2014/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312014/09
パソコン(PC)の森
家電メーカーパソコンから自作パソコンまで含めた
総合情報Blogです。(技術情報主体)

パソコンの知識を得てより良いパソコンライフを送りましょう。

初めての方はパソコン初心者総合へ進んでください。

【その他まとめ】
総合情報:ソフトからハードまで様々な情報をまとめてあります
商品情報総合:用途や予算に合わせた商品(PC等)のまとめです
【2014/8/13のWindows Updateの不具合について】

2014/8/13Windows Updateに含まれているプログラム
適用すると、正常に動作、起動できなかったり文字表示
異常が出る不具合が出ている様です。

問題が出ている場合は下記の対処法を実践してUpdate前ま
の状態に戻してください。


【関連記事と対処法】
【リリース後に確認された問題】2014 年 8 月 13 日公開の
更新プログラムの適用により問題が発生する場合がある


上記の記事に基本的な対処方が書かれていますが、分かり
易い用に情報を捕捉します。


【システム復元について】
起動出来る事が前提ですが、下の様に進んで復元をしてくだ
さい。

スタート

コントロールパネル』(標示方法をカテゴリへ)

システムとセキュリティ

アクションセンター内のコンピューターシステムを以前の状
態に復元


尚、Windows 8コントロールパネルの起動の仕方は【Win
dows8でコントロールパネルの起動の仕方
】を参考に。


【復元の注意】
システムの復元を起動すると基本的に一番最近復元ポイ
ント
が標示される様になっているので、

システムの復元(1)(クリックすると拡大)
Update後に何かソフトをインストールしてしまうと表示されま
せん。

なので、まずは『別の復元ポイントを選択する(C)』にチェック
を入れて進んでください。

システムの復元(2)(クリックすると拡大)
進むとリストが表示されますが、これも『他の復元ポイントを
標示する(M)
』にチェックを入れないと出てきません。

Update前の復元ポイントを選択して復元してください。

尚、Update時は必ず入れる前の復元ポイントが作成される
ので、それで復元すれば問題ありません。


【セーフモードの起動の仕方】
↓を参考にセーフモードで起動してください。

【Win7
7のセーフモードの起動の仕方

【Win8
8のセーフモードの起動の仕方


【フォントキャッシュの削除の仕方】
記事内ではコマンドプロンプトで削除していますが、コマンド
による削除では不安な方もいると思いますので、

Windowsの文字や記号の標示がおかしい時の対処法】を
参考に、FNTCACHE.DATを直接削除してください。


【該当のプログラムをアンインストール】
症状が出ている時は当然、出ていない時も削除した方が良
いのでアンインストールの仕方を書きます。


【該当するプログラム】
【Win7
KB2982791
KB2970228


【Win8
KB2975719
KB2975331



上記の【システム復元について】で説明した方法でコントロ
ールパネル
(表示方法はカテゴリ)まで開いたら、

プログラムのアンインストール』を選択し、プログラムのアン
インストールまたは変更
を起動してください。

削除(1)(クリックすると拡大)
次に左上に標示される『インストールされた更新プログラム
を表示
』を選択すれば、Updateで過去にインストールされた
更新プログラムが表示されます。

削除(2)(クリックすると拡大)
こんな感じに標示されるので該当している問題のあるプログ
ラム
を選択してアンインストールしてください。(画像はWin7)

削除(3)(クリックすると拡大)
尚、アンインストールマウスカーソル対象のプログラム
の上
に置いたら、右クリックして標示されたポップアップを
左クリックすれば実行できます。



【Windows Updateの更新方法の切り替え方】
Windows Updateの重要性】を参考に更新をダウンロードす
るま
でか、更新プログラムがあるか確認する切り替えてく
ださい。

尚、完全にとめてしまう重要なセキュリティの更新し忘れ
事があるので確認表示が出る様にはしておいて下さい。


私の自作PC(Win 7 Pro 64bit)では今回問題が起きていま
せんが、

PCは内部の構成使用しているソフト統一されておらず
すべての環境でテストが出来る訳ではない為、どうしても問
題が起きてしまう事があります。
(ソフトやドライバ等の衝突等も少なくない)

問題が起きない事が当然と考えず、定期的にバックアップ
とったり、Update自動確認標示に切り替える等自衛する方
法を覚えておくことも必要かもしれませんね。



このBlogはBlogランキングに参加しています。
役に立ったと思った方はクリックをお願いします。




総合情報に戻る

TOPに戻る
【意味の無いランキング】

PCパーツやBTOPCを購入する前に価格.comconeco.ne
t
の様な価格比較サイトや自作PC系雑誌で製品を調べる事
も多いと思いますが、

大抵人気ランキングと称したランキングがあり、中にはそれ
を参考に購入してしまう人もいると思われますので、

今回はランキング性質について小話をひとつ。



【ランキングの性質】
以下にどうしてランキングを見ても意味が無いのか、という性
質を書きます。



【情報操作を受けている】
近年ステマと言うネット上でネット工作企業一般人の振り
をして情報操作
をしている事が問題になりましたが、

PCパーツ系のランキング<でも同様に情報操作がされている
事がランキングの上位に入っている製品で直ぐに分かります。


VGAを例に上げますが、基本的にVGAはミドルクラスを頂点
としてロー方向ハイクラス方向に行くにしたがって販売数が
減って行きます
(ローからミドルクラスは性能で避けられ、ハイクラスの5万円
を超える物は価格が問題で数が売れません。)


だから本来売れ筋の上位に来るのはミドルクラス帯のVGA
になるはずですが、

ランキングを見てみると7万を超えるハイエンド帯の物が上位
5位内にあったり、ローエンド帯でも4世代~7世代前で実店舗
で見かけることが不可能で、

尚且つ知識があったら間違いなく避ける物が20位内に入っ
ています。

不自然である事が分かりますね。


尚、注目度満足度経由したり所持していなくても書ける
為元から信用できません。



【ランキングの集計の範囲が狭い】
上記の不自然な売れ筋ランキングにも関係あることですが、
基本的にサイトの売れ筋ランキングと言うのは、

そのサイトに登録してあるネット店舗で購入した時に集計さ
れる様になっている為、登録していないネット店や実店舗で
の販売は集計されません。


更に、誰もが価格比較サイトを経由して購入しているわけで
は無い
ので、ランキングは極限られた範囲での集計に過ぎ
ない事が分かります。

つまり販売の絶対数が少ない事も売れ筋ランキングがおか
しくなる原因となっている訳です。


別の例を上げますが、アメリカのゲーム会社のSteamのラン
キング
全体のシェアの例に上げる者をちらほら見かけま
すが、

大元のSteam ハードウェア & ソフトウェア 調査の直ぐ下の
文を読むと、顧客がどんなPCとソフトを利用しているか集計
しており、その集計はオプションで匿名と書いてあります。


つまりこの集計結果は、Steamのゲーム購入した中でも、
アンケートに答えた極小数の集計結果に過ぎません。
(Steamの有効IDはWindowsのIDの1/20未満)

だから、全体のシェアなんて分かる訳が無いわけです。


更に例を出しますが、日本の家電製品の売れ筋ランキング
BCNランキングですが、

POSデータ提供店を見るとPCパーツについて言えば、大手
TukumoArkOne's、中小辺りの店も殆ど参加してい
ない


BTOを販売しているTake One等の大手ネットショップ等も入
っていない
為、殆どあてになりません。

以下に続きますが、BCNランキングに別の問題あります。



【集計が単体ではない】
上記したBCNランキングの続きですが、家電製品の場合、
製品として完成した物を一つの商品として集計できますが、

PCの中でも、PCパーツの集合体であるショップブランドBTO
の場合、BTOPCを購入するだけでパーツの方に集計されて
しまう為、

消費者が意図して購入した訳ではなくても集計に加算され
てしまいます。


何が問題かと言うと、基本的にパーツ単体で購入する場合、
殆ど調べて自分の意思で購入する為、店員に騙される事を
考慮してもある程度売れ筋である事は変わりませんが、

BTOPCを購入する消費者は知識が薄い事も多く、勧められ
るままに店の売りたい物を買わされる事も多いからです。


意図せず購入している集計が混ざっているデータに売れ筋
の集計としてのデータ的価値は全くありません


例えば、Geforce GTX1050ローミドル帯のVGAで、搭載
すればゲーム『』出来るPCにはなりますが、ゲーミングPC
にはならない性能の低いVGAです。

しかし、ゲームの推奨モデルとして搭載している店があり、
勧められるままに購入してしまう人がいます。

知識があれば避ける様な構成のPCでも売れてしまうので、
参考になりません。


後、同様な理由としてGeforce安価に大量に仕入れる
ができる契約をしている会社が参加しているので、元々信用
できない
と言う事もあります。



【唯の広告】
これは雑誌や広告企業系サイトの話ですが、広告主の製品
宣伝する為だけのランキングでバイアスがかかっている為、

唯の広告であり、売れ筋としてランキングしている物は、売
れ筋の物ではなく、売りたい物でしかありません。

一般消費者を騙す提灯ライターの話】で説明している様な
記事を載せる所の情報を信じられると思えませんよね。



サイト毎のランキングの性質を調べ、参考になるか考える必
要もありますが、PCパーツの機能や性能の知識から選択で
きる様にして、惑わされない様に心がけると良いと思います。



このBlogはBlogランキングに参加しています。
役に立ったと思った方はクリックをお願いします。




総合情報に戻る

TOPに戻る
成長因子