2015/01123456789101112131415161718192021222324252627282015/03
パソコン(PC)の森
家電メーカーパソコンから自作パソコンまで含めた
総合情報Blogです。(技術情報主体)

パソコンの知識を得てより良いパソコンライフを送りましょう。

初めての方はパソコン初心者総合へ進んでください。

【その他まとめ】
総合情報:ソフトからハードまで様々な情報をまとめてあります
商品情報総合:用途や予算に合わせた商品(PC等)のまとめです
【既定のプログラムの設定の仕方】

今回は、同じ種類のデータを特定のソフトで使用したいと言う
時に、そのソフトにデータを関連付けする事で自動的に起動
できる様にする設定を書きます。


【既定のプログラムとは】
画像データ、文章データ、表データ、音楽データ、Webページ
等の特定の種類のファイルをダブルクリックで実行した時に、

自動的にそのデータを読み込んで標示や再生するデータに
関連付けされたソフトウェアの事です。


基本的にデフォルトではWindowsに付属したフォト ビューア、
Media Player等が設定されていますが、使い勝手の良い別の
ソフトを入れた時や、

Gifデータの様にデフォルトのフォト ビューアではアニメーショ
ンが再生できないと言う時に、別のソフトでデータを実行した
い時は既定のプログラムの設定変更する必要があります。


【既定のプログラムを変更】

今回はGifデータで例を上げます。

入れておくと便利なフリーソフト】でも触れていますが、デフォ
ルトで関連付けされている画像データを再生するWindowsの
フォト ビューアは、

Windows 7からGifアニメーション再生できなくなっている為、
Gifアニメーションを再生する為には別のソフトで読み込む必
要があります。

上記で紹介しているフリーソフトのXnViewを設定します。


まずは、Gifデータ上で右クリックし、出てきたポップアップの一
番下にあるプロパティ(R)を選択してプロパティを立ち上げます。

既定のプログラムの設定(1)(クリックすると拡大)
画像を見るとファイルの種類の下のプログラムの右にWindow
s フォト ビューアー
と標示されていますが、現在設定されてい
既定のプログラムと言う事です。

変更(C)を押してファイルを開くプログラムの選択を立ち上げ
ます。

既定のプログラムの設定(2)(クリックすると拡大)
ファイルを開くプログラムの選択が立ち上がったら、XnView fo
r Windows
を選択してOKを押して設定します。


【注意】
ファイルを開くプログラムの選択で標示されるプログラムは基
本的にレジストリにソフトの設定ファイルが置いてあるソフトだ
けです。

今回のXnViewはインストールタイプでレジストリを使用してい
ので標示されていますが、

レジストリを利用しないフリーソフトの場合項目に標示されま
せん。

その様な場合は参照から直接ソフトの実行ファイル(.exe)を選
択して設定する必要があるので注意してください。

既定のプログラムの設定(3)(クリックすると拡大)
OKを押すとプログラムの右がXnViewに代わっているので、後
適用(A)を押せば設定完了です。

設定後はGifデータを実行するだけで自動的にXnViewで標示
される様になります。


ソフトを立ち上げずにデータを右クリックしてプログラムから開
く(H)からソフト選択して実行は出来ますが、

使う頻度が高いソフトでいちいち手動で実行するのは手間であ
るので、既定のソフトに設定しておくと良いと思います。



このBlogはBlogランキングに参加しています。
役に立ったと思った方はクリックをお願いします。




総合情報に戻る

TOPに戻る
【HDDの状態について】

PCの動作が不調になったりデータが破損している事に気づいた
時にS.M.A.R.Tを読むソフトを利用してHDDの状態を確認すると
思いますが、

今回はHDD状態について書きます。



【S.M.A.R.Tとは】
S.M.A.R.T(Self-Monitoring, Analysis and Reporting Technology)
とは、1997年辺りからHDDに搭載された障害の早期発見故障
の予測
を目的とした機能です。

HDDが対応した各種検査項目をリアルタイムに自己診断して状
態を数値化します。

尚、標準でWindows上から見る機能はありませんが、CrystalDis
kInfo
等のフリーソフトやHDDベンダの専用ツールでHDDから読
み込んで確認する事が出来ます。



【HDDのデータ領域について】
以下で説明する検査項目はHDDの構造を理解していないと何を
説明しているか意味が分からないので、【アロケーションユニット
サイズについて
】のデータ領域の説明を読んでから下へ読み進
めて下さい。



【検査項目と内容】
SMART.png(クリックすると拡大)
表を見ると50近くありますが、用途や一般向け、ビジネス向け、
又、HDDベンダーによって標示する項目や項目数が違ってい
ます。(閾値(しきい値))

一般向けのHDDだと背景が白い項目の内の17~18項目程度が
標示されます。

グレー背景の項目は基本的にビジネス用途向けのHDD、システ
ムで使う情報なので殆ど気にする必要はありません。



【重要な項目】
項目IDを赤くしてありますが、一般用途で重要なのは以下の項
目です。

01Raw Read Error Rate(リードエラーレート)
05Reallocated Sectors Count(代替処理済のセクタ数)
0ASpin Retry Count(スピンアップ再執行回数)
C2Temperature(温度)
C5Current Pending Sector Count(代替処理保留中のセクタ数)
C6Off-Line Uncorrectable Sector Count(回復不可能セクタ数)

上記の項目は基本的にハードの状態についての項目ですが、
特に重要なのが05,C5,C6です。

この3項目に問題が出るとデータが破損したり読み込み不能
なったりと、データ消失する致命的な原因になります。

問題が出た場合は出来るだけ早く別のHDDにデータを移動して
おかないと何時の間にか破損していたり読み込めなくなる可能
性がある為、定期的に確認するのが望ましいですね。



【実際に標示するソフト】
有名所ですが、CrystalDiskInfoと言うフリーソフトでS.M.A.R.T
情報を表示することができます。


正常時(クリックすると拡大)
フリーソフトを立ち上げるとこんな感じに項目が表示されます。

重要な項目は赤で囲った所なので、上記の項目の表で内容を
確認しつつ自分のHDDの情報を確認してみてください。

項目の違い(クリックすると拡大)
尚、上記でHDDベンダによって項目が違ってくると書きましたが、
HitachiWDを比べると項目が違っていることが確認できますね。



【障害が出ているHDDの例】
回復不可能セクタ数が増加(クリックすると拡大)
このソフトは健康状態が状態によって正常注意異常悪化
した分だけ変化していきますが、

注意の状態で既に致命的な問題が出る可能性があるので、注
意程度だからと甘く見てはいけません。

C5,C6生の値上昇する時はデータ領域の磁気がおかしくな
っているか、物理的に破損している可能性があるという事で
すが、

このHDDに入れておいた写真のデータがいつの間にか破損して
いて、一見正常に見えるのに読み込むと下半分が灰色一色に
なっていたと言う事がありました。



【情報の注意点】
S.M.A.R.Tの情報は基本的にHDD自体のデータ領域やハードの
状態
を標示しているだけなので、内部にあるデータそのもの
状態は分りません。

データが壊れる可能性が高い状態であると予測はできますが、
どのデータが壊れるのかは判断は出来ないと考えてください。



PC自体の起動やソフトの起動や読み込みが遅くなった、データ
がいつの間にか破損していたといったHDDが原因の問題は少
なくないので、

定期的にS.M.A.R.Tの情報を確認して早目に対策が出来る様に
しておくと良い思います。


【HDD関連】
アロケーションユニットサイズとは
デフラグについて



このBlogはBlogランキングに参加しています。
役に立ったと思った方はクリックをお願いします。




総合情報に戻る

TOPに戻る
【G-syncはAdaptive-sync?】

現在970VRAM問題で揺れているnVidiaですが、G-syncにつ
いても驚きの情報が発覚した様です。

今回はG-syncについて書きます。


【関連記事】
1TRUTH ABOUT THE G-SYNC MARKETING MODULE (NVID
IA USING VESA ADAPTIVE SYNC TECHNOLOGY – FREESYN
C)

2NVIDIA G-SYNC HACK (WORKING ON EVERY MONITOR ?)
DP1.2 AND EDP

3PCPerspective: Mobile G-Sync confirmed, G-Sync module
unneeded




【G-syncとは】
ディスプレイは基本的に固定リフレッシュレートで表示する様に
出来ており、GPU側から来る入力に関係なく標示しようとする為、

GPU側のfpsリフレッシュレート未満になると、標示遅延が起き
たり、画面が上下で標示ずれ(ティアリング)が起きる等の問題が
ありました。

G-syncとは、専用のハードウェアディスプレイ側に搭載する事
でGPUから来た入力に合わせてディスプレイのリフレッシュレート
変動させる事で、

滑らかな映像にする技術の事です。



【Adaptive-syncとは】
効果はG-syncと同じですが、元々2009年に標準化されたノート
PC
のディスプレイのリフレッシュレートをGPUの入力に合わせて
下げる事で消費電力を下げるIgnore MSA(Main Stream Attri
bute
)という、

組み込み向けのDisplayPort(eDP)の仕様を通常のDisplayPort
に採用する様にAMD(FreeSync)が提唱し、

PC関連のビデオ周辺機器の業界標準化団体であるVESA(Vide
o Electronics Standards Association
)が標準規格として採用
したのがAdaptive-syncです。

尚、此方は専用のハード必要とせず、DP1.2a規格対応の機器
ならファームウェアを更新するだけでも対応が可能な物もあり
ます。



【今回発覚した情報とは】
nVidiaの説明だと専用のハード必要と言う事になっていたので
すが、

1番目の記事によると専用のハードウェアは唯のDRMコントロー
ラー
(Digital Rights Management:デジタルコンテンツの著作権管
理用の技術)であり、

2番目の記事にある様にDP1.2に対応しているディスプレイならソ
フトで専用ハードと同じ機能エミュレートするだけでG-sync
動作可能であったようです。
(専用ハードを搭載していないディスプレイで実行)

つまり、実際はAdaptive-syncと同様にIgnore MSAを利用して
いると言う事になります。

(修正)
3番目の記事はASUSがリークしてしまった、専用ハード無く
G-syncが動作するというドライバを検証した上で、専用ハード
無い事を示すためにPCバラシタ記事でした。


とりあえず更なる情報待ちではありますが、G-sync対応のディ
スプレイが異常に高いので、真偽がハッキリするまでまった方
が良いですね。



このBlogはBlogランキングに参加しています。
役に立ったと思った方はクリックをお願いします。




総合情報に戻る

TOPに戻る
成長因子