2018/12123456789101112131415161718192021222324252627282930312019/02
パソコン(PC)の森
家電メーカーパソコンから自作パソコンまで含めた
総合情報Blogです。(技術情報主体)

パソコンの知識を得てより良いパソコンライフを送りましょう。

初めての方はパソコン初心者総合へ進んでください。

【その他まとめ】
総合情報:ソフトからハードまで様々な情報をまとめてあります
商品情報総合:用途や予算に合わせた商品(PC等)のまとめです
【nVidiaのVGAでFreeSyncのディスプレイに対応】

専用ハードがディスプレイに搭載されていないと使用出来な
いとしていたG-syncですが、新しいドライバからFreeSync
対応のディスプレイでも使用可能になった様です。



【関連記事】
「GeForce 417.71 Driver」公開。FreeSync対応ディスプレ
イでG-SYNCを利用可能にする「G-SYNC Compatible Mo
nitors」プログラム対応版




【FreeSyncとG-syncとは】
元々2009年に標準化されたノートPCのディスプレイのリフレ
ッシュレートをGPUの入力に合わせて下げる事で消費電力
を下げるIgnore MSA(Main Stream Attribute)という、

組み込み向けのDisplayPort(eDP)の仕様を通常のDisplay
Portに採用する様にAMDが提唱し、

PC関連のビデオ周辺機器の業界標準化団体であるVESA
(Video Electronics Standards Association)が標準規格
として採用したのがFreeSync(Adaptive-sync)です。

G-syncはnVidiaが同様な機能を専用ハードをディスプレイ
に搭載する事で再現
したものなはずでした。


固定リフレッシュレートのディスプレイに対して性能が低いG
PUで描画能力が足りないと1秒間に描画できる枚数がリフ
レッシュレート未満になってフレームスキップが起き、

動画等の描画がガタガタになるのですが、上記の機能はG
PU側から来る描画命令に対してディスプレイのリフレッシュ
レートを可変にする
事でGPUの出力に合わせてディスプレイ
を描画できる様になるので、

GPUの性能が低くても滑らかな描画に出来ます。



【今回の事で判明した事】
2015年2月の時点で専用ハードが必要なはずのに非搭載の
ノートPCで動作した事で専用ハードは唯のデジタルコンテン
ツの著作権管理用の為の物ではないのかと疑惑があったわ
けですが、

今回の解禁でそれが証明された事になりました。


やはりG-syncはIgnore MSAの流用だっただけなのかもし
れません。



【対応ディスプレイ】
G-SYNC MONITORS

nVidiの表記上G-SYNC Compatibleになっていますが、Fr
eeSync
の事です。


【Acer】
Nitro XV273K
XG270HU
XZ321Q
XFA240



【AOC】
Agon AG241QX
G2590FX



【ASUS】
MG278Q
ROG Strix XG248
VG278Q
ROG Strix XG258
VG258Q



【BenQ】
ZOWIE XL2740



まだ対応しているディスプレイは少ないですが、日本で発売
されているディスプレイも含まれています。

恐らく今後も増えて行くと思われます。



専用ハード搭載でディスプレイが高額化していたせいだと思
いますが、殆ど広まらなかったのでG-syncで囲い込みを諦
めたのかもしれませんね。



【ディスプレイ関連】

fpsとリフレッシュレートについて


このBlogはBlogランキングに参加しています。
役に立ったと思った方はクリックをお願いします。




総合情報に戻る

TOPに戻る
【スクリーンショットの保存の仕方】

ネットショップで何か購入したりネット上のコンテンツに会員
登録した後に情報を画像で保存したい時や、デスクトップ上
の何らかの事柄について画像を残したい事があると思いま
すが、

今回はWindowsの標準機能でのスクリーンショットの撮り方
と保存の仕方について書きます。



【スクリーンショットとは】
スクリーンショットとはデスクトップ上に表示されている画像
をコピーする機能です。

1キーか2キーを押すだけで撮れますが、著作権で守られて
いるページを見ていたりコンテンツのソフトを起動していたり
するとブロックされて撮れない事があるので、必ず画像がコ
ピー出来る訳では無いと考えて下さい。



【スクリーンショットの撮り方と保存の仕方】
【ディスプレイ全体のスクリーンショット】
ディスプレイ全体のスクリーンショットは1キーか2キーを押す
だけで撮影できます。

デスクトップPCの場合キーボードのPrint Screenを1度押す
だけです。

ノートPCの場合はfnキー押しながらPrint Screenを押し
て下さい。


尚、Print ScreenはF12キーの近くにあるのと、キーのサイ
ズによってはPrt Scと短縮印字されている事があるので、キ
ーボードをよく確認して下さい。



【画像の保存】
ここまではSSの撮り方ですが、撮っただけでは保存できない
ので、ペイント等の画像編集ソフトに張り付けて保存する必
要があります。

SS撮り方(1)(クリックすると拡大)
ペイントで説明しますが、ペイントを立ち上げたらキャンバス
上でマウスを右クリックしてポップアップが出たら貼り付け
選択するか、

Ctrlキー押しながらVを押して張り付けると

SS撮り方(2)(クリックすると拡大)
スクリーンショットで撮った画像が張り付けられます。

後はファイルから名前を付けて保存を選択し、形式を選んで
保存するだけです。

サイトに載せるならPNGかJPEG、高画質で保存したい場合
はBMPで保存して下さい。



【範囲指定でスクリーンショット】
専用キーでの撮影はデスクトップ全体になりますが、Windo
wsには範囲指定でSSを撮る機能もあります。

ディスプレイの解像度が高いほど全体での撮影は画像が大
きくなってデータ量も増えて行くのでストレージが圧迫される
事になります。

後でトリミングで必要な部分だけ切り取って残せば問題ない
ですが、一手間必要になるのでこちらを使った方が良いかも
しれません。


Windowsキー
shiftキーと↑の画像の様なWindowsキー同時に押しなが
Sを押すと、ディスプレイに全体に半透明のフィルタが表示
され、マウスカーソルが十字カーソルに変わります。

SS撮り方(3)
カーソルはこんな感じ。

SS撮り方(4)(クリックすると拡大)
マウスカーソルを切り取りたい所に移動し、マウスの左ボタン
を押したまま動かして範囲指定
して下さい。

あとは左ボタンを離すだけです。

赤枠内の画像のSSを撮影できます。

SS撮り方(5)
勿論こちらも画像編集ソフトに張り付けて保存する必要あり
ます。


因みに、キャンバスが張り付ける画像よりも大きい場合余白
が出来てデータ容量が大きくなるので、撮影した画像が小
さい場合はキャンバスを縮小してから張り付けて下さい。



SSの撮り方はWindowsの基本操作の一つですが、最近PC
を使い始めた方も居ると思いますので、覚えて置くと良いと
思います。



このBlogはBlogランキングに参加しています。
役に立ったと思った方はクリックをお願いします。




総合情報に戻る

TOPに戻る
【新年の挨拶】

明けましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いします。




昨年は年初めから深刻なCPUの脆弱性の情報が出て騒ぎ
になりましたが、今年は良い情報で始まりたいものです。

個人的には7nmのGPUに期待ですかね。



総合情報に戻る

TOPに戻る
【防衛省のお手伝い】

サイトの趣旨とは違いますが、戦争に発展しかねない国際
問題なので、防衛省の証拠動画拡散のお手伝いを一つ。



(2019/1/4追記)
韓国政府が防衛省の動画を無断で加工した嘘の動画を上げ
ているので通報して下さい。

・・・マークから報告を選択し、スパムや誤解を招く動画辺りで
の通報で良いと思われます。

尚、サムネイルの画像が海上自衛隊の公式ページにあるP1
の画像
(左から2番目)を無断で使用し、自軍の軍艦の写真
合成して急接近していた様に捏造しているので非常に悪質
です。



【韓国軍の火器管制レーダー照射の証拠動画と資料】
【日本語】


【英語】


レーダーの種類と特徴



【火器管制レーダー(射撃統制システム)とは】
機銃やミサイルを搭載している艦船や航空機に搭載し、敵対
している艦や機の位置や速度を割り出す為に使用するレー
ダーであり、

砲撃やミサイル攻撃をする前に敵艦や敵機の位置を割り出し
て攻撃を加える為に照射します。

つまり、照射した時点で攻撃すると言う意思表示をしている
事になります。

つまり宣戦布告と同様な事になります。



【韓国軍の問題行動と嘘】
最近増えている北朝鮮の漁船が日本の排他的経済水域に
侵入しての違法操業を防止する為に自衛隊が哨戒してい
た所、

北朝鮮の漁船と韓国の警備救難艦及び軍艦(駆逐艦)が日
本の排他的経済水域に無断で侵入していたので記録を残す
為哨戒機から証拠を撮影していた訳ですが、

韓国軍の駆逐艦から何回かにわたって火器管制(FC:fire c
ontrol)レーダーの照射をうけた様です。



【韓国側の嘘】
1:【FCレーダーを照射していない】
照射していた


2:【レーダーを照射したのは遭難船を探していた】
救難艦の目の前に北朝鮮の漁船は居たし、救難用に発する
レーダーではない

そもそも遭難船を探索する為に使用するのは対水上レーダ
ーであって対空用レーダーを使う事は無い


3:【哨戒機が低空飛行で韓国艦上空を飛んで威嚇した】
国際法に違反しない高度と距離で飛行していた


4:【天気が悪くて無線の電波が弱く雑音聞こえなかった】
唯一コリア・コースト(韓国海洋警察)と聞こえたと主張する
が、確認要求の無線ではそんな発言はしていない

そもそも天候は晴れであるので無線が乱れる要素が無い


5:【自衛隊の無線の英語が流暢でないから分からなかった】
哨戒機からの無線が聞こえていたと言う事であり、聞き取れ
ない場合は返信して確認しない事はあり得ないので嘘で
ある



【そもそもの問題行動】
軍艦を利用して救難活動する為と言う事であるなら、日本の
排他的経済水域に入ると言う段階で日本に対して連絡を入
れるべきであるし、

他国の排他的経済水域で航行する時には船旗や国旗を掲
げて所属を明確にする
必要がある。

国際連合条約を無視して北朝鮮の漁船に接触している所を
鑑みると、他国に知られたくない取引を北朝鮮と行っていた
可能性
があります。



ANN(TV朝日)が既に特定の場所だけ切り出して韓国に都合
の良い様に放送していたり、偏向放送を他局がする可能性
があるので、騙されない様にして下さい。

動画自体ライセンスフリーの様なので、自由に利用できます。


今回は日本だからこそ発展していませんが、アメリカやロシ
アの様な外国の軍機に照射した場合即座に撃沈される行為
であるので、かなり深刻な事件だと考えて下さい。



このBlogはBlogランキングに参加しています。
役に立ったと思った方はクリックをお願いします。




総合情報に戻る

TOPに戻る
【クリスマスはサンタを追跡しよう 2】

今年もクリスマスまであと2日と言う事で今年もサンタ追跡サ
イトを紹介します。(2016/12/22時点公開)



【サンタ追跡サイト】


【サンタ追跡サイト】
【NORAD Tracks Santa】

公式サイト:NORAD Tracks Santa(英語→日本語)

アメリカのコロラドにあるスーパーが子供の為にサンタの電
話窓口を設けた時に、広告に間違って載せた電話番号が防
衛航空軍基地長官の席の番号だった為、

子供から電話を受けたその当時(1950年代)の大佐が気転を
利かせ、「レーダーで調べた所、サンタが北極から南に向か
った形跡がある」と回答した事から毎年恒例になったイベント。

尚、昔は電話とメールだけでしたが、インターネットが普及し
た現在では、公式サイトで追跡状況が見れる様になってい
ます。


公式サイトではクリスマスソングを再生出来たりゲームが出
来るので、BGMとして利用出来たりします。

言語表示はデフォルトで英語なので、右上から日本語に切り
替えて下さい。


昨年も紹介しましたが、3Dでサンタが飛んでいる状況が見
れる様になっていました。

今年もサイトのベースは同じですが、コンテンツが微妙に更
新されている様です。

2015サンタ
因みに昨年は↑な感じでした


(2017/12/24追記)
2017サンタ(クリックすると拡大)
今年はなんか雪降って、サンタから輝く光が漏れている模様。

微妙に変化していますね。



(2018/12/24追記)
今年もこの日がやって来た訳ですが・・・

今年は米国の予算案が通らず政府機関が閉鎖されているの
が原因か、21:30の時点で追跡出来ていません。

もしかしたらもっと遅くから開始する可能性があるので、とり
あえずGoogleの方を見た方が良いですね。


NORADのサンタクロース追跡サービスは政府が閉鎖しても
継続する

公式サイトからいけなくなっていますが、なぜか↑のサイトだ
と追跡が見えますのでそちらを利用して下さい。

読み込みが遅いですが、Twitterの下に表示されます。


https://www.noradsanta.org/embed.html
直リンクを見つけたので行って下さい。

尚、重いので性能の低いPCの場合は注意が必要です。


良ーく確認したらなぜかゲームの項目内に現在のサンタの
追跡がありました。

昨年はトップが変わって直で見れる様になっていたんですけ
どね。



【Google Santa Tracker】
公式サイト:Google Santa Tracker(日本語)
2011年まで上記のNORADと提携していたからか分かりませ
んが、Googleでも追跡やっています。

昨年見ていた所移動がNORADの追跡と被っていなかったの
で、独自追跡の様です。

尚、此方もベースは同じの様ですが、コンテンツが更新され
ている様です。



【TrackingSanta.net】
公式サイト:TrackingSanta.net(英語)
登録されたサンタを追跡表示をするサイトです。

使い方によっては夢を与えられるサイトかも知れません。

道なりに移動してくる交通法を守ったサンタになりますが
( ゚∀゚)




【上記サイトの注意事項】
昨年も注意しましたが、サイトがGoogle ChromeBlink
は音楽やFlashの再生が正常に出来無い事があるので、

Sleipnirの様にレンダリングエンジンが切り替えられるブラウ
ザを利用していない場合はIEEdgeでサイトを見てください。



追跡を常時見続けなくても、NORADの様に28曲のクリスマス
ソングを高音質で聞くことが出来るので、パーティー等のBG
Mに使用出来ます。

本来の目的外でも使用できるので、有効活用しましょう。


【関連記事】

クリスマスはサンタを追跡しよう?
Χmasはサンタからの手紙で思い出を


このBlogはBlogランキングに参加しています。
役に立ったと思った方はクリックをお願いします。




総合情報に戻る

TOPに戻る