パソコン(PC)の森

2015/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312015/08

2015年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年08月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

広告企業の眉唾記事に注意

【広告企業の眉唾記事に注意】

ある程度情報を持っていれば飛ばし記事(憶測や願望で書いた)で
不正確な情報だとわかるのに、

そんな海外の記事を嬉しそうに転載する広告企業が結構あるので
今回は眉唾記事について小話を一つ。(2015/7/18時点公開)



【眉唾記事の例】
MicrosoftがAMDの買収を検討中!? 北米メディアが報道
(記事のある所まで下へスクロール)

内容は、AMDから提供されているXBOX One用のチップのコスト
を下げる為にAMDMicrosoft買収すると言う感じに記事が書
かれていますが、

情報を持っていれば有り得ない事だと直ぐに判ります。



【買収話が何故有り得ないのか】
AMDはCPUを製造しているメーカーの一つですが、現在PCに使
用されているCPUの演算回路構造は基本的にIntelが特許を持って
いるx86を利用しており、

AMDとIntelが持っている特許を互いに使用料を払わず使用出来
る様にクロスライセンス(相互ライセンス)を締結している為、

x86の設計を使用してCPUを製造出来ています。

つまり、Intelの特許を利用してCPUを設計している訳ですが、そ
こに買収話が有り得ない根拠があります。


どう言う事かと言うと、このクロスライセンスはAMDとIntel間
で締結されたものであり、クロスライセンスの条件としてAMDか
関連企業で製造する時のみ
使用可能としています。

だから買収されて他社の子会社になってしまうと、ライセンスが
失効
となりAMDはCPUを製造出来なくなります。
(他社にライセンスの使用権が渡ってしまうのを防ぐ為)

XBOX Oneに搭載されているチップと言うのはCPUとGPUを統合
したAPUを使用しており、CPU側の演算回路はx86で設計されて
います。


つまりMSがAMDを買収した場合、CPU側の演算回路の製造が不
可能
になるので、コストダウンどころの話ではなくなる訳です。

せっかくCPUとGPUの統合チップでコストを抑えることが出来て
いるのに、ライセンスを失効させて個別にCPUとGPUで2個搭載
に戻してコスト増とか意味不明な事をする訳がありません。

だから、買収は有り得ないと断言できる訳です。



定期的に与太話が出ますが、発信力の比較的強い広告企業でもい
い加減な記事を書くことが良くあるので、

鵜呑みにせず情報を調べる事を心がけた方が良いでしょう。



このBlogはBlogランキングに参加しています。
役に立ったと思った方はクリックをお願いします。




総合情報に戻る

TOPに戻る

| 小話 | 21:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Baidu IME(バイドゥ)について

【Baidu IME(バイドゥ)について】

フリーソフトのインストーラーに良く付属していたりする怪しい
中国産
Baidu IMEですが、どうやら入力した時に文字列勝手
に外部に送信していた
様です。(2013/12/26時点公開)

入れてしまった人は↓を参考に早急アンインストールしてくだ
さい。

入力した文字列をすべて無断でサーバに送信していた「Baidu IM
E」削除方法




元々怪しすぎて殆どの場合は警戒している筈ですが、フリーソフ
トのインストール時に連打して入れてしまう人も多い様ですので、
入れてしまっていないか良く確認してください。

また、最近のLenovoのPCには標準で入っているのでアンインス
トールして
下さい。



このBlogはBlogランキングに参加しています。
役に立ったと思った方はクリックをお願いします。




総合情報に戻る

TOPに戻る

| ソフトウェア | 20:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

大手家電PCやBTO専門BTOのカスタマイズの値段が高い理由

【大手家電PCやBTO専門BTOのカスタマイズの値段が高い理由】

国内の大手家電PC(Sony,富士通,NEC等)やBTO専門のBTOPC(O
nkyo,Dell,hp等)をカスタマイズしようとすると、

選択できるPCパーツの値段が市販の価格より変に高額な事に気が
付くと思います。

今回は、どうして高いのかと言う小話を1つ。



【カスタマイズ販売は実際はカスタマイズしていない】
大手家電BTO専門ネット直営店では、一定の選択肢の中から
自分でパーツを選択してPCを構築できるカスタマイズPCを購入で
きますが、

実はこのPC、実際はカスタマイズしていません


どういう事かというと、1シリーズ数千~数万台のPCを製造す
る必要があって流れ作業で製造しているので、

どれだけ注文が入るか分からないカスタマイズ専用に製造ライン
を割くなんて出来ないし、オーダーが入ってから製造なんて対応
しません。

また、一度構築したPCの裏蓋を開いてPCパーツの交換する、なん
て効率の悪い事もしません。

つまり実際はカスタマイズなんてしていないわけです。



【どうしてカスタマイズPCが買えるのか】
実際はカスタマイズしていないのに何故カスタマイズPCが買える
のかと言うと、

カスタマイズの選択肢毎に予め選択肢の構成で構築したPCを製造
しているからです。

例えばベースのPCがAだとすると、メモリの容量を増量した物
BHDDの容量を増量した物Cメモリ、HDDの両方を増量し
た物
Dと言った感じに、

それぞれ個別のPCとして予め製造しています。



【カスタム用パーツが高い理由】
では、どうしてカスタム用のパーツが市販より高くなるのかと言
うと、上記の製造方法が関係しています。

上記の方法だと多数の注文に対して即座に対応できますが、選択
肢が多いほど選択肢の分だけ個別のPCを製造する必要がある上に、
必ず全部の選択肢のPCが売れるわけではありません。

だから必ず不良在庫が発生する事になるわけですが、カスタマイ
ズ販売に対応するには選択肢に合わせて一定数以上のPCを製造す
る必要がある
ので、製造調整はしても製造しないということはで
きません。

つまり、カスタマイズPCを販売すると言う事は、不良在庫が発生
在庫管理の費用がかさむリスクを負うということです。



【差額の正体】
上記で気がついたと思いますが、差額の正体は不良在庫が発生す
る事を想定した費用の上乗せ
です。

つまり、変に高いのは製造の都合と言うわけです。



【個人的な見解とあれやこれ】
どうして高いのかと言う理由を上げただけで、理由を知ったのだ
から納得して買えと言っているわけではありませんので誤解無
き様。

基本的に会社側の都合であって消費者にとっては殆ど関係無い話
なのと、

CPUやGPUは兎も角、メモリやHDDの交換程度なら後から出来る
ので、選択肢を減らして金額を抑えれば良いのにと考えている
ので。
(カスタマイズ購入する人間はパーツの知識が有るの者が殆どで、
2GBx1のメモリを4GBx1に変えると言う様な中途半端なカスタ
ムはしない)



後、某社のビジネスモデルの様にMS Office Proを追加するだけ
で8万近く+されてパッケージ版よりも高い謎価格の様に、

OEM版のROMかダウンロード用シリアルを添付すれば良いだけな
のに、カスタマイズの選択性とは関係ないボッタ値段をつけてい
ると言った感じに別の理由の事もあるので。



このBlogはBlogランキングに参加しています。
役に立ったと思った方はクリックをお願いします。




総合情報に戻る

TOPに戻る

| 小話 | 20:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

SleipnirでHotmailのメールが開けない不具合について

【SleipnirでHotmailのメールが開けない不具合について】

最近HotmailがOutlook.comに切り替わりましたが、Microsoft
標準ブラウザのIEと同じエンジンを利用したSleipnirを利用して
いると、

ログインしてフォルダを移動したり、届いたメールを開こうとし
ても、読み込みが続いたままで何時まで経っても開けないと言う
不具合が起きています。

今回はその不具合の原因と対処法を書きます。
(2013/04/27時点公開)



【不具合の原因】
SleipnirはIEと同じTridentというレンダリング エンジンを利用
しているのですが、

新しくOutlook.comに切り替わった時に、旧バージョンのIE7
Tridentには対応しなくなりました。

したがって、IE7互換の設定をしたままでは開けなくなりました。



【対処法】
【Sleipnir 2

Sleipnir2(1).png
Sleipnirを立ち上げ、ツールバー上にあるツール(T)からSleipnir
オプション(B)
を選択してオプションを立ち上げます。

Sleipnir2(2).png(クリックすると拡大)
オプションが立ち上がったらビューを選択し、さらにTrident互換
設定を
選択すると互換設定が表示されるので、

IE7 互換表示切替を有効にする(S)チェック外してからOK
押して再起動させてください。

尚、IE7互換じゃないと開けないサイトを閲覧する人もいると思い
ますが、そういう時は互換表示に追加したWebサイト(W)の中に
あるmsn.comlive.comを選択して削除する手もあります。



【Sleipnir 4】
Sleipnir 4の場合は、デフォルトでChromeと同じWebkitが設
定されていますが、Tridentに切り替えて使っている人もいると
思いますので、書きます。
(現在Blinkに変わっています)

Sleipnir4.png
Sleipnir 4の場合は、URLの右から簡単に切り替えられるので、
URLの右の表示がIE7になっている場合は、クリックしてIE10モ
ードで表示する
を選択して切り替えてください。

そうすれば、メールを開く事が出来る様になります。



このBlogはBlogランキングに参加しています。
役に立ったと思った方はクリックをお願いします。




総合情報に戻る

TOPに戻る

| 良くあるトラブル | 14:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

日本年金機構の大規模個人情報流出について

【日本年金機構の大規模個人情報流出について】

日本年金機構が管理体制の甘さと、ネットリテラシーの低さによ
り大規模な個人情報の流出をやらかしたことで、

親、祖父母等が犯罪に巻き込まれる可能性が高まったので、今回
は事件の詳細と、気をつけるべき点を書きます。



【関係記事】
年金情報125万件流出 サイバー攻撃、手口巧妙に
年金機構名乗る不審電話、都内の高齢者宅に相次ぐ
年金情報流出 防衛情報も標的か 同種ウイルス ほか30
0カ所にも
(2015/6/7)



【流出した原因】
外部ネットワークに接続している複数のPCで共有しているサーバ
そのPC自体に、

個人情報を管理しているサーバからデータを日常的にコピーして
使用していた状態で、複数の職員がフィッシングメールに引っか
かってトロイの木馬に感染して情報を盗まれた様です。



【勘違いをしてはいけない所】
日本年金機構が被害者の様な報道がされていますが、流出した原
因の大部分が甘い管理体制による所なので、

日本年金機構も完全に加害者です。



【論外な管理体制】
1:【外部接続が出来るPCで個人情報を取り扱う】
外部に接続できると言うことは逆に外部からそのPCに接続できる
と言う事であり、外部に出してはいけない情報を扱う事は論外
です。

個人の端末を接続出来ていたと言う話もあり、話にならない酷さ
です。



2:【簡単にサーバにアクセスが出来る】
1にも関わりますが、外部接続が出来るPCであるにも拘らずデー
タベースに簡単にアクセス出来る
様にしてあった様です。

重要なデータを扱っているサーバは内部LANだけで完結し、外部
接続が出来る環境に接続しないのはセキュリティ上の常識です。


3:【データを共有サーバやPCにデータをコピー出来る】
これも1に関わりますが、外部接続できるPCにサーバから情報を
コピー出来る様にしておく
事自体がもはや話になりません。



(2015/6/7追記)
4:【添付された実行ファイルを実行する(.exe)】
どうやら偽装されていた訳ではなく実行ファイル(.exe)だと判っ
ていたにも拘らず実行していた様です。

通常実行ファイルなんて添付することは稀であり、ましてや公的
機関
に送る事なんてありえません。

本当に何を考えているんですかね。


メールを送りつけた者が悪いのは当然ですが、管理が論外すぎる
ので、これで被害者面するのはありえない事です。

こんな管理体制を許していた管理職及び、個人情報を雑に扱って
いた職員には個人情報保護法に基いた罰則を受けさせるべきだと
言えるでしょう。



【犯罪に警戒を】
流出した125万件の内、5万件以上住所まで流出しており、個人
が特定出来る状態になっています。

対象者の基礎年金番号を変えると日本年金機構は発表しています
が、番号を変えた所で個人情報自体で詐欺は可能なので殆ど意味
がありません。

なので、対象者が家族、親族にいる場合は以下の事に気をつけて
下さい。



電話に気をつける】
公的機関、民間企業の営業を装った詐欺の電話が掛かってくる可
能性が高くなるので、警戒してください。

(2015/6/2追記)
すでに詐欺グループに情報が漏れている様なので、特に年金機構
を騙る相手には気をつけて下さい。



葉書に気をつける】
公的書簡やダイレクトメールを装った詐欺の葉書がくる可能性が
高くなるので警戒してください。



前に外国の民間企業であるGoogleグループを省庁が使用して機密
が駄々漏れと言う問題が起きましたが、ハッカー育成以前に管理
体制をしっかりしないと本当に意味がありませんね。



このBlogはBlogランキングに参加しています。
役に立ったと思った方はクリックをお願いします。




総合情報に戻る

TOPに戻る

| ネット関連 | 23:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑


| PAGE-SELECT |