パソコン(PC)の森

2020/12123456789101112131415161718192021222324252627282930312021/02

2020年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2021年02月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

AVX512で割増されたベンチの数値に注意

【AVX512で割増されたベンチの数値に注意】

海外の提灯記事を書くサイトがRocket Lakeについての記事を出
していましたが、Intel CPU側にだけある拡張回路を使用する事
で数値を割り増ししている事を書かず、そのまま翻訳して記事に
した処を利用し、

ネット対策企業がネット上に問題のある情報を出し始めたので注
意を一つ。



【関連記事】
1Intel Core i9-11900K Rocket Lake-S CPU debuts on
PassMark with the fastest single-core performance in th
e ranking


2Passmark releases PerformanceTest v10 benchmark,
adds AVX512 - Receives Critique for favoring Intel

3Geekbench 4 CPU Workloads(公式PDF)



【AVX 512とは】
AVXとは浮動小数点演算をする時に特定の演算に特化した演算を
する為の拡張回路の事です。

AVX 2まではクロスライセンスでIntel、AMD両方で対応してい
ますが、AVX 512にはIntelしか対応していません。



【何が問題なのか】
AVX 512に対応しているベンチでAVX 512を使用して数値を割
り増ししているだけなら問題ないですが、問題なのは拡張回路のA
VX 512を利用しているソフトウェアが殆ど無い
と言う所です。

一般向けソフトウェアは一部動画編集用ソフトのエンコード時に
使用しているだけで、殆ど導入されていません。

CPUの性能を気にする者は主にゲームソフトで使用する事を前提
にしている事が多いですが、AVX 512をゲームで使っているタイ
トルはありません



あくまで拡張回路と言うのもありますが、使用すると消費電力と
発熱が高くなる、一般向けがSkylake-XCascade Lakeのウル
トラハイエンドとIce Lake以降のノート向けのCPUしか搭載して
おらず殆どのCPUでまだ対応していないという問題と、

性能が必要なソフトを使用するクラス帯の自作PCやBTO PCでは
殆ど対応していない為、ゲームソフト側で対応する意味が現状あ
りません。

そんな状態でベンチだけAVX 512の回路を使用した数値を出して
性能が高いとやっても実際のソフトではAVX 512を利用できない
為、使用するソフトのほとんどで対応しておらず、ベンチの様な
処理性能が出る事がありません。

つまり現状AVX 512を利用しているベンチマークの数値は意味が
なく、実際の処理能力を見る事が出来ないと言う事になります。


この様な状態のベンチを利用して性能が上がったという記事は非
常に悪質なので騙されない様に注意して下さい。


因みにエンコードで使えるとしても、Core数が多いCPUに比べて
処理速度が高くなる訳では無いというのと、

発熱が非常に高くなる為、冷却機構も高水準な物に変えないとサ
ーマルスロットリングが起きる可能性が高く、短時間しか使えな
いという問題もあります。



【AVX 512を導入したベンチの例】
【Passmark】
記事2にもありますが、Passmarkは2020年3月に出たバージョ
ンからAVX 512を使用する様になっており、当時の時点でも数値
が異常に上がって海外や日本で指摘されて信用されなくなったベ
ンチです。

記事1で使用されていますが、Rocket LakeAVX 512に対応
た為、数値が高くなっている訳です。



【Geekbench】
3の公式PDFにある様にGeekbenchは4からAVX 512を使用する
様になっている為、此方も参考にならなくなりました。



その他のベンチでも変に数値が上がっている場合は確認が必要だ
と考えて下さい。



昔も実際のソフトで殆ど使われていないX87をベンチで使って数
値上げとかやっていましたが、実際のソフトで殆ど使っていない
拡張回路で数値を上げているベンチは、

広告用カスタム車でレビューをさせて性能の低いノーマル車を売
る事と同じ悪質な詐欺行為なので、本当に注意して下さい。



【関連記事】

UserBenchmarkに注意


このBlogはBlogランキングに参加しています。
役に立ったと思った方はクリックをお願いします。




総合情報に戻る

TOPに戻る

| ソフトウェア | 18:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

タワー型デスクトップPCで無線LAN(Wi-Fi)を使用する方法

【タワー型デスクトップPCで無線LAN(Wi-Fi)を使用する方法】

従来デスクトップPCは基本的に有線でLANに繋ぐ事が殆どでした
が、無線LANの規格が進んで転送速度が上がった事でここ数年無
線LANチップを搭載したMBも増えています。

今回はデスクトップPCでも無線LANを使用出来る様にする方法に
ついて書きます。



【無線LANを使う為には】
今までは無線化すると転送速度が有線より落ちる上に安定性に問
題がありましたが、対応規格が上がる事である程度安定した転送
速度が確保できる様になっている為、タワー型のデスクトップPC
でも無線LANを利用する事が増えてきている様です。

タワー型のPCでも無線化に複数の選択肢があるので、環境に合っ
た方法を選択すると良いかもしれません。



【既にPCを持っている場合】
既にPCを持っている場合は機能を追加する為の機器を追加する必
要があります。


【USB接続の無線子機を使う】

TP-Link WiFi 無線LAN 子機 USB3.0 AC1300規格 867 + 400Mbps 11ac対応 デュアルバンド ハイパワーアンテナ搭載 MU-MIMO 3年保証 Archer T3U Plus
(2020/4/15)
TP-LINK


TP-Link WiFi 無線LAN 子機 867 + 400Mbps 規格値 11ac 11n デュアルバンド MU-MIMO対応 USB3.0 3年保証 Archer T4U Plus
(2020/12/16)
TP-LINK

↑の様な無線LAN用の子機をUSBポートに接続し、付属のツール
で設定すれば無線LANが使用可能になります。

但し、USB接続の関係上転送速度が低くなる上に、マウスの送受
信機の様な小型な物ほど電波の拾いやすさや対応転送速度が低く
なる為、対応しているMbpsの数値を必ず確認して下さい。

尚、複数機器をルーター(MU-MIMO対応)で管理している場合同
時通信が出来るMU-MIMO対応である事も考慮する事が必要かも
しれません。



【PCI-E接続の増設ボードを使う】

TP-Link WiFi ワイヤレス アダプター 無線LAN Wi-Fi6 PCI-Express Bluetooth5.0 2402 + 574Mbps Archer TX50E
(2020/4/24)
TP-LINK


TP-Link WiFi ワイヤレス アダプター 無線LAN Wi-Fi6 PCI-Express Bluetooth 2402 + 574Mbps Archer TX3000e
(2019/10/16)
TP-LINK

PCにPCI Express x1スロットが開いている場合に↑の様な増設
ボードを搭載すると無線LANが使用可能になります。

PCI-E接続の場合USBよりだいぶ転送速度が早い為、無線子機よ
りも対応速度が上の物存在しているので、PCI-Eスロットが開い
ているならこちらの方が良いと思われます。

因みにアンテナを必ずつけないと無線の周辺機器(マウスやキーボ
ード等)が干渉するので、付ける様にして下さい。



【M.2接続の無線LAN用ボードを使用する】

ASRock Intel 第10世代CPU(LGA1200)対応 Z490 チップセット搭載 ATXマザーボード 【国内正規代理店品】 Z490 Phantom Gaming 4/2.5G
(2020/5/6)
ASROCK

MBの中には↑のMBの様に無線LAN専用のM.2スロットを搭載し
ている物があります。

対応基板がKey EまたはKey Aと言う特殊なスロットが必要なの
で、ストレージ用のスロットは使えません。
(ストレージ用はKey MかKey B又は両対応)

その様なMBを使用している場合は、以下の様なボードとアンテナ
を購入すれば無線LANが使用可能になります。

次世代wifi 6モジュール M.2 wifiカードAX200 802.11AX/AC 160MHzの帯域幅 BT 5.0|MU-MIMO|OFDMA Windows10対応
(2020/5/21)
Intel


BINGFU NGFF M.2 アンテナ キット (6dbi アンテナ + MHF4 / IPX4 ケーブル 30cm) IPEX MHF4 アンテナ ネットワーク 無線LANカード Wi-FIカード用 2.4GHz・5GHz・5.8GHz・Wi-Fi・WLAN・3G・4G・Bluetooth対応 2セット
(2020/12/22)
Bingfu

接続方式がPCI-E x2なので増設ボードと同様対応速度が高くな
ります。

ボードだけ接続してもアンテナが無いと受信できないので注意し
て下さい。


Sourcingbay ワイヤレスネットワークM.2(NGFF)キー A → PCI-e 1X 変換アダプタ EMIシールド付き Intel NGFF M.2 7260 8260 3160 ect対応
(2018/5/24)
Sourcingbay

因みに組み直す時に無線LAN専用のM.2スロットが無いMBを選択
した場合は↑の様なM.2接続をPCI-E x1に変換するボードが存
在しているので、そちらを使ってPCI-Eスロットの方に接続すれ
ば使い続けられます。



【今後PCを組もうとしている場合】
今後PCを組もうとしたりBTO PCを購入しようとした場合、初め
から無線LAN機能を搭載した物を選択出来る事があります。


【無線LANチップ搭載のMBを使用する】

GIGABYTE B550 AORUS MASTER マザーボード ATX [AMD B550 チップセット搭載] MB4990
(2020/6/19)
日本ギガバイト

以前はMini-ITXかM-ATXの一部のモデルにしか無線LANチップ
が搭載していませんでしたが、ここ数年↑の様なATXのMBにも初
めから無線LANチップをMB自体に搭載したモデルが出ています
ので、

これから組んだりBTO PCを購入しようとしていて、今後無線LA
Nを使用する可能性がある場合上記の様なMBを選択するか、搭載
したPCを探して下さい。

直接MBに搭載している為、増設ボードと違ってPCI-Eコントロー
ラ下の他の機器の影響を受けないので、安定性はこちらの方が上
になります。

但し、偶に他のチップ(USB3.0等)の周波数に影響を受けているモ
デルがあるので、良く確認してから選択して下さい。



【無線LANを使用する時の注意点】
基本的にノートPCや携帯端末と同様に、ルーターの仕様や設置環
境によって転送速度に影響が出るのと、規格によって安定化や速
度が上がっていても、やはり有線よりは安定しているとは言えま
せん。

電波に変換している分だけ転送速度が落ちる事は留意して置いて
下さい。



最近はデスクトップPCでも高速な無線LANが使用可能になってい
るので、有線で配線出来ない場合の選択肢として覚えておくと良
いかもしれません。



【関連記事】

ルーターについて


このBlogはBlogランキングに参加しています。
役に立ったと思った方はクリックをお願いします。




総合情報に戻る

TOPに戻る

| ハードウェア | 14:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Windows 10でMBRからGPTに変換する方法

【Windows 10でMBRからGPTに変換する方法】

nVidiaのRTX 3000シリーズ(Ampere)もRadeonのSAMと同
様な機能を使用できる様になるという情報が上がってきましたが、
UEFIモードでしか使用出来ず、MBR方式の管理のレガシーBIOS
の状態では使用出来ないと言う事で、

今回はMBRからUEFIモードで使用する為にGPTにデータ管理方
法をWindows 10で切り替える方法を書きます。



【システムドライブの方式の確認】
まずはMBRかGPTを確認しなければなりません。

2TB以上のストレージの場合デフォルトでGPTでフォーマットさ
れていますが、それ未満の場合MBRでフォーマットされている可
能性があります。

Windowsキーの様なWindowsキー押しながらQを押
して検索ボックスを出し、↓と入力して検索し実行して下さい。

msinfo32

MBRからGPTへ(1)(クリックすると拡大)
BIOSモードの所がレガシとなっている場合はOSが入ったストレ
ージがMBRでフォーマットされていると言う事です。



【MBRからGPTに変換】
Windows 10 Ver.1607以前や8.1以前は修復インストールやク
リーンインストールによる変換が必要でしたが、Windows 10 V
er.1703からMBR2GPTと言うMBRからGPTに管理方式を変換出
来るツールを内蔵する様になったので、

手軽にWindows上から変換出来る様になりました。



【PowerShellの立ち上げ方】
上記のMBR2GPTはコマンドラインで実行するタイプのツールな
ので、PowerShellを使用する必要があります。

PowerShellの立ち上げ方(クリックすると拡大)
尚、PowerShellは管理者権限で実行する必要があるので、スタ
ートメニューでWindows PowerShellを開き、PowerShell
右クリックして管理者として実行して下さい。



【システムデータが入っているディスクを確認】
MBRからGPTへ(2)(クリックすると拡大)
まずはシステムデータ(OS)の入ったストレージがシステム上でど
れかを確認する必要があるのでPowerShellを立ち上げ、

diskpartと入力してEnterを押して切り替え、更にlist di
sk
と入力してEnterを押すと、画像の様に現在搭載しているスト
レージが表示されます。

システムデータがあるストレージのディスク番号がどれか確認し
て下さい。

MBRからGPTに変換するストレージをその番号でコマンド指定し
て実行する必要があるので。

因みに右側の*はGPTでフォーマットされていると言う事を示し
ており、システムが入ったディスク 2はMBRなので右側に*があ
りません。



【正常に実行できるかテスト】
MBRからGPTへ(3)(クリックすると拡大)
テストせずにMBR2GPTを実行して失敗すると起動できなくなる
可能性があるので、必ず事前にテストをして下さい。

ディスクを確認したら一度PowerShellを閉じ、再度管理者権限
で立ち上げたら以下の様に入力して実行して下さい。

mbr2gpt /validate /disk:0 /allowFULLOS

尚、/disk:に続く番号は上記で調べたOSの入ったディスク
の番号を入力して下さい。

画像の場合はOSが入っているのがディスク 2なので/disk:2と入
力しています。

MBRからGPTに変換できる場合はValidation completed succ
essfully
と表示されます。



【GPTへ変換】
MBRからGPTへ(4)(クリックすると拡大)
テストで通って変換可能だと確認したら、以下の様に入力して変
換を実行して下さい。

mbr2gpt /convert /disk:0 /allowFULLOS

此方もテスト時と同様にOSの入ったディスクの番号を指定して実
行する必要があるので、入力時に間違えない様にして下さい。

画像の場合はOSが入っているのがディスク 2なので/disk:2と入
力しています。

コマンドを実行すると多少待ち時間が発生してから画像の様にMB
R2GPT:の羅列が表示されるので待ってください。

止まっている様に見えても変換中なので、途中で止めると問題が
発生する可能性があります。

画像の様に表示が出るまで待つ様にして下さい。


MBRからGPTへ(5)(クリックすると拡大)
変換後は再起動しないとハード自体のプロパティを確認しないと
変っているか表示されませんので、

スタートメニュー

Windows システムツール

コントロールパネル

システムとセキュリティ

管理ツール下のハードディスク パーテーションの作成とフォーマ
ットを選択

ディスク管理が立ち上がったらシステムの入ったディスクの赤で
囲った所で右クリックしてプロパティ(P)を選択して表示し、

ボリュームの項目を開くとパーテーションのスタイルを確認して
下さい。

変換が終わっていると画像の様にGPTに変わっています。

MBRからGPTへ(6)(クリックすると拡大)
再起動後にPowerShellで確認すると、*が付いている事も確認で
きます。



【注意点】
MBRで使用していた場合BIOSがレガシー設定になっている為、
Windows上でMBRからGPTに変換した後はBIOSの設定をUEFI
モードに変更しないと起動できなくなります。

必ず再起動時にBIOSの管理画面をMBに合わせたキーを押して立
ち上げ、Bootデバイス毎やBoot Option等の項目でLegacyから
UEFIに変更して下さい。

後、CSM(Compatibility Supported Module)をDisabled(無
効)にしないとRadeonのSAMやGeforceの同様な機能を使用出
来ないので、機能を使う場合は無効にして置いて下さい。



【デュアルブートでは失敗する】
デュアルブートで他のOSとMBRを共有している場合、MBR2GP
Tが実行できない事があります。

10で回復ドライブを作成しブートセクターの修復をしてWindow
s 10の方にMBRを置いた状態にして下さい。

やり方はWindows10 ブートセクターをコマンドプロンプトで修
を参考にして下さい。



Windows 10の場合内蔵ツールでGPTに簡単に変換する事が可能
なので覚えておくと良いかもしれません。



このBlogはBlogランキングに参加しています。
役に立ったと思った方はクリックをお願いします。




総合情報に戻る

TOPに戻る

| ソフトウェア | 00:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

AppleのM1搭載Mac PCの注意点

【AppleのM1搭載Mac PCの注意点】

昨年の11月に発売されてから盛んにAppleが広告展開をしている
M1搭載のPCですが、国税庁が注意喚起をし始めたので、今回は
注意点を書きます。



【関連記事】
1パソコンを買い替えた場合等のご注意(国税庁)
2国税庁、M1 Macでの確定申告書類提出に注意喚起



【M1のMacで問題が出る理由とは】

【互換性の問題】
Appleは2006~2020年中盤までIntelのx86系のCPUを利用し
てMac PCを出していたのですが、M1はAppleがARMを独自構成
で開発したARM系CPUとなっています。

x86系とARM系では回路構造が全く違う為、制御や処理の為のプ
ログラムの組み方も違います。

つまり、今までのx86系のMac用のドライバやツールでは互換性
が無い
と言う事になります。

Appleが予めインストールしているApple製のソフトやドライバ
類は問題ないですが、ARM向けMac OS用の社外ソフトや外部機
器用のドライバが現状殆ど存在しません。

ドライバやツールが無い場合機能しませんし、ARM向けのドライ
バやツールを外部機器のメーカーが用意していたとしてもARM向
けMac OS自体独自OSな為、正常に動作しない可能性があります。

後、OSの問題で機器自体を認識できない事もあります。

なので、ICカードリーダーが正常に動作しなかったり、プリンタ
ーが動作しない事を確認した国税庁が注意喚起をしている訳です。



【M1搭載機を購入する前に注意する事】
1:ARM系Mac OSが独自OSな為、現状社外ソフトや外部機器の
互換性が殆ど無く、機能しない可能性があるので、所持している
外部機器やソフトをよく確認してから購入の検討をする必要が
ある。

例:ARM向けWindowsは市販されていないのでBoot Campで
Windows使用は不可能

2:メモリをCPU基板内に搭載していて拡張性が無い為、用途に
合わせてCPUのモデルをよく考えて選択する必要がある。

3:ARM自体がスマートフォンやタブレットPC等の小型携帯端末
向けのCPUな為、PC向けに集積回路の数を増していてもx86系と
比べて性能が高い訳では無く、

ノート用のMobile CPUと比べられるが、タワー型デスクトップP
C向けのCPUと比べられる性能ではないと認識しておく必要がある。


性能や拡張性はともかく、ソフトや外部機器の互換性に問題ある
と予定していた用途にすら使用出来ない状態になりますので、よく
確認して購入を検討する様にして下さい。

他のPCを残して置いたり、ある程度互換性の情報が上がってきて
から購入した方が良いと思われます。



年末辺りからM1の広告を展開していますが、一般用途で問題にな
りそうなことを殆ど知らせる事無く性能だけで広告企業に記事を
書かせている事が多々ありますので、引っ掛からない様に注意し
て下さい。



このBlogはBlogランキングに参加しています。
役に立ったと思った方はクリックをお願いします。




総合情報に戻る

TOPに戻る

| ハードウェア | 20:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

新年の挨拶+++

【新年の挨拶】

明けましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いします。




昨年はコロナの影響で特殊な状況でした。更に年末にかけて変異
種や感染拡大で大変な事になっていますので、感染しない様に気
を付けたいものです。

早く収まる様に願いたいものですね。



総合情報に戻る

TOPに戻る

| 小話 | 10:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑


| PAGE-SELECT |