パソコン(PC)の森

2015/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312015/11

2015年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年11月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

Skylakeで10/26からおみくじ開始

【Skylakeで10/26からおみくじ開始】

第6世代 Core iプロセッサのSkylakeですが、10月26日からCP
Uの回路にあるセキュリティに関係する機能を開放したモデルを追
加する様なので、今回はそのことについて書きます。



【関連記事】
Intel to enable Software Guard Extensions on Skylake p
rocessors




【Intel SGXとは】
SGX(Software Guard Extensions)とは、CPUの内に専用の回
路を設け、ソフトウェアを実行する時にシステムメモリに保護さ
れた隔離領域を作成出来る様にし、

他のソフトからその領域のデータに干渉出来ない様にする機能
です。

つまり個人データやID、PASS等を入れて使用するソフトを利用
する時にデータを抜くタイプのマルウェア(悪意のあるソフトウェ
ア)に感染していてもSGX対応のソフトならデータが抜かれる事を
阻止
出来ると言う事です。



【10/26日からおみくじに】
発売されるのは2015/10/26の様ですが、関連記事を読めば分か
る様にモデルナンバーが現在のモデルと変わりません。

発売しても旧モデルか新モデルか確認せずに買ってしまうとどち
らを渡されるか分からない
のでおみくじ状態になってしまうとい
う事です。



【新モデルがほしい場合】
CPUの入ったパッケージはヒートスプレッダが外側から分かる様
になっています。

5桁の半角英数でS Specナンバー周波数の左に書かれているの
で、確認させてくれる、確認してくれる店で購入して下さい。


【旧と新のS Specナンバー】
今回はサーバ向けは除外します。

簡単な覚え方として、SR2の次にLがこればSGX対応版という事
です。

            旧     新
Core i7-6700K  SR2BR SR2L0
Core i7-6700   SR2BT SR2L2
Core i7-6700T  SR2BU SR2L3

Core i5-6600K  SR2BV  SR2L4
Core i5-6600   SR2BW SR2L5
Core i5-6600T  SR2C0  SR2L9
Core i5-6500   SR2BX  SR2L6
Core i5-6500T  SR2BZ  SR2L8
Core i5-6400   SR2BY  SR2L7
Core i5-6400T  SR2BS  SR2L1


代理店がシール等で区別出来る様にするとは思いますが、分から
ない可能性もあるので、26日以降に組もうと考えている人は覚え
ておいた方が良いかも知れません。



このBlogはBlogランキングに参加しています。
役に立ったと思った方はクリックをお願いします。




総合情報に戻る

TOPに戻る

| CPU | 21:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Skylakeの対応メモリについての注意

【Skylakeの対応メモリについての注意】

第6世代Core iプロセッサ(Core ix-6xxx)の対応メモリについて
問題が出る可能性のある情報が出てきた為、

SkylakeDDR3を使い回している、回そうとしている人は注意
が必要です。



【関連記事】
Skylake's IMC Supports Only DDR3L



【Skylakeが対応しているのはDDR3L】
SkylakeはDDR4DDR3で2基のメモリコントローラをCPUに
内蔵しており、MBにスロットがあればDDR4とDDR3のメモリを
使用できます。

情報によると、公式に対応しているのはDDR3でも省電力版DD
R3L
のみの様です。

例:Core i7-6700K Processor(メモリの項目に注目)



【通常のDDR3やOC版でメモリコントローラ損傷する可能性】
上記した様にSkylakeはDDR3L(1.35V)が正式対応となっている
為、通常のDDR3(1.5V)やOCメモリ(1.65V)を使用していると、

過剰な電圧によってメモリコントローラが徐々に損傷していく
能性がある様です。

DDR4が1.2Vと低電圧なので、DDR3の方もそれに合わせた設計
になっている為なのかもしれません。

通常版やOC版のDDR3のメモリを使い回している、回そうとして
いる場合は、周波数と電圧を下げるか、DDR4(変態MBの場合)に
変えた方がよいでしょう。


尚、MBのサポートにあるメモリ対応表はあくまでも動作するかを
確かめただけ
の表なので、メモリコントローラの事を考慮してい
ません。

使用していても大丈夫だという保証は無いので注意してください。



【DDR3が使えるMBリスト】

【ASUS】
H170-PLUS D3
H170M-E D3

B150M-A D3


その他平行輸入品でD3が型番についた物



【GIGABYTE】
GA-Z170M-D3H DDR3
GA-Z170-HD3 DDR3

GA-H170M-HD3 DDR3
GA-H170M-D3H DDR3
GA-H170-Gaming 3 DDR3
GA-H170-HD3 DDR3

GA-B150M-D3V DDR3
GA-B150M-DS3H DDR3
GA-B150-HD3 DDR3
GA-B150M-D2V DDR3
GA-B150M-HD3 DDR3
GA-B150M-D3H DDR3

GA-H110M-S2PH DDR3
GA-H110M-S2 DDR3
GA-H110M-S2PV DDR3
GA-H110M-DS2 DDR3




【ASRock】
H170 Combo(変態)

B150 Combo(変態)
B150M Combo-G(変態)
B150M-ITX/D3

H110M Combo-G(変態)
H110M-DVS/D3
H110M-ITX/D3




【MSI】
B150M PRO-VDH D3



このBlogはBlogランキングに参加しています。
役に立ったと思った方はクリックをお願いします。




総合情報に戻る

TOPに戻る

| ハードウェア | 03:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑


| PAGE-SELECT |