2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09
【新プラットフォームにWindows 7をインストールする方法】

Windows 7発売から8年目になりますが、ハード側の機器に
対応する汎用ドライバが無い事から正式対応からはずされて
います。

但し、現状MBメーカーが独自に対応して7をインストール出
来る様にツールを出しているので、今回は新プラットフォーム
にWindows 7をインストールする方法を書きます。
(2017/7/20時点公開)



【Windows 7はそのままインストール出来ない】
新プラットフォームは上記した様にハード側とドライバの問題
で正式対応から外れた訳ですが、以下の原因でインストール
メディアからそのままインストールできません。


【USB3.0のコントローラの汎用ドライバがOSに無い】
Intel(100200シリーズ)とAMD(300シリーズ)のチップセッ
トに内蔵されているUSBコントローラUSB3.0しかないので、

BIOS時はマイクロコードで動作しますが、上記した様に汎用
ドライバが無いのでOSインストール時にUSB接続の入力機
器(キーボードやマウス)が動きません


但し、これについてはBIOSの設定やPS/2接続の機器で回
避出来るのですが、問題なのはインストール時にドライバを
求められる
事です。

必要なドライバが無いとインストールが出来ないわけですが、
チップセットドライバに内蔵されていて単体で存在しなかった
り、機器の対応バージョンがMBの製品ページに無い事があ
るので、ドライバを当てられず進めなくなります。



【NVMe接続のストレージが認識出来ない】
NVMe接続用のドライバが無いので、M.2 SSDにOSを入れ
様としてもインストーラー上から認識できず、項目に表示され
ないのでインストール出来ません。



【Windows 7用のインストールメディア作成ツール】
上記した様にそのままではインストール出来ないので、MB
メーカー各社がインストールメディア作成ツールをだしており、

予めドライバを統合したインストールメディア(DVD、USBメモ
リ)を作る事が出来ます。



【メーカー毎のツール】

ASUS:EZ Installer
GIGABYTE:Windows USB Installation Tool
MSI:Smart Tool
ASRock:Windows 7 USB Patcher(USB Driverのみ)
BIOSTAR:Windows tool(USB Driverのみ)
ECS:eSW7(USB Driverのみ)

上の3社についてはNVMeドライバも選択して統合できますが、
下3社についてはUSB3.0のドライバのみなので、NVMe接続
のM.2 SSDにそのままインストール出来ないので注意が必
要です。

また、ASRockまではMBモデル毎にツールが置いてありま
すが、BIOSTARとECSは専用サイトと公式のQ&Aの直臨の
みとなっています。



【インストールメディア作成に必要な物】
光学ドライブ又は仮想ドライブ(DEMON Tool等)
インストールDVD又はISO(MS公式)
DVD-R又はUSBメモリ



【注意点】
【ツールが全てのPCで動くとは限らない】
ツールが64bit専用で32bitのPCで動作しないと言う事があ
るので、

流用して新規に組んだ状態でインストールメディアを作る必
要に気が付いた時に、サブノートで作る事が出来ず、前のP
Cを組み直して作らねばならなかった、と言う事が起きます。

なので、必ず前もってインストールメディアを作成して置いて
下さい。




【統合ツールにNVMeドライバが入っているとは限らない】
上記した様にASRockBIOSTARECSのツールにはNVMe
ドライバが含まれていない
為、

インストールメディアを作ってもインストール時にNVMe接続の
M.2 SSDが認識されないので、直接インストールが出来ま
せん。

その様な時は一度SATA接続のストレージ(HDD、SSD)にイ
ンストールし、MS公式から汎用NVMeドライバーをダウンロー
ド&インストールしてM.2 SSDを接続して下さい。

後はM.2 SSDの方にクローンソフトでシステムデータをコピー
してM.2 SSDだけで正常に起動できるか確認したら、

SATA接続のストレージのシステムデータを消去すればイン
ストール完了です。


手間が掛かりますが、デフォルトで認識できないので3社の
MBを購入してM.2 SSDに7をインストールしたい場合は上記
の手順が必要です。

一応ISOに統合する方法もありますが、コマンドプロンプトで
手書き指定して統合する必要があるので、クローンでコピー
した方が確実です。



【Microsoft 汎用NVMeドライバの場所】
NVM は、Windows 7 および Windows Server 2008 R2で
高速でネイティブのドライバーのサポートを追加するのにを
更新します。
(公式)

尚、公式の場合↑でメールで問い合わせてリンクを送っても
らう方式になっています。


KB2990941(64bit)
一応64bit版については直リンを置いておきます。


KB2990941(32bit & 64bit)
後、修正パッチを集めて公表している所も置いときます。



ドライバ要求で詰むのもありますが、高速なNVMe接続のS
SDの使用も一般的になってきており7を使いたい時に詰ま
る方も多い様なので、覚えておくと良いと思います。



このBlogはBlogランキングに参加しています。
役に立ったと思った方はクリックをお願いします。




総合情報に戻る

TOPに戻る
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバック URL
http://pcnomori.blog.fc2.com/tb.php/316-59700fd3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック:
サイトで良い出会いって?