パソコン(PC)の森

2019/081234567891011121314151617181920212223242526272829302019/10

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

現在発売されているノートPCのディスプレイと本体のサイズ

【現在発売されているノートPCのディスプレイと本体のサイズ】

現在発売されている10インチから18.4インチまでのノートPCの
ディスプレイと本体のサイズを解像度毎にまとめてみました。


(2019/8/5追記)
リストを更新しました。



【ノートPCのディスプレイと本体のサイズ】
ディスプレイと本体のサイズ(クリックすると拡大)
ディスプレイの数値は算出しただけの数値なので、物によっては
誤差が出るのと、本体も製品によって変わってくるので、あくま
でも数値は目安だと考えてください。

10~13.1インチの小型ノートも現在では16:9の物に変わってい
ますが、

ビジネスモデルには16:10見易い比率の物がある様です。

4:3の物はなくなりました。

但し、ビジネスモデルは非常に高いので一般用途で購入する様なP
Cではないですね。



(2017/7/14追記)
一部の解像度(3K)や独自のディスプレイサイズのPCが消えたり、
高解像度にいくつかディスプレイサイズが追加されています。



(2016/11/12追記)
小型PCでもWQHD、QHD+、4Kと高解像度ディスプレイを搭載
した物が出ています。

更に15.6インチに3Kの物がある等、未だHDのPCが出ているとは
言え高解像度化が進んでいる様です。

尚、ビジネスモデルでも16:10がWXGAからWUXGAにシフト
して使いやすくなっている様ですね。



(2014/5/16追記)
単体のディスプレイでも4Kの物が少しずつ登場していますが、ノ
ートPCでも、13~14インチ辺りのPCでWQHD(2560x1440)以
上のPCが発売され始めているようです。

ノートPCは画面が小さい分縦が短くて作業しにくいので、高解像
度のPCだと作業がやり易くなりますね。

但し、高解像度のPCほど高額になりますが。



持ち運びやすさについてはA4(29.7x21cm)を基準に考えると良
いと思います。



【関連記事】

ノートPCのディスプレイとPCのサイズについて


このBlogはBlogランキングに参加しています。
役に立ったと思った方はクリックをお願いします。




総合情報に戻る

TOPに戻る

| ノートPC | 22:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ノートPCのディスプレイとPCのサイズについて

【ノートPCのディスプレイとPCのサイズについて】

今回はノートパソコンのディスプレイと本体サイズの関係について
書きます。



【ノートPCのサイズの基準】
基本的にノートPCの本体のサイズは、ディスプレイのサイズを基
準にしており、ディスプレイ長さが本体サイズとなっています。

つまり、ディスプレイのサイズ(インチ)によって、機能や持ち運び
やすさ
見易さ等が決まってくる事になります。



【ディスプレイサイズの仕様と問題】
2006年辺りまでは、ディスプレイの解像度の比率が4:3(1024
(横幅)×768(縦幅))でしたが、

2006~2009辺りに16:10(1280×800)が主流になり、それ以
降から現在では16:9(1366×768)が主流と移り変わっています。


其の為、4:3の比率の時と比べ16:9の比率では、同じインチサイ
にすると16:9の方が縦幅狭くなって見難くなっています。

解像度が高くなって見易くなっているのではないか?と考える方も
いると思いますが、解像度が上がった分表示が小さくなって文字
等が見難くなるのを拡大表示で補っているので、

逆に狭く感じる様になってしまっています。


更に3:4の比率の時と同じ縦幅を持たせようとすると、4インチ
く上のサイズにしないと同じになりませんので、その分ノートPC
幅が延びて持ち運びがし難くなるという問題が出てきます。



【14インチを4:3と16:9で比べた例】
比率による縦幅の差(14インチ)(クリックすると拡大)
14インチでも4.3と16:9では縦幅に3.9cmも差が出てしまい、1
6:9
のサイズでは解像度によっては縦幅が狭くて作業がし難くなっ
ています。

仮に解像度を高く設定できて縦幅が気にならなくなっても、文字が
小さくなって見難くなる
という別の問題が出ます。



【持ち運びやすさと使いやすさ(見易さ)】
上記した様に現状の16:9の比率では、一定以下のサイズでは見難
一定以上のサイズにすると持ち運びがし難くなる為、どちら
らかを妥協する必要が出てきます。


14インチまでは、キーボード(テンキー無し)のサイズ(240~280
mm
)の関係上本体の横幅はほぼ同じで、ディスプレイの縦幅によ
って本体の縦幅が変わりますが、全体の大きさが大体330×230m
m
辺りでA4より一回り大きい程度なので、

見易さと持ち運び易さのバランスを考えると、どちらを妥協するか
の境界にあるのが14インチと考えられます。

15.6インチになると、縦幅をある程度確保できて作業はしやすい
ですが、本体が大体380x260mmと横幅がかなり広くなってしま
い、持ち運びには向きません



【15.6インチのPCの例】
PCのサイズ(15.6インチ)(クリックすると拡大)
A4の紙(297x210mm)を15.6インチ(378x253mm)のPCの上
に乗せた画像です。

実際に店頭でも確認してもらえば分かりますが、かなり大型になっ
ていることがわかると思います。

15.6インチ(テンキー)(クリックすると拡大)
14インチと違い15.6インチは横幅がだいぶ伸びる為、画像の様に
テンキーを搭載出来るほど本体も伸びています。



【ポイント】
どうしても持ち運びを優先したい時は14インチ以下を選べば良い
と思いますが、ディスプレイが小さいほど縦に狭くなるので、
解像度
の物を選びましょう。

フルHD(1920x1080)か、探せるならWQHD(2560x1440)以
上の物を選ぶと小型でも扱いやすいと考えられます。

但し、文字が小さくなるので、表示の拡大縮小か、フォントサイ
ズをソフト毎に変更する必要はあります。



(2019/8/5更新)
現在発売されている10~17.3インチまでの、ノートPCの解像度
毎のディスプレイサイズ及び本体のサイズのリストは↓にあります。
現在発売されているノートPCのディスプレイと本体のサイズ



このBlogはBlogランキングに参加しています。
役に立ったと思った方はクリックをお願いします。




総合情報に戻る

TOPに戻る

| ノートPC | 12:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ノートパソコンの性能が低い理由とは

【何故ノートパソコンの性能は低いのか】

ノートパソコンと言っても、物によっては性能がデスクトップ並
のもあるのですが、無理やり高性能パーツをノートに詰め込んで
いて気軽に持ち運べるLVの物ではありませんので今回は省きます。



【ノートPCの性能が低い理由】
何故ノートパソコンの性能が低いのか、それはずばり
です。

電気を回路に通しているのだから電気抵抗によるが発生します
が、性能を上げるほど熱量が上がります


だからノートPCの様に極狭い空間発熱体を詰め込まなければな
らない場合、性能を落として発熱の少ない物を載せる必要がある
訳です。

したがって、冷却空間を広く取れるデスクトップ(タワー型)の方
が性能を上げやすいと言う事になります。


因みに、デスクトップでもM-ITX極小さいものだと、同様に性
能が低い物になりますけどね。



(2015/4/16追記)
【薄型ノートについて】
上記した様に内部空間が狭くなるほど性能が落ちますので、持ち
運び易さより性能を重視したい場合は通常のノートPCを購入した
方がよいでしょう。



【関連記事】

ノートPCを使用する時の注意点


このBlogはBlogランキングに参加しています。
役に立ったと思った方はクリックをお願いします。




初心者総合へ戻る

TOPに戻る

| ノートPC | 00:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑


| PAGE-SELECT |