パソコン(PC)の森

2020/031234567891011121314151617181920212223242526272829302020/05

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

デスクトップPC(自作)の掃除の例

【デスクトップPC(自作)の掃除の例】

今回はタワー型の自作PCの掃除の例を書きます。



【今回掃除に使用するPC】
今回掃除する自作PCのケースと一部パーツは、10年前の物を流用
している為、現在販売されているケースやパーよりも取り回しや
掃除が不便なものになっています。

したがって、新規で組んだり最近のショップブランドBTOのPC
購入する場合は、例よりも掃除がし易くなっています。

尚、デスクトップでもBTO専門企業等の独自規格のパーツが入っ
たPCや、家電メーカーのスリムタワーPCの場合、内部構造が違う
ので臨機応変に対応してください。



【掃除に使用する道具】
掃除道具(クリックすると拡大)
基本的に必要なのはエアダスタードライバーです。

綿棒無水アルコールは、今回VGAの基板上の粉状の埃(以後粉埃)
を取る為と、CPUクーラーのファンやケースファンの粉埃を取る
為に使っています。

基板は駄目ですが、ファンについては、あるならウェットティッシ
で掃除してもかまいません。

後、パーツを置いておく為と、作業をしやすくする(向きを変える)
為にダンボールを使っています。

尚、画像には無いですが、静電気対策用金属の物(椅子)と掃除
も使っています。



【掃除道具の扱いの注意】
キーボードの掃除について】でも説明しましたが、エアダスタ
ーは可燃ガスを利用しているのと、無水アルコールは99.5%の純
粋なアルコールな為、絶対に火気厳禁で、換気をしながら掃除し
て下さい。



【掃除をする時の注意】
掃除機を使った後やパーツを触る前に、必ず金属を触って静電気
対策
をしてください。

当たり前ですが、静電気が発生しやすい服を着ないで作業して下
さい。



【掃除】
先ずは、ケーブル類を全て抜いた後電源ボタンを一度押して放電し
たら、電源ユニットのスイッチOFFにしておきます。

リア(クリックすると拡大)
次にリアにある螺子6つ+ドライバーで外してサイドパネルを外
します。

画像のは通常の螺子ですが、↓の様にドライバーが要らない螺子
もありますので、ドライバを使うには手狭な場所で作業する必要
がある場合は交換すると良いでしょう。

Lumen 手巻ネジインチネジ(マイナスカット) 6個 銀色
(2010/9/8)
ルーメン



アイネックス ハンドルネジミリ黒 PB-034BK
(2009/11/30)
AINEX



サイドパネル(クリックすると拡大)
サイドパネルを外すとこんな感じ、左側がフロントから向かって
右のサイドパネル
で、右側フロントから向かって左のパーツを
搭載する側のサイドパネルです。

吸気口のあるサイドパネルは、埃が付きますので、取り外すつい
でに掃除をして下さい。

サイドパネルについては掃除機で吸ってしまってもかまいません。


尚、このケースは古いので、CPUクーラーへ吸気する為のパッシ
ブダクト
が付いています。

フロントから向かって右(クリックすると拡大)
フロントから向かって右です。フロントパネルを外す為にはこち
ら側も外す必要があるで外しています。

尚、ドライブ類増設等でも外す必要が出てきます。
(現在のケースでは片側から固定できる物が多い為、必ずしも外す
必要はありません)

フロントから向かって左(クリックすると拡大)
フロントから向かって左です。

こちら側にパーツがあります。

ファンやヒートシンクに埃が付いているのが分かると思いますが、
PCの掃除は、冷却が必要なパーツから埃を除去して冷却能力を回
復する
事を目的としています。

VGAの補助電源(クリックすると拡大)
掃除がし易い様にVGAを外しますが、先ずは補助電源ケーブル
抜きます。
(補助電源が必要でないVGAの場合は省略)

PCI-Eスロット ストッパー(クリックすると拡大)
次にリアに固定する為の螺子を外した後本体を外しますが、PCI-
Eのスロット
には画像の様にVGAの重みで抜け落ちない為のストッ
パー
が付いているので、赤で囲った部分を矢印の向きに上げつつ
取り外してください。

尚、MBベンダによってはストッパーのはずし方が違うので、説明
書を確認して下さい。

VGA(1).jpg(クリックすると拡大)
取り外した後ですが、赤枠の金属端子には触らないで下さい。

塩分や油分で錆びます。


尚、上記のPCI-Eスロットのストッパーが引っかかっていたのは
黄色で囲った部分です。

VGA(2).jpg(クリックすると拡大)
ヒートシンクに埃が付いているのが分かると思います。

取り外すと同時にエアダスターで埃を吹き飛ばしつつ離れた所か
掃除機で埃を吸って綺麗にしてからダンボールの上に置いて下
さい。

VGAに関しては、クーラーを取り外してグリスの塗り直し等をや
っていますが、今回は省略します。

USB増設ボード(クリックすると拡大)
バンドル等で増設ボード等を使っている場合も掃除の邪魔になり
ますので取り外してください。

画像はUSB3.0の増設ボード(USB3.0N4-PCIe)です。

Memory.jpg(クリックすると拡大)
メモリを取り外します。その際で囲った金属端子とチップには
触れないでください。不意に静電気が走った時にメモリが壊れ
ます


ヒートシンクで覆われているメモリの場合は、静電気防止を念入
りにしてから取り外してください。

掃除は、エアダスターを飛ばす程度で十分です。

CPUクーラー(1)(クリックすると拡大)
CPUクーラーを掃除します。社外クーラー(手裏剣B)を利用してい
ますが、リテール(標準CPUクーラー)と同じくトップフロー型
です。

ヒートシンクからファンを外すと画像の様に埃がこびり付き、
却を阻害
していることが分かると思います。

先ずは、布状にこびり付いた埃を指で丸めならが剥ぎ取ります。
(そのままエアダスターを使うと隙間に埋まる)

ある程度塊が取れたら、残った埃をエアダスターで吹き飛ばしつ
つ掃除機で吸います。

ファンの方も埃をエアダスターで飛ばして掃除をしますが、粉埃
は取れませんので、ウェットティッシュ等でを掃除して下さい。


CPUクーラー(2)(クリックすると拡大)
掃除後のヒートシンクです。

念入りにやる場合は取り外して丸洗いと言うのも良いかも知れま
せんが、基本的には、埃を取るだけで十分です。


フロントパネル(右上)(クリックすると拡大)
フロントパネル(右下)(クリックすると拡大)
フロントパネル(左上)(クリックすると拡大)
フロントパネル(左下)(クリックすると拡大)
次にフロントパネルを外して吸気口を掃除します。

このケースは旧式な為、両サイドパネルを外した上で画像の場所
-ドライバーを差込、てこの原理で外す必要があります。
(最近の物は簡単に取り外せるようになっています)

フロント(吸気口)(1)(クリックすると拡大)
フロントパネルを外すとこんな感じ。メッシュの裏側吸気用の
ファン
が取り付けてあるので埃まみれになります。

必ずファンが搭載されている辺りは掃除してください。

ここの掃除に関しては、掃除機で吸っても問題ありません。

フロント(吸気口)(2)(クリックすると拡大)
掃除した後ですが、大抵吸気口の裏にはストレージを搭載する場
所になっているので、メッシュからエアダスターを軽く差し込ん
で、ストレージに積もったを飛ばして下さい。

ストレージの上の掃除はその程度で十分です。
(簡単に取り外せる場合は取り外して掃除すると良い)



【仕上げ掃除】
後はリアの排気ファンやMB上の電子部品やヒートシンク、ケーブ
ル類の埃をエアダスターで吹き飛ばしつつ掃除機で吸います。

電源についてはファンのある吸気口からエアダスターを差し込ん
で埃を吹き飛ばし、排気口から掃除機で吸って下さい。

組み直し完了(クリックすると拡大)
後は組みなおして終わりです。

因みに電源後ろにファンがあるのに気が付いた人も居ると思いま
すが、これは電源排気が弱い為につけた排気補助用につけてあ
ファンです。

これについてはVGAの掃除と共に別で書こうと思います。



【掃除関連+α】

VGA(内排気)の分解掃除とグリスの塗り直し
キーボードの掃除について
静音電源の放熱問題と対処法


このBlogはBlogランキングに参加しています。
役に立ったと思った方はクリックをお願いします。




総合情報に戻る

TOPに戻る

| お役立ち情報 | 20:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント


TRACKBACK URL

https://pcnomori.blog.fc2.com/tb.php/101-f62f6e4c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT