2018/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312018/09
【ゲーム(3Dポリゴン)のフィルタ設定の不具合について】

3Dポリゴン系のゲームをやる時に、必ずオプションでアンチ
エイリアス
や、異方性フィルタリング等のフィルタ設定をする
と思いますが、

今回は、フィルタ設定によって起きる不具合について書き
ます。



【フィルタ設定で起きる不具合とは】
ゲームクライアントを立ち上げてオプションからフィルタ設定
をした時に、ある一定以上の負荷になる設定にすると、ちら
つい
たり描画が崩壊する事があります。

VGAの性能に対して過剰な設定であったり、ドライバの問題
な事も有りますが、

実はフィルタ設定が原因で不具合が起きている事があり
ます。



【フィルタが2重掛けになる不具合】
フィルタ設定にはゲームクライアント側ゲーム毎に設定す
フィルタ設定と、VGA側ゲームタイトルに関係なく同じ設
定を実行する
フィルタ設定があり、供に独立した設定になっ
ています。

ドライバにApplication Profileがある場合は自動的にどちら
かの設定でフィルタを掛ける
のですが、

ゲームに個別で対応しておらずProfileが無い時や、βテス
ト版クライアント等で対応途中の場合に、ゲームクライアント
と、VGA側の設定が両方有効に成る事があります。

単純に重くなるだけなら問題ないのですが、2重掛けにより
オブジェクトのテクスチャが崩壊したり、チラつきが出たりと
描画に問題がでる事が有るので気をつけねばなりません。



【2重掛けを回避するには】
基本的に片方のフィルタ設定だけ有効にする様設定をする
だけです。

フィルタリング設定(クリックすると拡大)
Radeonで例を出しますが、CCC(Catalyst Controll Cente
r
)/VECC(VISION Engine Control Center)を起動して「
ーム
」から「3Dアプリケーション設定」を選択するとフィルタ設
定が出来ます。

アンチエイリアスや異方性フィルタリングに「アプリケーション
設定を利用する
」と言う項目がありますが、これにチェックが
入っていない場合は、ゲームクライアントの設定を無視してV
GA側の設定
有効にすると言う事です。

チェックの入っていない状態でProfileも無い場合に両方とも
有効になってしまうのは、この状態の時です。

だから、チェックを入れてVGA側の設定を無効化するか、ゲ
ームクライアントのフィルタ設定を切れば、正常に成ります。



(2014/8/2追記)
フィルタリング設定(2)
現在のCCCは選択式になっていますので、「アプリケーショ
ン設定を使用する
」を設定するか、ゲームクライアント側のフ
ィルタ設定
切って症状を改善してください。



(2017/8/13追記)
Radeon Softwareではゲームからグローバル設定で全体の
設定を変えて下さい。

ゲーム毎に設定できますが、上記している様に衝突する可
能性があるので、何方か設定を切る必要があります。



フィルタの2重掛けは、VGAやGPUの性能不足やドライバの
不具合でも同様に崩壊した描画になる事があるので意外と
知られていない不具合です。

特に新しいベンチやβテスト中のゲーム等で成りやすいので、
VGA側のフィルタ設定を有効にしていて描画がおかしいと感
じたら、まずはフィルタの設定を無効にしてみてください。



このBlogはBlogランキングに参加しています。
役に立ったと思った方はクリックをお願いします。




総合情報に戻る

TOPに戻る
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバック URL
https://pcnomori.blog.fc2.com/tb.php/148-28a861ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック:
成長因子