS未起動で使用出来ます。

今の所USBブートが出来るのは有料ソフトばかりなので、どうし
ても1ストレージ体制で使用しなければならない時に心配な場合は
購入して予めUSBブートメディアを作っておくと良いと思います。



【復元ソフトの注意点】
復元できるデータの形式に差異はありますが、基本的に無料か有
料かで復元出来るデータの状況には変わりありません

上記した様にデータを上書きした時点でどちらとも復元不可能
です。

有料ソフトだからどの様な状況でも完全に復元出来る訳では無い
と思って下さい。



【復元不可能なデータがどうしても必要な時は】
物理的に記憶素子にアクセスする機器を所有している業者に頼ん
でデータを取り出してもらって下さい。

磁気データを直接読むので、上書きしていても復元出来る可能性
があります。



ストレージのデータ領域の仕様を予め知って準備おけば、間違え
て消した時に復元できる可能性が高まるので、覚えておくと良い
ですね。



このBlogはBlogランキングに参加しています。
役に立ったと思った方はクリックをお願いします。




総合情報に戻る

TOPに戻る

| ソフトウェア | 20:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント


TRACKBACK URL

https://pcnomori.blog.fc2.com/tb.php/318-4a456082

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT