パソコン(PC)の森

2020/031234567891011121314151617181920212223242526272829302020/05

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ゲームが出来るPCについての話

【ゲームが出来るPCについての話】

ゲーム目的でPCを購入したり、PCを購入したらゲームもしてみた
いと考えている方も居ると思います。

今回はゲームが出来るPCについて書きます。



【ゲームの基本的な話】
【動作基準について】

まず始めに知って置いて欲しいことを書きますが、より「多くの
消費者にゲームをやってもらう
」為に、ゲームを作成するに当た
って動作基準を可也低く設定しています。

だから、大抵3~4世代前の構成を最低の動作基準にしている為、
元からゲームに使用する事目的に製造されていないCPUやGPU
で無い限り、ゲームが出来る様に作成されています。



【構成による差】
多くの消費者にゲームをやってもらう」と言う上記と同じ理由
ですが、基本的な処理部分に構成によるはありません。

少し考えれば分かると思いますが、「○○の構成でしかゲームが
動作しない
他の構成ではまともに動作できない」となったら、
ゲームが出来る消費者限定されてしまう事になる為、自ら首を
絞める事はしません。

例えばIntel構成では動くのにAMD構成では動かない、と言う事
はありえません。

必ずどの構成でも動作基準の性能満たしていれば動作する様に
ソフトは作られていますし、特定の構成だけ優先して動作する様
には作られていません。



(2017/7/11追記)
【ハードに最適化と言う与太話】
上記した様に根本部分はOSに即したAPI用のライブラリを利用し
汎用プログラムで組まれているので、特定のハードに最適化な
んてされていません。

特定の独自機能がある時に遅くなる等の処理の問題が出た時に条
件文で動作の仕様を合わせてもらう様にすることはありますが、

処理に問題があるのを改善する為であって優位になるわけではな
いと考えて下さい。

ハード側がソフト側に合わせることはあっても、ソフトがハード
に合わせることはありません。



【ゲームに流れるパーツ企業のロゴについて】
よくゲームに技術協力しているCPUやGPUの製造企業のロゴが流
れますが、技術提供をしている企業の製品向けに作成されている
と言う意味ではなく、

技術提供を受けているからその企業の製品でゲームをする時に、
構成の特性に合わせて快適に出来るセッティング事前に用意で
きている
と言う意味であって、

他のパーツ企業の製品では基本的な処理が出る様な作りには
なっていません。



【ゲームが出来るPCとは】
ゲームを動作させる為には、ゲームプログラムを処理する演算部
画像を表示する為の描写部分の性能が必要であり、

ゲームプログラムの演算部分にはCPUの能力、描写にはGPUが関
連しています。

つまりゲームが出来るPCとは、CPU(Central Processing Unit)
GPU(Graphics Processing Unit)の性能が、ゲームを動作さ
せる事が出来る性能の基準
を満たしているPCの事です。



【ゲームが出来るCPU、APUとは】
上記した様に数世代前の構成を基準にソフトが作られている為、
最新の世代のCPUの場合、設定によってはローエンド帯のCPU
も動作させる事が出来る事もありますが、

基本的に以下のローエンドからローミドル帯のCPUは、ゲームを
やることを前提に作られていません。

現世代の例:Intel(AtomceleronPentiam)、AMD(Carrizo
Kabini)

快適にゲームをしたい場合は、IntelならCore i3以上、AMDなら
Aシリーズ以上のものが必要になります。
(但し一部のゲームは4Core以上CPUが必要)


尚、Intelの場合は、IntelCPUの特性の関係上CPUキャッシュの
容量
少ないほど処理に遅延が発生しやすくなる為、出来るだけ
キャッシュ量が多い方が良いのと、

データを処理する速度を上げて処理するデータの回転率を上げる
事で、CPUキャッシュの容量をゲームを構成するデータの量が超
えた時に遅延が発生し難くする目的で、出来るだけ高性能なCPU
の方が良いです。

因みにこれが巷で高性能なCPUの方良いとされている理由なので
すが、あくまでIntelの製品だけの話であって、他社製品にはあて
はまりません。

動作基準を満たしていて、等速で処理をし続けられるCPUやAPU
であれば、CPUが原因で処理の問題が出る事は無いからです。



【ゲームが出来るGPUとは】
ゲームの処理で一番負荷が掛かるのが画像の描写で、ある程度GP
Uの能力
がないとゲームによっては起動すら出来ません。

一応ローエンド辺りのGPUを内蔵したCPUやVGAでも2Dの本当
に軽いゲーム
なら出来ない事はありませんが、3Dポリゴンゲーム
用には向いていません。

現世代の例:Intel(全内蔵GPU)、AMD(R7 240R7 250)、nV
idia
(GT710GT720GT730GT745)


快適にゲームをしたい場合は、AMDならRX 560以上、nVidiaな
GTX1650が搭載されたVGAが必要になり、

ノート向けの場合は、AMDは内蔵GPUが強力なAシリーズ以上か
MobileGPU(Radeon)、nVidiaMobilGPU(Geforce)が必要
になります。

尚、Intelの内蔵GPUは性能が低くゲームに向いていない所か業界
の基本的な基準を満たしていません。

しかもドライバの出来も悪く描写も不完全な事も多いので、Intel
構成である程度負荷の掛かるゲームをやる為には、VGAMobile
GPU
(RadeonGeforce)の搭載が必須になります。



【ゲームで変わるCPUとGPUの重要度】
【オフラインゲーム】
基本的に処理がPC内で完結する為、ゲームの処理の重要度はGPU
CPUとなります。


【オンラインゲーム】
最近のオンラインゲームの処理は不正対策の為にPC側の処理が最
低限になっており、ダメージ演算等の演算部分をサーバ側で処理
をしている
為、CPU側で重い演算をすることがなくなっています。

其の為、処理の重要度GPU>ネットワーク回線>CPUとなって
いて、CPUはあまり重要ではなくなっています。



【現在発売されているPCでゲームをするなら】

【タワー型 デスクトップ】
【Intel構成】
CPUをCore i5以上でVGAをRX 570GTX1660辺りを搭載した
PCを購入すれば、大抵のゲームは快適に出来ます。


【AMD】
CPUをRyzenシリーズでVGAは上記と同じくRX 570GTX166
0
辺りを搭載したPCを購入すれば、大抵のゲームは快適に出来
ます。


尚AMDの場合はAシリーズAPUは内蔵GPUが非常に強力で、
ーミドル辺り
の性能があり、業界の標準を超えています。

VGAを搭載しなくてもある程度の3Dポリゴンゲームが出来るPC
になります。



【ノート】
【Intel】
CPUはCore i3以上ですが、上記した様に内蔵GPUの性能が低い
為、MobileGPUが必須になります。


【AMD】
AMDのノート向けはAシリーズ以下APUを搭載したし物かあり
ません。

CPUはAシリーズで、内蔵GPUが強力な為基本的にMobileGPUは
必要ではありませんが、

MobileGPU(Radeon)を搭載している場合はDual Graphics
言う内蔵GPUとMobileGPUを連動させる機能で性能向上が出来
ますので、MobileGPUが搭載されている物を選んでも問題はあり
ません。



【ゲームが出来るPCを製造している所】
【大手家電メーカー】
大手家電メーカーのPCでゲームが出来るPCを製造しているのは、
MobileGPUカスタムで搭載出来るSony(VAIO)と一部の製品
でMobileGPUを搭載している東芝と、AMDAシリーズAPU
搭載したPCを出している富士通くらいです。
(現在残念な事にミドルクラス以上のAPUを搭載している所がなく
なっています。)


殆どの機種が性能の低いIntel CPU内蔵GPUを高性能と「騙って
MobileGPUを搭載していないので、選択肢は多くはありません。


(2019/6/29追記)
Intel CPUの脆弱性と10nm設計の一度の失敗及び生産調整でリ
スク回避の為かAMDのRyzen APUを採用したノートPCがNEC
富士通から出しているので、選択肢が増えています。



【海外BTO】
hpASUSMSIAcerLenovoDell等の海外BTOのノート
PCは基本的にMobileGPUを積んでいる為、大抵ゲームが出来ま
すが、一部のモデルには搭載されていない事もあるので注意が必
要です。

デスクトップについては、Dellの様にゲーミングPC(ALIENWAR
E
)のカテゴリーに属していないとVGA搭載されていない事があ
るので注意が必要です。



【国内BTO】
BTOでも専門企業のONKYOEPSONの場合VGAを搭載していて
高性能な物を搭載していない事が多いので注意が必要です。


尚、一部の企業ではノートPCも出していますが、大手家電PCと同
じく選択肢は多くありません。

またBTOでも自作PC用のパーツを使ってFRONTIER等のBTOPC
を組
む所の場合は、VGAを搭載しているモデルを購入すれば問題
ありません。

此方はノートPCはありません。



【PCパーツ店】
PCパーツ店のタワー型デスクトップのショップブランドBTOには
殆どVGAが搭載されていますので、ゲームが出来ます。

尚一部の店ではショップブランドゲーム向けノートPCゲーミ
ングノート
を製造をしては居ますが、

高性能なMobileパーツを無理やり詰め込む為に筐体を大きくして
いるので大型な上に重く、さらに発熱が酷いのと消費電力が高い
のでバッテリー駆動3時間も持ちません。

正直ノートPCである必要が無いのでゲーミングノートはお勧め出
来ません。

普通のMobileGPU積んだ物かAMDのAシリーズAPUを搭載した
ノートを買ったほうが良いです。



【買える場所】
【実店舗】
【大手家電量販店】
仕入れていればSonyMobileGPUを搭載したPCを購入する事が
出来ますが、殆どの場合ありません。

また、一部の量販店では海外BTO国内BTOの製品を仕入れてい
る事があるので、ゲームが出来るPCを購入する事が出来ます。


【PCパーツ店】
ショップブランBTOを購入できますが、海外BTOノートPC等を
取り扱っている場合もあります。


【BTO直営店】
海外や日本のBTO専門企業直営店(GatewayMouse Compu
ter
)等で購入する事も出来ます。



【ネットショップ】
基本的に実店舗で買うよりも安い傾向にあり、値引きイベント
定期的に行われますのでお得です。

ただし、サポートについては実店舗より劣る事が多くなります。
(主に輸送と期間の問題)


【直営店】
BTOでも実店舗の家電量販店の場合カスタム出来ない事が多い
のですが、ネットショップの直営店の場合カスタムでMobileGPU
搭載出来るPCもあるので、此方の方が選択肢が広がります。

【BTO直営店】
国内BTOでもSTORMFRONTIER等のネットでのみ購入できる
BTOがあります。


【PCパーツ店】
ネットショップを持っているPCパーツ店(ツクモソフマップ)の
場合ショップブランドBTOをネットでも購入できます。



偶にゲームするならCore i7が必須と言うデタラメを見かけますが、
市場全体5%にも満たないBTOPC&自作PC所持者の中でも更に
1桁%しか居ないCore i7を基準にゲームを作る訳が無いので、惑
わされない様にしましょう。



このBlogはBlogランキングに参加しています。
役に立ったと思った方はクリックをお願いします。




総合情報に戻る

TOPに戻る

| お役立ち情報 | 20:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント


TRACKBACK URL

https://pcnomori.blog.fc2.com/tb.php/107-e3887589

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT