2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11
【Windows 8 or 8.1の違反販売に注意】

ネット上で確認した所、ライセンス違反になるOEM版(プリイ
ンストール
)と切り売りのボリュームライセンス版と思われる
を物を確認しました。

円安の影響でDSP版も価格が上昇している事もあり、安さに
目が眩んでライセンス違反になる物を購入してしまう人もい
ると思われるので、

今回はWindows 8 or 8.1での注意を1つ。



【どうして買ってはいけないのか】
【OEM(プリインストール版)】

インストールされているPCでのみ使用を許可されているOS
なので、他のPCに使用はもちろんOSのメディア単体での販
許可されていません

MS公式HPの「非正規品の Windows にご注意ください」の
非正規品の見分け方にある『パソコンに付属している DVDを
単品として販売している
』が、プリインストール版に該当して
いる説明です。



【ボリュームライセンス版】
基本的に公的機関や教育機関、企業を対象としたビジネス
ライセンス
です。

MS公式HPの「ライセンスまるごと早わかりガイド(PDF)」を読
めば分りますが、ビジネス向けであり使用権は契約した団体
及びその関連企業限られています。

つまり、契約した集団やそれに関連する集団に属さない者
使用権は認めていません。


違反販売では、違反販売をしている業者がMSと契約した上
で消費者に利用権をDSP版偽って販売している為、

契約している業者の組織に属していない消費者に使用は認
められません。



どちらにも言えますが、ライセンス認証とMSが取得している
ハード情報ハードウェアハッシュ)から違反品を割り出して
ブロックするので、契約違反で何時使用できなくなるか分り
ません。



【違反品の特徴】

【値段が異常に安い】
3000円,3200円,5900円の物を確認していますが、市販品
でそんな安値で買える訳がないので、間違いなく違反品
です。

Windows 8発売時にプリインストール版のWindows 7のPC
を購入した者限定に1200円でアップグレード可能、

またダウンロード販売でアップグレード版が3300円で購入
可能でしたが、

3300円の方を売ろうにも利益が出ないし、1200円の方はP
C購入者限定
だったので、そもそも販売できません。

つまりアップグレード版を買い占めた物ではなく価格を合わ
せて偽装
しているだけです。


尚、8.1では初めから安値で販売していないので、偽装だと
直ぐに分ります。



【DVD-ROMの上にメーカーのロゴがある】
市販版のROMにはDellhp等のメーカーのロゴなんて表
記されていません。

表記されている時点でOEM(プリインストール)版です。



【ライセンス認証を保証すると書いてある】
正規品は認証出来て当然なので、ライセンス認証保証
書いてある時点でオンライン認証を弾かれたり、ブロックされ
る事を前提にしているということです。

100%本物保証!」と言う感じに書いてあったらアウトです。



【日本語がおかしい】
隣国系の業者のHPの特徴として日本語がおかしい事があ
るのでよく読めば分ります。

ご望む答え」等おかしい言い回しが書いてあるのでよく読
みましょう。


OS違反販売関連】
Dellの海賊版Windows 7に注意
再生PC用OS(WindowsXP、7)の販売に注意
Windows7(DSP版)を購入する時に注意する事
ボリュームライセンスのWindows(OS)の切り売り販売に注意
Windows 10の違反販売に注意



このBlogはBlogランキングに参加しています。
役に立ったと思った方はクリックをお願いします。




総合情報に戻る

TOPに戻る
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバック URL
https://pcnomori.blog.fc2.com/tb.php/184-ca167101
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック:
成長因子