2018/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312018/09
【電子メールの構造とは】

同じメールアカウントを複数のPCで使いたい、と言う様な検
索で来られている方がたまにいますので、今回は電子メール
の構造について書きます。

尚、今回はISP(インターネットサービスプロバイダ)の契約で
ついてくるメールサーバについての説明になります。



【電子メールの処理の流れ】
電子メールの構造
(右が切れる場合はクリックして別表示)

まず、メールデータの送信時にPCからISPのメール用送信
ーバにIDとPASSを使ってアクセスし、送信サーバにメールデ
ータを転送します。

次に相手のメールアドレスをもとに相手の契約しているISP
受信サーバを割り出し、外部ネットワーク経由でメールデータ
を送信します。

更に相手側のISPの受信サーバがメールアドレスを元に契約
者の保存領域にメールデータを保存します。

最後に相手のPCがIDとPASSを使って受信サーバに接続し、
メールデータが送られて来ていないか確認した時点で受信サ
ーバからPCにメールデータが転送されます。



【サーバアドレスとIDとPASSが必要な理由】
上記した様に電子メールはISPのサーバ経由する必要が
るので、ネット回線を契約するとISPから送られてくるメールサ
ーバのアドレス
IDPASSが必要になるわけです。



【必要な情報の詳細】
【送信用サーバ】
smtp.xxxx.ne.jp

送信用サーバはSMTP(Simple Mail Transfer Protocol)
を利用しているので、↑の様なアドレスが送信用サーバのネ
ット上の場所を表しています。


【受信用サーバ】
pop(imap).xx.xxxx.ne.jp

受信用サーバはPOP(Post Office Protocol)かIMAP(Inte
rnet Message Access Protocol
)サーバを利用しているの
で↑の様なアドレスが受信用サーバのネット上の場所を表し
ています。


【IDとPASS】
ID:xxxxxx
PASS:xxxxxxxx

上記サーバの自分のデータ領域に接続する為IDとパスワ
ード
()です。

これを設定しないとアクセスできません。



【なぜ複数の端末で同じIDとPASSが設定できるのか】
上記でも説明してありますが、送られてきたメールデータ
受信サーバに溜め込まれ、PC等の端末が受信サーバに
クセスしない限りデータはサーバ内に保管されたまま
になる
ので、

受信サーバの自分の契約したデータ領域にアクセスさえす
ればどんな端末でもメールデータを取得できるわけです。


但しPOPサーバの場合、PCに転送した時点でサーバ上から
データを消去するので、【複数のPCで同じメールアカウントを
使うには
】を参考にコピーを置く設定をしないと駄目ですが。

後、セキュリティの為に契約回線経由ではないとメールサー
バにアクセスできない
事があるので注意して下さい。



複数のPCを家庭で所持している時に、特定のPCでだけしか
見れないでは不便なので、各PCに設定しておくと良いと思い
ます。


【メール関連】

メールの設定の仕方
メールの移行設定
複数のPCで同じメールアカウントを使うには


このBlogはBlogランキングに参加しています。
役に立ったと思った方はクリックをお願いします。




総合情報に戻る

TOPに戻る
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバック URL
https://pcnomori.blog.fc2.com/tb.php/169-ea28cc24
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック:
成長因子