2014/01123456789101112131415161718192021222324252627282014/03
パソコン(PC)の森
家電メーカーパソコンから自作パソコンまで含めた
総合情報Blogです。(技術情報主体)

パソコンの知識を得てより良いパソコンライフを送りましょう。

初めての方はパソコン初心者総合へ進んでください。

【その他まとめ】
総合情報:ソフトからハードまで様々な情報をまとめてあります
商品情報総合:用途や予算に合わせた商品(PC等)のまとめです
【人柱erとはなにか】

自作PCを調べていると出てくる人柱erと言う言葉、今回は人
柱erについての小話を一つ。



【人柱とは】
本来は、自然災害に神性を見出し、人を生贄にする事で神を
鎮める祈願をする人身御供と言う意味での言葉ですが、

自作PC界での人柱は意味が違います。



【自作PC界の人柱とは】
一般的に売られている完成品のPCと言うのは、PCメーカー
が完動品として検証しているので、基本的に不具合が出な
い状態
で販売されていますが、

自作PCの様に個人がPCパーツ寄せ集めてPCを構成する
場合、パーツの品質やチップのコントローラの出来によっては
正常に動作しなかったり、初期不良で不具合が見つかる事
も少なくありません。

また、ベータ版のドライバやソフトウェアも同様です。


自作PC界の人柱とは、ソフトウェアや高額なPCパーツを
具合がでるリスク
をものともせず、初物大好き突撃して検
証し、

情報を提供する事を至高の喜びと感じるマゾイ人の事です。


自ら進んで突撃して犠牲者になるので、英語の~する人とい
う意味の接尾語「-er」をつけた人柱erと呼ばれているわけ
です。



【人柱er 3箇条】

1:不具合を見つけても後悔しないし、泣かない

2:不具合を検証し、自力及び人柱erで情報を持ち寄って
処法
を考える。

3:不具合の情報対処方法の手順を企業と一般に提供
する。

有用な情報を上げるためには検証する能力がいるので、人
柱erになるのは一定以上の知識が必要だったりします。



自ら自爆しに行く変な人と言う意味で奇特な人達と思われて
いますが、彼らのおかげで無駄な出費をする事無く不具合を
避けられたり、改善された商品を購入する事が出来るので、

心の片隅で感謝しつつ購入すると良いかもしれません。

特に、発売予定日に合わせる為に不具合を隠して販売する
事が慣例になっているIntel製品等のリスクが高いパーツの
場合は情報が命なので。


【例】
・5シリーズチップセットのUSB問題 発売6ヵ月前に判明して
いた。

・6シリーズチップセットのクロックジェネレータ問題は、リコー
ル 発表の1~2ヶ月前
に判明していた。

(再設計、テスト焼付け、完動品の歩留まり確認、増産、と再
出荷までに5~6ヶ月掛かるのに、PCベンダに再出荷するま
での時間が発表から2~3ヶ月しか掛かっていなかった)

其の他、SSDを不具合で回収したりファームデータを破壊
(8MB病)等



このBlogはBlogランキングに参加しています。
役に立ったと思った方はクリックをお願いします。




総合情報に戻る

TOPに戻る
【Windows XPのサポート期限】

今回は、49日後の2014/4/8にサポートが切れるWindows
XPについて書きます。



【サポート終了とはどういうことか】
勘違いしている人もいるようですが、OSのサポート終了とは、
操作方法などの技術的な問い合わせに対応するテクニカル
サポート
の事ではなく、

OSの欠陥を見つけて悪用されない様に修正していくセキュ
リティサポート
の事です。


セキュリティサポートが終了したOSは、セキュリティホール
(ソフトウェアの欠陥)を修正しなくなる為、新たなセキュリティ
ホールが見つけられて悪用されても根本的な対処が出来ま
せん。

セキュリティソフトをいくら更新しても原因を修正しない限り対
策がいたちごっこになり、常に危険な状態になるので対処す
る必要があります。



例えるならば、施設点検,整備者(OSサポート)が常駐してい
金網フェンスで囲った施設(OS)の周りを警備員(セキュリテ
ィソフト)が巡回して防犯対策をしていたのを、

点検や整備を止めて警備員だけで防犯対策をしている様な
ものです。

施設の点検や整備をしないので、フェンスの綻びや壊れたド
アの入り口
(セキュリティーホール)があっても修理されま
せん。

だから、綻びを見つけた侵入者が警備員の目を盗んで自由
に出入りしたり、情報を盗める様になると言った感じです。



【対処法】
サポート終了に付きいくつか対処の方法があるので、目的に
合った対処法で対処してください。


【OSを変える】
OSだけのコストで対処する方法ですが、Windows 7以降の
OSにアップグレードするか、入れ替える事です。

Windows 7の場合すでにアップグレード版の出荷が終わって
いて高いので、DSP版ボリュームライセンスになります。

Windows 8以降はアップグレード版もありますが、基本的に
XPからの場合は、新規インストールになるので注意して下
さい。
(ドライバは引き継がれません)


企業向けだと期限契約(2~3年)ですが、3ライセンスから契約
できるボリュームライセンスにするのも良いかもしれません。
(期限が鬱陶しいならDSP版のほうが良いですが)



【注意点 1:64bit版に対応するCPU】
64bit版に対応は、Intelが2005年の9月以降に発売された
Pentium 4 521から、AMDは2003年9月に発売されたAthl
on 64
からです。


Windows 8.1の64bitについては、CMPXCHG16b等の命令
を使っているので、

CMPXCHG16bに対応していない初期のAMD64対応CPUで
Athlon 64 x2以前のものは64bit版はインストールできま
せん


32bit版については問題無くインストールできます。


Windows 7の動作に必要な用件は公式のWindows 7 のシ
ステム要件
で確認してください。

因みにWindows 7の発売前にAthlon64 3000+(Winchest
er 2004年10月頃発売)で入れられるかテストツールで試し
てみて問題がなかったので、

32bit版についてはAMDCPUの場合2005年あたりのPC
ならOS更新だけでもいけると思います。



【注意点 2:ドライバがあるか分からない】
OSは入れられても、各パーツに対応したドライバ存在しな
可能性があるので、

古すぎるパーツで構成されているPCの場合は諦めて新規P
Cを購入したほうが良いかもしれません。


Windows 7についてはVista辺りのドライバで動作させること
は可能です。

限定的ですが、Windows 7が発売される直前のVistaのドラ
イバならWindows 8.1 32bitでも動作が可能な事を確認して
いるので、後継機のドライバが使用出来る可能性はあります。



【注意点 3:ソフトが動くか分からない】
Windows 7にはVista以前対応のソフト互換起動したり、P
ro
以降なら専用のXPモード(仮想PC<)等で動作させる事が
出来ますが、

場合によっては入れても正常に動作しない事があるので注
意が必要です。



【WAN(外部ネットワーク)に接続しないで使う】
単純に、外部ネットワークに接続しなければ良いので、WAN
に接続しないLAN(内部ネットワーク)だけで使用すれば問題
ありません。

7以降のOSで動作しないソフトや、機器制御ソフトを使いたい
場合は、この方法しかありませんね。



【買い換える】
一番確実な方法ですが、丸々買い換えないと駄目なので結
構コストが掛かります。

但し性能が確実に上がって、起動時や操作時のレスポンス
のロスが軽減され、生産性が上がるので、コストをかける価
値はあるとは思います。



サポートが切れたから直ぐに攻撃されるわけではないですが、
危険なのは変わりないし踏み台にされる場合もあるので、被
害を受けるのは自分だけとは限りません。

どの方法を選ぶにしても49日後には確実にサポートが切れる
ので、早めに対処する事を考えましょう。



このBlogはBlogランキングに参加しています。
役に立ったと思った方はクリックをお願いします。




総合情報に戻る

TOPに戻る
【日本の大手家電PCがなぜ売れないのか】

【記事】
ソニー、VAIO事業譲渡発表でPC撤退。TV事業も分社化へ


業績不振でSonyのPC部門が子会社化されましたね、日本
の大手家電会社のPC部門が外部に引き継がれるのはNEC
に続いて2社目ですが、

SonyのPCはカスタマイズでMobileGPUを載せることができ
て日本のPCの中では性能が上の方にあったのに残念な話
です。

今回は、日本の大手家電PCがなぜ売れないか、という小話
をひとつ。



【巷で流れている売れない理由】
経済誌やネット上の記事では、「スマートフォンタブレットP
C
等の携帯端末によってPCがなくてもネットサーフィンが出
来る
様になったからPCの需要が減って売れなくなった」。

という論調で書いてあることが多いですが、個人的にそれは
間違いであると考えています。


どういうことかというと、スマートフォンやタブレットPCは基本
的に出力機器でしかないからです。

ネットを見たり一寸したソフトを実行や再生する用途には使え
ても、小型化により最低限の処理能力しかないので、PCで
使える大半のソフトを起動する能力すらありません。


さらに、入力がソフトウェアキーボードしかなく、タッチタイピン
グが出来る者からすると反応が遅く、入力速度が遅くなる
で文章作成程度でも支障が出ます。

又、同時に複数のソフト同じ画面で操作が出来ない為、作
業効率が悪すぎます。

上記の事から入力機器としては非常に問題があり、あくまで
出力に特化した機器であるわけです。


PCの場合、筐体のサイズが違う分性能が高くて出来る事の
幅が広い上に、キーボードやマウス等の専用の入力機器で
入力も問題がないので、入力も出力も出来る機器であると
いえます。

つまり、PCとスマートフォンやタブレットPCの市場は本来
俵が違う
と言うことです。


確かにネットサーフィンしかしない層は多少被りますが、PC
側で性能を落として出来る事を少なくしない限り、被ることは
ありません。



【現状考えられる売れない理由】

【性能が低い】
PCはパーツ1つだけで性能が決まるわけではなく、ストレー
(HDD、SSD)やメモリの応答速度と容量、CPUGPUの処
理能力が相まって処理能力が決まって来るわけですが、

日本のPCの場合性能の高いCPUを殆ど採用せず、選別落
ちのCeleronPentiumばかり採用して大本の処理性能が
低い物が多い
という事があげられます。

最近は多少Core iシリーズも搭載する様になりましたが、P
Cで一番重要な画像や映像を描写する為に必要なGPUが低
性能で論外なIntel内臓GPUを殆ど使っている為、

GPUの性能致命的に足りていません。


日本のPCの殆どがIntelからのリベート欲しさにIntelCPUを
採用しているわけですが、GPUを搭載したチップセットを採用
していた時代に、

他社(ATInVidia)を排除して自社で作る様になってから
界の基準すら満たせない低性能
なGPUを搭載し続け、

現状のCPU内臓GPUでも最低限の描写能力しかありません。


だから、描画能力が非常に重要なゲーム画像、動画編集
ではGPUの能力が基準を超えていないのでまともに作業が
出来なかったり、ソフト自体が起動出来ない。

ブラウザが一時フォルダから画像を読み込んで表示する速度
が遅い


描写密度の高い動画を再生すると処理遅延でガタガタ
なる。

と言う様な問題が出て、ソフトの再生が満足に出来なかった
り、起動すら出来なくて出来る事が少なくなっている訳です。

一定上性能が必要な3Dポリゴンのゲーム3DCAD画像
編集ソフト
動画作成ソフトを使いたい場合に、大手家電PC
を選択肢に入れることは出来ません。


PC向けにGPUを作成しているメーカーはAMD、nVidia、Inte
lとありますが、IntelのGPUは他の2社に比べて格段に低性
能であり、

最高周波数のGPUでも2社のローエンドGPU未満の性能し
かありません。

高性能グラフィック採用という謳い文句は完全に嘘です。


其の他に、シングルチャンネル対応でもない限り、2枚1組
デュアルチャンネルにした方が性能が上がるのに、容量が
多くてもデフォルトでメモリを1枚しか挿していない等、

とてもPCの知識がある人物が構成を考えているとは思えな
残念な構成になっている事が多い状態です。


因みに、Windows Vista重くて駄作と言われていたのは、
日本の大手家電会社がメモリの容量をケチって512MBしか
搭載していなかったせいで、

起動で700MB以上読み込む必要があったVistaでは起動す
るだけで仮想メモリ(HDD側)と常にアクセスする必要が出て
遅延が発生していたからです。

メモリの容量をケチらず最低でも1GB積んでいれば評価が
変わっていた筈です。



【スリム化による低性能化】
上記の性能が低い事に拍車をかけている事ですが、最近
量で異常に薄い
PCの販売が加速していますが、【ノートパソ
コンの性能が低い理由とは
】で説明している様に、

ノートPCは発熱するパーツを狭い空間に詰め込む為、性能
を抑えた物
を選択する必要があるわけです。

つまり、スリム化するほど中身のパーツが低性能になるので、
出来る事が減っていきます。



【無駄なソフトが多すぎる】
PC起動と共に勝手に起動して常駐する大手家電各社の
自ソフト
プリインストール版のソフトがてんこ盛りになって
いて、

上記の低性能な構成も相まって起動が遅くなり、不快な遅
延の原因になっています。


しかも、構成に対して釣り合っていないソフトを入れていたり
する為、ギリギリ動作する様な状況でソフトを生かしきれない
事も多くなっています。


また、ソフトが多い分価格に反映されるので、PCの性能に対
して価格が釣り合っていないと言うこともあります。

セキュリティソフトはともかく、独自に必要なソフトはリカバリ
ディスクを作成する為のソフト
ユーザー登録する為のリンク
位でしょう。



【ブランド力に頼りきり】
すでにストレージ(HDD,SSD)や外側や一部のディスプレイを
除いて中身はすべて海外製である事は周知の事実であるに
もかかわらず、

日本の大手家電製であれば売れると言う幻想にとらわれて、
低性能なPCを出し続けた付けが回ってきたのが現状です。

PCはあくまで道具であり、デザインやブランドで性能の低さ
は誤魔化せません。

出来る事が限定されている上に高い物がブランドだけで売れ
る時代
はとっくに過ぎています。



【売れる様にするにはどうすれば良いか】
上記の事から、売れる様にするにはどうしたら良いかを考え
ると以下の様になります。

【無駄なソフトを入れない】
メーカー独自のソフトなんて殆どの消費者は使わないので、
標準搭載するのはリカバリディスク作成ソフトユーザー登録
リンク
だけで常駐で起動と同時に立ち上がるソフトを搭載し
ない。

MS Officeその他便利ソフト(葉書編集ソフト等)はオプショ
ンにする。

予めインストールした状態でパターン化しておくのは無駄な
ので、

オプションで選択できるソフト毎にシリアルナンバーを発行し
ておき、販売時に保証書と共に封入して手渡し、

公式HPでユーザー登録した上でシリアルナンバーを入力す
ると、ソフトをダウンロード出来、またソフト用のシリアルナン
バーが発行される。

と言った感じにセルフでソフトを入れる様にすれば、在庫管
理コストが無駄に掛からない上に、自分で出来ない人には
大手家電量販店の設定サポートに頼ると言う需要が出来る。

転売防止用にBIOSの機種ナンバーと紐付けがあると尚良し。


オプションのソフト毎のシリアルナンバーの例としては、

ソフトAのみ  1xxx
ソフトBのみ  2xxx
AとB両方とも 3xxx
と言った感じに。



【現実的なパーツ構成にする】
ビジネスモデルならともかく、一般向けに低性能なCPUやG
PUを搭載したモデルを出さない。

AtomCeleronPentiumを搭載する位なら内蔵GPUが強
力なAMDAシリーズ(ミドルクラス)を採用する。

またIntelCPUを採用するならMobileGPU(Radeon or Gefo
rce
)を必ず搭載する様にする。(最低でもミドルクラス)

あと、シングルチャンネル対応じゃない限り、2枚組みを標準
にし、カスタムでも1枚で容量アップの様な無駄な選択肢を
なくす。



【スリム化を縮小】
スリム化する事で極限まで性能が削られる為、出来る事が
携帯端末並みに少なくなるのでビジネスモデルのみにする。

出来る事を携帯端末辺りまで落としてしまうと、同じ土俵ま
で落ちて競合してしまうので。



以上問題点と改善点を上げてみましたが、現状では性能が
低すぎてビジネス用途でない限り日本の大手家電PCを勧め
る事は不可能なので、

デザインやソフトを詰め込んで誤魔化すのではなく、ハードの
基本性能を考慮したパーツ構成に改善したPCをだしてほし
いものです。



このBlogはBlogランキングに参加しています。
役に立ったと思った方はクリックをお願いします。




総合情報に戻る

TOPに戻る
成長因子