パソコン(PC)の森

2020/031234567891011121314151617181920212223242526272829302020/05

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

情報、ネットリテラシー関連(2)

【情報、ネットリテラシー関連(2)】

今回は、情報リテラシーやネットリテラシーと呼ばれるネット上
の情報の取り扱い方についての中でも、情報の性質や取捨選択に
ついて書こうと思います。



【ネット上の情報の性質とは】
現在ネット上には莫大な数の情報が転がっていますが、他のメディ
ア得られる情報とは性質が異なっています。



【情報の不完全性】
莫大な数の情報が転がっていると書きましたが、ネット上には全
ての情報がある訳ではありません。

発信者の匙加減で情報量が変わるのと言う事もありますが、公の
場に出せない情報
なんていうのは幾らでもある為、ネットで調べ
れば何でも出てくる
何でも出来ると言うのは間違いです。



【情報の公共性】
ネットワーク上の情報と言うのは、規制を掛けない限りネットに
繋げられる端末を持っていれば誰でも世界中の情報を収集する事
が出来ます。

つまり、ネット上に情報を載せるという事はネット環境のある
世界に発信している
と言う事です。

迂闊に個人情報を載せたり、迂闊な発言を発信すると、とんでも
ない事になるのはこのせいです。



【情報の共有性】
ネット上の情報と言うのは新聞やTVの様に、発信者から受信者
対して一方通行ではなく、受信者も発信者として情報に対して発
信する事が出来る為、一つの情報に対して多方面からの情報が集
まる
と言う特徴があります。



【情報の発信者】
ネット上の情報は発信者を確実に特定出来るわけではない為、基
本的に発信者から情報の正確性を判断できません。

と言うのは、ネット上の発信方法がホームページBlogTwitte
r
等のSNS(social networking service)の様に簡単になって行
っているのもあり、

誰でも簡単にネット上に情報を発信できる様になって誰が情報を
発信しているのか特定出来ない状態だからです。
(いくらでも偽る事が出来る為)



【ネット上の情報の正確性】
上記した様にネット上に情報を誰でも簡単に匿名で発信出来る為、

ネット上の情報は基本的に精査されておらず、正確な情報と不正
確な情報が入り混じった状態で存在しているのですが、

上記に加えて発信者の身元が確でも正確な情報と言えない問題も
あり、正確な情報を得る為には受信者側に判断する為の基礎知識
が必要になります。



【ネット上で正確な情報で無い例】
【身元が確かでも正確ではない情報】

現状の日本での話しですが、


【新聞やTV系企業】
企業の都合の良い様に情報を改変偏向等する為、正確な情報は
殆どありません。


【広告系企業】
基本的に広告主の製品に対してバイアスが掛かっている為、正確
な情報なんて殆どありません。

酷い時は商品レビュー全てが嘘な時もある位日本の広告企業の情
報は酷く、全く正確ではありません。


【小売店】
ネットショップを経営している所でも商品レビューを出している
こともありますが、場合によっては売りたい物を良く見せる等の
細工をしている事があります。



【匿名の正確ではない情報の例】
【口コミサイト】

ステマと言う言葉も広がっている様に、ネット監視業務風評対
策業務
と証したネット工作業者が多数存在しており、

場合によっては業者が書いていたり、ポイントサイト等を開きユ
ーザーにポイントを餌にレビューを創作させている事があります。


【各種掲示板】
人の集まる掲示板ほど上記の口コミサイトの様に、受信者に対し
て情報を操作しようと業者が書き込む事があります。


【百科事典系】
Wikipediaの様に何処からともなく引用した情報を載せているサ
イトですが、

情報源が怪しいのはもちろん、サーバを管理している管理者が複
数のIDで自作自演をしていたり、極少数人数が複数のIDで自作自
演をして情報統制していたり、多数決で選ばれた情報なら間違っ
ていてもそれを載せるのが正しい、と意味不明な事を平然と書き
込む人間が参加しているので、正確な情報であると断定できま
せん。



【情報を取捨選択する方法】
上記した様にネット上の情報と言うのは正確なものと不正確なも
のが入り乱れており、自分で情報を取捨選択して正確な情報を取
得しなければなりませんので、

取捨選択する方法を知っておくが必要があります。



【基礎知識を学ぶ】
情報を判断する為に必要な分野の基礎知識を学ぶ事で判断するこ
とが出来るようになります。

一番確実な方法ではありますが、正確な情報を基に修学する必要
がある為、場合によっては教育機関で修学する必要が出る等、時
間が掛かります。



【情報源を探す】
基礎的な情報や加工のされていない生の情報を探し、下記の情報
の比較時に利用する事で判断しやすくなります。



【複数の発信源の情報を比較する】
基礎知識を一から学んでいては時間が掛かる為、基礎知識が無く
ても有る程度判断する事が出来る方法があります。

同じ情報でも、複数の発信源の情報比較すると言う方法です。

但し、比較する上で情報に対して詳細な説明や情報源があるか確
認する必要があるのと、その説明や情報源に対しても複数の情報
を比較して、その情報が正確であるかを確認する必要があります。



ネット上の情報の取り扱いは難しく、受信や発信の仕方によって
は大きな問題が発生します。

ネット上の情報はどういうものかと言う事を常に考えて情報を扱
いましょう。



情報、ネットリテラシー関連(3)


このBlogはBlogランキングに参加しています。
役に立ったと思った方はクリックをお願いします。




総合情報に戻る

TOPに戻る

| ネット関連 | 22:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント


TRACKBACK URL

https://pcnomori.blog.fc2.com/tb.php/113-197faf1f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT