2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11
パソコン(PC)の森
家電メーカーパソコンから自作パソコンまで含めた
総合情報Blogです。(技術情報主体)

パソコンの知識を得てより良いパソコンライフを送りましょう。

初めての方はパソコン初心者総合へ進んでください。

【その他まとめ】
総合情報:ソフトからハードまで様々な情報をまとめてあります
商品情報総合:用途や予算に合わせた商品(PC等)のまとめです
【AGESA 1.0.0.6bのメモリ設定問題】

9月にAMDから新しいマイクロコードのAGESA 1.0.0.6bがM
Bメーカーに配布されて新BIOSが各社から出ている訳で
すが、

メモリによっては起動不能になる問題がある様です。



【起動不能になる原因】
Ryzenはマイクロコードが煮詰まるにつれて制限が解放され
ていますが、ランク数によって速度が低くなる事があります。

今回の問題は、AGESA 1.0.0.6bでネイティブ2666対応のD
RAMでランク数関係なく2666で動作させようと設定を強化
した事によるものです。

AGESA 1.0.0.6aデュアルランクデュアルチャンネルで動
作させると2400に落ちていたメモリを使用すると、強制的に
2666で動作せようとする設定
がメモリと干渉して動作不能に
なる可能性が出ています。


現状でデフォルトで2400に落ちる2666のデュアルランクのメ
モリを使用している場合は、BIOSを上げない方が良いと思わ
れます。



【起動できない状態になってしまったら】
ネイティブ24002133のDRAMのメモリに交換して起動し、
BIOSを前のバージョンに書き換えて下さい。

予備のメモリを持ってない場合はPCパーツ店のサポートの
診断でテスト用メモリで起動してBIOSを書き換えてもらいま
しょう。(有料)

USBメモリにBIOSのデータファイルを予め入れて店に行って
下さい。

近場に店が無い場合は安いメモリを1枚買って起動させるし
かないですね。



GIGABYTEのサポートリストに入っていたメモリを使用してい
ましたが、レイテンシが最初期のJEDECの設定だったのもあ
ったのか起動できない問題にぶち当たってしまいました。

6月以降に出た2666のネイティブメモリはレイテンシが19な
物が多いので問題が出ない可能性もありますが、

デュアルランクでの設定そのもので問題が出る可能性があ
るので、

購入する前にMBメーカーに動作確認をサポートからした方が
良いと思われます。


尚AMDには報告を入れてあるので、AGESA自体で今後修正
されるかもしれません。

(2017/10/13追記)
AMDから返答が来ましたが、どうやら調整しているのはMBメ
ーカーの様なので、食らった場合は基本的にMBメーカーに連
絡する事になる様です。



このBlogはBlogランキングに参加しています。
役に立ったと思った方はクリックをお願いします。




総合情報に戻る

TOPに戻る
【ディスプレイの解像度とは】

今回はディスプレイについて書きます。



【画素(Pixel)と解像度】

画素を説明する前にどの様にして発色しているかを説明し
ます。



【光の3原色】
光の3原色
ディスプレイやTVモニターといった発光した状態でを表現
する機器は、

2以上の色を組み合わせて別の色を作る加法混合と言う
方法で色を表現しています。


発光体、つまりの場合は(Red)、(Green)、(Blue)
3を組み合わせる事でを表現出来る為、上記の3色の
組み合わせによって発色をしています。


尚、現在一般的な32bitカラーでは各原色の輝度を0~255
での256段階で変える事で0,0,0~255,255,25516,777,21
6通
りの色を表現できます。
(32bitは処理速度に合わせた値なので実際の色表現は
24bit)



【画素(Pixel)とは】
画素(P<br />ixel)
上記でディスプレイの発色の仕様を書きましたが、画素とは
発色をする為に必要な最小の単位の事です。

画像の様にの光の三原色1セットに纏めたものを画
素(Pixel)と言います。

更に実際の物理的な発色部分(dot)として表現します。


因みに、FHD(1920x1080)のディスプレイでは1dotが細か
すぎて確認はほぼ不可能ですが、TVだと比較的1dot辺りが
大きいので、

虫眼鏡等で拡大すると3色が並んでいるのが確認出来ると
思います。



【解像度とは】
ディスプレイを調べると、解像度FHD(1920x1080)やWQHD
(2560x1440)と言った感じに数字が書かれているのが確認
出来ると思いますが、

これはディスプレイ上に物理的に配置されている上記の3色
1セットの(dot)の数です。


FHDの場合1920個、1080個のが並び、画面全
体が1920 x 1080 = 2073600個の点で表現されていると
言う事を表しています。

つまり解像度とは、画面全体に配置されている物理的な
密度の事です。


画像は点の数が多いほど微細に綺麗に表現できるので、解
像度が高い(物理的な画素数が多い)ほど綺麗な画像として
表現できます。
(点描画やモザイク画の原理と同様)

今話題の4K(3840x2160)だと8294400個とFHD4倍の密
度の点で表現される為、かなり綺麗な画像になりますね。



【GPUに掛かる負荷の違い】
GPUに掛かる負荷
動画を見たりゲームをやる時に、ゲームクライアントや再生ソ
フトの解像度を設定して起動する事でGPUが演算する画像
処理の負担を調節すると思います。

解像度の低いディスプレイと高い物ではっきりとした物理的
な違いが分るのは当然ですが、

解像度の高いディスプレイでクライアントの解像度を解像度
低いディスプレイと同じ解像度にして起動しても、

低いディスプレイで標示した時の負荷と同じにはなりません


どう言う事かと言うと、GPUはクライアント内の画像だけでは
なく、同時にクライアント外のデスクトップの静止画像も秒間
に数十枚標示しているからです。


例えば、画像の様にFHDのディスプレイWXGAの解像度で
ゲームを起動しても、GPUの負荷はクライアント+デスクトップ
の分だけ掛かる為、

純粋にWXGA(1280x720)のディスプレイにフルスクリーンで
標示した時よりも負荷が高くなります。


つまり、FHDでフルスクリーンで標示した時よりも負荷は低く
なる
が、WXGAのディスプレイで標示した時よりも負荷が高く
なる
ので、ゲームの設定を気をつける必要があると言う事
です。

負荷の分だけfps(1秒間の描画枚数)が下がってしまうので。



広告企業のサイト等のレビューと似た構成なのに、fpsがどう
やっても、下になる、上になると言う時はディスプレイによる
差の可能性があるので覚えておくと良いかもしれません。



【ディスプレイ関連】

fpsとリフレッシュレートについて


このBlogはBlogランキングに参加しています。
役に立ったと思った方はクリックをお願いします。




総合情報に戻る

TOPに戻る
【メインメモリ(Main Memory)関連の注意】

今回は、メインメモリについて認識間違いをしている事がよく
ある事柄について小話を1つ。



【デフォルトで対応する最大応答速度とは】
基本的にPCの処理と言うのはCPUとメモリ間でデータをやり
取りしているので、

対応しているメモリの応答速度はCPUにあるメモリーコントロ
ーラの対応速度
に依存します。


例えば、Core i7 4790Kの場合DDR3-1600まで対応になっ
ていますが、これは初期状態でIntel安定した動作が出来
ると保証できる速度
が1600までと言う事です。

DDR3-1866が動作できるMBに1866を挿してもデフォルトで
は1600の速度でしか動作しません。


尚、1866以上の速度は正常動作を保証していない為、DDR
3-1866以上の速度で動作させるとCPU故障時保証対象
になります。



【MBの対応速度は正規対応速度とは限らない】
MBによってはCPUの対応速度よりも速いメモリを搭載出来
るものがありますが、CPUが正規に対応している速度と言う
わけではありません


偶にMBに高速メモリが書かれているから正規に対応した速
度だと違いをする者がいますが、

例えばMAXIMUS VII RANGERの仕様書を見ると1866以上
のメモリの横に(O.C.)と書かれていることがわかると思い
ます。

これは1866以上はOC(Over Clock)で保証対象外と言う事
を示していると言う事です。

つまり、正規対応速度ではありません


XMP(IntelのOC設定)があるから対応動作だ、という主張を
する者もいますが、

公式の免責事項(米国版,日本語版)を読むと、動作テストも
していない
上に
保証もしないと書かれています。

つまり、OC設定をユーザー用に用意しているだけで正式に
対応していると言うわけではありません。


(2017/1/20追記)
いつの間にかテストしていないと言う記述がなくなっていま
した。

但しOCしている時点で保証対象外になるのは変わりません。



【認識できるメモリはMBに依存】
偶に下位の速度で動作するからどんなメモリでも認識すると
勘違いする者がいますが、

MBが認識できるのはBIOSにその速度についてのマイクロコ
ード
が入ったMBだけです。

前に【BIOS関連の話】で説明した様に、MB上のパーツや接
続してあるパーツを制御しているのはBIOSです。

つまりBIOSの制御設定にあるメモリの設定がメモリ内の設
違っている場合、認識すら出来ず起動すらしません。

メモリのSPDに下位の設定があるといっても必ず認識できる
わけではない
ので、基本的にMBの仕様書に合わせてメモリ
を用意する必要があると覚えておいてください。



メモリを増設したい時にノートPCの様にパーツ毎の仕様書が
無い場合に、CPUの対応速度よりも高速メモリを搭載したけ
ど動作すらしなくなってしまった。

と言う事があるので、基本的に仕様書のメモリの項目にある
速度が最大対応速度であると覚えておくと失敗しないと思い
ます。



【メモリ関連】

Memory(メモリ)
メモリの選び方
メモリの多チャンネル駆動の話
メモリがデフォルトで対応している速度について
メインメモリのシングルランクとデュアルランクについて


このBlogはBlogランキングに参加しています。
役に立ったと思った方はクリックをお願いします。




総合情報に戻る

TOPに戻る
【PCI-Express x1のスロットが使えない時の対処法】

PCI-ExpressスロットがMBによってはx16のスロットの直ぐ
真下にx1のスロットが配置されている事がよくありますが、

最近の2スロット分を占有するグラフィックボード(VGA)を搭
載するとクーラー部分がx1のスロットの上に被さってしまい、
増設ボード使えなくなると言う事が多々あります。

今回は上記の状況でもPCI-Express x1のスロットを使える
様にする方法を書きます。



【MBのスロット配置】
スロット配置
MBによっては被ってしまう事を前提にx16の上にx1のスロッ
トを配置している事もありますが、

大体は画像の様にx16の下にx1のスロットが来る為、VGAを
挿すと使えなくなってしまいます。

(2014/11/15追記)
被った状態
外排気ではないですが、大型クーラーのVGAを搭載するとこ
んな感じに被ります。



【対処法】
【延長コードを使用する】
x1のスロットに接続して延長できる物があるのでそれを利用
します。

単純に延長しているだけなので速度に問題はでません。



【x1の延長コード】

KZ-B21 v1.1 : PCI Express x1 フラットケーブルエクステンダ(10/20/30cmケーブル付属) ver1.1
(2012/8/13)
ビープラス・テクノロジー



PCI Express x1 - x1 バス 延長ケーブル 300mm SGY-NET
(2013/11/19)
SGY-NET


【注意点】
被っているスロットにケーブルの端子を挿す必要があるので、
外排気等の大きいクーラーを搭載しているVGAの場合干渉
する事があります。

そのような時はクーラーの皮削って搭載出来る様にするか、
以下で説明する方法をとってください。


【増設ボードで増やす】
延長コードだと干渉してしまって付けられないと言う時は、開
いているx1増設できるボードを接続してスロットを増やして
下さい。

【増設ボード】

【送料無料】 ProjectM PM-MPCIE1T3 [MiniPCIE to 3x PCIEx1 変換アダプター]

価格:6,980円
(2017/9/15 03:07時点)





【注意点】
スロットを増やしても通信自体はx1のラインなので、ボード上
スイッチ(経路切り替え)をしていると考えられます。

そのぶん遅延が少なからず発生すると思われるので、2枚以
同時に接続して使用する時は注意してください。


USBやSATA増設ボード、サウンドカード、ビデオキャプチャー
ボード等を複数使いたいという状況になった時に対処できる
ので、覚えておくと良いですね。



このBlogはBlogランキングに参加しています。
役に立ったと思った方はクリックをお願いします。




総合情報に戻る

TOPに戻る
【CF(Compact Flash)カードの仕様について】

今回はコンパクトフラッシュカードについて書きます。



【CF(Compact Flash)カードとは】
FCカード
SSDSDカードと同様にNAND型フラッシュメモリを記憶媒体
に利用した、小型のフラッシュメモリカードです。

但し、フラッシュメモリカードの中では一番大きいですが。


尚、10年位前まではコンパクトデジタルカメラにも採用されて
いましたが、小型化して行くにしたがってSDカードを採用す
る機種が増えて現在では殆ど採用されていません。

しかし、転送速度はSDカードよりも優位であるので、高性能
一眼レフカメラ
では現在でも採用されています。


(2017/9/15追記)
残念ながら現在SDカードが主になっています。



【CFカードの耐久度】
SDカードに使われている記憶媒体と同じフラッシュメモリ
使用しています。

フラッシュメモリとは】で説明してある様に、フラッシュメモリ
は書き込みと消去時に物理的に劣化するので長期間使って
いるとある日突然壊れて使用できなくなります。

必ず一定間隔でPC等にデータを移したり、長期間使用した
ら買い換える必要があります。



【接続規格】
【カード側】
FCカード コネクタ

【リーダー側】
FCカードリーダー
CFカードの接続規格はHDDFDD光学ドライブで以前使わ
れていた接続規格と同じパラレルATAです。

HDD(IDE).jpg(クリックすると拡大)
HDDや光学ドライブと違って端子が逆なのでカード自体を見
ても分りにくいと思いますが、リーダー側の端子を見れば同
様な接続規格だと分ると思います。



【PCとの接続方法】
現在のPCにはSDカードリーダーが標準についている事はあ
りますが、CFカード用の接続ポートは無いので、USB接続
外付けか、内蔵カードリーダーを介して接続する必要があり
ます。


尚、下記で転送速度について書きますが、USB2.0(理論値
60MB/秒
)での接続だと上位の転送速度に対応できない
で、USB3.0接続のカードリーダーが必要になります。



【カードリーダーの例】
【外付け USB3.0】


エレコム カードリーダー USB3.0 UHS-II対応 ブラック MR3-A007BK
(2014/8/21)
ELECOM


【内蔵 3.5インチ USB3.0】

オウルテック 3.5インチベイ内蔵型カードリーダー/ライター 大容量SDXC/高速UDMA7等61種類対応 5スロット同時使用 USB3.0ポート搭載 スーパーホワイト交換用ベゼル付属 ブラック OWL-CR6U3(B)/BOX
(2013/8/26)
オウルテック


【内蔵 5インチ USB3.0】

ENERMAX Windows 10対応 カードリーダー/ライター MIGHTY CHARGE ECR501
(2014/8/26)
ENERMAX




【カードの寸法に注意】
縦横の寸法は同じでも厚み3.3mmTypeⅠ5mmあるT
ypeⅡ
の2種類のCFカードがある為、

カメラやカードリーダーのスロットの厚みを必ず確認して下さ
い、説明書を見れば書いてあるはずです。

TypeⅡのスロットにTypeⅠのCFカードは下位互換で使用す
る事ができますが、TypeⅠのスロットTypeⅡのカードは厚
みの問題で物理的に刺さりません



【容量とフォーマット】
基本的にATA接続なので物理的な接続規格でカード自体の
容量制限はありませんが、

フォーマットによって1ファイル毎の最大容量が変わってくる
ので注意が必要です。

現在最大で512GBのCFカードが存在しています。


【FAT12】
1ファイル毎に32MBまで対応、但し最大容量も32MBなので
32MBまでの物しか存在しない初期の頃のフォーマット。



【FAT16】
1ファイル毎に2GB4GB(OSがNT系列)まで対応、OSによ
って最大容量が変わるが、最大容量も同様に2GB4GB
ので、その容量までの物が対応している。(通常は2GBまで)



【FAT32】
1ファイル毎に4GBまで対応、SDカードと違い32GBの壁は無
く、最大容量は2TB

2~128GBまでのCFカードで採用。



【exFAT】
1ファイル毎の制限実質無し、最大容量は256TB

基本的に大容量のCFカード256512GBのCFカードで
採用。



【対応フォーマットの注意】
古いカメラなどで使用できる容量が同じでも、CFカードのフォ
ーマットが違っているので対応できない
と言う事があるので
注意が必要です。


例えば2GBまで対応したカメラでも、フォーマットがFAT16
か対応していない場合は、現在のデフォルトでFAT322GB
のCFカードを認識できません。

その場合はカードリーダーでPCに一度読み込み、FAT16
フォーマットし直してからカメラに接続する必要があります。


後、カードリーダーも当然ですが、古いフォーマットにしか対
応していない場合は認識できません。

その場合は新しいカードリーダーを購入する必要があります。



【CFカードの転送速度】
CFカード 転送速度
上記した様にパラレルATA接続なので、パラレルATAの転
送方
式で転送しています。



【転送方式の詳細】
【PIO(Programmed I/O)】
機器からメモリにデータ転送する時に、CPU管理する方式
です。


CPU側に負荷が掛かる上にCPU側にいったん移動するので
速度が遅くなります。



【WDMA(Word Direct Memory Access)】
機器からメモリにCPU介さず直接データを転送する方式の
中でも、Multiモード複数のデータを連続して転送する方式
です。


一般的にマルチワードDMAモードと呼ばれています。



【UDMA(Ultra Direct Memory Access)】
DMA方式を拡張して更に転送速度を高速化した転送方式
です。



【対応転送方式についての注意】
上記した様にUSB接続のカードリーダーを使用する場合に、
USB3.0必要と書きましたが、

USB2.0(理論値 60MB/秒)では実行速度が30MB/sにも満
たない為、UDMAMode4の速度すらだせ無いので注意し
て下さい。



【標示される速度の基準】
CFカードに400x1000xと言う表記がされている事がありま
すが、これは速度の倍率です。

CFカードはCDの転送速度の基準(150KB/秒)に倍率をかけ
た値で転送速度を表しているからです。


例えば1066xの場合、150000 x 1066 = 159900000とな
り、最大でおよそ160MB/sの転送速度が出せると言うことに
なります。



【類似品に注意】
転送速度が167MB/sより速い物は、CFastカードと言うSAT
A接続
の物で、見た目の形状は同じでも接続方式が違う
で互換性がありません。

CFastカードは略業務用なので殆ど店頭で目にする事は無
いと思いますが、ネットで購入できるので間違えない様にし
て下さい。



【CFカードの利点】
SDカードに取って代わられていますが、実は64GB辺りまで
はSDカード(社の保証がない並行輸入品を除く)よりもCFカ
ードの方が転送速度と書き込み速度の速い物が安いので、

CFカードの方が安価で高速な物を手に入れる事が出来ます。



【購入する時のポイント】
基本的に見るのは転送速度ですが、書き込み速度が速くな
撮影時のデータ書き込みの待ち時間が長くなる為、

カメラの性能によっては連続撮影時高速撮影にならなか
ったり途中で止まって
しまいます。

だから、書き込み速度も必ず確認してください。

大抵公式HPの仕様書を見れば書き込み速度も書いてある
ので、調べてから購入しましょう。


後、カメラが古い場合はが対応している容量も確認が必要
です。(公式に詳細が無い場合はサポートから聞いて下さい)


更に機器の対応しているカードのTypeは必ず確認してくだ
さい、TypeⅠの機器にTypeⅡのカードは物理的にさせない
ので。



偶に転送速度も書き込み速度も遅い大容量SDカードと比較
して速度を全く考慮せずに容量単価で比較している記事が
ありますが、

上記した様に撮影時に支障が出るので惑わされない様にし
ましょう。



このBlogはBlogランキングに参加しています。
役に立ったと思った方はクリックをお願いします。




総合情報に戻る

TOPに戻る
成長因子