パソコン(PC)の森

2020/0112345678910111213141516171819202122232425262728292020/03

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

意味の無いランキング

【意味の無いランキング】

PCパーツやBTOPCを購入する前に価格.comconeco.netの様
な価格比較サイトや自作PC系雑誌で製品を調べる事も多いと思い
ますが、

大抵人気ランキングと称したランキングがあり、中にはそれを参
考に購入してしまう人もいると思われますので、

今回はランキングの性質について小話をひとつ。



【ランキングの性質】
以下にどうしてランキングを見ても意味が無いのか、という性質
を書きます。



【情報操作を受けている】
近年ステマと言うネット上でネット工作企業一般人の振りをし
て情報操作
をしている事が問題になりましたが、

PCパーツ系のランキング<でも同様に情報操作がされている事が
ランキングの上位に入っている製品で直ぐに分かります。


VGAを例に上げますが、基本的にVGAはミドルクラスを頂点とし
ロー方向ハイクラス方向に行くにしたがって販売数が減って
行きます

(ローからミドルクラスは性能で避けられ、ハイクラスの5万円を
超える物は価格が問題で数が売れません。)


だから本来売れ筋の上位に来るのはミドルクラス帯のVGAになる
はずですが、

ランキングを見てみると7万を超えるハイエンド帯の物が上位5位
にあったり、ローエンド帯でも4世代~7世代前で実店舗で見か
けることが不可能で、

尚且つ知識があったら間違いなく避ける物が20位内に入ってい
ます。

不自然である事が分かりますね。


尚、注目度満足度経由したり所持していなくても書ける為元
から信用できません。



【ランキングの集計の範囲が狭い】
上記の不自然な売れ筋ランキングにも関係あることですが、基本
的にサイトの売れ筋ランキングと言うのは、

そのサイトに登録してあるネット店舗で購入した時に集計される
様になっている為、登録していないネット店や実店舗での販売は
集計されません。


更に、誰もが価格比較サイトを経由して購入しているわけでは無
ので、ランキングは極限られた範囲での集計に過ぎない事が分
かります。

つまり販売の絶対数が少ない事も売れ筋ランキングがおかしくな
る原因となっている訳です。


別の例を上げますが、アメリカのゲーム会社のSteamのランキン
全体のシェアの例に上げる者をちらほら見かけますが、

大元のSteam ハードウェア & ソフトウェア 調査の直ぐ下の文を
読むと、顧客がどんなPCとソフトを利用しているか集計しており、
その集計はオプションで匿名と書いてあります。


つまりこの集計結果は、Steamのゲーム購入した中でも、アン
ケートに答えた極小数の集計結果に過ぎません。
(Steamの有効IDはWindowsのIDの1/20未満)

だから、全体のシェアなんて分かる訳が無いわけです。


更に例を出しますが、日本の家電製品の売れ筋ランキングのBCN
ランキング
ですが、

POSデータ提供店を見るとPCパーツについて言えば、大手のTuk
umo
ArkOne's、中小辺りの店も殆ど参加していない

BTOを販売しているTake One等の大手ネットショップ等も入っ
ていない
為、殆どあてになりません。

以下に続きますが、BCNランキングに別の問題あります。



【集計が単体ではない】
上記したBCNランキングの続きですが、家電製品の場合、製品と
して完成した物
を一つの商品として集計できますが、

PCの中でも、PCパーツの集合体であるショップブランドBTO
場合、BTOPCを購入するだけでパーツの方に集計されてしまう為、

消費者が意図して購入した訳ではなくても集計に加算されてしま
います。


何が問題かと言うと、基本的にパーツ単体で購入する場合、殆ど
調べて自分の意思で購入する為、店員に騙される事を考慮しても
ある程度売れ筋である事は変わりませんが、

BTOPCを購入する消費者は知識が薄い事も多く、勧められるまま
店の売りたい物を買わされる事も多いからです。


意図せず購入している集計が混ざっているデータに売れ筋の集計
としてのデータ的価値は全くありません


例えば、Geforce GTX1050ローミドル帯のVGAで、搭載すれ
ばゲーム『』出来るPCにはなりますが、ゲーミングPCにはなら
ない性能の低い
VGAです。

しかし、ゲームの推奨モデルとして搭載している店があり、勧め
られるままに購入してしまう人がいます。

知識があれば避ける様な構成のPCでも売れてしまうので、参考に
なりません。


後、同様な理由としてGeforce安価に大量に仕入れる事ができ
る契約をしている会社が参加しているので、元々信用できない
言う事もあります。



【唯の広告】
これは雑誌や広告企業系サイトの話ですが、広告主の製品を宣伝
する為
だけのランキングでバイアスがかかっている為、

唯の広告であり、売れ筋としてランキングしている物は、売れ筋
の物ではなく、売りたい物でしかありません。

一般消費者を騙す提灯ライターの話】で説明している様な記事
を載せる所の情報を信じられると思えませんよね。



サイト毎のランキングの性質を調べ、参考になるか考える必要も
ありますが、PCパーツの機能や性能の知識から選択できる様にし
て、惑わされない様に心がけると良いと思います。



このBlogはBlogランキングに参加しています。
役に立ったと思った方はクリックをお願いします。




総合情報に戻る

TOPに戻る

| 小話 | 17:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント


TRACKBACK URL

https://pcnomori.blog.fc2.com/tb.php/179-0353cde0

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT