2014/101234567891011121314151617181920212223242526272829302014/12
パソコン(PC)の森
家電メーカーパソコンから自作パソコンまで含めた
総合情報Blogです。(技術情報主体)

パソコンの知識を得てより良いパソコンライフを送りましょう。

初めての方はパソコン初心者総合へ進んでください。

【その他まとめ】
総合情報:ソフトからハードまで様々な情報をまとめてあります
商品情報総合:用途や予算に合わせた商品(PC等)のまとめです
【ディスプレイの解像度とは】

今回はディスプレイについて書きます。



【画素(Pixel)と解像度】

画素を説明する前にどの様にして発色しているかを説明します。



【光の3原色】
光の3原色
ディスプレイやTVモニターといった発光した状態でを表現する
機器は、

2以上の色を組み合わせて別の色を作る加法混合と言う方法
で色を表現しています。


発光体、つまりの場合は(Red)、(Green)、(Blue)の3
を組み合わせる事でを表現出来る為、上記の3色の組み合わ
せによって発色をしています。

尚、現在一般的な32bitカラーでは各原色の輝度を0~255までの
256段階で変える事で0,0,0~255,255,25516,777,216通りの色を
表現できます。
(32bitは処理速度に合わせた値なので実際の色表現は24bit)



【画素(Pixel)とは】
画素(P<br />ixel)
上記でディスプレイの発色の仕様を書きましたが、画素とは
色をする為に必要な最小の単位
の事です。

画像の様にの光の三原色1セットに纏めたものを画素(P
ixel
)と言います。

更に実際の物理的な発色部分(dot)として表現します。


因みに、FHD(1920x1080)のディスプレイでは1dotが細かすぎて
確認はほぼ不可能ですが、TVだと比較的1dot辺りが大きい
ので、

虫眼鏡等で拡大すると3色が並んでいるのが確認出来ると思い
ます。



【解像度とは】
ディスプレイを調べると、解像度FHD(1920x1080)やWQHD(2560
x1440
)と言った感じに数字が書かれているのが確認出来ると思
いますが、

これはディスプレイ上に物理的に配置されている上記の3色1セ
ットの(dot)の数です。


FHDの場合1920個、1080個のが並び、画面全体が
1920 x 1080 = 2073600個の点で表現されていると言う事を表し
ています。

つまり解像度とは、画面全体に配置されている物理的な画素
密度の事です。


画像は点の数が多いほど微細に綺麗に表現できるので、解像
度が高い(物理的な画素数が多い)ほど綺麗な画像として表現で
きます。
(点描画やモザイク画の原理と同様)

今話題の4K(3840x2160)だと8294400個とFHD4倍の密度の点
で表現される為、かなり綺麗な画像になりますね。



【GPUに掛かる負荷の違い】
GPUに掛かる負荷
動画を見たりゲームをやる時に、ゲームクライアントや再生ソフ
トの解像度を設定して起動する事でGPUが演算する画像処理の
負担を調節すると思います。

解像度の低いディスプレイと高い物ではっきりとした物理的な違
いが分るのは当然ですが、

解像度の高いディスプレイでクライアントの解像度を解像度の
低いディスプレイと同じ解像度にして起動しても、

低いディスプレイで標示した時の負荷と同じにはなりません

どう言う事かと言うと、GPUはクライアント内の画像だけではなく、
同時にクライアント外のデスクトップの静止画像も秒間に数十枚
標示しているからです。


例えば、画像の様にFHDのディスプレイWXGAの解像度でゲ
ームを起動しても、GPUの負荷はクライアント+デスクトップの分
だけ掛かる為、

純粋にWXGA(1280x720)のディスプレイにフルスクリーンで標示
した時よりも負荷が高くなります。

つまり、FHDでフルスクリーンで標示した時よりも負荷は低くなる
が、WXGAのディスプレイで標示した時よりも負荷が高くなる
で、ゲームの設定を気をつける必要があると言う事です。

負荷の分だけfps(1秒間の描画枚数)が下がってしまうので。



広告企業のサイト等のレビューと似た構成なのに、fpsがどうや
っても、下になる、上になると言う時はディスプレイによる差の可
能性があるので覚えておくと良いかもしれません。


【ディスプレイ関連】

fpsとリフレッシュレートについて


このBlogはBlogランキングに参加しています。
役に立ったと思った方はクリックをお願いします。




総合情報に戻る

TOPに戻る
【メインメモリ(Main Memory)関連の注意】

今回は、メインメモリについて認識間違いをしている事がよくあ
る事柄について小話を1つ。



【デフォルトで対応する最大応答速度とは】
基本的にPCの処理と言うのはCPUとメモリ間でデータをやり取
りしているので、

対応しているメモリの応答速度はCPUにあるメモリーコントロー
ラの対応速度
に依存します。

例えば、Core i7 4790Kの場合DDR3-1600まで対応になってい
ますが、これは初期状態でIntel安定した動作が出来ると保証
できる速度
が1600までと言う事です。

DDR3-1866が動作できるMBに1866を挿してもデフォルトでは16
00の速度でしか動作しません。

尚、1866以上の速度は正常動作を保証していない為、DDR3-1
866以上の速度で動作させるとCPU故障時保証対象外になり
ます。



【MBの対応速度は正規対応速度とは限らない】
MBによってはCPUの対応速度よりも速いメモリを搭載出来るも
のがありますが、CPUが正規に対応している速度と言うわけで
ありません

偶にMBに高速メモリが書かれているから正規に対応した速度
だと違いをする者がいますが、

例えばMAXIMUS VII RANGERの仕様書を見ると1866以上のメ
モリの横に(O.C.)と書かれていることがわかると思います。

これは1866以上はOC(Over Clock)で保証対象外と言う事を示
していると言う事です。

つまり、正規対応速度ではありません


XMP(IntelのOC設定)があるから対応動作だ、という主張をする
者もいますが、

公式の免責事項(米国版,日本語版)を読むと、動作テストして
いない
上に
保証もしないと書かれています。

つまり、OC設定をユーザー用に用意しているだけで正式に対応
していると言うわけではありません。


(2017/1/20追記)
いつの間にかテストしていないと言う記述がなくなっていました。

但しOCしている時点で保証対象外になるのは変わりません。



【認識できるメモリはMBに依存】
偶に下位の速度で動作するからどんなメモリでも認識すると勘
違いする者がいますが、

MBが認識できるのはBIOSにその速度についてのマイクロコード
が入ったMBだけです。

前に【BIOS関連の話】で説明した様に、MB上のパーツや接続し
てあるパーツを制御しているのはBIOSです。

つまりBIOSの制御設定にあるメモリの設定がメモリ内の設定
違っている場合、認識すら出来ず起動すらしません。

メモリのSPDに下位の設定があるといっても必ず認識できるわけ
ではない
ので、基本的にMBの仕様書に合わせてメモリを用意す
る必要があると覚えておいてください。



メモリを増設したい時にノートPCの様にパーツ毎の仕様書が無
い場合に、CPUの対応速度よりも高速メモリを搭載したけど動作
すらしなくなってしまった。

と言う事があるので、基本的に仕様書のメモリの項目にある速
度が最大対応速度であると覚えておくと失敗しないと思います。

【メモリ関連】

Memory(メモリ)
メモリの選び方
メモリの多チャンネル駆動の話
メモリがデフォルトで対応している速度について
メインメモリのシングルランクとデュアルランクについて


このBlogはBlogランキングに参加しています。
役に立ったと思った方はクリックをお願いします。




総合情報に戻る

TOPに戻る
【パスワード関連について】

ネット上でユーザー登録が必要なコンテンツを利用する時に
IDPASSWORDが必要になりますが、

フィッシングでIDとPASSを盗まれてハックやクラックを受けて
金銭的に被害を受ける方も多くなっている様なので、

今回はパスワード関連について小話を1つ。


【IDやPASSWORDを盗み取る手口】
まずはどうやってIDとPASSを盗み取るのかを説明します。

【フィッシング(phishing)】
銀行等の金融機関や有名ゲームソフトメーカーに扮して偽メ
ール
を送り、メール内に偽サイトに誘導してIDとPASSを入力
させる事によって盗みます。

偽サイトの対策が進んできた最近ではメール内の添付画像
等にウイルスを仕込み、正規サイトを標示した時に偽のポッ
プアップ
を標示させてIDとPASSを入力させる様になりました。

また、最近はアドウェア(広告ソフト)にウイルスを仕込んでく
る事もあるので注意が必要です。


【予防と対策】
大抵この手のメールは隣国系の者だったりするので、日本
語の文法
になっています。

だから、おかしいメールは基本的に開かない様にして下さい。

件名だけまともな事が偶にあるので引っかかってしまう事も
あると思いますが、基本的にメール文の中からURLを利用し
てサイトに入らない
様にすれば偽サイトは対策出来ます。

尚、メールを開いてしまってウイルスを食らってしまった場合
は、正規サイトに入った時点でIDやPASS等を求めるポップ
アップが標示されるので、

その時はアンチウイルスソフトで駆除してください。
(基本的にサイト自体にIDとPASSを入力するフォームを設置
する事はあってもポップアップ経由はありない)

後、【アドウェア(広告表示ソフト)インストーラーに注意】で説
明している様な広告に引っ掛らない様に。


【キーロガー(Keylogger)】
元々はプログラミング等で入力したキーを記録し、入力ミス
時の確認をする為に使用していたツールですが、

入力したキーを記録する事を悪用し、アドウェアフリーソフ
に同機能のウイルスを仕込み、

感染者が入力した文字列を文章データに保存して自動的に
攻撃者にメールで送る事で情報を盗みます。

以前はキーロガー単体のマルウェア(悪意のあるソフト)をネ
ットカフェ等の不特定多数が使うPCに仕込まれている事が
主でしたが、

最近ではソフトにウイルスとして仕込まれている事が多くなり
ました。(特にネットゲームユーザーを対象とした物が多発)


【予防と対策】
怪しいフリーソフトを使用しないしない事ですが、画像サイト
掲示板等にウイルスを張られている事があるので、セキュ
リティソフトで自衛を日頃から心がける必要があります。

また、ネットカフェ等ではIDやPASSが必要なコンテンツを利
用しない
事が理想ですが、どうしても使用する場合は、帰宅
後にIDやPASSを変更
したほうが良いでしょう。


【コンテンツ運営会社のサーバにハッキング】
上記二つはコンテンツを利用しているユーザーに対してのも
のですが、コンテンツを運営している企業のサーバハック
して情報を盗む事があります。


【予防】
情報管理は企業側の責任であり、ユーザー側から対策は無
理ですが、同じIDやPASS別コンテンツで使用しない様に
すれば被害は最小限に抑えられます。


【現在おきているリスト型不正アクセスとは】
基本的にIDやPASSを盗まれた時に起きる被害は基本的に
盗まれたIDとPASSが必要なコンテンツだけですが、

最近はIDPASS使い回す人間が多い事に目を付け、他
のコンテンツも不正アクセスをされる事がある様です。

上記の不正行為によって取得したIDPASSセットにしたリ
スト
を作成し、

他社コンテンツ同じIDとPASSを使用しているアカウントが
ないかを探して
IDとPASSを実行して行く方式の不正アクセ
スです。


同じIDとPASSを利用している場合、ネット上の複数のコンテ
ンツ
不正アクセスされてしまい、

情報が1つ漏れただけで複数のコンテンツで被害が出るの
で騒ぎになっているわけです。


【被害を受けない、最小限にする為には】
PCのセキュリティをしっかりしておくのは勿論ですが、サー
バ管理者権限をハックされた場合はユーザーにはどうし様も
無い為、

基本的にIDPASS使い分ける事位しか被害を最小限に
抑える方法はありません。

一応携帯端末専用ハードで取得できるワンタイムパスワ
ード
(一度きりの使い捨て)の様な多重セキュリティを使用して
いるコンテンツを優先的に使用するという事も出来ますが、

使用したいコンテンツに付いている保証は無いので限界が
あります。

やはり多少面倒でもIDとPASSを分けたほうが良いでしょう。


【IDとPASSの考え方】
複数のIDとPASSを覚えるのは大変だと思われる方もいると
思いますが、意外と覚えやすい方法があります。

基本的にコンテンツの内容に関連した事柄IDにし、更にP
ASS
文章だてる事でコンテンツに紐付けして覚える事です。

例えば気象情報サイトに登録するとした場合、ID:Natu4koi
PASS:asita10ki2naareといった感じや、

ネットゲーム(FPS)に登録するとした場合、ID:kenTekihi3tu
PASS:cyan10kanrisi6という感じです。

コンテンツ思っている事でも良いし、内容に関係する事
も良いので、文章だてる事で覚え易くなります。


【IDとPASSの保存の仕方】
記憶しておくのが一番なのは確かですが、多くなってくると難
しいのでその様な時の保存方法です。

一番なのはにメモする事です。

ネットワークにつながっているPC内に入れておくと盗まれる
可能性があるので、切り離しておくのが一番です。

但し、他人に見られない様に管理するか、見られたとしても
分らない様にメモする必要があります。

尚、メモしてディスプレイやPC本体に張っておく事は一番やっ
てはいけない
事です。


如何してもPC内にメモを残しておきたい場合ですが、テキス
トファイルにメモした後に【入れておくと便利なフリーソフト】で
紹介しているLhaplus7ZIPの様な圧縮解凍ソフトを使用し、
PASSを付けて圧縮ファイルにしてください。

そうすれば、ファイル自体が流出したとしても情報を利用され
難くなります。


【リスト型ハックの個人的考察】
最近リスト型ハックの被害とされる情報流出事件が多数報告
されていますが、

個人がウイルスに感染して流出した情報のリストを使われて
不正アクセスされたと言う報告の中に、サーバ自体をハック
されたのを誤魔化している
所があるのではないか?と思える
事があります。

どういう事かというと、コンテンツ毎に使用できるIDやPASSの
必要文字数最高文字数違ったり、数字大文字必須
であると言う様な条件が違うからです。

例えば初めに最小6文字、最大12文字のコンテンツで10文字
のID
を作った後に最小4文字、最大8文字のコンテンツには同
じIDを作ろうとしても無理です。

また、小文字数字だけで良い所と、必ず大文字1つ以上
入れないと通らない場所では、後者IDを後で取得しようとした
ら同様に出来ません。

更に、既に取得されているIDは登録出来ないと言う事もあり
ます。

設定条件自体に差異があるのと、ID後から変更出来ない
ンテンツもある為、実際は統一したIDやPASSはそう多くない
はずです。

だから、最近の大量流出の原因の殆どリスト型ハックと発
表している事に疑問を覚えるわけです。

便乗して言い訳にしている可能性がある為、日頃から管理体
制の甘い企業
のコンテンツは警戒しておいた方が良いかもし
れません。


自衛する事は勿論ですが、情報管理の甘いコンテンツを使用
しないと言う事も必要かもしれませんね。



このBlogはBlogランキングに参加しています。
役に立ったと思った方はクリックをお願いします。




総合情報に戻る

TOPに戻る
サイトで良い出会いって?