パソコン(PC)の森

2020/0112345678910111213141516171819202122232425262728292020/03

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

Windows XPのサポート期限

【Windows XPのサポート期限】

今回は、49日後の2014/4/8にサポートが切れるWindows XP
について書きます。



【サポート終了とはどういうことか】
勘違いしている人もいるようですが、OSのサポート終了とは、操
作方法などの技術的な問い合わせに対応するテクニカルサポート
の事ではなく、

OSの欠陥を見つけて悪用されない様に修正していくセキュリティ
サポート
の事です。


セキュリティサポートが終了したOSは、セキュリティホール(
フトウェアの欠陥
)を修正しなくなる為、新たなセキュリティホー
ルが見つけられて悪用されても根本的な対処が出来ません。

セキュリティソフトをいくら更新しても原因を修正しない限り対
策がいたちごっこになり、常に危険な状態になるので対処する必
要があります。



例えるならば、施設点検,整備者(OSサポート)が常駐している金網
フェンスで囲った施設
(OS)の周りを警備員(セキュリティソフト)
が巡回して防犯対策をしていたのを、

点検や整備を止め警備員だけで防犯対策をしている様なものです。

施設の点検や整備をしないので、フェンスの綻びや壊れたドアの
入り口
(セキュリティーホール)があっても修理されません。

だから、綻びを見つけた侵入者が警備員の目を盗んで自由に出入
りしたり、情報を盗める様になると言った感じです。



【対処法】
サポート終了に付きいくつか対処の方法があるので、目的に合っ
た対処法で対処してください。


【OSを変える】
OSだけのコストで対処する方法ですが、Windows 7以降のOSに
アップグレードするか、入れ替える事です。

Windows 7の場合すでにアップグレード版の出荷が終わっていて
高いので、DSP版ボリュームライセンスになります。

Windows 8以降はアップグレード版もありますが、基本的にXP
からの場合は、新規インストールになるので注意して下さい。
(ドライバは引き継がれません)


企業向けだと期限契約(2~3年)ですが、3ライセンスから契約でき
ボリュームライセンスにするのも良いかもしれません。
(期限が鬱陶しいならDSP版のほうが良いですが)



【注意点 1:64bit版に対応するCPU】
64bit版に対応は、Intelが2005年の9月以降に発売されたPenti
um 4 521から、AMDは2003年9月に発売されたAthlon 64
らです。


Windows 8.1の64bitについては、CMPXCHG16b等の命令を使
っているので、

CMPXCHG16bに対応していない初期のAMD64対応CPUでAthl
on 64 x2以前
のものは64bit版はインストールできません

32bit版については問題無くインストールできます。


Windows 7の動作に必要な用件は公式のWindows 7 のシステ
ム要件
で確認してください。

因みにWindows 7の発売前にAthlon64 3000+(Winchester
2004年10月頃発売)で入れられるかテストツールで試してみて問
題がなかったので、

32bit版についてはAMDCPUの場合2005年あたりのPCならO
S
更新だけでもいけると思います。



【注意点 2:ドライバがあるか分からない】
OSは入れられても、各パーツに対応したドライバ存在しない
能性があるので、

古すぎるパーツで構成されているPCの場合は諦めて新規PCを購入
したほうが良い
かもしれません。


Windows 7についてはVista辺りのドライバで動作させることは
可能です。

限定的ですが、Windows 7が発売される直前のVistaのドライバ
ならWindows 8.1 32bitでも動作が可能な事を確認しているの
で、後継機のドライバが使用出来る可能性はあります。



【注意点 3:ソフトが動くか分からない】
Windows 7にはVista以前対応のソフト互換起動したり、Pro
以降なら専用のXPモード(仮想PC<)等で動作させる事が出来ま
すが、

場合によっては入れても正常に動作しない事があるので注意が必
要です。



【WAN(外部ネットワーク)に接続しないで使う】
単純に、外部ネットワークに接続しなければ良いので、WANに接
続しないLAN(内部ネットワーク)だけで使用すれば問題ありま
せん。

7以降のOSで動作しないソフトや、機器制御ソフトを使いたい場
合は、この方法しかありませんね。



【買い換える】
一番確実な方法ですが、丸々買い換えないと駄目なので結構コス
トが掛かります。

但し性能が確実に上がって、起動時や操作時のレスポンスのロス
が軽減され、生産性が上がるので、コストをかける価値はあると
は思います。



サポートが切れたから直ぐに攻撃されるわけではないですが、危
険なのは変わりないし踏み台にされる場合もあるので、被害を受
けるのは自分だけとは限りません。

どの方法を選ぶにしても49日後には確実にサポートが切れるので、
早めに対処する事を考えましょう。



このBlogはBlogランキングに参加しています。
役に立ったと思った方はクリックをお願いします。




総合情報に戻る

TOPに戻る

| ソフトウェア | 12:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント


TRACKBACK URL

https://pcnomori.blog.fc2.com/tb.php/161-20f8cc30

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT