2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09
【ストレージ(HDD,SSD)の増設の仕方】

タワー型のデスクトップPCを利用している方の中にはデータ
用にストレージを増設する方も多いと思いますが、ストレージ
はそのまま繋げるだけでは使用できません。

今回はストレージを増設した時の設定の仕方を書きます。


(2013/5/15追記)
物理的な接続方法は【前のPCからHDDを抜き出して接続す
る方法
】の【直接接続する】を参考にして下さい。



【ストレージのフォーマットの仕方】
スタート」から「コントロールパネル」を起動させます。

表示方法を「カテゴリ」にした状態で、「システムとセキュリテ
」を選択し、

管理者ツール」の中の「ハードディスク パーテーションの作
成とフォーマット
」を押すと、「ディスク管理」が表示されます。


(2013/5/21追記)
Windows 8でのコントロールパネル起動の仕方は【Windo
ws8でコントロールパネルの起動の仕方
】を参考にして下
さい。



(今回はパーテーション分割時の画像を流用)
フォーマットの仕方(1)(クリックすると拡大)
ボリュームの所に追加されたストレージが増えており、それ
を選択すると未割り当ての領域として表示されます。

パーテーション分割時の画像を使っている為、分割されて表
示されていますが、実際はすべて未割り当てになっています。

フォーマットの仕方(2)(クリックすると拡大)
未割り当て」の領域上で右クリックし「新しいシンプルボリュ
ーム(I)
」を押して「新しいシンプルボリュームウィザード」を起
動させます。

フォーマットの仕方(3)(クリックすると拡大)
パーテーションを分割しない場合は、ボリュームサイズの指
定はそのままで構いません。

フォーマットの仕方(4)(クリックすると拡大)
ドライブの文字を選んで割り当てます。

フォーマットの仕方(5)(クリックすると拡大)
ファイルシステム(F)」はフォーマットの規格です。

基本的に変える必要はないですが、「AFT」が使える場合は
「AFT」にする事をお勧めします。


アロケーションユニットサイズ」は基本的に変える必要は無
いですが、断片化を防止したい時は変えるとよいと思います。

尚変える場合は「アロケーションユニットサイズについて」を
参考に変更してみてください。


ボリュームラベル」は後で幾らでも変えられますので特に変
える必要がない場合は其の侭で良いです。

物理的に問題が出ない念入りにフォーマットしたい場合に、
クイック フォーマットする(P)」のチェック外して実行して下
さい。

尚、容量が大きいと数時間必要なので、就寝時や出かける
時に放置して実行すると良いと思います。



(2014/11/6追記)
【SSDをフォーマットする時の注意】
SSDの記憶素子は【フラッシュメモリとは】で説目した様に、
書き込み消去時物理的に劣化する為、フルフォーマット
(記憶領域全てに0を書き込む)してしまうとデフォルトが1
ので劣化してしまいます。

SSDの場合は必ずクイックフォーマットにして下さい。


フォーマットの仕方(6)(クリックすると拡大)
完了」を押せば「フォーマット」されます。

フォーマットが終われば、「コンピューター」に表示されて使
用出来る様になります。



【関連記事】

OS上からパーテーションを分割する方法
ドライブ文字の変更の仕方


このBlogはBlogランキングに参加しています。
役に立ったと思った方はクリックをお願いします。




総合情報に戻る

TOPに戻る
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバック URL
http://pcnomori.blog.fc2.com/tb.php/83-8575edc2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック:
【HDDの増設の仕方】タワー型のデスクトップPCを利用している方の中には、データ用にHDDを増設する方も多いと思いますが、HDDはそのまま繋げるだけでは使用できません。今
2012/07/09(月) 00:51:19 | まとめwoネタ速neo
サイトで良い出会いって?