2018/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312018/11
【セキュリティソフトを複数入れると起きる不具合】

セキュリティソフトを複数入れてしまい、ソフト同士がお互い
を脅威と認識して不具合をだしてしまう事がありますが、

今回はセキュリティソフトを複数入れるとどうして不具合を起
こすのか、と言う理由を書こうと思います。



【セキュリティソフトを複数入れると衝突する原因】
端的にいうと、ウイルス定義ファイルウイルスであると誤認
してしまう為です。

ウイルスとはどういうものか、定義ファイルとは何かを理解し
ないと解らないと思いますので以下に説明します。



【コンピュータウイルスとは】
ソフトウェアとは、プログラミング言語(英語)でソースコード(
令文
)を作成し、任意の処理が出来る様にしたものですが、

ウイルスとは、悪意の第三者が自己の利益の為に情報を盗
んだり破壊したり、遠隔操作する
等の目的で組んだソースコ
ードが内包されたソフトウェアの事です。


(日本では悪意のあるソフトウェア全般をさしてウイルスと言
う言葉が利用されているのでここではウイルスを使っていま
すが、

正確にはMalicious(悪意のある)とSoftwareを合わせた意
味のマルウェア(Malware)の中でも、他のソフトウェアの中に
ソースコードを仕込むタイプ
ものがウイルスです。)



【ウイルス定義ファイルとは】
ウイルスとは悪意のある目的で組んだソースコード(命令文)
を含んだソフトウェアと上記しましたが、

ウイルス定義ファイルとは、ウイルス特有のソースコードの
抜き出してリスト化したファイルの事です。



(2014/7/30追記)
【バイトパターンとは】
セキュリティソフトの説明を検索するとバイトパターンと言う言
葉が出てくると思いますが、

これはウイルス特有のソースコード(文字列)を、コンピュータ
が実際にの処理に使っている【電気信号とデータ量の単位に
ついて
】で説明した01かで表現されるデジタル信号
によって表現した説明です。


例えばディスプレイ上の表現で「ABC」と言う文字を標示する
と、内部処理では「1000001 1000010 1000011」という
字コード
で実際は認識しており、文字列2進数であらわされ
る文字コード(欧文文字1Byt(8bit))の羅列となります。

つまりこの羅列のパターンをバイトパターンと呼んでいるわけ
です。



【セキュリティソフトがやっている検索とは】
セキュリティソフトがやっているウイルススキャンとはつまり、
PC内にあるソフトウェアやファイル内に上記した定義ファイル
内のウイルス特有のソースコードと同じソースコードがないか
付き合わせて確認する事です。

だから、セキュリティソフトを複数入れてしまうと別のセキュリ
ティソフトのウイルス定義ファイルをウイルス誤認してしまい、
隔離消去してしまうので不具合がおきる訳です。



最近だと定義ファイルをサーバに置いて検索時だけ参照する
クラウド化したセキュリティソフトもありますが、基本的に定義
ファイルはPC内にありますのでセキュリティソフトは一つだけ
にする様に注意しましょう。

(MSのMSEやDefenderは定義ファイルの情報をセキュリティ
ソフトメーカーに提供して除外設定されていると思われるので
消す必要はありません。)



このBlogはBlogランキングに参加しています。
役に立ったと思った方はクリックをお願いします。




総合情報に戻る

TOPに戻る
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバック URL
https://pcnomori.blog.fc2.com/tb.php/167-dff17028
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック:
成長因子