2018/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312018/09
【メインメモリ(Main Memory)関連の注意】

今回は、メインメモリについて認識間違いをしている事がよく
ある事柄について小話を1つ。



【デフォルトで対応する最大応答速度とは】
基本的にPCの処理と言うのはCPUとメモリ間でデータをやり
取りしているので、

対応しているメモリの応答速度はCPUにあるメモリーコントロ
ーラの対応速度
に依存します。


例えば、Core i7 4790Kの場合DDR3-1600まで対応になっ
ていますが、これは初期状態でIntel安定した動作が出来
ると保証できる速度
が1600までと言う事です。

DDR3-1866が動作できるMBに1866を挿してもデフォルトで
は1600の速度でしか動作しません。


尚、1866以上の速度は正常動作を保証していない為、DDR
3-1866以上の速度で動作させるとCPU故障時に保証対象
になります。



【MBの対応速度は正規対応速度とは限らない】
MBによってはCPUの対応速度よりも速いメモリを搭載出来
るものがありますが、CPUが正規に対応している速度と言う
わけではありません



偶にMBに高速メモリが書かれているから正規に対応した速
度だと違いをする者がいますが、

例えばMAXIMUS VII RANGERの仕様書を見ると1866以上
のメモリの横に(O.C.)と書かれていることがわかると思い
ます。

これは1866以上はOC(Over Clock)で保証対象外と言う事
を示していると言う事です。

つまり、正規対応速度ではありません。


XMP(IntelのOC設定)があるから対応動作だ、という主張を
する者もいますが、

公式の免責事項(米国版,日本語版)を読むと、動作テストも
していない
上に
保証もしないと書かれています。

つまり、OC設定をユーザー用に用意しているだけで正式に
対応していると言うわけではありません。


(2017/1/20追記)
いつの間にかテストしていないと言う記述がなくなっていま
した。

但しOCしている時点で保証対象外になるのは変わりません。



【認識できるメモリはMBに依存】
偶に下位の速度で動作するからどんなメモリでも認識すると
勘違いする者がいますが、

MBが認識できるのはBIOSにその速度についてのマイクロコ
ード
が入ったMBだけです。

前に【BIOS関連の話】で説明した様に、MB上のパーツや接
続してあるパーツを制御しているのはBIOSです。

つまりBIOSの制御設定にあるメモリの設定がメモリ内の設
定と違っている
場合、認識すら出来ず起動すらしません。

メモリのSPDに下位の設定があるといっても必ず認識できる
わけではない
ので、基本的にMBの仕様書に合わせてメモリ
を用意する必要があると覚えておいてください。



メモリを増設したい時にノートPCの様にパーツ毎の仕様書が
無い場合に、CPUの対応速度よりも高速メモリを搭載したけ
ど動作すらしなくなってしまった。

と言う事があるので、基本的に仕様書のメモリの項目にある
速度が最大対応速度であると覚えておくと失敗しないと思い
ます。



【メモリ関連】

Memory(メモリ)
メモリの選び方
メモリの多チャンネル駆動の話
メモリがデフォルトで対応している速度について
メインメモリのシングルランクとデュアルランクについて


このBlogはBlogランキングに参加しています。
役に立ったと思った方はクリックをお願いします。




総合情報に戻る

TOPに戻る
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバック URL
https://pcnomori.blog.fc2.com/tb.php/189-0eafcddc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック:
成長因子