2018/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312018/09
【ノートPCを使用する時の注意点】

(2013/11/28時点)
最近めっきり寒くなって来て、コタツムリになったり、

       (~)
       /⌒ヽ ̄ ̄旦\
|\ _  {jjjjj} \___ \
| |\(・ω・`)/※ ※ ※ヽ
 \|  \ ̄ ヽ二二二二二)
    ̄ ̄ ̄

布団に包まって寝パソ等をする人も出てくると思いますので、

|\ _    〃'⌒⌒'⌒ヽ
| |\  (・ω・ `),__)
 \|  \⊂ニニニニニニニ⊃
    ̄ ̄ ̄

今回はノートPCを使う時の注意点について小話を1つ。



【ノートPCの冷却について】
PCを使っていれば分かると思いますが、基本的に通電中は
中身のパーツ発熱しますので冷却する必要があります。

タワー型のデスクトップPCの場合は筐体が大きくて内部の
空間があるので熱源が分散して問題ないのですが、ノートP
C
の場合熱源を狭い空間に詰め込まなければならないので、
しっかり冷却しないといけません。

放熱が間に合わないと、熱源体のCPUやチップセット周辺
にある電子部品が熱によって劣化して寿命を縮めたり熱暴
走を起す
等の問題が起きるからです。

だから、ノートPCを使う時には冷却阻害しない様に使用す
る必要があります。



【ノートPCの冷却構造】
3.5インチHDDを搭載していたDOSノートの時代は厚みが4~5
cm
近くあったのでサイドに小型ファンが搭載されていて横吸
横排気でしたが、

現在のノートPCは薄いので、基本的に底面吸気排気が基
本になっています。
(ゲーミングノートはフロント吸気あり)

ノートPC(1)(クリックすると拡大)
ちょっと古い機種ですが、青色で囲った所が吸気口で赤色
囲った所が排気口になります。

ノートPC(2)(クリックすると拡大)
この機種はMobileGPUを積んでいて発熱がより高いので
吸気気味の底面吸気で排気となっています。

黄色で囲った所はです。



【注意する事とは】
上記で冷却構造を説明していますが、ノートPCを使う時に注
意する事と言うのは、

ノートPCを使う時には置き場所に気をつけて、吸気口や排気
口を塞がない様にして使う必要があると言う事です。


ノートPC(1+)(クリックすると拡大)
ノートPC(2+)(クリックすると拡大)
上記で冷却構造を説明したPCを机の上に置くと、によって
数mmの空間が出来ているのが分かると思いますが、これは
吸気口を塞がない為です。

つまり、足が機能する場所に置かないといけない訳です。



【置いては駄目な場所】
【柔らかい場所】
布団絨毯毛布等の上に載せてはいけません。

足が機能せず、吸気口を塞ぐ所か排気口も塞ぎかねずPCの
性能によっては排気口付近が高温になって付近の物が発火
しかねません。


また、吸気口から埃を吸い込みやすくなるので、中に溜まっ
て冷却を阻害する事もあります。



【足より面積の狭い本の上】
布の上に載せなきゃいいか、と言う事で雑誌等の本の上
乗せる人もいますが、

基本的に足で空間を作るようにしてあるので、足より狭い本
の上
に置いたら吸気口を塞ぐ事になります。

また、柔らかい雑誌も足が機能しません。



【どうしても不安定な場所で使いたい場合は】
4箇所の足よりも面積の大きい画板クリップボードの様な
硬質な板の上に置いて利用してください。

最悪ダンボール縦横2枚重ねで補強したボードを作って使
う方法もありますので、冷却を阻害しない様にしてください。



最近のPCの中には更に熱源が圧縮されている薄型PCも数
多く発売されているので特に注意して使ってください。



このBlogはBlogランキングに参加しています。
役に立ったと思った方はクリックをお願いします。




総合情報に戻る

TOPに戻る
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバック URL
https://pcnomori.blog.fc2.com/tb.php/153-31c827c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック:
成長因子