パソコン(PC)の森

2016/02123456789101112131415161718192021222324252627282930312016/04

2016年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年04月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

日本オンラインゲーム協会が自主規制?のガイドラインを発表

【日本オンラインゲーム協会が自主規制?のガイドラインを発表】

前に【ソーシャルゲームのガチャ問題】で取り上げたグラブル関
連の問題が発端となってJOGA(日本オンラインゲーム協会)がガ
チャについてのガイドラインを発表した様です。

今回はその事について小話を一つ。
(2016/3/25時点公開)



【JOGAのガイドライ】
ランダム型アイテム提供方式を利用したアイテム販売における表
示および運営ガイドライン



【自主規制?部分】
【2ページ目 3.有料ガチャの設定に関する事項】

1:いずれかのガチャレアアイテムを取得するまでの推定金額(そ
の設定された提供割合から期待値として算定される金額をいう)の
上限は、有料ガチャ1回あたりの課金額の 100 倍以内とし、

当該上限を超える場合、ガチャページにその推定金額または倍率
を表示する。

2:いずれかのガチャレアアイテムを取得するまでの推定金額の上
限は 50,000 円以内とし、当該上限を超える場合、ガチャページ
にその推定金額を表示する。

3:ガチャレアアイテムの提供割合の上限と下限を表示する。

4:ガチャアイテムの種別毎に、その提供割合を表示する。



【要約】
1:ガチャ1回に使用する金額の100倍以内の金額で入手出来る可
能性のある
出現確率にする。

また、それを超える場合は推定金額や倍率を公表する。

例:一回300円と仮定して、凡そ100回(3万円)やれば当たる可能
性がある
確率にする。

2:上記の推定金額が1回の金額の100倍を超える場合、基本的に
5万円を基準にそれ以内で入手出来る可能性がある出現確率にする。

更に、それを超える推定金額の場合は公表する。

3:レアアイテムの出現確率の上下限を公表する。

4:アイテム毎に出現確率を公表。



【規制になっていない?】
上記のガイドラインですが、実はまったく規制になっていません。

どう言う事かと言うと、推定金額はあくまでその金額辺りまで注
ぎ込んだら当たるかも知れない
という期待値の確率にすると言う
だけでなので、

内容物が減る訳ではなく出現確率が常に同じなオンラインガチャ
の場合、推定金額以上注ぎ込んでも出ない可能性があるのは変わ
りません。

つまり、仮に推定金額まで注ぎ込んだとしても確実に入手できる
訳では無い
ということです。

更に、出現確率を表示した所で何回回そうが常に確率は同じとい
う問題が変わる訳ではないので、気休めにもなりません。



1ヶ月の使用金額上限の自主規制の時も親の端末を使用すれば上限
突破が出来るという抜け道があって意味が無かったですが、

今回も確率を調節するだけで高額が必要になる可能性がある事が
まったく改善されていない上に、推定金額を5万より高額にしても
公表さえすれば良いというガイドラインは規制にもなっていま
せん。

やはり、法的な規制が必要かもしれませんね。



【関連記事】

ソーシャルゲームのガチャ問題
CESAがガチャの自主規制?のガイドラインを発表


このBlogはBlogランキングに参加しています。
役に立ったと思った方はクリックをお願いします。




総合情報に戻る

TOPに戻る

| ネット関連 | 22:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

GameWorksを使用したゲームに注意 2

【GameWorksを使用したゲームに注意 2】

前にGameWorksを使用したゲームに注意でnVidiaのGame
Worksを開発に利用したゲームについての注意点を書きましたが、

Windows 10 DirectX 12版のGears Of War Ultimate Editio
n
のベンチが提供開始された事で、色々とやっている事が発覚した
様です。



【関連記事】
Nvidia GameWorks HBAO+ Behind Visual Corruption In
Gears Of War Ultimate Edition




【何が問題なのか】
フィルタ関連はnVidia側が作成している上、前回書いた様にブラ
ックボックス化している事を良いことに下記の事をやっていた様
です。


【nVidiaしか対応していないAmbient Occlusionを汎用表記】
Ambient Occlusionとは、太陽や照明等の光源に家、人、岩等
のオブジェクトが照らされた時に、他の物体からの反射光にも照
らされる事を考慮して陰影をつける技術です。

汎用仕様としてSSAO(Screen Space Ambient Occlusion)が
あり、それをベースにそれぞれ改良してnVidiaHBAO(Horizo
n Based Ambient Occlusion)を、AMDHDAO(High Defin
ition Ambient Occlusion)を実装しているわけですが、

どうやらHBAO用だけのコードで組んだにも関わらず、HBAOの
表記もせずにAmbient Occlusionとだけ表記した上で他社VGA
でも設定を有効に出来る様にしていた様です。

ベースにSSAOがあるからRadeonでも読み込めなくはないです
が、正常実行できず描画に問題がでていました。



【PhysXが無効化出来ないとCPUに負荷が掛かる】
PhysXはnVidiaの物理演算用の機能であり、髪の毛が風になびい
たり、水の動作を細かく表現する等の描画効果を追加します。

問題は設定ファイルです、PhysX用の演算回路をGPUに内蔵して
いない場合、CPUでエミュレーションさせて実行する様にしてい
るのですが、

ゲームクライアントで設定を無効化出来ない場合、現状ゲームが
対応しているだけでCPU側に投げられてしまうので、強制的にCP
Uに負荷がかかってしまう事になります。

ゲームによってはパフォーマンスを優先したくても設定が切れなく
てPhysXが邪魔をする
可能性があるので注意が必要でしょう。



汎用に見せかけて専用機能を仕込んでいたり、物理的な自社規格
に合わせて他社だとエミュレーション化する機能を強制化する恐
れが今後もあると思われるので、

変にCPU側に不可が掛かっていたり、描画がおかしくなった場合
はフィルタを切った上で確認しつつ、ソフトメーカーに報告した
方がいいかも知れません。

今回のGoWの様にSSAOかHDAOのコードが入ったパッチ等が追
加されて修正されると思われるので。



【関連記事】

GameWorksを使用したゲームに注意


このBlogはBlogランキングに参加しています。
役に立ったと思った方はクリックをお願いします。




総合情報に戻る

TOPに戻る

| ソフトウェア | 00:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

nVidia Geforce Driver(364.47と364.51)問題

【nVidia Geforce Driver(364.47と364.51)問題】

新しいnVidiaのGeforce向けドライバで問題が起きている様です。


【関連記事】
Nvidia Users Beware, Latest Drivers May Damage Your
PC



【何が起きているのか】
症状は様々ですが、364.47及び364.51のバージョンのドライバ
をインストールすると、

OSのクラッシュ
起動失敗
BSOD表示
再起動ループ
フリーズ

等でシステムが破壊される可能性があるのと、最悪VGA焼損
る可能性があるということです。

問題が改善するまで上記のバージョンをインストールするのは止
めて下さい。

最悪壊れるので。



【既に入れてしまっている場合】
↓を参考にセーフモードで起動してアンインストールして下さい。

7
7のセーフモードの起動の仕方

公式のページが無くなりましたの変えました。


【Vista&7 msconfigからセーフモードを立ち上げる】
スタートメニューの検索ボックスにmsconfigと入力して実行し
ステム構成
を立ち上げます。

システム構成が立ち上がったらブートの項目を選択し、セーフブ
ート(F)
にチェックを入れてOKを押して下さい。

後は再起動すればセーフモードで起動します。

尚、この方法は設定を戻さないとセーフモードでしか起動出来な
くなる
ので、掃除後にセーフモードの状態で同様にmsconfigから
ブート設定を元に戻す必要があります。


8
8のセーフモードの起動の仕方


10
Windows 10 のセーフ モードで PC を起動する


尚、過去の焼損ドライバ等で唯のアンインストールでは設定ファ
イルが残って症状が続いた事がある為、Driver Fusion等で綺麗
にした方がいいと思われます。

グラフィックドライバを更新する時に使うツール 2】を参考に
して下さい。



このBlogはBlogランキングに参加しています。
役に立ったと思った方はクリックをお願いします。




総合情報に戻る

TOPに戻る

| ソフトウェア | 16:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑


| PAGE-SELECT |