パソコン(PC)の森

2020/031234567891011121314151617181920212223242526272829302020/05

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

一般消費者を騙す提灯ライターの話

【一般消費者を騙す提灯ライターの話】

前に【PC関係の雑誌や企業系情報サイトの話(日本)】でも書きま
したが、現状の日本の企業系のPC情報サイトや雑誌の記事は95%
唯の広告であり、

レビューはバイアスが掛かっている為、まったく役に立たちま
せん。

今回は読んでも意味がない記事を書くライターについて書きます。

:私は消費者の味方であって広告企業の敵
ではありませんので悪しからず。




【提灯記事とは】
その昔、裕福な商人や身分の高い人の夜歩きには、提灯持って
先導する従者
がいました。

夜遊びの時に従者も参加出来る為、主人に対して必要以上に褒め
称え
たり、調子を合わせて媚び諂い同行させてもらおうとしてい
ました。

その媚び諂う者と言う意味で「提灯持ち」と使われ様になった訳
ですが、

現代では、広告企業が広告費を得る為に広告主の企業の製品を持
ち上げる媚び諂った記事を書いている為、

「提灯持ち」になぞらえてその様な記事を「提灯記事」と呼ぶ様
になりました。



【悪質な提灯記事とは】
広告主の企業の製品どうしを比較するだけなら唯の広告に過ぎな
いのですが、

日本の広告企業の提灯記事と言うのは、広告主の製品を持ち上げ
る為に、広告主と同種の製品を出している競業企業の製品に対
して

構成に細工したり、データを捏造したり、比較対象がおかしいデ
ータをだして知識の無い一般消費者を騙す記事に成っています。



【PC系提灯記事の手口】

【構成を細工】
意図的に消費電力が高くなる様なパーツを使って消費電力が高く
なる様に細工
をしたり、性能の低いパーツを使って意図的に性能
を下げている
事があります。

基礎知識が無い一般消費者が、パーツ名を見ても判断できないの
を利用した手口です。

例えば多機能で消費電力の高いMB(マザーボード)や高電圧が必要
なOC(オーバークロック)メモリを利用して消費電力を上げたり、

対応メモリよりも低いメモリを使用し性能をおとす

また、意図的に下位のCPUのリテールクーラーを利用し、まるでC
PUの発熱が高い
かの様にみせたり、リテールクーラーの性能が低
かの様に見せると言う事をやっている事があります。



(2013/9/12追記)
最近多い手口ですが、構成に対して意図的に大容量(1000W以上)
の電源ユニットを搭載し、変換効率を落として消費電力を上げる
細工をしている所があるので注意してください。



(2015/1/2追記)
【ディスプレイによる細工の可能性】
提灯記事の殆どが解像度は明記してもディスプレイの情報を出し
ていません。

ディスプレイの設定によって意図的に性能を落とす方法がある
ので、

構成が全く同じなのに低いfps高いfpsしか出ない、と言う場合
はディスプレイによる細工だと考えると良いでしょう。


【ディスプレイでの細工とは】
ディスプレイの解像度とは】で触れていますが、高解像度のデ
ィスプレイ上で解像度を下げてゲームクライアントを立ち上げ
ても、

上記の下げた解像度と同じ解像度のディスプレイでフルスクリー
ン標示とはGPUの負荷が違います

例えばWQHD(2560x1440)のディスプレイでFHD(1920x108
0
)標示してもFHDディスプレイでフルスクリーン標示した時と同
じ負荷にはなりません。

なぜならディスプレイは全画面を秒間に数十枚標示しているから
です。

ゲームクライアント内だけ描写を変えているわけではないので、
幾ら解像度をFHDに下げようが、GPUは秒間にWQHDの静止画
を連続して描画する事になります。

つまり、負荷を上げる事が出来るわけです。


其処から推測できる細工は、よく見せたい方の構成にはぴったり
のディスプレイを使用するか、GPU側の出力を絞って(デスクトッ
プ上から画面の解像度を下位に変更)フルスクリーン標示で負荷を
軽くし、

悪く見せたい方は高解像度のディスプレイでゲームクライアント
の解像度だけ下げて、実際は高解像度で処理をさせているといっ
た感じです。

競業企業の製品を意図的に性能を下げる時にも使われると考えら
れますが、

広告主の新製品が出る度に広告主の前製品が同じ構成なのに性能
が落ちる某所の記事を鑑みるに、

広告記事ですら使用して見せかけている可能性もあるので注意が
必要です。



【CPUが非対応のBIOSを使う】
BIOS関連の話】でも説明しましたが、CPUを正常に動作させる
為には制御用のマイクロコードがBIOSに無いと制御出来ません。

但し例外として、同じか近い設計のCPUなら最低周波数と高めな
電圧で最低限の動作が可能な事があります。

これは、その仕様を悪用した手口です。

そのままでは最低限の動作しか出来ませんが、OS上から任意
波数と電圧
を手動で変えられることが出来るツール(AOD等)が
あり、

それを利用して意図的に最高電圧をかけて消費電力や発熱を高く
見せかけます。



【ベンチマークで細工】
ベンチマークの話】で説明してある通り、基本的にベンチマー
クでは、限定された条件下で限定された特定部分の性能しか分か
らない。

と言うのもありますが、意図的に広告主の製品の性能が良く見え
るベンチマーク
だけを使ったり、

ベンチマークの設定を細工し、広告主の競業企業の製品では良い
数値が出ない様に細工
する事があります。



【グラフを細工】
数値を細工する事もありますが、グラフの基準を細工し、差があ
るかの様する手口があります。

例えば、対数グラフを利用したり、数値の位置を入れ替えたりし
ている事があります。

また、グラフの始点を0ではなく数値の最大値に近い所にし、先端
部分だけ誇張して差がある様に細工している事があります。



【比較対象がおかしい】
基本的にCPUやVGA等には、目的や性能によってクラス分けがさ
れているのですが、

そのクラス分けを無視して比較する事で、性能を悪く見せる手口
があります。

例えば、ローエンドクラスを集めて比較している所に意図的にミ
ドルクラスのCPUを入れて、消費電力や発熱が高いかの様に見せ
て勘違いさせる事をやっている事があります。

また、タワー型のデスクトップPCとノートPCでプラットフォーム
が違う
のにCPUを比較すると言う意味不明な事をしている事があ
ります。

ノートパソコンの性能が低い理由とは】で説明していますが、
基本的に狭い筐体に発熱するパーツを詰め込む為に、

性能が低いパーツを入れる事になる為、タワー型のデスクトップP
C用のPCパーツと比較するのはありえない事です。



(2015/11/28追記)
【意味不明な言い訳】
ASCII等で見かけますが、手元に無いを免罪符かの様に言い訳に
してクラス帯や価格帯の違う製品で比較する悪質な記事を書く者
がいます。

比較対象が不適切である製品を使って良いという理由には一切な
っていないので、ネガティブな印象を与える為と考えて良いでし
ょう。

尚、不適切な比較以前に動作テストもせずに妄想で書くライター
もいるので注意してください。(日経等)



【嘘を書く】
基礎知識が無いと判断できない嘘を意図的に書く事があります。



【提灯ライターリスト】
現在日本のPC系広告企業に執筆していて、ネットや雑誌で提灯記
事を垂れ流している悪質なライターのリストです。

記事に以下のリストにあるライターの署名がある場合は、閲覧を
全くお勧めできません。

どうしても見に行く時はGoogleキャッシュWeb魚拓にして下
さい。

でないと閲覧数が評価になってしまうので。

特に悪質なライターには『』がつけてあります。

Impress Watch
後藤弘茂
笠原一輝
西川和久
劉 尭
三門 修太
若杉 紀彦
多和田 新也
石川ひさよし
(DOS/V Power Reportで、ローエンドのKabi
ni(10月号)、ローミドルのA10-6700T(11月号)をクラス帯の全
く違うハイクラスのCore i7-4770Kと比較した意味不明な記事を
続けて出している)

鈴木雅暢
加藤 勝明(KTU)
ASRockに対して言論弾圧を行う、偏った記
事を書く個人Blogに対して指摘している者を攻撃して個人Blog?
を擁護する

山田祥平
出町 学(OS/V Power Report(2014 6月号)で、ミドルレンジの
A10-7850Kをハイエンドと嘘を書く
中村 真司
樽井 秀人
坂本はじめ
佐藤 亮
佐藤 岳大
大河原 克行
三浦 優子


Ascii
大原雄介
多和田新也
加藤 勝明(KTU)

藤田 忠
林 佑樹
平澤 寿康
ハッチ
イッペイ
ショータ
清水貴裕

まぶかはっと


マイナビ
大原雄介
日高彰

Yoichi Yamashita
後藤大地


4gamer
宮崎真一
米田 聡
西川善司

本間文
小西利明
Jo_Kubota
林 佑樹
佐々山薫郁



ITmedia
石川ひさよし
本田雅一
古田雄介
佐藤由紀子
鈴木淳也
鈴木聖子
大越章司

林信行
金子麟太郎


エルミタージュ秋葉原
増田泰介(掲示板でネガキャンコピペ行為及び秋葉原のPCパー
ツ店と契約し、ステマ行為疑惑有り)
池西 樹


@IT(ITmedia)
Massa POP Izumida


TechTarget(ITmedia)
田北幸治
Cliff Saran


日経BP社
西村 岳史
井原敏宏
戸田覚
竹居 智久



GIZMODO
湯木進悟


東洋経済
本田雅一


Business Insider Japan
伊藤有


TechCrunch
滑川海彦



【悪質な記事の例】
【下位のリテールクーラーを使った例】
4gamer:Phenom II X4 965Black Edition/3.4GHz
(記事の所まで下へスクロール)

古い記事ではありますが、意図的に下位のCPUに付属していたCP
Uクーラーを取り付けることで、まるでCPUの発熱が高く、尚且
つリテールクーラーの性能が悪いかの様に見せかける悪質な記事
の例です。

TDPは基本的に範囲内になるならすべてその範囲で表記される(例
:95W以上125W以下なら全て125W)為、周波数が600MHzも
違ったら当然発熱も違います。(当時の基準)

尚、記事が載せられた当初はV8を利用した数値は載せられていま
せんでしたが、あまりにも酷い記事で批判が集中したせいか、

後からV8での数値を追加したと言う経緯があります。



(2014/1/30追記)
【構成を細工して性能を悪く見せている例】
Mynavi:Kaveri/Richland/Haswellの3機種比較! eX.comput
erで試すAMDの新APU "Kaveri"(1)

(2),(3)

一見褒めている様な普通のレビューに見えますが、構成を意図的
にKaveriの性能が落ちる様に細工した悪質な記事です。

AMDのAPUは内蔵GPUの性能が非常に高いのですが、メインメモ
リをVRAM(Video Memory)として使用している為、DDR3では
転送速度が遅く本来の性能がでません。

その為早いメモリほど本来の性能に近付きますが、対応メモリがD
DR3-2133
であるのに1866すら使わずDDR3-1600なのはBTO
だからしょうがないとしても、

4GB x2が選択出来るにもかかわらず速度が出ない様に1枚挿しで
シングルチャンネルで動かす等、内蔵GPUの性能が落ちる構成
しています。
(デュアルチャンネルでの性能差のフォローすらない)

一見同じ条件に見えますが、Intelの内蔵GPU性能が低過ぎる
で、デュアルチャンネルでもシングルチャンネルでも殆ど性能に
影響が出ません。

つまり一方的にAPUの描写能力を削ぐ事が出来るわけです。

尚、PSO2の値が2010と出ていますが、同じDDR3-1600でも
デュアルチャンネルで動作させると軽く4500以上は出るので、如
何に悪質な記事であるか理解できると思います。



【グラフに細工をした例】
Impress:Intelのメインストリーム向けデュアルコア「Pentium
D 820」~シングルコアCPU「Pentium 4 670」もリリース


古い記事ではありますが、グラフ10で横軸に対数グラフを利用し
ており、Audio Conversionの値が800近く差があるのに、グラ
フ上では殆ど差が無いかの様に誤認させようとしています。



【BIOS未対応で計測&ベンチの設定を細工した例】
Impress:FX-8350/4.0GHz

Impress:AMD FX-8350ベンチマークレビュー

Ascii:VisheraことAMD「FX-8350」は低予算自作に革命を起こ
すか?


マイナビ:Visheraこと「AMD FX-8350」を試す

FX-8350が発売時、驚くべき事にPC系広告企業が示し合わせたか
の様に8350を制御する為のマイクロコード入っていないBIOS
を利用して計測しています。

Croshair V FormulaのBIOS対応表でFX-8350(FD8350FRW
8KHK,4.0GHz,8C,125W,rev.C0,AM3+
)の横をみて見ましょう。

1703というBIOSのバージョンが確認できると思いますが、これ
そのバージョンから対応したという意味です。

つまり、それ以前のBIOSでは正常な制御が出来ないので、数値や
グラフは全く意味がなく読むだけ無駄と言う事が分かります。


因みに、BIOSのバージョンが書いていなくても1605を利用して
いるのが何故わかるかというと、バージョン1703を出したのは2
012/10/24
だからです。

さらに、発売と同時に記事を出す為にはそれ以前に組んで検証し
ないと駄目なのと、

先行配布されているなら、わざわざ未対応バージョンを公表する
必要が無い為1703が配布されていない事が分かります。

一部では、AMDから渡されたと言い訳をしている所もありますが、
対応していないBIOSでレビューをしろと言われるわけがないし、

一般消費者にとって制御できていない状態での数値なんて全く意
味がなく、発売日当日に記事を出す必要も無いので理由になって
いません。

後、i7-3770Kをダウンクロックしてi5-3570K相当にしていると
意味不明なことを書いている所もありますが、CPUキャッシュ量
が違うのでダウンクロックをしようがi5-3570K相当にはなりま
せん。

尚、内容も設定を細工して性能を低く見せかけているのを、利用
者(録画人間の末路)が暴いています。



【比較対象がおかしい記事の例】
4gamer:A10-4600M
(記事の所まで下へスクロール)

これはノートPC用のMobileCPUを特集した記事なのですが、比
較対象にタワー型デスクトップPC用のCPUを持ってきている意味
不明な記事です。

上記した様に、MobileCPUは発熱の関係で性能を抑えているので、
比較が出来るものではありません。


其の他にImpress系のDOS/V POWER REPORT等で、ローエン
のEシリーズとハイクラスのCorei7-2600Kを比較したグラフ
を置いたり、

AtomやCeleronのローエンド帯の中にミドルクラスのA8-3870
Kを並べて比較したグラフを置く等、悪質な記事を出しています。


(2018/5/16追記)
Impress:AMDファン必見のRyzen Mobile搭載13.3型モバイ
ルノート「ideapad 720S」


久々にノート用とデスクトップをPCを比較する悪質な記事が出て
いました。

上記で説明している様に筐体の問題で性能が抑えられるので比較
する事はあり得ないのですが、

APUがTDP15WでCPUが実質TDP104W(65W)の8400で比較
しており、性能差がかなりある事が理解できると思います。

そんな性能差で比較したらデスクトップ向けPCの方が上になるの
は当たり前です。


脆弱性で最悪な印象になっているIntelCPUを持ち上げようと必死
なのでしょうが、逆効果しかありませんね。



【嘘を書いている例】
4gamer:適用で8コアのAMD FXが「4コア」に!? Microsoftの
「Bulldozerアーキテクチャ最適化パッチ」を試す

(記事の所まで下へスクロール)

これは、FX-8150のWindows7での最適化パッチによる、システ
ム動作上の表記を利用した悪質なネガキャンの例です。

わざわざ10年前に更新が止まって新CPUの構造に対応出来ないベ
ンチマークを用意し、恰も8コア4コアになったかの様に説明し
ていますが、

このパッチは、4コアしか使わないソフトウェアでも自動的に処理
を8コアに分散して負荷が軽減されてしまい、省電力機能の仕様で
周波数が上がらなくて処理速度が上がらないのを、

システム上で片方を実コア、片方を仮想コアという認識にする事
で、4コア以下しか使わないソフトでは無駄に処理を分散させない
様にして周波数が上がり易い様に最適化したものです。

実際には8コア有るので5コア以上を使うソフトを利用すれば通常
通り処理が出来るわけですが、

パッチを当てた後のベンチの画像(表示されない時はURLを選択し
てEnterを押す
と表示)を良く見ると「使用CPU数」が4コアにな
っているのと、負荷率が分散前の2倍、つまり負荷率は同じになっ
ており、

パッチの仕様から考えれば無駄に分散しなくなったのだから、4コ
だけしか負荷を加えていないなら4コアしか動かないのは当然の
事なのに、

まるで8コアが4コアに成ったかの様なデタラメを書いているわけ
です。

悪質にもほどがあるとはこう言う記事の事でしょう。



日本のPC系広告企業の記事は本当に酷く、殆どの場合全く役に立
ちません。

海外でもおかしな記事を書く所はありますが、日本よりもましな
ので、正確な情報が欲しい場合は海外の情報サイトを閲覧する事
をお勧めします。



【関連記事】

一般消費者を騙す提灯ライターの話 2
個人レビューの注意点


このBlogはBlogランキングに参加しています。
役に立ったと思った方はクリックをお願いします。




総合情報に戻る

TOPに戻る

| 小話 | 00:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント


TRACKBACK URL

https://pcnomori.blog.fc2.com/tb.php/124-1a8ed939

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT