パソコン(PC)の森

2021/02123456789101112131415161718192021222324252627282930312021/04

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

AVX512で割増されたベンチの数値に注意

【AVX512で割増されたベンチの数値に注意】

海外の提灯記事を書くサイトがRocket Lakeについての記事を出
していましたが、Intel CPU側にだけある拡張回路を使用する事
で数値を割り増ししている事を書かず、そのまま翻訳して記事に
した処を利用し、

ネット対策企業がネット上に問題のある情報を出し始めたので注
意を一つ。



【関連記事】
1Intel Core i9-11900K Rocket Lake-S CPU debuts on
PassMark with the fastest single-core performance in th
e ranking


2Passmark releases PerformanceTest v10 benchmark,
adds AVX512 - Receives Critique for favoring Intel

3Geekbench 4 CPU Workloads(公式PDF)



【AVX 512とは】
AVXとは浮動小数点演算をする時に特定の演算に特化した演算を
する為の拡張回路の事です。

AVX 256まではクロスライセンスでIntel、AMD両方で対応して
いますが、AVX 512にはIntelしか対応していません。



【何が問題なのか】
AVX 512に対応しているベンチでAVX 512を使用して数値を割
り増ししているだけなら問題ないですが、問題なのは拡張回路のA
VX 512を利用しているソフトウェアが殆ど無い
と言う所です。

一般向けソフトウェアは一部動画編集用ソフトのエンコード時に
使用しているだけで、殆ど導入されていません。

CPUの性能を気にする者は主にゲームソフトで使用する事を前提
にしている事が多いですが、AVX 512をゲームで使っているタイ
トルはありません



あくまで拡張回路と言うのもありますが、使用すると消費電力と
発熱が高くなる、一般向けがSkylake-XCascade Lakeのウル
トラハイエンドとIce Lake以降のノート向けのCPUしか搭載して
おらず殆どのCPUでまだ対応していないという問題と、

性能が必要なソフトを使用するクラス帯の自作PCやBTO PCでは
殆ど対応していない為、ゲームソフト側で対応する意味が現状あ
りません。

そんな状態でベンチだけAVX 512の回路を使用した数値を出して
性能が高いとやっても実際のソフトではAVX 512を利用できない
為、使用するソフトのほとんどで対応しておらず、ベンチの様な
処理性能が出る事がありません。

つまり現状AVX 512を利用しているベンチマークの数値は意味が
なく、実際の処理能力を見る事が出来ないと言う事になります。


この様な状態のベンチを利用して性能が上がったという記事は非
常に悪質なので騙されない様に注意して下さい。


因みにエンコードで使えるとしても、Core数が多いCPUに比べて
処理速度が高くなる訳では無いというのと、

発熱が非常に高くなる為、冷却機構も高水準な物に変えないとサ
ーマルスロットリングが起きる可能性が高く、短時間しか使えな
いという問題もあります。



【AVX 512を導入したベンチの例】
【Passmark】
記事2にもありますが、Passmarkは2020年3月に出たバージョ
ンからAVX 512を使用する様になっており、当時の時点でも数値
が異常に上がって海外や日本で指摘されて信用されなくなったベ
ンチです。

記事1で使用されていますが、Rocket LakeAVX 512に対応
た為、数値が高くなっている訳です。



【Geekbench】
3の公式PDFにある様にGeekbenchは4からAVX 512を使用する
様になっている為、此方も参考にならなくなりました。



その他のベンチでも変に数値が上がっている場合は確認が必要だ
と考えて下さい。



昔も実際のソフトで殆ど使われていないX87をベンチで使って数
値上げとかやっていましたが、実際のソフトで殆ど使っていない
拡張回路で数値を上げているベンチは、

広告用カスタム車でレビューをさせて性能の低いノーマル車を売
る事と同じ悪質な詐欺行為なので、本当に注意して下さい。



【関連記事】

UserBenchmarkに注意


このBlogはBlogランキングに参加しています。
役に立ったと思った方はクリックをお願いします。




総合情報に戻る

TOPに戻る

| ソフトウェア | 18:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Windows 10でMBRからGPTに変換する方法

【Windows 10でMBRからGPTに変換する方法】

nVidiaのRTX 3000シリーズ(Ampere)もRadeonのSAMと同
様な機能を使用できる様になるという情報が上がってきましたが、
UEFIモードでしか使用出来ず、MBR方式の管理のレガシーBIOS
の状態では使用出来ないと言う事で、

今回はMBRからUEFIモードで使用する為にGPTにデータ管理方
法をWindows 10で切り替える方法を書きます。



【システムドライブの方式の確認】
まずはMBRかGPTを確認しなければなりません。

2TB以上のストレージの場合デフォルトでGPTでフォーマットさ
れていますが、それ未満の場合MBRでフォーマットされている可
能性があります。

Windowsキーの様なWindowsキー押しながらQを押
して検索ボックスを出し、↓と入力して検索し実行して下さい。

msinfo32

MBRからGPTへ(1)(クリックすると拡大)
BIOSモードの所がレガシとなっている場合はOSが入ったストレ
ージがMBRでフォーマットされていると言う事です。



【MBRからGPTに変換】
Windows 10 Ver.1607以前や8.1以前は修復インストールやク
リーンインストールによる変換が必要でしたが、Windows 10 V
er.1703からMBR2GPTと言うMBRからGPTに管理方式を変換出
来るツールを内蔵する様になったので、

手軽にWindows上から変換出来る様になりました。



【PowerShellの立ち上げ方】
上記のMBR2GPTはコマンドラインで実行するタイプのツールな
ので、PowerShellを使用する必要があります。

PowerShellの立ち上げ方(クリックすると拡大)
尚、PowerShellは管理者権限で実行する必要があるので、スタ
ートメニューでWindows PowerShellを開き、PowerShell
右クリックして管理者として実行して下さい。



【システムデータが入っているディスクを確認】
MBRからGPTへ(2)(クリックすると拡大)
まずはシステムデータ(OS)の入ったストレージがシステム上でど
れかを確認する必要があるのでPowerShellを立ち上げ、

diskpartと入力してEnterを押して切り替え、更にlist di
sk
と入力してEnterを押すと、画像の様に現在搭載しているスト
レージが表示されます。

システムデータがあるストレージのディスク番号がどれか確認し
て下さい。

MBRからGPTに変換するストレージをその番号でコマンド指定し
て実行する必要があるので。

因みに右側の*はGPTでフォーマットされていると言う事を示し
ており、システムが入ったディスク 2はMBRなので右側に*があ
りません。



【正常に実行できるかテスト】
MBRからGPTへ(3)(クリックすると拡大)
テストせずにMBR2GPTを実行して失敗すると起動できなくなる
可能性があるので、必ず事前にテストをして下さい。

ディスクを確認したら一度PowerShellを閉じ、再度管理者権限
で立ち上げたら以下の様に入力して実行して下さい。

mbr2gpt /validate /disk:0 /allowFULLOS

尚、/disk:に続く番号は上記で調べたOSの入ったディスク
の番号を入力して下さい。

画像の場合はOSが入っているのがディスク 2なので/disk:2と入
力しています。

MBRからGPTに変換できる場合はValidation completed succ
essfully
と表示されます。



【GPTへ変換】
MBRからGPTへ(4)(クリックすると拡大)
テストで通って変換可能だと確認したら、以下の様に入力して変
換を実行して下さい。

mbr2gpt /convert /disk:0 /allowFULLOS

此方もテスト時と同様にOSの入ったディスクの番号を指定して実
行する必要があるので、入力時に間違えない様にして下さい。

画像の場合はOSが入っているのがディスク 2なので/disk:2と入
力しています。

コマンドを実行すると多少待ち時間が発生してから画像の様にMB
R2GPT:の羅列が表示されるので待ってください。

止まっている様に見えても変換中なので、途中で止めると問題が
発生する可能性があります。

画像の様に表示が出るまで待つ様にして下さい。


MBRからGPTへ(5)(クリックすると拡大)
変換後は再起動しないとハード自体のプロパティを確認しないと
変っているか表示されませんので、

スタートメニュー

Windows システムツール

コントロールパネル

システムとセキュリティ

管理ツール下のハードディスク パーテーションの作成とフォーマ
ットを選択

ディスク管理が立ち上がったらシステムの入ったディスクの赤で
囲った所で右クリックしてプロパティ(P)を選択して表示し、

ボリュームの項目を開くとパーテーションのスタイルを確認して
下さい。

変換が終わっていると画像の様にGPTに変わっています。

MBRからGPTへ(6)(クリックすると拡大)
再起動後にPowerShellで確認すると、*が付いている事も確認で
きます。



【注意点】
MBRで使用していた場合BIOSがレガシー設定になっている為、
Windows上でMBRからGPTに変換した後はBIOSの設定をUEFI
モードに変更しないと起動できなくなります。

必ず再起動時にBIOSの管理画面をMBに合わせたキーを押して立
ち上げ、Bootデバイス毎やBoot Option等の項目でLegacyから
UEFIに変更して下さい。

後、CSM(Compatibility Supported Module)をDisabled(無
効)にしないとRadeonのSAMやGeforceの同様な機能を使用出
来ないので、機能を使う場合は無効にして置いて下さい。



【デュアルブートでは失敗する】
デュアルブートで他のOSとMBRを共有している場合、MBR2GP
Tが実行できない事があります。

10で回復ドライブを作成しブートセクターの修復をしてWindow
s 10の方にMBRを置いた状態にして下さい。

やり方はWindows10 ブートセクターをコマンドプロンプトで修
を参考にして下さい。



Windows 10の場合内蔵ツールでGPTに簡単に変換する事が可能
なので覚えておくと良いかもしれません。



このBlogはBlogランキングに参加しています。
役に立ったと思った方はクリックをお願いします。




総合情報に戻る

TOPに戻る

| ソフトウェア | 00:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Windows 10 October 2020 Updateの不具合

【Windows 10 October 2020 Updateの不具合】

2020/10/20にWindows 10 October 2020 Update(Ver.20
H2)が正式公開された訳ですが、日本語版の場合問題が出る可能
性があるので注意を一つ。



(2020/12/7追記)
11月末のプレビュー更新で修正されたという情報が上がっている
為、今月の月例更新で修正される様です。

旧IMEに変えている方はパッチが当たったら手動で戻して下さい。



【関連サイト】
1Windows 10, version 20H2 and Windows Server, ver
sion 20H2

2Microsoft IME を使用している場合、Windows 10 バージ
ョン 2004 で問題が発生する可能性があります。




【日本語版のIMEに不具合がある】
問題自体はVer.2004の時点でありましたが、入力フォームによっ
ては入力が無効化されて文字を打ち込むことが出来ない状態にな
る問題が修正されていません。

一応回避策はありますが、どのフォームやソフトウェアで入力で
きない状態になる分からない為、修正されるまで充てるのは待っ
た方が良いかもしれません。



【回避策】
2004から導入された新しいIMEの問題なので、旧IMEに切り替え
ると回避が出来ます。

どうしてもVer.20H2を入れたい場合は、修正されるまで以下の方
法で切り替えて下さい。

右下の吹き出しのアイコンから設定を選択

時刻と言語を選択

左の項目の言語を選択

日本語を一度左クリックし、オプションを選択

キーボードの下にあるMicrosoft IMEを一度左クリックし、オプ
ションを選択

全般を選択

と進むと互換性の下に『以前のバージョンのMicrosoft IMEを使
』と言う項目があるので、有効にして下さい。

尚、切り替える時に理由を聞かれるフォームが起動しますので、
新IMEで不具合がでたフォームやソフトの情報を書くと修正が早
くなるかもしれません。



不具合の情報を知っていないと入力できない理由が分からず困る
事になるので、注意として書きました。



このBlogはBlogランキングに参加しています。
役に立ったと思った方はクリックをお願いします。




総合情報に戻る

TOPに戻る

| ソフトウェア | 10:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Windows 10のスタートメニューの弄り方

【Windows 10のスタートメニューの弄り方】

Windows 7まではスタートメニュー上でフォルダを操作出来まし
たが、10ではスタートメニューを直接弄る事が出来ません。

今回はインストールしたソフトの整理やショートカットを一目で
表示させたい時のスタートメニューの弄り方を書きます。



【Windows 10のスタートメニューのフォルダの場所】
Windows 10スタートメニュー(1)(クリックすると拡大)
Windows 10のスタートメニューに表示されるフォルダやソフト
ウェアのショートカットのアイコンは以下の2ヶ所にあります。



【システム全体フォルダ以下】
Windows 10スタートメニュー(2)(クリックすると拡大)
OS上のユーザー共通で表示されるメニューの内容が収められてい
るフォルダです。


ローカルディスク(C:)

ProgramDate(隠しフォルダ)

Microsoft

Windows

スタートメニュー

プログラム

と進むとプログラムフォルダの中にスタートメニューに表示され
るフォルダやショートカットが入っています。

尚正確な場所は以下になります。
C:\ProgramData\Microsoft\Windows\Start Menu\Prog
rams



【ユーザーフォルダ以下】
Windows 10スタートメニュー(3)(クリックすると拡大)
現在Loginしているアカウントのスタートメニューに表示される
内容が収められているフォルダです。


ローカルディスク(C:)

ユーザー

ユーザー名

AppData(隠しフォルダ)

Roaming

Microsoft

Windows

スタートメニュー

プログラム

と進むとプログラムフォルダの中にスタートメニューに表示され
るフォルダやショートカットが入っています。


尚正確な場所は以下になります。
C:\Users\(ユーザー名)\AppData\Roaming\Microsoft\Wi
ndows\Start Menu\Programs



【フォルダの追加や整理について】
上記の場所のフォルダを開いたら後はフォルダやショートカット
を追加したり、任意のフォルダにソフトのフォルダをまとめたり
するだけですが、仕様を把握していないとスタートメニューに出
てこない事があるので仕様を把握しておく必要があります。


【フォルダを追加するだけでは出てこない】
Windows 10スタートメニュー 仕様(1)(クリックすると拡大)
7の時はフォルダを追加しただけで出てきましたが、10のスター
トメニューはフォルダを追加するだけでは表示されません。



【既存のショートカットを入れてもフォルダが出ない】
Windows 10スタートメニュー 仕様(2)(クリックすると拡大)
プログラムフォルダ下にあるショートカットをコピーして新たに
作成したフォルダにコピーした場合、プログラムフォルダ直下の
ショートカットが優先
されてフォルダが出て来ません。

整理する時は同じ内容のフォルダやショートカットが無いか確認
し、新たなフォルダ内に移動する様にして下さい。



【フォルダの中のフォルダ表示が無視される】
Windows 10スタートメニュー 仕様(3)(クリックすると拡大)
ソフトウェアの整理をする為にプログラム下にフォルダを作成し
てソフトウェアのショートカットが入ったフォルダを纏める事が
出来るのですが、

7の場合スタートメニューでフォルダを開くと更にソフトウェアの
フォルダが表示されていましたが、10の場合フォルダを無視して
内容物(ショートカットやマニュアル等)だけ直で見える仕様です。

フォルダ内のファイル数によっては纏めるとかえって分かり難く
なるので注意して下さい。



【表示されるショートカットに優先順位がある】
Windows 10スタートメニュー 優先順位(クリックすると拡大)
上記でも触れていますが、ショートカットの場所はプログラムフ
ォルダ直下の方が優先されます。

Libre Officeのフォルダ内とプログラムフォルダ直下に同じLibre
Office Baseのショートカットを置いた場合、スタートメニュー
ではフォルダ下にショートカットが表示され、フォルダを開いて
もBaseの表示が無いという状態になります。



10の場合上記の様な仕様があるのでスタートメニューを弄る時は
注意が必要です。



【スタートメニューを変えて弄り易くする方法】
態々プログラムフォルダに行かなくても7と同様な方法で弄る事が
出来る様にすることが可能です。

Open-Shell

Windows 8以降のスタートメニューを7以前にするツールのClas
sic Shell
がオープンソース化されて作られているOpen-Shell
入れる事で7以前のスタートメニューに変える事が出来ますが、

スタートメニューの弄り方も7と同様な方法(メニュー上で右クリ
ックでフォルダを作成、フォルダを移動可)で可能になります。

更に表示の仕様も7と同様になるので、10の方法だと面倒だと言
う時はスタートメニュー自体を変えて下さい。



10でスタートメニューを弄る時は大元のフォルダを弄らないと整
理出来ないので、覚えて置くと良いかもしれません。



このBlogはBlogランキングに参加しています。
役に立ったと思った方はクリックをお願いします。




総合情報に戻る

TOPに戻る

| ソフトウェア | 00:57 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

BSODが出ない問題が発生した時の原因の把握の仕方

【BSODが出ない問題が発生した時の原因の把握の仕方】

何らかのソフトウェアを起動しようとしても立ち上がらない、又
はバックグラウンドで動いているのに表示されない、外部接続の
機器を接続した状態でソフトを立ち上げるとフリーズして落ちて
しまう。

と言った問題が出た時に原因を探す必要が出ますが、システム自
体落ちる訳では無いのでBSODが出ず、さらにソフトによっては
何が原因で落ちているのか警告のポップアップが出ない事がある
ので原因が分からない事があります。

今回はそのような時に原因の取っ掛かりを確認する方法を書き
ます。



【イベントビューアーで問題発生時の詳細を確認】
イベントビューアにはシステム上で何か問題が起きた時にLogを
残す様になっているので、ソフトウェアにエラー時の警告が出な
い仕様であってもLogが残っているのと、大凡何が問題になって
いるのかと、エラーの種類をIDで確認が出来ます。



【イベントビューアの使い方】
Windowsキー
↑の様なWindowsキーを押しながらEを押してコンピュータを立
ち上げたら、左の項目にあるコントロール パネルを選択して下
さい。

表示されていない時は左の項目の空白の場所で右クリック全て
のフォルダーの表示(A)
を選択して表示して下さい。
(デスクトップの右上辺りがポップアップが出しやすい)

コントロールパネル

システムとセキュリティ

管理ツール

イベントビューアで確認(1)(クリックすると拡大)
と進むとツールのショートカットがあるので、イベントビューア
を選択して立ち上げて下さい。

又は

スタートメニュー

Windows 管理ツール

イベント ビューアー

と進んで立ち上げて下さい。



【イベントビューアの確認の仕方】
イベントビューアで確認(2)(クリックすると拡大)
イベントビューアで確認するのはソフトウェアやシステムデータ、
ドライバ等で問題が起きた時に記録されるWindowsのLogです。

まずはWindows ログの左にある>を左クリックして項目を表示
して下さい。

確認するのはソフトウェアに関係するApplicationとOS自体のシ
ステムデータに関係するシステムです。

警告とエラー
問題が発生した大凡の時間のLogを探して下さい画像の様な警告
やエラーが出ていると思われます。

ログを選択すると内容が表示されますので、全般の以下及びソー
ス(S)
イベント ID(E)を確認し下さい。

ソースは何に問題が出ているのか、イベントIDは何をした時の問
題なのかが分かります。

イベントビューアで確認(3)(クリックすると拡大)
因みにエラーの場合は↑な表示になります。



【該当する問題】
【Application】
ソフトウェアのプログラムにバグあったりBIOSと衝突して動作に
異常が出ると言った感じに明確に何かソフトウェアやツールを使
用している時に問題が出た場合はApplicationを確認して下さい。

但し、ソフトウェアを起動していてもマウスやキーボード、ゲー
ムパッド等の入力機器を接続していると何らかの問題が発生する
場合はソフトウェアやドライバとシステム処理に衝突している可
能性があるので、システムのLogも確認が必要です。



【システム】
ソフトウェアや何らかの機器のドライバがシステムデータと衝突
した時にシステム処理自体に問題が出た場合システムを確認して
下さい。


問題の大凡の原因を確認したら、該当している内容とIDで検索し
て対処法を探して下さい。

場合によっては問題の要因が複合している場合があるので、問題
が起きた時は両方確認する事をお勧めします。


尚、外部機器の問題の場合、IntelのUSBコントローラがエラッタ
(設計不良)だらけでコントローラが原因の問題だったと言った感
じにソフトやドライバの問題ではない事があるので、確実に原因
が特定できる訳では無いと考えて下さい。



PCを使っているとソフトが起動しない、何かするとソフトが落ちる
等の問題に遭遇する事がたまにありますが、Logの確認方法を
覚えて置くと原因を特定しやすくなるので、

覚えて置くと良いですね



このBlogはBlogランキングに参加しています。
役に立ったと思った方はクリックをお願いします。




総合情報に戻る

TOPに戻る

| ソフトウェア | 18:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑


| PAGE-SELECT | NEXT