パソコン(PC)の森

2020/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312020/09

2020年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2020年09月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

公式の製品発表はよく確認を2

【公式の製品発表はよく確認を2】

掲示板各所で記事を張り付けて優良誤認、有利誤認を狙った広告
を展開し始めているの注意を一つ。



【関連記事】
1Intel 再談 Core 行動處理器優勢,強調真實應用效能與電源管
理優於對手
(中国語)
2ベンチマークは「リアルな使い方」で取るべき Intelが主張
3専用ベンチではRyzenが高性能でも、ゲーム性能ではCoreが
勝つ理由とは


4Intel: AMD Is Throttling Ryzen Performance When R
unning On Battery [Full Presentation]




(2020/9/3追記)
Tiger Lakeの記事が広告企業から出ており、同様に掲示板でそこ
ら中に張り付けられていますが、

構成を意図的に出さない、CPUのクラス帯が違う、恐らくメモリ
がIce Lakeの時と同様に殆ど採用されない基板直付けのLPDDR4
Xを搭載している等の細工をしているので、注意が必要です。



(2020/9/5追記)
Tiger Lakeこと第11世代Coreプロセッサの主要特徴、インテル
が説明


やはりTiger Lake側だけLPDDR4X-4266を使用していた様です
ね、さらにテスト環境がノートPCですらなかった様です。



(2020/9/18追記)
Tiger Lake Tested: We Benchmark Intel’s Latest With Iri
s Xe Graphics and 10nm SuperFin


メモリだけ合わせてきましたが、Core数違いで比較、TDPがPL2
で35W超えるCPUを使用してクラス帯が違うCPUと比較、ストレ
ージの容量2倍で読み込み速度も速い物を使用と言った感じに意図
的に有利になる条件で今回も記事を書かせているので、引っ掛か
らない様にして下さい。



(2020/9/21追記)
soc/intel/tigerlake: Set power limits for Tiger Lake Y-S
KU


なんとi7-1185G7のPL2はTDP60Wでした。

つまり、かなりクラス帯の違うCPUを比べていた訳です。

分かり易いサイトに修正



(2020/11/25追記)
記事4ですが、また都合の良いプレゼンをIntelがしていた様です。

バッテリー駆動時の性能が如何とか言っていますが、

・使っているベンチが自社製で都合の良い制御をしている
・TDP15WのAPUとTDP60W(PL2)のCPUを比べている
・CPUのTDPが60Wで冷却性能も高い筐体のノートPCを使用

と言う状況でバッテリー駆動で性能が落ちないとやっている訳で
すが、もっと周波数が上下する負荷の高いソフトウェアを使うとT
DP60WにもなるTiger Lakeの方がコンセント使用時よりも落幅
が広いのは確実です。

そもそも、APUの方は唯の短時間の電力制御の問題でベンチで数
値が下がっているだけで制御側を変えれば済む話な上に、

バッテリー駆動時に性能が下がらない = 動作電力がほとんど変わ
っていない = バッテリーの持ちが悪いと言う事になるので、何の
メリットにもならないんですけどね。



【Intel Platform Advantageとは】
Intel Platform AdvantageはIntelが主催した報道関係者向け
オンライン説明会であり、内容は基本的にIntelに都合の良い広告
な訳ですが、

説明が苦しい上に比較している構成に細工があったり、比較に使
用しているソフトに意図的な偏りがあるので信用できない説明に
なっています。



1:【取り上げているベンチがIntelお手製】
IntelのHiral Gheewalaが「実在する実用プログラムを使ったベ
ンチマークテストを使わないと意味が薄れる」と言う様な説明を
してSYSmark 25やMobileMark 2018を上げていますが、

SYSmark 25やMobileMark 2018を開発したBAPCoは【ベン
チマークの話
】で説明している様に、拠点がIntel本社内にあるIn
tel自体が自社の為に組織した団体
であるのと、

SYSmark 2012の時点で1データを等分割処理するだけの圧縮解
凍処理と、特定bit列を走査して画像から文字を特定するOCRの処
理速度で殆どの数値を出しており、実際の用途や処理を無視した
ベンチでしかありませんでした。

マルチスレッドで等分割処理時に高速化するIntel CPUの処理特
性に合わせて数値を良く見せる為だけのベンチだった訳です。

なので9年前の時点で殆どの企業が脱退しています。


現在SYSmark 25になっている訳ですが、Intel CPUの基礎設計
は10年以上前から変わっていない
為、最新のIce LakeやComet
Lakeでも処理特性が変わっていません。

つまり、ベンチの中身も殆ど変わっていないと考えられるので、
実在する実用プログラムを使ったベンチであると言えない訳です。



2:【構成と使用ソフトの組み合わせで細工】
日本の広告企業の記事は意図的にPCの構成を抜いているので記事
1を読んでください。

一見まともな構成で比較している様に見えますが、比較に出して
いるゲームソフトのほとんどが4Coreまでしか対応していません。

基本的にゲームの内部処理は想定している周波数以上であっても
意味がないのですが、描画命令については周波数が高いほど詰め
込む事が出来る様になる為、周波数が高いほどfpsが高く出る様に
なります。

これが如何関係するかと言うと、Core数が少ないほどCPUの周波
数を上げやすくなる、周波数を高く維持できる為、Core数が多い
CPUと比べてゲーム上のfpsが高く計測される事になります。

つまり、Core数でゲームの性能差高くを見せかけられる訳です。


意図的にグラフをfpsの数値ではなく基準を1として表示する事で
誤魔化していますが、ディスプレイが60Hzでしかない事を突っ込
まれない為だと思われます。

いくらfpsが高く表示されても60Hzのディスプレイでは60fpsま
での描画しかできず、実際のゲームをやると一切差が無いと言う
事が分かると困るからです。

殆どのノートPCは60Hzまでのディスプレイしか搭載していませ
んので。


一部144Hz以上のディスプレイを搭載したゲーミングPCは存在し
ますが、市場全体の5%にも満たないゲーミングノートを前提にプ
レゼンをするとか詭弁過ぎて真面なライターに鼻で笑われますし、

米国でそんなプレゼンをして通常モデルのPCがプレゼンとかけ離
れていた場合確実に訴訟になるので、極少数しかないゲーミングノ
ートを基準にするとかありえないと考えて下さい。


因みにミドルクラスの方でも4Coreと8Core、内蔵GPUの性能差
を無視して電力効率を比較したりストレージの読み込み速度差(N
VMeのSSDは容量が上がるほど応答速度が上がる)を無視して比
較していたりします。

デスクトップPCの方もCPUで同様な比較をしていますね。



3:【緩和策が当たっているか公表していない】
最新のCPUでもIntel CPUの基礎設計は変わっていない為、依然
として回路設計の構造の欠陥によるセキュリティの脆弱性が存在
しているのは変わりません。

回路改修で当たっている緩和策を除いた脆弱性についてはマイク
ロコードやパッチで対応しないといけない訳ですが、今回緩和策
が全てあたっているか情報を出していない為、あたっているか分
かりません。

緩和策は基本的に処理速度に影響する為、あたっていない状態で
計測していた場合、全て意味の無い数値になります。

実際に使う時は性能が低下した状態になるからです。



【公式発表時に確認が必要な部分】
前の記事でも説明していますが、以下の事は確実に確認して下
さい。

・PCのパーツ構成
・PCのパーツの詳細情報
・ソフト自体の情報
・ソフトの設定

以上の情報が書かれていない、若しくは上記の記事の様に構成が
おかしい場合は参考にしてはいけません。



ある程度知識があれば公式の発表を見ても引っ掛かりませんが、
一般消費者を騙す為に広告企業を使ったりネット上で情報を拡散
させることがあるので、よく内容を確認する様にして下さい。



【関連記事】

公式の製品発表はよく確認を


このBlogはBlogランキングに参加しています。
役に立ったと思った方はクリックをお願いします。




総合情報に戻る

TOPに戻る

| 小話 | 22:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Windows 10のスタートメニューの弄り方

【Windows 10のスタートメニューの弄り方】

Windows 7まではスタートメニュー上でフォルダを操作出来まし
たが、10ではスタートメニューを直接弄る事が出来ません。

今回はインストールしたソフトの整理やショートカットを一目で
表示させたい時のスタートメニューの弄り方を書きます。



【Windows 10のスタートメニューのフォルダの場所】
Windows 10スタートメニュー(1)(クリックすると拡大)
Windows 10のスタートメニューに表示されるフォルダやソフト
ウェアのショートカットのアイコンは以下の2ヶ所にあります。



【システム全体フォルダ以下】
Windows 10スタートメニュー(2)(クリックすると拡大)
OS上のユーザー共通で表示されるメニューの内容が収められてい
るフォルダです。


ローカルディスク(C:)

ProgramDate(隠しフォルダ)

Microsoft

Windows

スタートメニュー

プログラム

と進むとプログラムフォルダの中にスタートメニューに表示され
るフォルダやショートカットが入っています。

尚正確な場所は以下になります。
C:\ProgramData\Microsoft\Windows\Start Menu\Prog
rams



【ユーザーフォルダ以下】
Windows 10スタートメニュー(3)(クリックすると拡大)
現在Loginしているアカウントのスタートメニューに表示される
内容が収められているフォルダです。


ローカルディスク(C:)

ユーザー

ユーザー名

AppData(隠しフォルダ)

Roaming

Microsoft

Windows

スタートメニュー

プログラム

と進むとプログラムフォルダの中にスタートメニューに表示され
るフォルダやショートカットが入っています。


尚正確な場所は以下になります。
C:\Users\(ユーザー名)\AppData\Roaming\Microsoft\Wi
ndows\Start Menu\Programs



【フォルダの追加や整理について】
上記の場所のフォルダを開いたら後はフォルダやショートカット
を追加したり、任意のフォルダにソフトのフォルダをまとめたり
するだけですが、仕様を把握していないとスタートメニューに出
てこない事があるので仕様を把握しておく必要があります。


【フォルダを追加するだけでは出てこない】
Windows 10スタートメニュー 仕様(1)(クリックすると拡大)
7の時はフォルダを追加しただけで出てきましたが、10のスター
トメニューはフォルダを追加するだけでは表示されません。



【既存のショートカットを入れてもフォルダが出ない】
Windows 10スタートメニュー 仕様(2)(クリックすると拡大)
プログラムフォルダ下にあるショートカットをコピーして新たに
作成したフォルダにコピーした場合、プログラムフォルダ直下の
ショートカットが優先
されてフォルダが出て来ません。

整理する時は同じ内容のフォルダやショートカットが無いか確認
し、新たなフォルダ内に移動する様にして下さい。



【フォルダの中のフォルダ表示が無視される】
Windows 10スタートメニュー 仕様(3)(クリックすると拡大)
ソフトウェアの整理をする為にプログラム下にフォルダを作成し
てソフトウェアのショートカットが入ったフォルダを纏める事が
出来るのですが、

7の場合スタートメニューでフォルダを開くと更にソフトウェアの
フォルダが表示されていましたが、10の場合フォルダを無視して
内容物(ショートカットやマニュアル等)だけ直で見える仕様です。

フォルダ内のファイル数によっては纏めるとかえって分かり難く
なるので注意して下さい。



【表示されるショートカットに優先順位がある】
Windows 10スタートメニュー 優先順位(クリックすると拡大)
上記でも触れていますが、ショートカットの場所はプログラムフ
ォルダ直下の方が優先されます。

Libre Officeのフォルダ内とプログラムフォルダ直下に同じLibre
Office Baseのショートカットを置いた場合、スタートメニュー
ではフォルダ下にショートカットが表示され、フォルダを開いて
もBaseの表示が無いという状態になります。



10の場合上記の様な仕様があるのでスタートメニューを弄る時は
注意が必要です。



【スタートメニューを変えて弄り易くする方法】
態々プログラムフォルダに行かなくても7と同様な方法で弄る事が
出来る様にすることが可能です。

Open-Shell

Windows 8以降のスタートメニューを7以前にするツールのClas
sic Shell
がオープンソース化されて作られているOpen-Shell
入れる事で7以前のスタートメニューに変える事が出来ますが、

スタートメニューの弄り方も7と同様な方法(メニュー上で右クリ
ックでフォルダを作成、フォルダを移動可)で可能になります。

更に表示の仕様も7と同様になるので、10の方法だと面倒だと言
う時はスタートメニュー自体を変えて下さい。



10でスタートメニューを弄る時は大元のフォルダを弄らないと整
理出来ないので、覚えて置くと良いかもしれません。



このBlogはBlogランキングに参加しています。
役に立ったと思った方はクリックをお願いします。




総合情報に戻る

TOPに戻る

| ソフトウェア | 00:57 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Intel CPUに電圧を増減させることが出来る問題+α

【Intel CPUに電圧を増減させることが出来る問題+α】

前に【IntelのSGXに新たな攻撃方法が発覚】で説明したPlunder
voltにも関りがある問題が公表されたので注意と、どうやら機密
情報が大規模流出したのでその事についても書きます。



【関連記事】
INTEL CPU VULNERABILITY CAN BE USED TO KILL CPU
S AND CRASH SYSTEMS




【問題の詳細】
前に説明したPlundervoltは電圧操作によって不具合を起こさせ
てSGXで使用する隔離領域からデータを書き出させる脆弱性でし
たが、

今回の問題は、インストールの必要が無いプログラムの実行時や、
ドライバインストール時にCPUにかけられる電圧が0.5V増えるか
減る問題があると言う事が発覚した様です。

つまり、上記の問題を悪用するとPlundervoltにも利用できる訳
です。


但し、今回はどちらかと言うとそこが主な問題ではなく、この問
題を悪用すると周波数が高くなっている状態で電圧を下げられる
と必要電圧未満になってOSがクラッシュしたり、電圧を上げられ
ると過剰電圧でCPUそのものが損傷する可能性があると言う所
です。

マルウェアを食らうとOSを落とされたり最悪CPUMB死ぬ
能性あると言う事です。

因みに、自分でフルOC状態にして高負荷をかけている状態でプロ
グラムを実行したりドライバを入れると同様な問題が起きるので、
その点も注意する必要があります。



【対象のCPU】
電圧増減の問題自体
Haswell(Core-i 4xxx)以降のCPU全て

Plundervoltが関連する時
Skylake(Core-i 6xxx)以降のSGX搭載のCPU全て



【現状の対策】
マルウェアを介した外部からの電圧操作自体はPlundervoltの対
策で防げますが、プログラムの実行やドライバのインストール自
体は不正な処理でなくても可能な為、

高負荷時にネットサーフィンをしない、ドライバをインストール
しない等の使い方に気を付ける必要があります。

無論マルウェアにかからない様にすることも重要です。

特にHaswellとBroadwellはPlundervoltの対象ではなく、OS
上からの電圧操作が出来なくなる対策がされていないので、マル
ウェアで攻撃を食らう可能性が高くなるので。



【機密情報の大規模流出について】
1Intel leak: 20GB of source code, internal docs from a
lleged breach

2Intel hacked, first wave of stolen chip data released i
n 20GB dump

3Intelからおよそ20GBものチップデータやソースコードなど
機密情報が大量流出


どうやらIntelが開発者や提携企業向けに配布していた機密情報の
キャッシュを置いていたCDN(Content Delivery Network)のサ
ーバにPASSが設定されていなかった様で、

次世代のCPU(Tiger Lake)や遠隔管理用のIME等の情報を含む2
0GBにも及ぶ機密情報が流出した様です。

一部暗号化されていた様ですが、PASSが「intel123」や「Intel
123
」であった為、殆ど読める状態と言う事の様です。


今回流出したデータの中には設計図や制御用のファームやコード
の情報も含まれている為、今後Intel環境をピンポイントで突いた
マルウェアが増えると思われます。

よりセキュリティを強化する必要があると考えて下さい。



ただでさえほぼ毎月出て来る脆弱性に参っているのに、今回の情
報流出で更に厳しい状態になるのは困ったものですが、対策しな
いと被害を受けるのは自分なので気を付けましょう。



【Intelのその他脆弱性関連】

IntelのSGXがマルウェアで利用可能な問題が発覚
Thunderboltに周辺機器を介した攻撃を受ける脆弱性が発覚
Intel CPUの新たな脆弱性SPOILERについて
Intelのチップセットにデバッグ機能を有効に出来る問題
Intelの新たな脆弱性MDSについて
P0ステッピングはMDSでMeltdownが再発していた
Intelのサーバ用CPUに情報漏洩する問題
ZombieLoad V2について
IntelのSGXに新たな攻撃方法が発覚
Intel CPUの内蔵GPUに情報漏洩する問題
Intel CPUにフィルバッファから狙ったデータを取得できる問題
IntelのCPUやチップセットの修正出来ない場所に問題が発覚
MDS攻撃の亜種LVIについて
Thunderboltの脆弱性について2
Intel CPUの新たなバッファ関連の脆弱性について
Intel CPUに暗号化キーを復元できる脆弱性
Intel CPUのL3キャッシュに暗号化キーを推測できる脆弱性


このBlogはBlogランキングに参加しています。
役に立ったと思った方はクリックをお願いします。




総合情報に戻る

TOPに戻る

| ハードウェア | 11:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

謎の種が届いても開けない

【謎の種が届いても開けない】

米国やカナダで最近中国から謎の種が送られてくる問題が出てい
ましたが、どうやら日本にも同様に送られてきているので注意を
一つ。



【関連記事】
1中国から米国に「謎の種」が送りつけられている......当局は
「植えないで」と呼びかけ

2北米各地に種の入った不審な小包届く、中国からか-当局が
調査

3海外から突然届く「謎の種」、ぜったい植えないで。相次ぐ被
害、詐欺の可能性も

4浜田雅功宅にも中国「謎の種」届く…妻・小川菜摘は間違って
植えたがすぐ処分 注意呼びかけ




【詳細】
米国で身に覚えのない荷物が中国から届き、表記がアクセサリや
小物、おもちゃと書いてあったが中に謎の植物の種が入っていた
と言う事が多発しているという話が出ていましたが、日本でも同
様な事が起き始めている様です。

少額製品を送り付けて販売実績に見せかけ、レビューを自演して
評価を上げるブラッシング詐欺ではないかと海外では言われてお
り、送られてきた物に問題が無い様に感じますが、いろいろと問
題があるので、袋を開けたり、そのまま捨てたりしないで下さい。



【防疫と特定外来種の問題】
植物のやそれに付着している土、また種子内には採取地の細菌
や病原菌、害虫が潜んでいる
事があり、存在していない土地でそ
れらに汚染されると、大規模に植物が枯れたり、農作物に被害が
出る事があります。

特に樹木の被害は成長までに時間が掛かる為、被害が深刻です。

なので、各国の植物関係の公的機関が防疫の為に種苗の輸入時に
検疫をしています。

日本でも植物防疫所が検疫をしていますが、他国で購入した種苗
やフルーツ、ドライフルーツ等が帰国時に没収されるのはこの為
です。

また、植物の中には異常に繁殖力が強く在来植物を駆逐してしま
う外来植物が存在している為、日本では特定外来生物に指定して
規制していたりします。


以上の事から、種の入っている袋を開けるだけで病原菌や害虫が
拡散される
可能性があったり、何も考えずに蒔いたり捨てると零
れ種から繁殖して拡散
されてしまう可能性があるので、種子が入
った袋を開けたりそのまま捨ててはいけないと言う事です。

因みに特定外来生物に指定された植物を意図的に栽培すると、麻
薬を栽培した時よりも重い罪に問われる事になります。



【怪しい小包が届いた場合】
身に覚えのない海外からの小包が届いたら受け取りを拒否して下
さい。

各地の防疫所
受け取ってしまって中を開けて種子を確認した場合は、↑を参考
に近場の植物防疫所に連絡をして下さい。

上記した様に開けると危険な可能性があるので種の入った小袋は
開けないで下さい。


後、怪しい小包が届いたと言事は、住所が割れていると言う事な
ので、ネットショップ等の利用状況を確認した方が良いかもしれ
ません。



今回の問題は危険な病原体を拡散させるテロ目的にも使われる可
能性がある為、身に覚えのない物は迂闊に開けない様に注意して
下さい。



このBlogはBlogランキングに参加しています。
役に立ったと思った方はクリックをお願いします。




総合情報に戻る

TOPに戻る

| 小話 | 10:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑


| PAGE-SELECT |