パソコン(PC)の森

2017/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/08

2017年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年08月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

SkylakeとKabylakeのHTTとBroadwell以降のセキュリティ問題

【SkylakeとKabylakeのHTTとBroadwell以降のセキュリティ問題】

Intelの6世代と7世代Core i ProcessorのSkylakeとKabylake
のHTT(Hyper Threading Technology)に問題があることが判
明したのと、

第5世代のBroadwell以降に追加された機能IPT(Intel Process
or Trace)を利用したマルウェアが出てきた様です。
(2017/6/27時点公開)



【HTT関連】
1:Intel Skylake/Kaby Lake processors: broken hyper-t
hreading

2:6th Generation Intel® Processor Family(p65)
3:7th Generation Intel® Processor Family(p48)
4:Intel Core X-Series Prossor Family(p11)



【HTTを有効にしていると起きる問題】
まずはハイパースレッディングの方の問題について説明しますが、
Skylake以降のCPUにHTTを有効にしているとデータ破損デー
タ欠損


さらに上記の問題からシステムエラーソフトの誤動作が起きる
可能性がある様です。



【問題の詳細】
CPUは処理を実行する時に、命令やデータをレジスタという場所
に一時的に記憶し、処理が終わるまで格納しているのですが、

どうやら一部のレジスタを使用している時にHTTが有効になって
いると、HTTで仮想的に2Coreにしている2つの論理Coreに対す
命令とデータの割り当てに問題が出る様です。

技術情報に詳細は書いてないですが、恐らく間違った命令を割り
当てたり、データを割り当てて処理することでエラーを吐くこと
があると思われます。


データの訂正機能があるので、殆どの場合処理が遅くなるだけで
済んでいると思われますが、ソフトやシステム処理の一部では
ラーが出て機能停止する可能性もある
ので、

改善されるまではHTTBIOSから機能停止しておいた方が良い
ですね。



【現行の対処法】
基本的には制御方法の問題なので、CPU制御用のマイクロコード
で修正する予定の様です。

MBメーカーが修正されたマイクロコードを入れたBIOSを出すま
で待ちましょう。

待つ間はHTTを機能停止する様にして下さい。


因みにデスクトップ、ノート用全て対処になるので対象のCPUの
PCを使用していないか確認して下さい。

↓のリストのスレッド数がコア数の2倍になっているCPUが対象
です。


【デスクトップ】
Intel D(CPU)(クリックすると拡大)
Intel D(CPU) 旧(3)(クリックすると拡大)
【ノート用】
Intel(CPU).png(クリックすると拡大)
Intel(CPU)旧5(クリックすると拡大)



【IPT関連】
CyberArk: Windows 10 Vulnerable To Rootkits Via Intel'
s Processor Trace Functionality




【IPTを利用したマルウェア】
Broadwell世代以降から、CPUで処理した実行過程をすべて記憶
するIPT(Intel Processor Trace)という、ソフトに問題が起き
た時にどの処理に問題があるのか調べる為のデバッグ用の機能を
搭載しているのですが、

実行過程を見れることを利用し、BIOSに命令を送るOSのカーネ
ル部分にまで干渉するマルウェア
が登場した様です。


Windows 10には一応カーネルを保護するPatch Guard(Kerne
l Patch Protection)という機能があるのですが、ハード側の機
能で擦り抜けられてしまうので、OSだけで対処は不可能な状態
です。


カーネル部分の操作まで出来てしまうと言う事は、ハードの制御
もすべて乗っ取られてしまう
ので、場合によっては無茶な設定を
されてPCを壊される可能性もあります。



【対処法】
ハード側の機能なのでOS側だけで対処のしようが無い状態なのと、
基本的にリモートPCですでに乗っ取られていないとカーネルまで
の操作が出来ないので、MS側は対処するかは分からない状態です。

Intelの方は設計そのものを修正しないと対処が不可能な様なので、
そのうち機能停止の方法を公表すると思われます。

したがって、現状根本的な対処方法がありません。


やれることは、セキュリティ対策をしっかりしてリモートPC系の
マルウェアに引っかからない
事ですかね。



HTTの方は機能を切るだけで対処できますが、IPTの方はセキュ
リティを強化するしか対処法が無いので気を付けましょう。

データを抜かれて証拠隠滅にPCを壊される、と言う事が起きる可
能性があるので。



このBlogはBlogランキングに参加しています。
役に立ったと思った方はクリックをお願いします。




総合情報に戻る

TOPに戻る

| CPU | 20:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

現在のノートPC用(Mobile)GPUのリスト

【現在のノートPC用(Mobile)GPUのリスト】

今回は、現在発売されているノートPC用VGAのリストを書き
ます。



(2020/2/2追記)
表を大幅に更新しました。



(2013/8/1追記)
タワー型デスクトップPC用GPUのリストは【現在のタワー型デ
スクトップPC用GPUのリスト
】へ



AMD
Radeon RX】

AMD Radeon
(クリックすると拡大)
現在ノートPCに搭載されているMobility Radeonのリストです。

【旧作】
AMD Radeon前(クリックすると拡大)


(2020/2/2追記)
Naviまで追加しました。

APUの内蔵GPUがVEGAなのでNaviまで飛びました。

尚、NaviはFluid Motion Videoが使えないので注意して下さい。



(2018/2/21追記)
GCN4.0(1.3)版の500シリーズを追加しました。

ミドルクラス以上は設計が一新されて性能が上がっています。


(2017/11/16追記)
微妙に性能は上げていますが、Mobileの500シリーズはリブラン
ドです。


(2017/1/29追記)
R400シリーズMobile版を加えました。

R400シリーズも基本的にR300シリーズのリブランドとなってい
ますが、メモリ容量が増えていたり周波数が上がっていたりと性
能は多少上がっています。

最新のPolaris版については出る予定はありますが、情報が少ない
ので今後載せます。


HD8xxx番台は前世代微改良程度なMobileGPUと成っています
が、省電力機能が付いて周波数が変動する様に成った様です。


(2014/4/10追記)
【Mantle API】
従来ゲームでGPUを制御するのに、DirectXを利用してCPUでGP
Uのコードに変換していましたが、

Mantleは専用のGPU回路用(GCN)に特化しており、CPUでGPU
のコードへ変換する処理を省く事が出来る為、

ソフトが対応していればDirectXよりもCPU側の処理が軽くなり
ます


ユーザーにも利点はありますが、一番の利点は従来プラットフォ
ーム
にゲーム用のコードを書く必要があったのが、

PS4XBOX Oneの両方にGCNが搭載された事によってMantle
用にコードを書くだけでマルチプラットフォームに対応できる所
です。

マルチプラットフォームに簡単に対応できるので、個別にコード
を書く体力の無いソフトメーカーがPCゲームに参入しやすくなり
ます。

現状Play出来るのはBF4だけですが、大手のソフトメーカーが対
応を発表しているのでPCで出来るゲームタイトル増えていくで
しょう。

尚、GCNであれば対応しているので、HD 7730M以上は対応して
いますが、7690M XT以下はHD 5xxx番台のリブランド品なので
対応していません。

(2015/8/11追記)
DirectX12にMantleの方式がそのまま取り込まれて汎用化されま
した。



【リストで注目する所】
性能に直結して分かりやすいのは、コア数メモリ(帯域幅、タイ
プ、バス幅
)辺りで、必要ならばコア&メモリ周波数プロセス
見ましょう。



【リスト内の単位】
【GP/s(gigapixels per second)】
1秒間何ギガPixel処理できるかと言う単位。

【GT/s(GigaTransfers per second)】
高速シリアル通信の通信速度の単位

PCIeシリアルバスの通信は、8bitのデータを転送するのに周波数
やエラー検出用
2bitを足した10bitで転送しており、

それを考慮した1秒間何Gbit転送できるか、という単位。

実行速度は8bit分となる為、Gbps(Gigabits per second)で表
すと、10GT/s = 8Gbpsとなる。

PCI-E 3.0からは128bitに訂正用に2bit足した転送方式になって
いるので注意。



nVidia
nVidia Geforce
(クリックすると拡大)
現在ノートPCに搭載されているMobility Geforceのリストです。

【旧作】
nVidia Geforce前
(2020/2/2追記)
TuringのMobile版を追加しましたが、デスクトップ版用同様に故
障する可能性があるので注意が必要です。

○×、■等の記号がちりばめらたり描画がおかしくなった場合は故
障なので保証を受けて下さい。



(2017/11/16追記)
PascalのMX150を追加しました。

票にある様に、同じモデルナンバーでも周波数が違う下位の物
あるので注意が必要です。


(2017/1/29追記)
Pascalの10xx番台を追加しました。

10xx番台は最新プロセス(14nm)に移行しているので、性能がだ
いぶ上がっています。

デスクトップ用のGPUの方でも書きましたが、描画と演算の命令
発行回路が分かれていないので、DX12の根幹処理部分(同時並行)
が実行出来ません。

内部処理自体は違っていても同じ描画をDX11.3でも再現できる
ので12対応とは表記されていますが、正式に対応しているわけで
はないととらえて下さい。



(2014/4/10追記)
新しい8xx番台が出ましたが、新しいアーキテクチャのMaxwell
830M~860Mのローからミドル帯の物だけで上位の物は前世
代のKeplerリブランド品です。

尚、前と同じく860Mモデルナンバー同じKeplerMaxw
ell
の両方の物が存在しているのでよく確認してください。



nVidiaの場合は前世代と新世代のアーキテクチャのGPUが混在し
ている為注意が必要です。

特にGT640M LEの様にモデル名が同じなのに別アーキ2種類あ
物や、同じアーキでもGT630Mの様にプロセス違って性能も
違う
ことがあるのでよく確認してください。

尚、FermiはGPU演算寄りなGPUで、Keplerはゲーム向けのGP
Uとなっています。

画像や動画処理をやるならFermiが搭載されたPCを、ゲームをや
るならKeplerが搭載されたPCを買うと良いでしょう。

Maxwellは倍精度浮動小数点演算機(64bit少数演算)をカット
ているので、動画編集ソフトのエフェクト系演算が使えません。

最新のPascalもMaxwell同様倍精度浮動小数点演算機をカットし
ているので同様にエフェクト系演算が使えません。

Adobe系でCUDAを使う場合はKepler搭載かビジネスモデルを選
択する必要があります。



(2013/7/10追記)
基本的に前作とGPUが変わっておらずKeplerのままです。

一応周波数が上がっているのと、新規同設計新規GPUはありま
すが、殆ど変わっていませんので、此方も略リブランドです。

但し、下位のGefoce GT720M以下は前々作のFremiのリネーム
なので注意が必要です。
(特にGeforce 705M4段リネーム品なので注意。)


【リストで注目する所】
基本的に注目する部分はRadeonと同じですが、Geforceの場合
は、プロセスや確認出来るならコードネームを見ましょう。


【リスト内の単位】
MT/s(MegaTransfers per second)】

上記のGT/sギガの部分がメガに変わっただけで、基本的な事は
変わりません。



【業務用 GPU】
一般用途で購入する事は殆どありませんが、一応載せておきます。

AMD FirePro
AMD FirePro(クリックすると拡大)

nVidia Quadro
nVidia Quadro(クリックすると拡大)



このBlogはBlogランキングに参加しています。
役に立ったと思った方はクリックをお願いします。




総合情報に戻る

TOPに戻る

| ハードウェア | 20:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

BIOS関連の話

【BIOS関連の話】

OSのインストール時にBootデバイスを設定したり、時刻の調節
や機能の設定をBIOSでやりますが、今回はそのBIOS関連につい
て書きます。



BIOS(Basic Input/Output System)とは】
簡単に言ってしまうと、電源ユニットからの電力を制御し、MB
接続された各パーツに供給する役割をになっています。

細かく言うと、各パーツに供給される電圧や電気信号のやり取り
の制御
を、根源的な部分でやり取りする為のソフトウェアです。



【BIOSとマイクロコード】
基本的にBIOSは制御命令自体は持って居らず、OS上からの制御
命令に従って制御信号各パーツに送っているのですが、

OSが無い状態でも起動する必要がある為、起動に最低限必要なパ
ーツを制御する
為の制御命令の入ったプログラム(マイクロコード)
がBIOSにはあります。



【マイクロコードが必要なパーツ】
【CPU】
マイクロコードが入っていないと搭載されたCPUは何か、周波数
は何か、また何Vの電圧をかければ良いのか、と言う情報が無い為、
正常に制御が出来ませんし、最悪起動すら出来ません。


但し、例外があります。正式に対応したマイクロコードが入って
いなくても、アーキテクチャ(構造)が同じか極近くCore数が同
じか多いCPUのマイクロコードがある場合、

CPUの情報は不明だが、同じアーキテクチャであることは確認で
きるので、安全な状態で起動する。と言う事が出来る事があり
ます。


当然ですが、あくまで起動できるだけで正式対応したマイクロコ
ードの入ったBIOSにアップデートする為のおまけみたいな機能な
ので、同アーキの最低周波数と電圧最低限の動作しかしません。

尚、最近はPCI-Eを制御するコントローラ、メモリコントローラ、
GPU
が内蔵されていたりする為、それらの制御もCPUのマイクロ
コードで制御します。



【チップセット】
チップセットにPCI-Eコントローラ、SATAコントローラ、USBコ
ントローラ
等を内蔵している為、VGAやストレージ、キーボード
等の入力機器を制御する為に必要です。



【ファームウェア(Firmware)とは】
光学ドライブストレージ等の機器の内部に組み込み機器を制
御する為
のソフトウェアです。

Firm(固定した)と言う意味から書き換えを殆どしないソフトウェ
アなのですが、比較的書き換えが容易なBIOSもFirmwareの一つ
です。

PCの場合、書き換える事が殆ど無い光学ドライブ、ストレージ(H
DD、SSD)等のドライブ類や増設ボード等ではFirmware、VGA
やMBはBIOSで呼ばれています。



【OSとBIOSの関係】
OSとBIOSの関係
PCの制御はOSがやっている様に見えますが、実はそうではありま
せん。

上記した様に根本的な制御をしているのはBIOSです。

OSは「どのように制御するのか」と言う制御用の命令をBIOSに
送っているだけです。

BIOSはOSから命令を受け取り命令通りに制御するか、BIOSを介
してMBに接続された機器のBIOSFirmware命令を転送して
機器の制御を可能にしています。



【OSとドライバとBIOSの関係】
【ドライバとは】

OS上からMB上のチップや、BIOSを経由し機器のBIOSかFirmw
areに制御命令を送る為の命令群です。

OSには最低限動作させる為の汎用ドライバが入っていますが、
ップセット
LANチップサウンドチップ等のMB上にあるチップ
VGA等パーツ毎にチップや機器の構成違う為、基本的にOS
にドライバがありません。

ドライバが無いと機器を正確に認識出来ないのと、BIOSに対して
制御命令を送る事が出来ない為、機器がOS上から制御できません

だから、機器を制御する為にはドライバ必要になる訳です。



【USB3.0増設ボードの例】
今回の説明は、チップセットにUSB3.0のUSBコントローラを内
蔵していないMBを使用した例を書きます。

USB3(ドライバ無)
OSにドライバが無い場合、OS上から制御命令をボードにBIOS経
由で送れない為制御は出来ませんが、制御コードは無くてもBIOS
からPCI-E経由でマイクロコードをボードに送信すると機器が活
性化
し、

不明なデバイスとして情報がBIOSに返えって来る為、OS上から
不明なデバイスとして認識できます。

因みに、チップセットにUSB3.0のコントローラ内蔵されている
場合、BIOSを立ち上げた状態でも制御コードが入っている為BIO
Sの状態でもUSB3.0のポートが使えますが、

そうでない場合は不明なデバイスと認識されているので、ポート
にさしても認識すらしません。

USB3(ドライバ有 )
ドライバを入れる事で正確な情報をOS上に取得出来、制御命令を
OS上から送れる様になる為、制御が出来る様になります。



UEFI(Unified Extensible Firmware Interface) BIOSとは】
Intel6シリーズチップセット、AMD8シリーズチップセット
搭載のMBからUEFI BIOSを採用する様になりましたが、このUE
FI BIOSとは、

BIOSの16bitの制限を開放し、ストレージの容量制限開放やポイ
ンタ制御の実装が可能となったBIOSです。

使用できるメモリ容量が増えている為、マウスでの操作も可能と
なっており、16bit BIOS時に比べ扱い安いBIOSとなっています。

尚、基本的にやっていることは16bit BIOSと変わりません。



このBlogはBlogランキングに参加しています。
役に立ったと思った方はクリックをお願いします。




総合情報に戻る

TOPに戻る

| ソフトウェア | 20:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ゲームが出来るPCについての話

【ゲームが出来るPCについての話】

ゲーム目的でPCを購入したり、PCを購入したらゲームもしてみた
いと考えている方も居ると思います。

今回はゲームが出来るPCについて書きます。



【ゲームの基本的な話】
【動作基準について】

まず始めに知って置いて欲しいことを書きますが、より「多くの
消費者にゲームをやってもらう
」為に、ゲームを作成するに当た
って動作基準を可也低く設定しています。

だから、大抵3~4世代前の構成を最低の動作基準にしている為、
元からゲームに使用する事目的に製造されていないCPUやGPU
で無い限り、ゲームが出来る様に作成されています。



【構成による差】
多くの消費者にゲームをやってもらう」と言う上記と同じ理由
ですが、基本的な処理部分に構成によるはありません。

少し考えれば分かると思いますが、「○○の構成でしかゲームが
動作しない
他の構成ではまともに動作できない」となったら、
ゲームが出来る消費者限定されてしまう事になる為、自ら首を
絞める事はしません。

例えばIntel構成では動くのにAMD構成では動かない、と言う事
はありえません。

必ずどの構成でも動作基準の性能満たしていれば動作する様に
ソフトは作られていますし、特定の構成だけ優先して動作する様
には作られていません。



(2017/7/11追記)
【ハードに最適化と言う与太話】
上記した様に根本部分はOSに即したAPI用のライブラリを利用し
汎用プログラムで組まれているので、特定のハードに最適化な
んてされていません。

特定の独自機能がある時に遅くなる等の処理の問題が出た時に条
件文で動作の仕様を合わせてもらう様にすることはありますが、

処理に問題があるのを改善する為であって優位になるわけではな
いと考えて下さい。

ハード側がソフト側に合わせることはあっても、ソフトがハード
に合わせることはありません。



【ゲームに流れるパーツ企業のロゴについて】
よくゲームに技術協力しているCPUやGPUの製造企業のロゴが流
れますが、技術提供をしている企業の製品向けに作成されている
と言う意味ではなく、

技術提供を受けているからその企業の製品でゲームをする時に、
構成の特性に合わせて快適に出来るセッティング事前に用意で
きている
と言う意味であって、

他のパーツ企業の製品では基本的な処理が出る様な作りには
なっていません。



【ゲームが出来るPCとは】
ゲームを動作させる為には、ゲームプログラムを処理する演算部
画像を表示する為の描写部分の性能が必要であり、

ゲームプログラムの演算部分にはCPUの能力、描写にはGPUが関
連しています。

つまりゲームが出来るPCとは、CPU(Central Processing Unit)
GPU(Graphics Processing Unit)の性能が、ゲームを動作さ
せる事が出来る性能の基準
を満たしているPCの事です。



【ゲームが出来るCPU、APUとは】
上記した様に数世代前の構成を基準にソフトが作られている為、
最新の世代のCPUの場合、設定によってはローエンド帯のCPU
も動作させる事が出来る事もありますが、

基本的に以下のローエンドからローミドル帯のCPUは、ゲームを
やることを前提に作られていません。

現世代の例:Intel(AtomceleronPentiam)、AMD(Carrizo
Kabini)

快適にゲームをしたい場合は、IntelならCore i3以上、AMDなら
Aシリーズ以上のものが必要になります。
(但し一部のゲームは4Core以上CPUが必要)


尚、Intelの場合は、IntelCPUの特性の関係上CPUキャッシュの
容量
少ないほど処理に遅延が発生しやすくなる為、出来るだけ
キャッシュ量が多い方が良いのと、

データを処理する速度を上げて処理するデータの回転率を上げる
事で、CPUキャッシュの容量をゲームを構成するデータの量が超
えた時に遅延が発生し難くする目的で、出来るだけ高性能なCPU
の方が良いです。

因みにこれが巷で高性能なCPUの方良いとされている理由なので
すが、あくまでIntelの製品だけの話であって、他社製品にはあて
はまりません。

動作基準を満たしていて、等速で処理をし続けられるCPUやAPU
であれば、CPUが原因で処理の問題が出る事は無いからです。



【ゲームが出来るGPUとは】
ゲームの処理で一番負荷が掛かるのが画像の描写で、ある程度GP
Uの能力
がないとゲームによっては起動すら出来ません。

一応ローエンド辺りのGPUを内蔵したCPUやVGAでも2Dの本当
に軽いゲーム
なら出来ない事はありませんが、3Dポリゴンゲーム
用には向いていません。

現世代の例:Intel(全内蔵GPU)、AMD(R7 240R7 250)、nV
idia
(GT710GT720GT730GT745)


快適にゲームをしたい場合は、AMDならRX 560以上、nVidiaな
GTX1650が搭載されたVGAが必要になり、

ノート向けの場合は、AMDは内蔵GPUが強力なAシリーズ以上か
MobileGPU(Radeon)、nVidiaMobilGPU(Geforce)が必要
になります。

尚、Intelの内蔵GPUは性能が低くゲームに向いていない所か業界
の基本的な基準を満たしていません。

しかもドライバの出来も悪く描写も不完全な事も多いので、Intel
構成である程度負荷の掛かるゲームをやる為には、VGAMobile
GPU
(RadeonGeforce)の搭載が必須になります。



【ゲームで変わるCPUとGPUの重要度】
【オフラインゲーム】
基本的に処理がPC内で完結する為、ゲームの処理の重要度はGPU
CPUとなります。


【オンラインゲーム】
最近のオンラインゲームの処理は不正対策の為にPC側の処理が最
低限になっており、ダメージ演算等の演算部分をサーバ側で処理
をしている
為、CPU側で重い演算をすることがなくなっています。

其の為、処理の重要度GPU>ネットワーク回線>CPUとなって
いて、CPUはあまり重要ではなくなっています。



【現在発売されているPCでゲームをするなら】

【タワー型 デスクトップ】
【Intel構成】
CPUをCore i5以上でVGAをRX 570GTX1660辺りを搭載した
PCを購入すれば、大抵のゲームは快適に出来ます。


【AMD】
CPUをRyzenシリーズでVGAは上記と同じくRX 570GTX166
0
辺りを搭載したPCを購入すれば、大抵のゲームは快適に出来
ます。


尚AMDの場合はAシリーズAPUは内蔵GPUが非常に強力で、
ーミドル辺り
の性能があり、業界の標準を超えています。

VGAを搭載しなくてもある程度の3Dポリゴンゲームが出来るPC
になります。



【ノート】
【Intel】
CPUはCore i3以上ですが、上記した様に内蔵GPUの性能が低い
為、MobileGPUが必須になります。


【AMD】
AMDのノート向けはAシリーズ以下APUを搭載したし物かあり
ません。

CPUはAシリーズで、内蔵GPUが強力な為基本的にMobileGPUは
必要ではありませんが、

MobileGPU(Radeon)を搭載している場合はDual Graphics
言う内蔵GPUとMobileGPUを連動させる機能で性能向上が出来
ますので、MobileGPUが搭載されている物を選んでも問題はあり
ません。



【ゲームが出来るPCを製造している所】
【大手家電メーカー】
大手家電メーカーのPCでゲームが出来るPCを製造しているのは、
MobileGPUカスタムで搭載出来るSony(VAIO)と一部の製品
でMobileGPUを搭載している東芝と、AMDAシリーズAPU
搭載したPCを出している富士通くらいです。
(現在残念な事にミドルクラス以上のAPUを搭載している所がなく
なっています。)


殆どの機種が性能の低いIntel CPU内蔵GPUを高性能と「騙って
MobileGPUを搭載していないので、選択肢は多くはありません。


(2019/6/29追記)
Intel CPUの脆弱性と10nm設計の一度の失敗及び生産調整でリ
スク回避の為かAMDのRyzen APUを採用したノートPCがNEC
富士通から出しているので、選択肢が増えています。



【海外BTO】
hpASUSMSIAcerLenovoDell等の海外BTOのノート
PCは基本的にMobileGPUを積んでいる為、大抵ゲームが出来ま
すが、一部のモデルには搭載されていない事もあるので注意が必
要です。

デスクトップについては、Dellの様にゲーミングPC(ALIENWAR
E
)のカテゴリーに属していないとVGA搭載されていない事があ
るので注意が必要です。



【国内BTO】
BTOでも専門企業のONKYOEPSONの場合VGAを搭載していて
高性能な物を搭載していない事が多いので注意が必要です。


尚、一部の企業ではノートPCも出していますが、大手家電PCと同
じく選択肢は多くありません。

またBTOでも自作PC用のパーツを使ってFRONTIER等のBTOPC
を組
む所の場合は、VGAを搭載しているモデルを購入すれば問題
ありません。

此方はノートPCはありません。



【PCパーツ店】
PCパーツ店のタワー型デスクトップのショップブランドBTOには
殆どVGAが搭載されていますので、ゲームが出来ます。

尚一部の店ではショップブランドゲーム向けノートPCゲーミ
ングノート
を製造をしては居ますが、

高性能なMobileパーツを無理やり詰め込む為に筐体を大きくして
いるので大型な上に重く、さらに発熱が酷いのと消費電力が高い
のでバッテリー駆動3時間も持ちません。

正直ノートPCである必要が無いのでゲーミングノートはお勧め出
来ません。

普通のMobileGPU積んだ物かAMDのAシリーズAPUを搭載した
ノートを買ったほうが良いです。



【買える場所】
【実店舗】
【大手家電量販店】
仕入れていればSonyMobileGPUを搭載したPCを購入する事が
出来ますが、殆どの場合ありません。

また、一部の量販店では海外BTO国内BTOの製品を仕入れてい
る事があるので、ゲームが出来るPCを購入する事が出来ます。


【PCパーツ店】
ショップブランBTOを購入できますが、海外BTOノートPC等を
取り扱っている場合もあります。


【BTO直営店】
海外や日本のBTO専門企業直営店(GatewayMouse Compu
ter
)等で購入する事も出来ます。



【ネットショップ】
基本的に実店舗で買うよりも安い傾向にあり、値引きイベント
定期的に行われますのでお得です。

ただし、サポートについては実店舗より劣る事が多くなります。
(主に輸送と期間の問題)


【直営店】
BTOでも実店舗の家電量販店の場合カスタム出来ない事が多い
のですが、ネットショップの直営店の場合カスタムでMobileGPU
搭載出来るPCもあるので、此方の方が選択肢が広がります。

【BTO直営店】
国内BTOでもSTORMFRONTIER等のネットでのみ購入できる
BTOがあります。


【PCパーツ店】
ネットショップを持っているPCパーツ店(ツクモソフマップ)の
場合ショップブランドBTOをネットでも購入できます。



偶にゲームするならCore i7が必須と言うデタラメを見かけますが、
市場全体5%にも満たないBTOPC&自作PC所持者の中でも更に
1桁%しか居ないCore i7を基準にゲームを作る訳が無いので、惑
わされない様にしましょう。



このBlogはBlogランキングに参加しています。
役に立ったと思った方はクリックをお願いします。




総合情報に戻る

TOPに戻る

| お役立ち情報 | 20:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

静音電源の放熱問題と対処法

【静音電源の放熱問題と対処法】

今回は、静音電源を使っていると起こる問題と対処法について書き
ます。
(2012/11/19時点公開)



【静音電源とは】
静音電源とは、電源ユニット内のパーツを冷やす為の冷却用ファ
ンに回転数の少ないファンを採用したり、負荷に合わせて回転数
を自動調節
する事で騒音を少なくした電源の事です。

つまり、冷却用ファンの風量を落とし騒音を抑える事を目的とし
た電源と言う事です。



【静音電源で起こる問題】
排気が足りている電源
通常の電源の場合は上のGIFの様に排気が足りているので問題ない
のですが、

排気が足りていない電源
静音電源の場合は風量が少ない為、冷却が追い付かず電源内で
が停滞してしまいます。

しかも電源ユニット自体が金属製の箱なので、PCケース内放熱
してしまい、最悪CPUやMBやVGAの冷却を阻害します。



【問題の対処法】
風量が足りず熱源と化している静音電源の対処法は、排気口
気補助用のファン
を取り付ける事です。

静かでは無くなりますが、CPUやVGA、MB等の重要なパーツの
冷却
を阻害して機能低下を招くよりは良いでしょう。



【補助ファンのつけ方】

【用意する物】
ブチルゴム両面テープ(クリックすると拡大)
画像の様なブチルゴム両面テープ
補助ファン(92mm)
92mm80mmでネジ穴の横が画像のように凹んでいるケースフ
ァン
(1600~2000rpm推奨)ケースファンにつけるファンガード

尚、電源上置きのケースの場合は92mm80mm両方とも使えま
すが、下置きの場合は92mmでは取り付けが出来ない場合がある
ので、その時は80mmファンをつけて下さい。

因みに今回使っているのは下の両面テープです。

ニトムズ 強力両面テープ No.541 5mm×10m J1410
(2011/1/18)
ニトムズ




【取り付けるときの注意
ファン逆向きにつけないでください。心配な場合は、一度動作
させて風の向きを確認してください。


【準備】
まずはファンにファンガードを取り付けます。

つけ方(1)(クリックすると拡大)
電源をケースに固定する為のネジ頭凹みに来る様にして取り付
ける位置を確認します。

つけ方(2)(クリックすると拡大)
位置はこんな感じ

補助ファン(92mm)(クリックすると拡大)
後はケースとファンの接点(ファン側)になる場所に両面テープ
張り、排気口に取り付けます。

尚、ファンだけを取り付けただけでは隙間から排気した熱気が逆
流する
のではないか?と思う方もいるかもしれませんが、

補助ファンを付けた後の風の流れ
画像の様に補助ファンに向けて空気の流れが出来ている為、排気
口側から入っても
ファン側へ行くので、直ぐに排気されて問題は
でません。

本格的に目張りする必要も無いと思いますが、する場合は多少風
量を落として
機能するようにはなるので、静音も出来るだけ維
持したい
場合には目張りするのも手かもしれません。



【ファンの電源について】
リア(クリックしたら拡大)
今回使っているケースには、コードを通せる穴が有るのでそこか
ら内部に通し、制御は出来ないけど回すだけなら使えるので、空
いている【PWR_FAN】を利用しています。



このBlogはBlogランキングに参加しています。
役に立ったと思った方はクリックをお願いします。




総合情報に戻る

TOPに戻る

| 良くあるトラブル | 20:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Windows用プリンタドライバについて

【Windows用プリンタドライバについて】

10月26日にWindows8が発売されアップグレードの安さもあり
搭載PCが増えてきましたが、(2012/11/13時点)



(2015/8/14更新)
Windows10で不具合無くプリンタを動作させるにはそれ用に
ライバ
が必要であり、プリンタ付属のドライバROMにあるドライ
バでは動作に問題が出る可能性があるので、

公式HPから専用のドライバダウンロードしてくる必要があり
ます。

今回は、一般家庭用プリンタドライバのありかを主に書きます。



注意
プリンタが古すぎると、ドライバ更新されない場合があります。

一応8Vista辺りのドライバなら動く可能性もありましたが、10
の場合は7用でも不可能な可能性がある為正常に動作しなかった
合は、諦めて新しいプリンタを購入してください。

後、bit数にも気をつけましょう。最近の新規PCの場合は殆ど64b
it
になっていますが、一時期のAtomの様に32bitしか使えない機
種がありますので。



【システムの見方】
【Windows 8】
システム情報の見方(1)
Windows8を立ち上げたらデスクトップ画面を表示し、右にある
チャームを開いて「歯車の絵」を選択します。

システム情報の見方(2)
システム情報の見方(3)(クリックすると拡大)
次に「PC情報」をクリックすれば、「システム情報」が表示され
るので、「システムの種類」の右の表示bitOSなのか確認し
て下さい。



【Windows 10】
Windowsキー
↑の様な「Windowsキー」を押しながらPause」を押せば「
ステム情報
」が起動します。



【検索の仕方】
大抵型番が羅列されていますが、分からない場合は型番検索して
下さい。



【メーカーとドライバの場所】
EPSON(エプソン)】
インクジェットプリンター & インクジェット複合機(スキャナ付)

ビジネス用ダウンロードから対象のプリンタカテゴリで探し
て下さい。



Canon(キヤノン)】
インクジェットプリンター
インクジェット複合機(スキャナ付)

ビジネス用ダウンロードから対象のプリンタのカテゴリで探し
て下さい。


(2013/12/15追記)
製品マニュアル/簡単便利ガイド
マニュアルが必要な時は↑からダウンロードして下さい。

尚、項目毎に先に進んでも発売日の新しい機種しか表示されない
ので、旧製品の場合は下までスクロールさせ、

旧製品マニュアルへ」を押して探して下さい。



hp(ヒューレット・パッカード)】
プリンタ及び多機能

hpの場合は型番検索でドライバのある場所に行って下さい。



brother(ブラザー)】
ダウンロード

下にスクロールしていけば、全ての型番が載っています。



RICOH(リコー)】
ダウンロード

型番検索するか、カテゴリから探してください。



Panasonic(パナソニック)】
ソフトウェアダウンロード

古いドライバしかなく、Vista用のドライバがかろうじてある程度
なので、正常に動作しない場合は諦めましょう。




【ビジネス用主体】
KYOCERA(京セラ)】
ダウンロード



OKI(沖データ)】
プリンタドライバ、ユーティリティ

型番を入れて検索してください。

(2013/6/19追記)
Windows8Windows Server2012ドライバ対応表が追加さ
れていましたので、確認して下さい。


(2015/9/13追記)
Windows10用のドライバ対応表が公表されているので確認して
下さい。



NEC(日本電気)】
ページプリンタ
その他プリンタ



FUJI Xerox(富士ゼロックス)】
ダウンロード

使用している機種にドライバが出ているかOS対応状況から確認し
てください。



このBlogはBlogランキングに参加しています。
役に立ったと思った方はクリックをお願いします。




総合情報に戻る

TOPに戻る

| ソフトウェア | 20:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

PCの『相性』とは

【PCの『相性』とは】

自作PCをやっていれば一度は聞く事がある『相性』と言う言葉、
パーツの組み合わせや周辺機器を接続した時に起こる原因不明
されている動作不良について良く使われますが、

今回はその『相性』についての小話を一つ



【相性と言う言葉が使われる場面】
自作PCを組んでいると、別の構成では問題無いのに特定の構成
動作不良を起こすと言う事があります。
(例:メモリ、電源ユニットとMBの組み合わせ等)

また、PCに周辺機器を接続した時に動作不良を起こしたり、認識
しない
こともあります。
(カードリーダーやUSBメモリ、外付けHDD等のUSB接続の周辺
機器)

上記の様にパーツや周辺機器其の物には問題が無いのに組合せに
よって動作不良が起きるので『相性』と言う言葉が使われます。



【相性の実態】
上記の場面で「原因不明の動作不良だから相性が悪い」と言った
感じに『相性』と言う言葉が使われるわけですが、

実際は原因不明ではなく、その原因が専門知識を持った人間でな
いと判断出来ない
だけで『相性』と言う事象は存在しません。



【よく相性と言われる物の例と原因】

【メモリ】
DDR2辺りまではメモリの容量に対して価格が高く、動作テスト
をしているメーカーパッケージのメモリは高価だったので、安価
バルクメモリを購入するのが普通でしたが、

そのバルクメモリと言うのは、動作テスト省いていたり、大手
家電PC用に購入された中でも厳しい動作テスト通過できなくて
返品された物
だったりと、品質がばらばらで個体差があったので、
動作不良を起こす事が良くありました。


だからメモリには相性があるとよく言われているわけですが、こ
れはBIOSの標準設定では制御出来ない物が存在しているからです。

急速に安価になって、動作テストをしたパッケージ品を購入する
事が普通に成った現在でもメモリ側に物理的な不具合が無くて動
作不良を起こすのは、上記の事が原因です。


【主な原因】
BIOSの標準設定では制御出来ないメモリがあると上記しましたが、
これの主な原因はCPU内にあるメモリの転送速度や電圧等を制御
する為のメモリコントローラ質と制御則の問題です。

単純に、メモリコントローラの質や制御則が原因でメモリを制御
出来ない
から動作不良や動作不能に成っているわけです。


【他の原因】
電源ユニットの質やMBの電源回路の質によっては、安定した電圧
かけられない事がある為、メモリの制御が出来ない事があります。

また、DDR3-1333が出た当時に1ch辺り2枚挿しを想定して作ら
れていなかった
為、1ch辺り2枚挿しを1333ですると動作不良に
なる事があった様に、メモリ側の仕様制御出来ない事もあります。


【最近の例】
最近だと、Sandy Bridge(Core i第2世代 2xxx番台)のメモリコ
ントローラ
質が悪く、制御が出来ないメモリが多く出ていま
した。

AMDの方は比較的問題が出難いのですが、Intelの場合【IntelCP
Uの特性
】で述べてある様に、特定条件化で高速化する制御の仕様
上、制御が出来ないメモリが出やすくなっている為、注意が必要
です。


尚、メモリOC用のXMP制御とは、Intelのこの制御則にあわせて
OCする為のもので、そのままOCすると制御が出来なくなる可能
性が高いから専用に用意しているわけです。

後、AMDよりもデフォルトで対応できるメモリの速度低いのは、
上記の変則的な制御則のせいで高速メモリを安定して制御出来な
からです。



【MBと電源ユニット】
パーツに必要な容量を満たしているにも拘らず、特定の電源MB
を組み合わせると、動作が不安定になったり起動できない事があ
ります。


【主な原因】
電源ユニットの質とMBの電源回路の質にあります。電源ユニット
出力の安定性MB電源回路の質によっては起動する為に必要
な安定した電圧が足りない場合があります。

特にIntelの場合、質の低い電源ユニットやMBを想定していない
と思えるほど、デフォルトが殆ど余裕の無い設定なので、注意が
必要です。

また、電源ユニットの省電力機能によって出力が足りなくなって
動作不良や起動不能に成る事もあります。


【他の原因】
チップセットの設計不良で電源によっては電圧不足で制御が出来
なくなることが有ります。


【最近の例】
Intelの6シリーズチップセットは、初期にリコールされて問題の
部分(クロックジェネレータ)を結線しない事で問題を回避したの
ですが、

MBの中にはクロックジェレータがあることを前提に設計した物が
結構あり、MBの設計が更新される前(B3ステッピング配布から大
体半年)に購入した物の中には省電力機能を搭載した電源だと起動
が出来なかったり
、出力の安定しない電源だと不安定になる等か
なり問題が出ました。



【USB接続の周辺機器】
2.03.0のUSBポートに下位の周辺機器を接続した時に動作不良
や認識不能
な事が有ります。


【主な原因】
チップセットの中にあるUSBコントローラか、外部搭載された
部チップ
の設計上の問題のエラッタ(構造上の欠陥)が原因です。


【最近の例】(2012/10/9時点)
MBの選び方】でも触れていますが、Intelチップセットは5,6,
7シリーズと2世代前からUSBコントローラに問題を抱えており、

USB1.1の同期デバイス(USB接続の外部オーディオアンプ等)と
非同期デバイス(マウスやキーボードを同じ系統に接続して同時に
実行すると、音が飛んだりノイズが入る等の問題が起きたり、

エラッタのせいで2.0、3.0共に下位互換に問題が出て、周辺機器
(カードリーダーや外付けHDD)が正常に機能しなかったり、認識
しない
事があります。


尚、USBの周辺機器を製造メーカーの商品情報には、大抵「全て
の機器で動作を保証しているわけではありません。
」な感じに注
意書きがされていますが、

上記の事が原因なので、周辺機器側ではどうにも出来ない為、
作を保証出来無い
からです。



【回避方法】
基本的には、発売から直ぐには買わず情報を集める事です。

ある程度すれば、どの組み合わせで問題が出るのかの情報が出て
来るため、それを確認してから選ぶ事で不具合をある程度回避出
来ます。

ある程度知識があるなら技術情報を公式HPに読みに行く方法も一
つの手です、不具合の状況とエラッタを照らし合わせて対処法が
見えてくる
ことも有るからです。


Intel
チップセットの技術情報は、非常に分かり難い場所にある為、
式サイト
右上にあるコンテンツ検索で「何 Series」とチップセ
ットのシリーズ名
で検索しないと出てきません。


AMD
Tech Docsで左の項目のChipsetにチェックを入れるとチップセ
ットの技術情報が出てきます。

但し、全てのチップセットについて出て来るわけではありません。



相性と言われる不具合の殆どは、エラッタ仕様上の問題が原因
と成っていて、情報を入手すれば回避できたり、対処できる事が
少なくありません。

相性と言う言葉で切り捨てる前に、原因を探って対処出来る様に
成れば、PCをより使いこなせる様になると思います。



このBlogはBlogランキングに参加しています。
役に立ったと思った方はクリックをお願いします。




総合情報に戻る

TOPに戻る

| 小話 | 20:19 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

VGA(内排気)の分解掃除とグリスの塗り直し

【VGA(内排気)の分解掃除とグリスの塗り直し】

今回は、【デスクトップPC(自作)の掃除の例】で省略したVGAの
クーラーを取り外しての掃除の仕方を書きます。



【VGAの分解掃除】

【必要な物】
掃除道具(クリックすると拡大)
クーラーを取り外してグリスを除去するのと、ファンや基板上の
粉埃を取る為に、綿棒無水アルコールを使用します。

あるなら専用のグリス除去剤を利用してもかまいません。

また、GPUクーラーのヒートシンク熱伝導率を高める為
リス
が必要なので、必ず分解掃除の前にグリスを買って置いて下
さい(CPU用です)。

尚画像にはありませんがエアダスターティッシュ精密ドライ
バー
も使っています。



【掃除】
HD4770.jpg(クリックすると拡大)
今回は3年以上使っていて、グリスが劣化しているであろう内排気
のVGA(HD4770)
を分解清掃します。
2012/11/03時点

HD4770(裏)(クリックすると拡大)
先ずはVGAの裏面からクーラーを固定している金具を確認します。

これは内排気で比較的単純な構造をしていますが、上位の外排気
クーラー
が必要なVGAの場合は、取り外すネジが多くなります。

クーラー固定用金具(クリックすると拡大)
精密ドライバで金具を外します。

クーラー取り外し(クリックすると拡大)
クーラーを外した状態です。GPUクーラのヒートシンク固化
した熱伝導用のシリコングリスが見えると思います。

グリスは経年劣化で有機溶剤が飛んで固着し、熱伝導がうまく行
かなくなる
為、定期的に塗り直す必要が出てきます。

GPU.png
ヒートシンク
古いグリスが固着しているGPUとヒートシンクの拡大図です。

基本的に固着したグリスは拭うだけでは取れない為、無水アルコ
ールで溶かしながら綿棒でふき取ります。

今回は無水アルコールを使っていますが、あるなら専用の除去剤
を使ってもかまいません。

基盤の埃落としとGPUのグリス除去(クリックすると拡大)
GPU上のグリスを取り除いた状態です。後は、基板上の埃をエア
ダスター
吹き飛ばした後粉埃無水アルコールで除去すれば本体
側の掃除は終わりです。


尚、なかなか溶けないグリスがたまにありますが、絶対に削って
取ろうとしない
でください。

GPUを硬い物体で傷付けてしまうと、コアが欠けて壊れます。

迂闊な事をするとコア欠けマンが降臨
   __
 / ∀・ |ノ 呼んだ?
 |___|
  |   |


クーラー分解清掃(クリックすると拡大)
今回はクーラをばらして掃除をしています。ファンは無水アルコ
ールで拭き、ヒートシンクグリスを除去した後丸洗いしま
した。

尚、ヒートシンクを丸洗いする時の注意ですが、洗ったら直ぐに
乾かして
ください。

水分が残っていると錆びます


分解する時は、ファンコードの位置と向きを覚えていて下さい。

適当につけると基板上のファン用のコネクタにファンのケーブル
届かない事があるので。

GPUにグリス
後はGPUにグリスを塗り、クーラーを取り付ければ掃除は終わり
です。

尚、十字の金具をネジ止めする時は、対角線上順番に緩く全部
締めた
後、また対角線上に本締めしてください。


【掃除関連】

デスクトップPC(自作)の掃除の例
キーボードの掃除について


このBlogはBlogランキングに参加しています。
役に立ったと思った方はクリックをお願いします。




総合情報に戻る

TOPに戻る

| お役立ち情報 | 20:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Windows用ドライバやソフトについて(家電PC & BTO)

【Windows用ドライバやソフトについて(家電PC & BTO)】

(2015/8/14更新)
8の時もそうでしたが、Windows10は1年間無料な事もあり、準
備もせずにアップグレードしてしまう人もいると思われますので、

Windows 10でも独自機能が使えるようにするの、ドライバや専
用ソフトの場所と探し方を今回は書きます。



【ドライバや専用ソフトの場所】
基本的にPCを販売しているメーカーの公式サイトドライバ
用ソフト
があります。

なので、公式サイトでPCの型番(モデルナンバー)を記入して検索
する事で、必要なドライバソフトを探す必要があります。

ただし、古すぎるPCの場合はドライバ更新されていない可能性
もあるので、その場合は諦めてリカバリしてOSを戻して下さい。

尚メーカーによっては自動Updateツールがある事もありますが、
今回は手動を基本として載せます。



【日本大手家電メーカー】
Sony(VAIO)
製品別サポート情報

NEC
NECサポートプログラム検索

富士通
機種別サポート情報・ダウンロード

東芝
サポート情報・ダウンロード(キーワード検索)

Panasonic
パナソニックパソコンサポート(ダウンロード)



【日本BTO】
Epson Direct
ユーザーサポート

Onkyo Direct
ダウンロード/資料

Mouse Computer
ドライバのダウンロード



【海外BTO】
hp
サポート & ドライバー

ASUS
ASUS Support(ダウンロード)

Lenovo
サポート

Acer
ドライバー ダウンロード

Gatewey
ドライバーダウンロード



このBlogはBlogランキングに参加しています。
役に立ったと思った方はクリックをお願いします。




総合情報に戻る

TOPに戻る

| ソフトウェア | 20:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

デスクトップPC(自作)の掃除の例

【デスクトップPC(自作)の掃除の例】

今回はタワー型の自作PCの掃除の例を書きます。



【今回掃除に使用するPC】
今回掃除する自作PCのケースと一部パーツは、10年前の物を流用
している為、現在販売されているケースやパーよりも取り回しや
掃除が不便なものになっています。

したがって、新規で組んだり最近のショップブランドBTOのPC
購入する場合は、例よりも掃除がし易くなっています。

尚、デスクトップでもBTO専門企業等の独自規格のパーツが入っ
たPCや、家電メーカーのスリムタワーPCの場合、内部構造が違う
ので臨機応変に対応してください。



【掃除に使用する道具】
掃除道具(クリックすると拡大)
基本的に必要なのはエアダスタードライバーです。

綿棒無水アルコールは、今回VGAの基板上の粉状の埃(以後粉埃)
を取る為と、CPUクーラーのファンやケースファンの粉埃を取る
為に使っています。

基板は駄目ですが、ファンについては、あるならウェットティッシ
で掃除してもかまいません。

後、パーツを置いておく為と、作業をしやすくする(向きを変える)
為にダンボールを使っています。

尚、画像には無いですが、静電気対策用金属の物(椅子)と掃除
も使っています。



【掃除道具の扱いの注意】
キーボードの掃除について】でも説明しましたが、エアダスタ
ーは可燃ガスを利用しているのと、無水アルコールは99.5%の純
粋なアルコールな為、絶対に火気厳禁で、換気をしながら掃除し
て下さい。



【掃除をする時の注意】
掃除機を使った後やパーツを触る前に、必ず金属を触って静電気
対策
をしてください。

当たり前ですが、静電気が発生しやすい服を着ないで作業して下
さい。



【掃除】
先ずは、ケーブル類を全て抜いた後電源ボタンを一度押して放電し
たら、電源ユニットのスイッチOFFにしておきます。

リア(クリックすると拡大)
次にリアにある螺子6つ+ドライバーで外してサイドパネルを外
します。

画像のは通常の螺子ですが、↓の様にドライバーが要らない螺子
もありますので、ドライバを使うには手狭な場所で作業する必要
がある場合は交換すると良いでしょう。

Lumen 手巻ネジインチネジ(マイナスカット) 6個 銀色
(2010/9/8)
ルーメン



アイネックス ハンドルネジミリ黒 PB-034BK
(2009/11/30)
AINEX



サイドパネル(クリックすると拡大)
サイドパネルを外すとこんな感じ、左側がフロントから向かって
右のサイドパネル
で、右側フロントから向かって左のパーツを
搭載する側のサイドパネルです。

吸気口のあるサイドパネルは、埃が付きますので、取り外すつい
でに掃除をして下さい。

サイドパネルについては掃除機で吸ってしまってもかまいません。


尚、このケースは古いので、CPUクーラーへ吸気する為のパッシ
ブダクト
が付いています。

フロントから向かって右(クリックすると拡大)
フロントから向かって右です。フロントパネルを外す為にはこち
ら側も外す必要があるで外しています。

尚、ドライブ類増設等でも外す必要が出てきます。
(現在のケースでは片側から固定できる物が多い為、必ずしも外す
必要はありません)

フロントから向かって左(クリックすると拡大)
フロントから向かって左です。

こちら側にパーツがあります。

ファンやヒートシンクに埃が付いているのが分かると思いますが、
PCの掃除は、冷却が必要なパーツから埃を除去して冷却能力を回
復する
事を目的としています。

VGAの補助電源(クリックすると拡大)
掃除がし易い様にVGAを外しますが、先ずは補助電源ケーブル
抜きます。
(補助電源が必要でないVGAの場合は省略)

PCI-Eスロット ストッパー(クリックすると拡大)
次にリアに固定する為の螺子を外した後本体を外しますが、PCI-
Eのスロット
には画像の様にVGAの重みで抜け落ちない為のストッ
パー
が付いているので、赤で囲った部分を矢印の向きに上げつつ
取り外してください。

尚、MBベンダによってはストッパーのはずし方が違うので、説明
書を確認して下さい。

VGA(1).jpg(クリックすると拡大)
取り外した後ですが、赤枠の金属端子には触らないで下さい。

塩分や油分で錆びます。


尚、上記のPCI-Eスロットのストッパーが引っかかっていたのは
黄色で囲った部分です。

VGA(2).jpg(クリックすると拡大)
ヒートシンクに埃が付いているのが分かると思います。

取り外すと同時にエアダスターで埃を吹き飛ばしつつ離れた所か
掃除機で埃を吸って綺麗にしてからダンボールの上に置いて下
さい。

VGAに関しては、クーラーを取り外してグリスの塗り直し等をや
っていますが、今回は省略します。

USB増設ボード(クリックすると拡大)
バンドル等で増設ボード等を使っている場合も掃除の邪魔になり
ますので取り外してください。

画像はUSB3.0の増設ボード(USB3.0N4-PCIe)です。

Memory.jpg(クリックすると拡大)
メモリを取り外します。その際で囲った金属端子とチップには
触れないでください。不意に静電気が走った時にメモリが壊れ
ます


ヒートシンクで覆われているメモリの場合は、静電気防止を念入
りにしてから取り外してください。

掃除は、エアダスターを飛ばす程度で十分です。

CPUクーラー(1)(クリックすると拡大)
CPUクーラーを掃除します。社外クーラー(手裏剣B)を利用してい
ますが、リテール(標準CPUクーラー)と同じくトップフロー型
です。

ヒートシンクからファンを外すと画像の様に埃がこびり付き、
却を阻害
していることが分かると思います。

先ずは、布状にこびり付いた埃を指で丸めならが剥ぎ取ります。
(そのままエアダスターを使うと隙間に埋まる)

ある程度塊が取れたら、残った埃をエアダスターで吹き飛ばしつ
つ掃除機で吸います。

ファンの方も埃をエアダスターで飛ばして掃除をしますが、粉埃
は取れませんので、ウェットティッシュ等でを掃除して下さい。


CPUクーラー(2)(クリックすると拡大)
掃除後のヒートシンクです。

念入りにやる場合は取り外して丸洗いと言うのも良いかも知れま
せんが、基本的には、埃を取るだけで十分です。


フロントパネル(右上)(クリックすると拡大)
フロントパネル(右下)(クリックすると拡大)
フロントパネル(左上)(クリックすると拡大)
フロントパネル(左下)(クリックすると拡大)
次にフロントパネルを外して吸気口を掃除します。

このケースは旧式な為、両サイドパネルを外した上で画像の場所
-ドライバーを差込、てこの原理で外す必要があります。
(最近の物は簡単に取り外せるようになっています)

フロント(吸気口)(1)(クリックすると拡大)
フロントパネルを外すとこんな感じ。メッシュの裏側吸気用の
ファン
が取り付けてあるので埃まみれになります。

必ずファンが搭載されている辺りは掃除してください。

ここの掃除に関しては、掃除機で吸っても問題ありません。

フロント(吸気口)(2)(クリックすると拡大)
掃除した後ですが、大抵吸気口の裏にはストレージを搭載する場
所になっているので、メッシュからエアダスターを軽く差し込ん
で、ストレージに積もったを飛ばして下さい。

ストレージの上の掃除はその程度で十分です。
(簡単に取り外せる場合は取り外して掃除すると良い)



【仕上げ掃除】
後はリアの排気ファンやMB上の電子部品やヒートシンク、ケーブ
ル類の埃をエアダスターで吹き飛ばしつつ掃除機で吸います。

電源についてはファンのある吸気口からエアダスターを差し込ん
で埃を吹き飛ばし、排気口から掃除機で吸って下さい。

組み直し完了(クリックすると拡大)
後は組みなおして終わりです。

因みに電源後ろにファンがあるのに気が付いた人も居ると思いま
すが、これは電源排気が弱い為につけた排気補助用につけてあ
ファンです。

これについてはVGAの掃除と共に別で書こうと思います。



【掃除関連+α】

VGA(内排気)の分解掃除とグリスの塗り直し
キーボードの掃除について
静音電源の放熱問題と対処法


このBlogはBlogランキングに参加しています。
役に立ったと思った方はクリックをお願いします。




総合情報に戻る

TOPに戻る

| お役立ち情報 | 20:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑


| PAGE-SELECT |