2018/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312018/11
パソコン(PC)の森
家電メーカーパソコンから自作パソコンまで含めた
総合情報Blogです。(技術情報主体)

パソコンの知識を得てより良いパソコンライフを送りましょう。

初めての方はパソコン初心者総合へ進んでください。

【その他まとめ】
総合情報:ソフトからハードまで様々な情報をまとめてあります
商品情報総合:用途や予算に合わせた商品(PC等)のまとめです
【DAWGは現行のCPUとは関係ない】

MIT(マサチューセッツ工科大学)の研究者がDynamically A
llocated Way Guardと言う新たな方式で、MeltdownとSpe
ctreをある程度防ぐ事が可能になると発表しましたが、

日本の広告企業が現行のCPUにも有効であるかの様に読め
る記事を出していたので注意を一つ。



【関連記事と論文】
1DAWG: A Defense Against Cache Timing Attacks in
Speculative Execution Processors
(論文PDF)
2MIT system aims to prevent attacks made possible
by Meltdown/Spectre

3MITで開発されたメモリ分割方式により未来のMeltdown
/Spectreバグを防げる




【DAWGについての注意】
初めに書いておきますが、論文の初めの文にwe propose m
inimal modifications to hardware
と書いてある様に、

DAWGで提案した方式に回路構造を変更する事である程度
防ぐ事が出来ると言う事を言っているので、

今までに発売されている、又は今後1年~1年半以内に製造
れるCPUには関係ありません



【DAWGの内容】
DAWG(Dynamically Allocated Way Guard)とはMeltdown
とSpectreの攻撃主に使用されるL3キャッシュ等の共有キャ
ッシュの構造を変え


プログラムやデータ毎に格納するキャッシュを分割分離して
他のソフトから使用しているメモリアドレスの特定や内部のデ
ータに干渉をし難くする
方式です。

現行Xeonに実装されているCAT(Cache Allocation Tech
nology)に近い方式ですが、更に発展させたものになります。


V1とV2についてはこの方式である程度防げる様になると言
う事ですが、確実に防ぐ事が出来る訳では無いと言う事なの
で、解決する方法ではなく今の所緩和策と言う事になります。

唯、MITの研究者は今後も研究を続けて攻撃手段を潰してい
くつもりと言う事なので、今後の発展に期待したい所ですね。



掲示板等でDAWGについての記事を持って来て現行のCPU
の脆弱性が問題なくなる、と言う様なミスリードを書く者が現
れているので注意して下さい。



【SpectreとMeltdown関連】

Intel CPUの致命的な設計不良によるセキュリティ問題
Spectre PrimeとMeltdown Primeについて
SpectreとMeltdown用調整BIOSの配布リスト
IntelのハードウェアセキュリティSGXの脆弱性BranchScopeについて
Spectre Next Generationについて
Spectre Next Generationについて2
Intel CPU及びARM対象のSpecterの新しい亜種について
SpectreRSBについて
NetSpectreについて
Intel CPUの新たな脆弱性L1 Terminal Faultについて

Intelの脆弱性に対するApril 2018 Update(1803)用マイクロコード
Intel CPUの浮動小数点演算回路部分の脆弱性について

AV-TESTがSpectreとMeltdownを利用したマルウェアを収集
中国からのSpectreとMeltdownを利用した攻撃に警戒を


このBlogはBlogランキングに参加しています。
役に立ったと思った方はクリックをお願いします。




総合情報に戻る

TOPに戻る
【Intelが機器調査会社に悪質な調査結果を書かせる】

Intel第9世代Coreプロセッサーが売れないとよほど困るの
からなのか分かりませんが、

本来外部の第3者では無いと駄目な機器調査会社に意図的
に差が付く構成でデータを取らせた上でIntelのCPUの方が
性能がだいぶ上であると言う報告を作らせているのが発覚し
た様です。



【関連記事】
1The Core i9 Gaming Benchmarks Intel Commission
ed Against AMD Are a Flat Lie

2Intel's i9 9900K vs Ryzen 2700X Gaming Benchmar
ks Are Misleading, Period

3Intel Stands Behind Controversial Tests That Favo
red Its CPU Over AMD's

4Follow-Up Interview: Principled Technologies on In
tel Testing Concerns


5Principled Technologies Releases Updated Test Re
sults

6New PT Data: i9-9900K is 66% Pricier While Being
Just 12% Faster than 2700X at Gaming




(2018/10/16追記)
PCパーツ店が店舗で予約を開始した様ですが、どうやら
正前の悪質なデータのグラフ
を利用して広告を出している様
です。

景品表示法の有利誤認と優良誤認、風説の流布による信用
棄損で問題になる可能性があります。

店舗で見かけたら海外の記事を根拠にして店員に忠告した
方が良いと思われます。

騙される消費者が出ると思われるので。



(2018/10/14追記)
細工が暴かれたので再計測した様ですが、8Coreにしただ
でメモリの細工もクーラーの変更も行っていません。

12%まで差が縮んでいますが、メモリの細工を止めて同周波
数にし、CPUクーラーもNH-U14Sに変えた場合もっと差が無
くなるのは確実ですし、

場合によっては逆転している可能性もあります。

本当に往生際が悪いですね。



【問題の細工について】
話題になっているのはCore i9 9900KとRyzen7 2700Xに
ついてですが、酷いLVで偏った環境でデータを取っている為、
何の参考にもならないデータになっているのですが、

パーツの知識が無くベンチマークの数値やグラフしか見ない
消費者を騙す事は可能となっているのでかなり悪質です。



【細工している部分】
【Ryzen7 2700XのCore数をツールで半減】
AMDのRyzen CPUはRyzen Masterと言うツールで周波数
や電圧、Core数を変更できるのですが、

どうやら8Coreを↑のツールで4Coreに変更した上で計測し
ていた様です。

Core i9 9900Kは8Coreのまま計測しているので比較して
いる時点でおかしいと言う事になります。



【メモリの周波数を合わせずに計測】
記事1を見るとPrincipled Technologiesが出した数値をグ
ラフにし、更にサイトが計測した数値をグラフにして並べてい
ますが、

明らかにIntel CPUの数値がメモリOC状態で計測したもの
と言う事が分かるのと、AMD側はNative 2133のDRAMのO
Cメモリをデフォルトで動作させて数値が低くなる様にしてい
事が分かります。

9900Kはベンチの公表を禁止しているので比較は8700Kで
すが、おかしな数値になっている事が理解できると思われ
ます。

Paid Resulが意図的な構成で計測したグラフになります。


(2018/10/14追記)
どうやらデュアルランクのメモリを4枚挿して意図的に1866
で速度を落とす細工もしていた様です。



【2700Xだけリテールクーラーを使用】
9900Kの方は排熱能力がTDP220W以上対応の高性能社
外CPUクーラーのNoctua NH-U14Sを使用し、

2700Xの方はTDP120W程度までしか対応していないリテー
ルクーラーのWraith Prismを使用しており、

排熱能力で差をつけて性能に差が出る様にしています。

RyzenはCPUクーラーの性能によって自動OCするXFRと言
う機能がある為、性能が上がらない様にする為だと思われま
すが、温度が高い、OC出来ないと言うネガティブキャンペー
ンにも使用するのではないかと考えられます。



【ディスプレイ解像度をFHDだけで計測】
Intel CPUはRyzen CPUと比べて高解像度になるほどベン
チの処理結果に差が無くなり、

WQHD(2560 x 1440)、4K(3840 x 2160)と高くなると逆転
してRyzenの方が数値がよくなることがあります。

つまり、意図的にFHDだけで計測させたと言う事です。



【機器調査会社について】
今回悪質な報告書を作成したPrincipled Technologies
すが、Intelの公式サイトで製品紹介の資料がここで作られ
ている事に気が付くと思います。

エグゼクティブ・サマリー: 素晴らしい組み合わせの調査(P
DF)

第3者的に検証結果を出していますが、今回の事を考えるに
以前からIntelとズブズブの関係で、

Intelに都合の良い様に他社製品に細工をした状態で試験を
して報告を出していたのかもしれません。


ビジネス取引で業者がここが作成したパンフを持ってきたり
資料でプレゼンをした場合、参考にならないと考えた方が良
いかもしれません。



日本でIntelは日常的に提灯記事を広告企業に書かせてい
るので慣れていますが、ここまで露骨だと本当にイラっと来ま
した。

第3者に見せかけて消費者や取引先を騙す行為は本当に悪
質なので、引っ掛からない様に警戒した方が良いと思われ
ます。



このBlogはBlogランキングに参加しています。
役に立ったと思った方はクリックをお願いします。




総合情報に戻る

TOPに戻る
【Intel第9世代Coreプロセッサーはセキュリティの脆弱性が残っている】

米国の現地時間2018/10/7にCore i9-9900K、Core i7-
9700K、Core i5-9600K等のIntel第9世代Coreプロセッサ
ーについて発表しましたが、

初期辺りに発見されていたセキュリティの脆弱性しか修正さ
れていないにもかかわらず、ネット対策企業が脆弱性が修正
されたと嘘を書いた上でそれをコピペして各所に書き込みを
しています。

更に早く予約しないと無くなると言う悪質な買い煽りもしてい
る為、今回は騙されない様に注意を一つ。



(2018/10/11追記)
impress watchが第9世代Coreプロセッサについて記事を
出していますが、マイクロコードソフトウェアでの対応は
でしかなく確実に脆弱性を防ぐ事が出来ると言う訳では
無い
ので、修正されたわけではありません。

対策と言う言葉に騙されない様にして下さい。



【関連記事】
Intel Fall PC Desktop Event Live Blog



【修正されていない脆弱性】
Intel発表で公表された第9世代Coreプロセッサーのリスト
の下を読めば分かりますが、

Meltdown(V3)とL1TF(V5)は修正されていても、ソフトやカ
ーネル、BIOSが使用しているメモリアドレスの場所を特定出
来るV2が修正されていません。

更にシステムパラメータがレジスタから読めるV3a、投機的
実行時のデータ読み出しとメモリへの書き込み前の解析で
ローカルユーザーの情報が取得できるV4修正されてお
らず


x87、MMX、SSE、AVX、AVX-512等のFPU及び浮動小数
点演算用の拡張回路に問題があってタスク切り替え時にソ
フトのレジスタにあるデータを覗く事が可能になるLazy Stat
e Save/Restore
については説明すらしていないので、

Spectre Next Generation未公開も含む脆弱性は修正さ
れていない
と考えた方が良いと思われます。

後、SGXに関係するBranchScopeSpectreRSB、ネットワ
ーク経由でこっそり攻撃できるNetSpectreについても説明
していないので修正されていない
と思われます。

Intel’s hardware-based Spectre mitigations won’t pr
otect against variant 4 (or later)

5月に↑の記事で予想されていましたが、やはり修正出来て
いなかった様ですね。


因みに、ウルトラハイエンドについてはリストを見た感じ、Sk
ylake Xの選別で貯まった現行モデルの置き換え品をリブラ
ンドしただけの様で、回路での修正は一切されていません
でした。

サーバ用のXeonも唯のリブランドの様で回路での修正は一
切されていません




【処理能力についての注意点】
今回V3とL1TFが修正緩和された訳ですが、この修正は投
機的実行部分の回路を物理的に切り離し、セキュリティを無
視して投機的処理を自動的に処理しない様に変更している
のと、

MMUも投機的実行時に自動的に実行してメモリ保護機能が
無効化されない様に回路を修正しているので、

現状のマイクロコードとカーネルの使用変更による緩和と同
様に、何の対応もしていない状態より性能は確実に低下
ます。

初めから性能が低下した状態で販売されると考えて下さい。



普段製品の発表については触れませんが、今回はネット対
策企業を使って全力で一般消費者を騙しに来ているので注
意として書きました。

自分で判断して購入する事については干渉するつもりはな
いですが、知識のない者を騙す悪質な行為は見逃せません
ので。



【SpectreとMeltdown関連】

Intel CPUの致命的な設計不良によるセキュリティ問題
Spectre PrimeとMeltdown Primeについて
SpectreとMeltdown用調整BIOSの配布リスト
IntelのハードウェアセキュリティSGXの脆弱性BranchScopeについて
Spectre Next Generationについて
Spectre Next Generationについて2
Intel CPU及びARM対象のSpecterの新しい亜種について
SpectreRSBについて
NetSpectreについて
Intel CPUの新たな脆弱性L1 Terminal Faultについて

Intelの脆弱性に対するApril 2018 Update(1803)用マイクロコード
Intel CPUの浮動小数点演算回路部分の脆弱性について

AV-TESTがSpectreとMeltdownを利用したマルウェアを収集
中国からのSpectreとMeltdownを利用した攻撃に警戒を


このBlogはBlogランキングに参加しています。
役に立ったと思った方はクリックをお願いします。




総合情報に戻る

TOPに戻る
【Windows 10 Ver.1809 ドキュメントフォルダのファイル消失問題】

2018/10/5に提供が開始されたOctober 2018 Updateで
すが、どうやらアップデートした時にユーザーフォルダ内のデ
ータが引き継がれず消失してしまう問題が発覚した様です。



(2018/10/9追記)
ドキュメントフォルダだけの問題と考えていましたが、イベント
ビューアを確認した所アップデートをあてた後から常にUser
Profile Service
エラーが出続けている事に気が付いたの
で1803に戻しました。

User Profile Serviceはログオン処理に関係しており、正常
にアカウントのデータ読み込みが出来なかったり、最悪ユー
ザーアカウントに入れなくなる
可能性があるので、

1809のままにしている場合は前のOSに戻した方がよいと思
われます。


右下の吹き出しのアイコンから→すべての設定更新とセキ
ュリティ
→左の項目の回復と進み、

前のバージョンのWindows 10に戻すを実行して下さい。

戻す時は戻す理由を聞いてきた後にアップデートを促す選択
が出るので、アップデートをしない選択をして下さい。

アップデートをする選択を押してしまうと前のOSに戻す処理
がそこでキャンセルされてしまうので。



【関連記事】
1windows 10 (October 2018 update) (version 1809)
deleted all my files
(MS forum)
2「Windows 10 October Update」の提供を中断--ファイ
ルが消失する問題で

3「Windows 10 October 2018 Update」提供が一時停止
に(ファイル消失報告受け)




【問題の詳細】
Windows 10使用者がOctober 2018 Updateをあてた所、
C:/Users/[username]/Documentsのフォルダにあった22
0GB分のデータが消失
してしまったと言う事です。

日本語版OS表記
C:/ユーザー/ユーザー名/ドキュメント



【問題の考察】
前に【Windows 10で大型アップデート後に確認する事】でも
説明していますが、Windows 10の大型アップデートは実際
にはアップグレードと同様に上書きインストールをしているの
で、OS直下のシステムファイル内にあるデータに影響が出る
のですが、

今回の場合ドキュメントフォルダ内にあるデータの引継ぎが
正常に出来ていなかった
のだと思われます。



【手動でアップデートしようとしている場合は保留を】
フォーラムで報告されて現在自動アップデートとインストール
メディア作成ツール(MediaCreationTool)の配布が停止され
ていますが、配布時に作っている場合は使用しないで下さい。



【既にアップデートしていて消えてしまっている場合】
ストレージ上にはデータが残っていると考えられますが、OS
のシステムファイルは常に書き換えられているので、速やか
に復元しないとどんどんデータが復元できなくなります。

出来るだけ早く復元ソフトで他のストレージに復元して下さい。

絶対にシステムデータが入ったローカルディスクCには書き
加えてはいけません。

ストレージのデータ領域が上書きされて復元が出来なくなる
ので。

OSを起動しなくても使用できる復元ソフトを使用した方が良
いかもしれません。


尚、Windows.oldにはドキュメントのフォルダは存在していな
いので1803に戻してもデータは戻らないと思われます。



【フォルダの場所を移動している場合影響無し?】
私はSSDを使用しており、書き込み頻度を抑える為にユーザ
ーフォルダ内にある各フォルダの場所をHDDに移動している
のですが、1809にしても消失していませんでした。

OS上で認識していてもデータ自体はシステムデータとは別
のストレージにある
のでそのおかげだと思われます。



アップデートの仕様上ソフトが消える事があるのは認識して
いましたが、システムデータ上にあるデータが消えるとは思
いませんでした。

前からバックアップは重要でしたが、必要なデータはシステ
ムデータの入ったストレージとは別の記憶媒体にも保存して
おくことでOSの不具合の時にも復旧が出来る様にした方が
良いと思われます。



このBlogはBlogランキングに参加しています。
役に立ったと思った方はクリックをお願いします。




総合情報に戻る

TOPに戻る
【マイクロスイッチの修理の仕方】

使用に問題が出るほどチャタリングが発生したマウスのマイ
クロスイッチを修理する機会があったので、今回はマイクロス
イッチの修理の仕方を書きます。



【マウスに使われているマイクロスイッチ】
マイクロスイッチ修理(1)(クリックすると拡大)
マウスに使われているマイクロスイッチはメーカーが違っても
ほぼ同じ物になっています。



【修理に必要な道具】
精密ドライバとヤスリ(クリックすると拡大)
修理に必要な道具は以下となります。

ごく薄い先端のマイナス精密ドライバー
金属ヤスリ
必要な場合は先端幅広のピンセット
接点復活剤

基本的に精密ドライバーと金属ヤスリで事足りますが、必要
な場合はピンセットや接点復活剤、場合によっては部品を入
れて置く箱を用意して下さい。

今回は分解だけで済むので半田小手とかは必要ありません。


尚、広い机の上でやらないと押しボタン部分を紛失する可能
性があるので注意が必要です。



【マイクロスイッチの修理の仕方】
内部構造は単純ですが、スイッチに使用している金属板が
非常に薄く取り扱いを間違うと破れて壊れるので、

タクトスイッチより難易度は上がります。

マイクロスイッチ修理(2)
まずは赤で囲った部分を精密ドライバで外します。

両側にあるので両方とも外して開けて下さい。

画像のスイッチは台と蓋で色が違うので分かりやすいですが、
上下とも黒色のスイッチもあるのでよく確認して下さい。

マイクロスイッチ修理(3)(クリックすると拡大)
開けた状態はこうなります。

マイクロスイッチ修理(4)(クリックすると拡大)
横から見るとこんな感じです。

マイクロスイッチ修理(5)
因みにスイッチを押すと矢印の所が押されて右側の橙色で
囲った端子に金属板が触れる事で通電
し、スイッチとして機
能します。

尚デフォルトの状態は青で囲った端子に接続した状態でOF
F状態
と言う認識にしているので、金属板には上側にも接続
端子が付いている
ので注意が必要です。



マイクロスイッチ修理(6)
赤で囲った部分が接続端子ですが、チャタリングの症状や
押しても機能不全な状態になるのは其処に被膜が出来て半
絶縁か、絶縁状態
になって通電し難くなるのが原因です。

なので、そこをヤスリで被膜を落としてやることで通電が可
能な状態にします。

持っている場合は接点復活剤を接点部分に塗って置くと長
持ちします。


金属板を外す時は精密ドライバかピンセットで慎重に外して
下さい、歪みやすいのと破れやすいので。

後、ヤスリで擦り過ぎにも注意


マイクロスイッチ修理(7)(クリックすると拡大)
因みに金属板を戻す時は引っかける場所に注意して下さい。

赤で囲った凹みに上手く掛けないと機能しなくなります。


マイクロスイッチ修理(8)
他社製のマイクロスイッチも金属板の形状は微妙に違ってい
ても基本的な構造は変わりません。



酷いチャタリングで使用不能状態になったので分解修理をし
てみましたが、タクトスイッチよりも金属板の扱いに手間が
掛かりました。

タクトスイッチはパーツの紛失の可能性が高かったですが、
マイクロスイッチは壊れ安いので扱う時は慎重に、そして壊
してしまった時用に予備を用意した状態で臨んだ方が良い
かもしれません。



【関連記事】

タクトスイッチの修理の仕方


このBlogはBlogランキングに参加しています。
役に立ったと思った方はクリックをお願いします。




総合情報に戻る

TOPに戻る
成長因子