2018/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312018/09
【ストレージ(HDD,SSD)関連でよくあるトラブル】

今回は、タワー型デスクトップの掃除後やデータ用のストレー
ジ(HDD,SSD)を交換した時に出るトラブルについて書きます。
(2013/9/29時点)



【掃除後に良くあるトラブル】
タワー型のデスクトップを念入りに掃除をしたい時には、スト
レージ
(HDD,SSD)やMBからSATAケーブル外して掃除をし
ますが、

掃除した後に繋ぎ直してみるとOSが立ち上がらず、「reboot
and select proper boot device or insert boot media in
selected
」な感じに、

起動用ディスク(FD、CD、DVD)かシステムデータ(OS)の入っ
デバイス(ストレージやUSBメモリ)を選択して再起動しろと
表示される事があります。

突然使えなくなって焦ると思いますが、原因があるので焦っ
て再インストールをしてはいけません。



【OSを見失う原因とは】
IDE接続の時代はジャンパーによってmasterslaveの設定
をし、システムの入ったストレージを見分けていましたが、

SATAではその見分け方はしておらず、インストール時に接
続していたSATAポートを記憶
する事でシステムドライブを認
識する様にしています。


だから、接続するSATAポートの場所を変えてしまうとシステ
ムドライブとして認識出来なくなるので、OSを見失ってしまい
ます。

つまり、システムドライブはSATAポートの場所を変えてはい
けない
と言う事です。



【トラブルを回避するには】
システム用に使っているストレージを接続しているSATAポー
トの番号をメモするか、ストレージにポート番号を書いたシー
を貼っておいて、判別できる様にしてください。

特に複数台のストレージを搭載している時にシールは有効
です。


尚、基本的にデータ用のストレージは複数台搭載しなければ
場所を変えても問題ないですが、下記のトラブルに関連して
起動出来ない事もあるので、

同じくメモるか、シールを張って判別できる様にしておいて下
さい。



【データ用ストレージを交換した時に良くあるトラブル】
データ用に使っているストレージが、容量不足や故障しかけ
で交換することは良くありますが、

データ用ストレージだけ交換したはずなのにWindowsブート
マネージャー
が起動して、

要求されたデバイスにアクセスできないため、ブートの選択
でエラーが発生しました。
」と表示されてOSが起動しないと
言う事があります。



(2017/5/4追記)
以下は旧BIOSかを利用しているか、MBR形式でOSをインス
トールした場合に起きる症状です。

GPTを利用している場合は該当しません。



【データ用ストレージを交換したら起動出来ない理由】
【MBRとは】
Windowsをインストールした時にストレージ(HDD,SSD)にMB
R
(Master Boot Record)と言う、

PCを起動した時に一番初めにストレージから読み込まれ、
記憶媒体データ構造OSどの様に起動するか、を記憶
したデータ領域を作成します。

これが無いと、何処にOSのシステムデータがあるか分から
ないので起動出来ません。



【MBRとデータ用ストレージとの関係】
上記の事がどうしてデータ用に関連するのかと言うと、トレー
ジをシステム用とデータ用で2台以上接続した状態でOSをイ
ンストールしたり、

違うOSでデュアルブートしたい時に、元のOSが入っているス
トレージを接続したまま、新しいOSを入れる為のストレージを
接続したままインストールすると、

データ用のストレージにMBRが作られてしまったり、元のOS
のMBR領域に継ぎ足す形になって、システム用のストレージ
にMBRが作られない事がある為です。

だからデータ用のストレージにMBRがあった時に交換してし
まうと、MBRが無いので起動出来ないと言うわけです。



【MBRの場所の確認の仕方】
MBR.jpg(クリックすると拡大)
HDDの増設の仕方】を参考にディスク管理を開くと上の画
像の様に接続しているストレージの状態が分かると思いま
すが、

画像の様にCドライブにシステムと言う表記が無い場合、MB
Rがシステム用のストレージに無いということです。

(画像は、XPのストレージにMBRがある状態で7をインストー
ルしてデュアルブートにしたので、XP側(D)にMBRがあり
ます)



【予防と対策】
【予防】
単純な話で、OSのインストール時に面倒でもシステム用
ストレージだけ接続する様にする事です。

接続していなければMBRが別のストレージに書き込まれる
事はありません。



【既にMBRがデータ用に作成されてしまっていたら】
スタートアップ修復でシステム用の方にMBRを作り直す必要
があります。


修復の仕方は分かり易い所がありましたので参考にしてくだ
さい。
何故か別ディスクにあるブート領域・・・ システム修復ディス
クからMBR再構築


def RenaX64(diary)



以上がストレージ関連でよくあるトラブルですが、複数のスト
レージを搭載していてデュアルブートでやらかすと、非常に
面倒な事になるので気をつけましょう。

特に、デュアルブート時に挿す順番忘れると非常に面倒な
事に(ノД`)



このBlogはBlogランキングに参加しています。
役に立ったと思った方はクリックをお願いします。




総合情報に戻る

TOPに戻る
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバック URL
https://pcnomori.blog.fc2.com/tb.php/146-cfe27308
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック:
成長因子