2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11
パソコン(PC)の森
家電メーカーパソコンから自作パソコンまで含めた
総合情報Blogです。(技術情報主体)

パソコンの知識を得てより良いパソコンライフを送りましょう。

初めての方はパソコン初心者総合へ進んでください。

【その他まとめ】
総合情報:ソフトからハードまで様々な情報をまとめてあります
商品情報総合:用途や予算に合わせた商品(PC等)のまとめです
【社外CPUクーラーを初めて使う時の注意点】

冷却性や静音性を高めたい時に高性能な社外のCPUクーラ
ーを導入しようとすると思いますが、

今回は社外クーラーの装着時に注意する事を書きます。
(2017/9/7時点公開)



【付属しているサーマルグリスに注意】
リテールクーラーや一部社外簡易水冷クーラーには、サーマ
ルグリスが初めから塗布されているのでそのまま装着すれ
ば良いだけなのですが、

社外クーラーの場合基本的に単体パッケージのグリスとして
付属しているので、自分で適切な分量を装着時に塗らなけれ
なりません。

ある程度使っているうちに適切な分量が分かる様になります
が、初めてだと失敗する可能性があるので、以下の事に注
意する必要があります。


【付属のサーマルグリスは一回分ではない】

注射器型サーマルグリス(クリックすると拡大)
付属しているグリスのパッケージは↑の様な注射器タイプと、
虎徹 MarkⅡ(一番下までスクロール)Contac Silent 12
に付属している様な使い切の小袋タイプがあります。

大きいサイズの注射器タイプの場合、グリスの量が一回分の
量ではないと直ぐに判断できると思いますが、

適量が分かっていない時に小さい注射器や使い切りの小袋
の場合一回分だと勘違いする事があります。

特に小袋の場合開けてしまうと保存性が無いので勘違いし
易いですが、結構多めに入っています。


だから全部乗せてしまって盛大にはみ出させる失敗をする事
が多々あるわけですが、

はみ出た非導電性グリスが掃除の時にSocketに垂れて
点の導通を阻害したり
、金属(銀、銅)が入っている導電性グ
リス
の場合垂れた場所によってはショートするので注意が必
要です。


もったいないと思うかもしれませんが、適切な分量を乗せた
ら密閉出来る小型容器に入れておくか、諦めて捨てましょう。

尚、有機溶剤が揮発してしまったグリスは使用出来ないの
で、注射器タイプのグリスを新たに買った方が良いですね。



【サーマルグリスはSocketに塗らない】
常識的に考えられない事ですが、昔から定期的にCPUを装
着する前にSocket側にグリスを塗る猛者が存在している様
です。


サーマルグリスはCPUのヒートスプレッダとクーラーの熱伝
導の橋渡しをする為のものなので、CPUの回路に通電する
為の接点に塗っても意味がありません。

それどころか接触不良を起こして起動できなくなったり、動作
が不安定になる、千本以上あるピンが短絡して最悪焦げる
可能性もあるので絶対にやってはいけません

cpugoo
am i doing it right?

ネット上に↑の様なジョーク動画が存在していますが、引っ
かからない様にして下さい。



【金属入りグリスの導電性について】
ヒートスプレッダがCPUの基板に搭載されていなかった時代
から、の入ったグリスが基板上の電子部品についた
状態で通電して燃やしてしまったという話や、

はみ出したグリスが接点に掛かった状態で装着して通電し
たらSocketのピンが焦げたという話があります。

含有量がどうであれ金属が入っている時点で導電性がある
と考えて下さい。



検索サイトでシルバーグリスと導電性で検索すると導電性が
無いと書いてある記事が上位に来ますが、実験自体がお粗
なので信じない様にして下さい。

豆電球と乾電池を使って実験していますが、状況が全く違い
ますし、電流の値が違います。


グリスで短絡する原因(クリックすると拡大)
どういう事かと言うと、乾電池1.5Vで最大1000mA(1A)
出力であり、豆電球は1.5Vで0.3~0.5A必要になる訳で
すが、

銀や銅を含有していても有機溶剤自体は導電性が無いので
乾電池程度の出力では直接の経路上にグリスを置いても通
電しません。


状況が違うというのは、PCの場合回路として通電している
状態で隣り合わせた回路が経路の途中でグリスを介して接
続している状況なので、

実験の様に初めから電流が流れないのではなく、流れてい
る状態で隣と経路が繋がってしまっている
という所です。


CPUのCoreにかけられる電圧は0.7~1.4V程度ですが、電
流が10~90A流れるので、電流が流れている状態で経路が
出来てしまうと導電性が低くても回路毎にグリスに圧力が掛
かって通電し易くなり通電
してしまいます。

図では2回路で説明していますが、CPUの接点は千本近くあ
る上に過密で間隔が狭いので、ちょっとした量のグリスでも
複数本の接点に触れてしまいショートし易くなる訳です。


またMB上の電子部品やスロットについてですが、CPUと違っ
て機器の経路には3.3V5V12Vの電圧がかけられている
ので、元からグリスによる接続が起きやすい状況になります。

特にSocketの周りには12VをCPU用に変圧する回路(VRM)
があるので、危険です。


シルバーグリスの製品ページにリード線、回路、端子間など
に付着しない
様に注意書きがされているのは上記の事が原
因なので、

シルバーやブロンズグリスに導電性が無いというのはであ
り、取り扱いに注意が必要になると言う事です。



グリスの盛り過ぎはよくある事ですが、最悪故障の原因にな
るので注意しましょう。

数万したCPUとMBが焦げて買い直しとか目も当てられません
ので。



このBlogはBlogランキングに参加しています。
役に立ったと思った方はクリックをお願いします。




総合情報に戻る

TOPに戻る
【セキュリティソフトを複数入れると起きる不具合】

セキュリティソフトを複数入れてしまい、ソフト同士がお互い
を脅威と認識して不具合をだしてしまう事がありますが、

今回はセキュリティソフトを複数入れるとどうして不具合を起
こすのか、と言う理由を書こうと思います。



【セキュリティソフトを複数入れると衝突する原因】
端的にいうと、ウイルス定義ファイルウイルスであると誤認
してしまう為です。

ウイルスとはどういうものか、定義ファイルとは何かを理解し
ないと解らないと思いますので以下に説明します。



【コンピュータウイルスとは】
ソフトウェアとは、プログラミング言語(英語)でソースコード(
令文
)を作成し、任意の処理が出来る様にしたものですが、

ウイルスとは、悪意の第三者が自己の利益の為に情報を盗
んだり破壊したり、遠隔操作する
等の目的で組んだソースコ
ードが内包されたソフトウェアの事です。


(日本では悪意のあるソフトウェア全般をさしてウイルスと言
う言葉が利用されているのでここではウイルスを使っていま
すが、

正確にはMalicious(悪意のある)とSoftwareを合わせた意
味のマルウェア(Malware)の中でも、他のソフトウェアの中に
ソースコードを仕込むタイプ
ものがウイルスです。)



【ウイルス定義ファイルとは】
ウイルスとは悪意のある目的で組んだソースコード(命令文)
を含んだソフトウェアと上記しましたが、

ウイルス定義ファイルとは、ウイルス特有のソースコードの
抜き出してリスト化したファイルの事です。



(2014/7/30追記)
【バイトパターンとは】
セキュリティソフトの説明を検索するとバイトパターンと言う言
葉が出てくると思いますが、

これはウイルス特有のソースコード(文字列)を、コンピュータ
が実際にの処理に使っている【電気信号とデータ量の単位に
ついて
】で説明した01かで表現されるデジタル信号
によって表現した説明です。


例えばディスプレイ上の表現で「ABC」と言う文字を標示する
と、内部処理では「1000001 1000010 1000011」という
字コード
で実際は認識しており、文字列2進数であらわされ
る文字コード(欧文文字1Byt(8bit))の羅列となります。

つまりこの羅列のパターンをバイトパターンと呼んでいるわけ
です。



【セキュリティソフトがやっている検索とは】
セキュリティソフトがやっているウイルススキャンとはつまり、
PC内にあるソフトウェアやファイル内に上記した定義ファイル
内のウイルス特有のソースコードと同じソースコードがないか
付き合わせて確認する事です。

だから、セキュリティソフトを複数入れてしまうと別のセキュリ
ティソフトのウイルス定義ファイルをウイルス誤認してしまい、
隔離消去してしまうので不具合がおきる訳です。



最近だと定義ファイルをサーバに置いて検索時だけ参照する
クラウド化したセキュリティソフトもありますが、基本的に定義
ファイルはPC内にありますのでセキュリティソフトは一つだけ
にする様に注意しましょう。

(MSのMSEやDefenderは定義ファイルの情報をセキュリティ
ソフトメーカーに提供して除外設定されていると思われるので
消す必要はありません。)



このBlogはBlogランキングに参加しています。
役に立ったと思った方はクリックをお願いします。




総合情報に戻る

TOPに戻る
【ソフトとレジストリの関係でおきるトラブル】

特定の種類のファイルを同じソフトで起動できる様に関連付
けしたり、関連付けされたァイルを別のソフトで開きたい時に、

PCにインストールしたり、入れたはずのソフトが項目に出て
こなくなる事があります。

今回はその原因の一つであるフォルダ移動による項目消失
について書きます。



【フォルダ移動による項目消失とは】
大半の人がソフトをインストーラーのデフォルトの設定そのま
まにProgram Files(x86)Program Filesにインストールし
ていると思いますが、

人によっては別のパーテーションストレージ(HDD,SSD)等、
任意の場所にインストールする事もあると思います。

また、インストール不要フリーソフト等も使う事があると思い
ます。


基本的にProgram Filesにインストールする場合、インストー
ルした場所からフォルダを移動する事は略無いと思いますが、

任意の場所にインストールしたり、フリーソフトを展開した場
合、別のフォルダごと移動してしまう事があります。

その様な時にデフォルトで開くソフトをプロパティから設定しよ
うとしたり、ファイル上で右クリックすると出てくるポップアップ
内からプログラムから開く(H)の項目等にソフトが出てこなく
なります。



【ソフトが出てこなくなる原因】
以下に詳細を書きますが、端的に言ってしまうとレジストリ
紐付けされているからです。



【レジストリとは】
レジストリとはOS(Windows等)にインストールしたり展開した
ソフトの設定を纏めて置いてあるデータベースの事であり、

ソフトの実行ファイル(.exe)や使用時に必要なファイル(libra
ry
等)の場所の情報や、起動時のソフトの状態、カスタマイズ
した設定等が其処に記憶されます。



【原因とは】
上記した様にレジストリで実行ファイルや使用時に読み込む
必要があるファイルの場所の設定を記憶しているので、

フォルダを移動すると言う事は、レジストリからフォルダのあ
る場所を参照出来なくなると言う事になります。

つまり、レジストリにある設定を元にソフトが起動しようとした
機能を実行しようとするので、起動できなかったり特定の
機能が動作しなかったりする訳です。

だから、基本的にインストールしたり、ソフトを展開した場所
移動してはいけません
(注意:ソフトの中にはレジストリを利用していない物もあるの
でその様なソフトは除く)



【どうしても移動したい時の対処法】
ファイル整理でどうしてもフォルダを移動したい時があると思
いますが、

対処法としては、レジストリで場所を参照しているファイルを
フォルダの移動先に書き換えるか、一度アンインストールし
て移動したい場所に再インストールする事です。


基本的にインストールタイプのソフトの場合、レジストリで参
照しているファイルが下手をすれば数十を超える事があるの
で書き換えは非効率であるのと、アンインストールすればレ
ジストリも消えるので再インストールした方が早いし簡単
です。

問題は、インストールの必要が無く実行ファイル(.exe)で起
動するだけで使えてレジストリ書き込むタイプのソフトです。

インストールしないので、プログラムのアンインストールまた
は変更にソフトが表示されずアンインストールが出来ません

だから、フォルダごと削除して展開し直してもレジストリが残
ったままになる
ので、レジストリ内のファイルを書換えないと
機能停止のまま
になります。

ちょうどその様なソフト(VIX)がありますので、書き換えまで
の例を以下に書きます。



【レジストリを書き換える時の注意】
レジストリは間違えて消したり変更すると最悪PC自体起動
出来なくなる事がある
ので、よく確認してから変更して下
さい。



【VIXでレジストリの書き換えの例】
VIX.png(クリックすると拡大)
VIXを展開すると↑の構成ファイルがVIX221と言うフォルダ
と共に生成されます。

このソフトはインストールの必要が無くそのまま使え、初起動
にレジストリにファイルの位置情報を登録する事で、

データに関連付け VIX(1)(クリックすると拡大)
画像データをプロパティからデフォルトで使うソフトとして関連
付け
出来たり、

プログラムから開くVIX(1)(クリックすると拡大)
プログラムから開く(H)から使用出来る様になります。

ですが、VIX221フォルダ移動してしまうとレジストリの参照
が切れて
、以下の様にプログラムの項目から消えてしまい
ます。
データに関連付け(2)(クリックすると拡大)
プログラムから開くVIX(2)(クリックすると拡大)

VIXは上記した様なアンインストールでレジストリを消去出来
ないソフトなので、移動したい場合はレジストリのファイル参
自体を書き換える必要があります。



【レジストリの書き換え方】

【レジストリエディタの立ち上げ方】
【Windows 7】
レジストリエディタの起動(クリックすると拡大)
Windows 7の場合は、左下の「スタートボタン」を押して表示
されるプログラムとファイルの検索に「regedit」と入力してEn
ter
を押せば、レジストリエディタが起動します。


【Windows 8か8.1】
8でレジストリエディタ起動(1)(クリックすると拡大)
まずは、ディスプレイ右上か右下の角マウスカーソル
持って行き、チャームを表示させて検索を押します。

8でレジストリエディタ起動(2)(クリックすると拡大)
検索用の入力フォームが表示されるので、「regedit」と入力
してEnterを押すとレジストリエディタが起動します。


【Windows 10】
Cortanaを起動して検索BOXに「regedit」と入力してEnter
を押すとレジストリエディタが起動します。



【レジストリエディタ】
レジストリエディタ(1)(クリックすると拡大)
レジストリエディタを起動すると画像の様な項目が表示され
ます。

基本的にどれかの項目以下の「Software」の下にソフトが存
在しますが、一般的なソフトで関係するのは、すべてのユー
ザーに適用される設定が格納
されている「HKEY_CURRENT
_USER
」か、

現在ログインしているユーザーに適用される設定が格納され
ている「HKEY_LOCAL_MACHINE」です。

大抵↑の項目下を選択していけばソフトを見つけられます。


レジストリエディタ(2)(クリックすると拡大)
VIXの場合は「HKEY_CURRENT_USER」の「Software」の中
にあるので選択していくと、

レジストリエディタ(3)(クリックすると拡大)
作者の名前のフォルダの中にVIXがあり、さらにその中の「C
atalogFile
」の中にファイルの位置を参照するデータが存在し
ますので、其処を書き換えます。

レジストリエディタ(4)(クリックすると拡大)
データの部分に参照位置情報が表示されている「HomeDir
というファイルを左ダブルクリックすると、データの部分を書き
換えられる様になります
ので、移動先の場所に書き換えます。

基本的に書き換えるのは、VIX221フォルダのある場所まで
で、それ以降は変える必要はありません。


因みにC:\G\vix221\Catalog\とは、ローカルディスクC
中のGと言うフォルダの中にVIX221フォルダがあるという意
味です。

注意しなければならないのは、\は円マークではなくバックス
ラッシュ
なので、入力するときはキーボードで平仮名の「
書いてあるキーを押して入力(半角で)してください。
(文字コード自体は同じで通用はしますが、覚えておく必要
があります。)



今回はVIXを例に出しましたが、参照位置情報が書いてるフ
ァイルはソフトによって場所もファイル名も違ってくるので、他
のソフトの場合は自分で探してください。

レジストリエディタ(5)(クリックすると拡大)
例えば、PDFを読む為のAdobe Readerの場合「Install Pat
h
」の中に本体を参照するファイルがあり、そのほかの場所に
別のファイルを参照するファイル複数存在しています。



このBlogはBlogランキングに参加しています。
役に立ったと思った方はクリックをお願いします。




総合情報に戻る

TOPに戻る
【ゲーム(3Dポリゴン)のフィルタ設定の不具合について】

3Dポリゴン系のゲームをやる時に、必ずオプションでアンチ
エイリアス
や、異方性フィルタリング等のフィルタ設定をする
と思いますが、

今回は、フィルタ設定によって起きる不具合について書き
ます。



【フィルタ設定で起きる不具合とは】
ゲームクライアントを立ち上げてオプションからフィルタ設定
をした時に、ある一定以上の負荷になる設定にすると、ちら
つい
たり描画が崩壊する事があります。

VGAの性能に対して過剰な設定であったり、ドライバの問題
な事も有りますが、

実はフィルタ設定が原因で不具合が起きている事があり
ます。



【フィルタが2重掛けになる不具合】
フィルタ設定にはゲームクライアント側ゲーム毎に設定す
フィルタ設定と、VGA側ゲームタイトルに関係なく同じ設
定を実行する
フィルタ設定があり、供に独立した設定になっ
ています。

ドライバにApplication Profileがある場合は自動的にどちら
かの設定でフィルタを掛ける
のですが、

ゲームに個別で対応しておらずProfileが無い時や、βテス
ト版クライアント等で対応途中の場合に、ゲームクライアント
と、VGA側の設定が両方有効に成る事があります。

単純に重くなるだけなら問題ないのですが、2重掛けにより
オブジェクトのテクスチャが崩壊したり、チラつきが出たりと
描画に問題がでる事が有るので気をつけねばなりません。



【2重掛けを回避するには】
基本的に片方のフィルタ設定だけ有効にする様設定をする
だけです。

フィルタリング設定(クリックすると拡大)
Radeonで例を出しますが、CCC(Catalyst Controll Cente
r
)/VECC(VISION Engine Control Center)を起動して「
ーム
」から「3Dアプリケーション設定」を選択するとフィルタ設
定が出来ます。

アンチエイリアスや異方性フィルタリングに「アプリケーション
設定を利用する
」と言う項目がありますが、これにチェックが
入っていない場合は、ゲームクライアントの設定を無視してV
GA側の設定
有効にすると言う事です。

チェックの入っていない状態でProfileも無い場合に両方とも
有効になってしまうのは、この状態の時です。

だから、チェックを入れてVGA側の設定を無効化するか、ゲ
ームクライアントのフィルタ設定を切れば、正常に成ります。



(2014/8/2追記)
フィルタリング設定(2)
現在のCCCは選択式になっていますので、「アプリケーショ
ン設定を使用する
」を設定するか、ゲームクライアント側のフ
ィルタ設定
切って症状を改善してください。



(2017/8/13追記)
Radeon Softwareではゲームからグローバル設定で全体の
設定を変えて下さい。

ゲーム毎に設定できますが、上記している様に衝突する可
能性があるので、何方か設定を切る必要があります。



フィルタの2重掛けは、VGAやGPUの性能不足やドライバの
不具合でも同様に崩壊した描画になる事があるので意外と
知られていない不具合です。

特に新しいベンチやβテスト中のゲーム等で成りやすいので、
VGA側のフィルタ設定を有効にしていて描画がおかしいと感
じたら、まずはフィルタの設定を無効にしてみてください。



このBlogはBlogランキングに参加しています。
役に立ったと思った方はクリックをお願いします。




総合情報に戻る

TOPに戻る
【ストレージ(HDD,SSD)関連でよくあるトラブル】

今回は、タワー型デスクトップの掃除後やデータ用のストレー
ジ(HDD,SSD)を交換した時に出るトラブルについて書きます。
(2013/9/29時点)



【掃除後に良くあるトラブル】
タワー型のデスクトップを念入りに掃除をしたい時には、スト
レージ
(HDD,SSD)やMBからSATAケーブル外して掃除をし
ますが、

掃除した後に繋ぎ直してみるとOSが立ち上がらず、「reboot
and select proper boot device or insert boot media in
selected
」な感じに、

起動用ディスク(FD、CD、DVD)かシステムデータ(OS)の入っ
デバイス(ストレージやUSBメモリ)を選択して再起動しろと
表示される事があります。

突然使えなくなって焦ると思いますが、原因があるので焦っ
て再インストールをしてはいけません。



【OSを見失う原因とは】
IDE接続の時代はジャンパーによってmasterslaveの設定
をし、システムの入ったストレージを見分けていましたが、

SATAではその見分け方はしておらず、インストール時に接
続していたSATAポートを記憶
する事でシステムドライブを認
識する様にしています。


だから、接続するSATAポートの場所を変えてしまうとシステ
ムドライブとして認識出来なくなるので、OSを見失ってしまい
ます。

つまり、システムドライブはSATAポートの場所を変えてはい
けない
と言う事です。



【トラブルを回避するには】
システム用に使っているストレージを接続しているSATAポー
トの番号をメモするか、ストレージにポート番号を書いたシー
を貼っておいて、判別できる様にしてください。

特に複数台のストレージを搭載している時にシールは有効
です。


尚、基本的にデータ用のストレージは複数台搭載しなければ
場所を変えても問題ないですが、下記のトラブルに関連して
起動出来ない事もあるので、

同じくメモるか、シールを張って判別できる様にしておいて下
さい。



【データ用ストレージを交換した時に良くあるトラブル】
データ用に使っているストレージが、容量不足や故障しかけ
で交換することは良くありますが、

データ用ストレージだけ交換したはずなのにWindowsブート
マネージャー
が起動して、

要求されたデバイスにアクセスできないため、ブートの選択
でエラーが発生しました。
」と表示されてOSが起動しないと
言う事があります。



(2017/5/4追記)
以下は旧BIOSかを利用しているか、MBR形式でOSをインス
トールした場合に起きる症状です。

GPTを利用している場合は該当しません。



【データ用ストレージを交換したら起動出来ない理由】
【MBRとは】
Windowsをインストールした時にストレージ(HDD,SSD)にMB
R
(Master Boot Record)と言う、

PCを起動した時に一番初めにストレージから読み込まれ、
記憶媒体データ構造OSどの様に起動するか、を記憶
したデータ領域を作成します。

これが無いと、何処にOSのシステムデータがあるか分から
ないので起動出来ません。



【MBRとデータ用ストレージとの関係】
上記の事がどうしてデータ用に関連するのかと言うと、トレー
ジをシステム用とデータ用で2台以上接続した状態でOSをイ
ンストールしたり、

違うOSでデュアルブートしたい時に、元のOSが入っているス
トレージを接続したまま、新しいOSを入れる為のストレージを
接続したままインストールすると、

データ用のストレージにMBRが作られてしまったり、元のOS
のMBR領域に継ぎ足す形になって、システム用のストレージ
にMBRが作られない事がある為です。

だからデータ用のストレージにMBRがあった時に交換してし
まうと、MBRが無いので起動出来ないと言うわけです。



【MBRの場所の確認の仕方】
MBR.jpg(クリックすると拡大)
HDDの増設の仕方】を参考にディスク管理を開くと上の画
像の様に接続しているストレージの状態が分かると思いま
すが、

画像の様にCドライブにシステムと言う表記が無い場合、MB
Rがシステム用のストレージに無いということです。

(画像は、XPのストレージにMBRがある状態で7をインストー
ルしてデュアルブートにしたので、XP側(D)にMBRがあり
ます)



【予防と対策】
【予防】
単純な話で、OSのインストール時に面倒でもシステム用
ストレージだけ接続する様にする事です。

接続していなければMBRが別のストレージに書き込まれる
事はありません。



【既にMBRがデータ用に作成されてしまっていたら】
スタートアップ修復でシステム用の方にMBRを作り直す必要
があります。


修復の仕方は分かり易い所がありましたので参考にしてくだ
さい。
何故か別ディスクにあるブート領域・・・ システム修復ディス
クからMBR再構築


def RenaX64(diary)



以上がストレージ関連でよくあるトラブルですが、複数のスト
レージを搭載していてデュアルブートでやらかすと、非常に
面倒な事になるので気をつけましょう。

特に、デュアルブート時に挿す順番忘れると非常に面倒な
事に(ノД`)



このBlogはBlogランキングに参加しています。
役に立ったと思った方はクリックをお願いします。




総合情報に戻る

TOPに戻る
成長因子