パソコン(PC)の森

2020/031234567891011121314151617181920212223242526272829302020/05

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ID管理下のPCでやってはいけないこと

【ID管理下のPCでやってはいけないこと】

今日でGWも最終日、気が緩んだままID管理された会社や大学等
のPCを使うと大変な事になるかもしれないよ。

と言う小話を一つ。(2013/05/06時点公開)



【ID管理されたPCの特徴】

【ネットサーフィンのアクセス履歴が管理者から丸見え】
IDを管理しているサーバを経由してIPアドレス(ローカル)が割り
振られる為、ID毎アクセス履歴がサーバに蓄積されていきます。

つまり、サーバ管理者からは『どのPC』が『何時』、『何処へア
クセスした
』のか分かる訳です。

画面を見られていなくても確実にバレるので、就業時間や授業中
にネットサーフィンで遊んでいたり、個人的な作業をしていると
評価に影響することになります。



【授業中に講師に画面を見られる】
進行状況を把握しながら授業をする為に、大学のPCの場合同室内
にある全てのPCのディスプレイ
一括で見られる様にしてある所
があります。

わざわざ移動してディスプレイを覗き込む必要が無く把握出来る
ので、見回りに来ないからと言って、遊んでいると上記と同様に
評価に影響する事になります。



【外部記憶機器(USBメモリ、外付けHDD等)の接続がバレる】
最近のID管理されたPCの殆どがコスト削減の名の下に、管理する
サーバOSのブートイメージを置き、

ネットワーク経由でメモリにOSを読み込んで起動する様にして、
HDDを搭載しないと言う事やっています。

記憶媒体は勿論サーバ側なので、システムの履歴から機器の接続
履歴
が全てサーバ側に記録される事になり、

サーバ管理者からは『どのPC』に『何時』、『何が接続された
のか把握できるわけです。


因みに、外部に機密情報を流出させない様にセキュリティの厳し
い所では、誰かが外部記憶機器を接続した時点で管理者警告
を出すソフト
を導入している事もあります。

場合によってはクビ級の大問題になる事もあるので、注意して下
さい。



ID管理をしているPCは、ディスプレイや作業を見られていなくて
も痕跡が確実に残るので気をつけましょう。



このBlogはBlogランキングに参加しています。
役に立ったと思った方はクリックをお願いします。




総合情報に戻る

TOPに戻る

| 小話 | 00:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント


TRACKBACK URL

https://pcnomori.blog.fc2.com/tb.php/129-070a28ae

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT