2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09
パソコン(PC)の森
家電メーカーパソコンから自作パソコンまで含めた
総合情報Blogです。(技術情報主体)

パソコンの知識を得てより良いパソコンライフを送りましょう。

初めての方はパソコン初心者総合へ進んでください。

【その他まとめ】
総合情報:ソフトからハードまで様々な情報をまとめてあります
商品情報総合:用途や予算に合わせた商品(PC等)のまとめです
【SNSについての話】

消費者庁がSNSについてアンケート調査をした所、色々な問
題が出ている様なので、今回はSNS(ソーシャルネットワーク
サービス)について一つ。
(2017/7/31時点公開)


【関連記事】
1:若者半数SNSで嫌な経験=既読スルー最多―架空請求
やストーカーも・消費者庁調査

2:よくないね!SNS疲れ たまには脱「いい人」
3:自撮りの「裸」つい友だちに転送…児童ポルノ拡散相次ぐ



【SNSとは】
SNS(Social networking service)とは登録した参加者間の
コミュニケーションをし易い様にサポート、促進させる目的
提供されている、

登録参加型コミュニティコンテンツです。


ユーザーの情報公開やユーザー間のやり取りがし易い様に、
簡易な入力方式で情報発信や交流が出来る様にしている
ので、

知識が無くてもネット上に情報発信したり、ネット上で交流す
る事が出来ます。


基本的にはコンテンツ内だけのやり取りになりますが、情報
発信部分が登録関係無しでも閲覧は出来るものがあるので、
注意が必要になります。



【SNSの例】
Twitter
mixi
LINE
Facebook




【SNSの問題点】
コミュニケーションツールというSNSの性質上関連記事の様
に、発信に対する返信への過剰期待や、情報漏洩、コミュニ
ケーショントラブルに詐欺や付きまとい等の問題が出ます。

これは、24時間開放状態でやり取りが出来てしまう事と、
ット上の情報の性質を知らなくても情報を簡単に公開
できて
しまう事のユーザー丸投げ状態、

更に過剰な交流機能の設置による弊害から来ています。



【問題点と考察】

【過剰なコミュニケーション機能】
24時間ネット上に接続できる端末があれば無音でコンテンツ
を四六時中簡単に利用出来るのもありますが、

既読通知機能やいいね等の表現ボタンの様な交流機能によ
って過剰な交流が出来る様になった結果、

返信を義務であると錯覚して相手に強制したり、文章や機能
を使っての返信が来ないことに対して身勝手に怒りを覚える
状態になっています。

いわゆる既読スルーに対する不満やいいねボタンの強制等
の事ですが、これは過剰なコンテンツ機能による弊害である
と思われます。


電話の場合会話という外部に音として影響するので相手の
状況を考えてかけますが、タッチパネルでほぼ無音入力が
出来るスマートフォンが普及した現在では外部にほとんど影
響しないので、相手の状況を考える事が希薄化している
様です。

その様な状況で相手の行動が分かる通知を出してしまって
いるので、「いつでもコンテンツが使えるのになんで返信をし
ないんだ」という身勝手な感情を覚えやすいのではないです
かね。

特に自制が効かない世代から活用していて上記の状態が当
然な状況だと認識している場合に起こりやすと思われます。



【個人情報の流出とストーカー】
これは単純にネット上に公開されている情報の性質を理解せ
ずに安易に個人情報が特定できる写真や情報を上げてしま
った
為に、

何か問題を起こした時や、興味本位に場所や個人を特定さ
れて拡散されたりストークされる事があると言う事ですが、

問題を起こした時は自業自得ですが、写真に写されている人
物や風景から場所を特定して興味本位で近場にいる犯罪者
や他人が近づいてくる事もあるので注意が必要です。


情報、ネットリテラシー関連(3)】で前に説明していますが、
ネット上の情報は全世界に公開されているので、個人や場
所を特定できる写真や文章を載せてはいけません。

SNSでも基本公表している所もそうですが、ほぼクローズで
あっても、内部の会員が情報を取得した上でコピーして拡散
する
事もあるので、油断してはいけません。

また、記事3の様に情報発信と受信自体が犯罪につながる
こともあります。



【フィッシング】
SNSでも詐欺業者がアカウントを取得して詐欺の金銭請求を
してくる事がありますが、無作為に送られてくるのはメールと
変わらないので、引っかからない様に事前に知識を入れてお
しかありません。

どういう形態の詐欺がネット上であるか調べておく必要があ
ります。



【問題の対策】
【SNS依存症の改善】
一番良いのは、コンテンツ提供企業がコミュニケーションで負
担になる既読表示や反応ボタンを無くしたり、特定時間帯か
らサーバーを落として使用出来なくすることですが、企業側だ
と難しいので、個人的に対策する事が必要です。

中学生以下の場合は親が端末を預かったり無線LANルータ
ーで端末毎に時間指定の接続設定で規制する等、親という
理由をつける
事で返信の義務と言う錯覚から解放する事が
出来ると思われます。

高校生以上で自分でバイトして使用している場合はルーター
の対策位しかありませんが完全ではありませんので、物理
的な対策は無理です。

触れる前に常識的な使用の仕方を説明した方が良いかもし
れません。


例えば、相手が今何をしているであろう時間であるか考えて、
メッセージを送れる状況であるかを考える
様に言ったり、

コンテンツを使える時間をコミニティの参加者に説明して返信
出来ない時間帯がある事を言う様に予め使い方を説明して
ルールを伝えさせておくことで、

常に返信をスタンバイしておかないといけない、必ず返信し
ないといけないという異常な状態になり難くなると思われ
ます。



【個人情報の流出の対策】
社会問題化して学校でもネットリテラシーの学習が始められ
ていますが、ネット上に上げてはいけない情報を説明して置
く必要があります。

以下の情報は絶対に上げてはいけません。


【文章】
自分、他者を含む情報(本名、住所、市町村等の地域)


【写真】
自分、他者、近場の風景(家、施設)


写真の場合、風景写真でも近い地域の者には特定可能だっ
たりするので、風景写真も迂闊に上げてはいけません。

当然ですが、許可もなく他人が写っている写真を上げる事も
駄目です。


以上は基本的な事ですが、SNSにはデータサーバが国内に
無い
コンテンツがあり、データ傍受や抜き取りに対する罰則
がある法がない国の場合、やり取りしているデータを参照し
て詐欺やID乗っ取り等の問題が起きるので、

その様なコンテンツを使う時はより用心する必要があると考
えて下さい。



【詐欺対策】
事前にしっている事が大切なので、説明をするしかないで
すね。

SNS利用上の注意点(総務省)等公的機関の注意情報を使っ
て説明すると良いと思われます。

また、見つけた場合は運営に通報して下さい。



ある程度年齢になってしまうと抜け穴があるので難しいです
が、常識的な使用の仕方を教育して行くことで意識を変えさ
せる事が必要だと思われます。

本来はコンテンツ自体を改善してそうならない様にする事が
必要なんですけどね。

健康上にも問題が出ているので、そのうち法的に規制もある
かもしれません。



このBlogはBlogランキングに参加しています。
役に立ったと思った方はクリックをお願いします。




総合情報に戻る

TOPに戻る
【クラウドコンピューティングとは】

今回はクラウドコンピューティングについて書きます。



【クラウドとは】
cloudつまり「」と言うそのままの意味です。

従来より、IT業界ではネットワークのシステム構成図雲の
を用いて表す習慣があり、クラウドとはインターネットのシ
ステム構造
を表したものです。



【クラウドコンピューティングとは】
上記で説明したとおり、クラウドとはインターネットのシステ
ム構造を表したものですが、

クラウドコンピューティングとは、従来ソフトを使う為にはPC
毎にインストールする
必要があったり、ネットワーク上にコン
テンツを発信する
為には自前でサーバを用意する必要があっ
たのを、

ネットワークを介してソフトウェアやハードウェア利用権を
提供
することで、専用のソフトやハードを利用者が用意しなく
ても


手軽にソフトの利用やコンテンツ提供を可能にする方式の事
です。



【クラウドコンピューティングで提供されるもの】
クラウドコンピューティングで提供されるものは、大まかに以
下の3種類に分類されます。
クラウド(クリックすると拡大)


IaaS(Infrastructure as a Service)】
IaaSとは、サーバ外部記憶装置回線等基盤をインター
ネット経由で提供する事です。

つまりハードウェアを指しています。



PaaS(Platform as a Service)】
PaaSとは、サーバ上ソフトウェアを動作させる為に必要な
OSデータベースソフトウェアの開発環境等の基盤をイン
ターネット経由で提供する事です。

つまり、ソフトとハードを繋ぐミドルウェアを指しています。



SaaS(Software as a Service)】
SaaSとは、メールシステムグループウェア等の情報共有
システム
をインターネット経由で提供することです。

つまりソフトウェアを指しています。


一般的に身近なクラウドコンピューティングと言うとSaaS
なります。

例えばOutlook(旧Hotmail)の様に、メーラーもメールサーバ
の設定も必要が無く、IDPass設定するだけで使えるメー
ルシステム
や、

特定集団で情報共有や意見交換が出来るGoogleグループ
等があります。



【クラウドコンピューティングの種類】
【パブリッククラウド】
インターネット経由で一般の利用者に提供されるクラウドです。

殆どの場合SaaSが主体になりますが、オンラインストレージ
サーバの利用も増えてきている為、IaaSPaaS環境の利
用も増えて来ている様です。


【プライベートクラウド】
基本的にビジネス向けで、企業企業内グループや取引先
等、限定された利用者に対してインターネット経由で提供さ
れるクラウドです。

開発や管理等でPaaSIaaSが主体になりますが、SaaS
利用されているようです。



【クラウドのメリットとデメリット】
【メリット】
主なメリットとして専用のソフトウェアやハードウェア用意す
る必要が無い
と言うのがありますが、インターネットに繋げら
れる端末
があれば何処からでも利用できると言う利点があり
ます。

また、サーバ管理等を業者に丸投げ出来るので管理に気を
使う必要がありません。


【デメリット】
基本的にインターネット経由で提供される為、ネットワークに
障害がでると、完全に使えなくなります

また、情報やセキュリティの管理を業者に一任することにな
る為、業者信頼性が必要です。

情報漏洩や消失時に対応が出来ない為、莫大な損失が出
可能性を捨てきれません。


さらに、開発や一般に対するコンテンツ提供の仕方を業者の
提供するサービス
合わせる必要がある為、自由に開発や
提供が出来るわけではない
という問題があります。



【クラウドでおきている問題】
【省庁のGoogleグループ情報漏洩問題】
2013/7に環境省、復興庁、農林水産省、国土交通省、厚生
労働省がGoogleグループを利用し、重要機密公開状態に
している問題
が発覚しました。

ネット上の記事の殆どがGoogleグループ公開設定につい
て言及するものになっていますが、問題は其処ではありま
せん。


問題なのは、本来外部に出てはいけない国の公的な機密
民間の海外企業
が提供するパブリッククラウドを利用してい
る事です。

公的な機密を海外企業に管理させるのは、危機管理能力
無いと言わざるを得ません。



【企業がグループウェアで社内機密を漏洩】
上記の漏洩問題と同様に企業でもパブリッククラウドを利用
して情報漏洩をしている事があるようです。



【情報が駄々漏れなサービスのLINE】
情報の管理会社の大本がアレな国家ということもありますが、
電話帳に登録してある情報をサーバ側に蓄積する上に、グ
ループ内のメンバーに公開してしまうと言う問題があり、個人
情報
駄々漏れになっています。

登録者の情報<が漏れるのは自己責任なので問題ないので
すが、問題なのは他人の個人情報が漏れる事です。

漏れた情報によっては裁判沙汰になってもおかしくありま
せん。

設定で拒否が出来るから大丈夫と言う問題ではなく、情報を
蓄積する事自体が問題
と言う事です。



確かにクラウドは利用し易くは有りますが、使い方を誤るとデ
メリットが大きいのでよく考えて利用する様にしてください。



このBlogはBlogランキングに参加しています。
役に立ったと思った方はクリックをお願いします。




総合情報に戻る

TOPに戻る
【情報、ネットリテラシー関連(3)】

今回は、情報リテラシーやネットリテラシーと呼ばれるネット
上の情報の取り扱い方
についての中でも、情報の発信につ
いて書こうと思います。



【情報の発信について】
昔はサーバを借りた上でHTMLを覚え、タグを打ち込んでHP
を作成
する必要があり、気軽に情報を発信する事が出来ま
せんでしたが、

掲示板やBlogの発達さらにSNSも出て来た事により、誰でも
気軽にネット上に情報を発信できる様になりました。

今回は、簡単に発信できる事が生み出す問題を中心に書き
たいと思います。



【情報の発信とは】
情報、ネットリテラシー関連(2)】の【情報の性質】でも触れ
ていますが、

ネット上にある情報とは、Pass規制によって受信者限定
しない限り、ネット端末を持った世界中の何処からでも受信
可能
と言う性質があります。

つまり、ネットに発信すると言うことは、全世界情報を公開
している事になるわけです。


さらに、ネット上に上げた情報と言うのは消す事が難しく、一
度拡散してしまうと消すのは略無理なので、情報を上げる時
は慎重にならなければなりません。



【情報発信の問題】
誰でも気軽に発信が出来る様になり情報の共有がし易くな
ったのは良いのですが、問題は上記のネット上の情報の性
を理解していない者が多いと言う事です。

内輪事だからどうせ検索されないとでも思っているのか、そ
もそもネット上の情報の性質を理解していないのか分かりま
せんが、

SNSBlog等で人物写真個人情報を晒したり、動画サイト
アップロードする、また犯罪行為の書き込みが後を絶ちま
せん。

Twitterも日本でつぶやき(本来はTweet小鳥のさえずり))
と意訳されているせいもあるのかもしれませんが、迂闊な発
がよく問題になっています。



【情報の発信を画像で表すと】
例えばTwitterで何の気なしに発言をしたとします、

つぶやき
↑の画像の様に本人は独り言小集団に向けてボソッとつ
ぶやいたつもりでも

叫び
実際は↑の画像の様に拡声器を片手に不特定多数の人間
に向けて全力で叫んでいる状態であり、

世界に発信
さらに詳細を言うと、全世界衛星経由で放送しているラジ
オ局
から放送している様なものです。

しかもその放送は、録音した発言を本人が消すまで繰り返し
流れ続ける
上に、

例え本人が原本を消したとしても、不特定多数の受信者が
その発言を記録した上で発信したら止めるのは不可能です。



【不用意にネット上に発信してはいけないもの】
【個人情報】
自分のは勿論、他人の個人情報を載せてはいけません。
場合によっては犯罪になります。
(:不特定多数が見える場所の話)



【ネット虐めではない単なる自爆話】
たまにTVで単なる自爆を、まるでネット虐めであるかの様に
放送している事がありますが、

未成年で喫煙や飲酒したことや、反社会的な行為をした事
の発言を載せて内定取り消しや、退学、会社をになる等は
自業自得であり虐めではありません。


基本的にネット上叩かれるのは犯罪行為をした者です。

大抵こう言う犯罪行為を載せる者は個人情報を平然とネット
上に垂れ流しにしていたりする為、大事になっているだけ
です。


(2)でも書きましたが、ネット上の情報と言うのは迂闊に取り
扱ってはいけません。

よく考えて発信しましょう。



このBlogはBlogランキングに参加しています。
役に立ったと思った方はクリックをお願いします。




総合情報に戻る

TOPに戻る
【情報、ネットリテラシー関連(2)】

今回は、情報リテラシーやネットリテラシーと呼ばれるネット
上の情報の取り扱い方
についての中でも、情報の性質
捨選択
について書こうと思います。



【ネット上の情報の性質とは】
現在ネット上には莫大な数の情報が転がっていますが、他
のメディア得られる情報とは性質が異なっています。



【情報の不完全性】
莫大な数の情報が転がっていると書きましたが、ネット上に
全ての情報が有る訳ではありません。

発信者の匙加減で情報量が変わるのと言う事もありますが、
公の場に出せない情報なんていうのは幾らでもある為、ネッ
トで調べれば
何でも出てくる何でも出来ると言うのは間違
いです。



【情報の公共性】
ネットワーク上の情報と言うのは、規制を掛けない限りネット
に繋げられる端末を持っていれば誰でも世界中の情報
する事が出来ます。

つまり、ネット上に情報を載せるという事はネット環境のある
全世界発信していると言う事です。

迂闊に個人情報を載せたり、迂闊な発言を発信すると、とん
でもない事になるのはこのせいです。



【情報の共有性】
ネット上の情報と言うのは新聞やTVの様に、発信者から
信者
に対して一方通行ではなく、受信者も発信者として情報
に対して発信する事が出来る為、一つの情報に対して多方
面から
情報が集まると言う特徴があります。



【情報の発信者】
ネット上の情報は発信者を確実に特定出来るわけではない
為、基本的に発信者から情報の正確性を判断できません。

と言うのは、ネット上の発信方法がホームページBlogT
witter
等のSNS(social networking service)の様に簡単
なって行っているのもあり、

誰でも簡単にネット上に情報を発信できる様になって誰が情
報を発信しているのか特定出来ない状態だからです。
(いくらでも偽る事が出来る為)



【ネット上の情報の正確性】
上記した様にネット上に情報を誰でも簡単匿名で発信出
来る為、

ネット上の情報は基本的に精査されておらず、正確な情報と
不正確な情報が入り混じった状態で存在しているのですが、

上記に加えて発信者の身元が確でも正確な情報と言えない
問題もあり、正確な情報を得る為には受信者側に判断する
基礎知識が必要になります。



【ネット上で正確な情報で無い例】
【身元が確かでも正確ではない情報】

現状の日本での話しですが、


【新聞やTV系企業】
企業の都合の良い様に情報を改変偏向等する為、正確な
情報は殆どありません。


【広告系企業】
基本的に広告主の製品に対してバイアスが掛かっている為、
正確な情報なんて殆どありません。

酷い時は商品レビュー全てな時もある位日本の広告企
の情報は酷く、全く正確ではありません。


【小売店】
ネットショップを経営している所でも商品レビューを出してい
ることもありますが、場合によっては売りたい物良く見せる
等の細工をしている事が有ります。



【匿名の正確ではない情報の例】
【口コミサイト】

ステマと言う言葉も広がっている様に、ネット監視業務
評対策業務
と証したネット工作業者が多数存在しており、

場合によっては業者が書いていたり、ポイントサイト等を開き
ユーザーにポイントにレビューを創作させている事があり
ます。


【各種掲示板】
人の集まる掲示板ほど上記の口コミサイトの様に、受信者
対して情報を操作しようと業者が書き込む事があります。


【百科事典系】
Wikipediaの様に何処からともなく引用した情報を載せてい
るサイトですが、

情報源が怪しいのはもちろん、サーバを管理している管理者
が複数のIDで自作自演をしていたり、極少数人数が複数の
IDで自作自演をして情報統制していたり、

多数決で選ばれた情報なら間違っていてもそれを載せるの
が正しい、と意味不明な事を平然と書き込む人間が参加して
いるので、正確な情報であると断定できません。



【情報を取捨選択する方法】
上記した様にネット上の情報と言うのは正確なものと不正確
なものが入り乱れており、自分で情報を取捨選択して正確な
情報を取得しなければなりませんので、

取捨選択する方法を知っておくが必要があります。



【基礎知識を学ぶ】
情報を判断する為に必要な分野基礎知識を学ぶ事で判断
することが出来るようになります。

一番確実な方法ではありますが、正確な情報を基に修学す
る必要
がある為、場合によっては教育機関で修学する必要
が出る等、時間が掛かります。



【情報源を探す】
基礎的な情報や、加工のされていない生の情報を探し、下
記の情報の比較時に利用する事で判断しやすくなります。



【複数の発信源の情報を比較する】
基礎知識を一から学んでいては時間が掛かる為、基礎知識
が無くても有る程度判断する事が出来る方法があります。

同じ情報でも、複数の発信源の情報比較すると言う方法
です。

但し、比較する上で情報に対して詳細な説明情報源があ
るか確認する必要があるのと、その説明や情報源に対して
複数の情報を比較して、その情報が正確であるかを確認
する必要があります。



ネット上の情報の取り扱いは難しく、受信や発信の仕方によ
っては大きな問題が発生します。

ネット上の情報はどういうものかと言う事を常に考えて情報
を扱いましょう。



情報、ネットリテラシー関連(3)


このBlogはBlogランキングに参加しています。
役に立ったと思った方はクリックをお願いします。




総合情報に戻る

TOPに戻る
【情報、ネットリテラシー関連(1)】

今回は、情報リテラシーやネットリテラシーと呼ばれるネット
上の情報の取り扱い方についての中でも、検索について書
きます。



【リテラシー(literacy)とは】
和訳すると識字能力、つまり文字や言語の規則を理解し
報の収集
()や選択(分析)、発信(意思伝達)等の能力の事
です。

情報リテラシーやネットリテラシーとは、ネット上に散見する
様々な情報の性質収集方法取捨選択発信等の、イン
ターネットを使いこなす為の能力です。



【ネット検索】
ネット上で情報を収集する時にGoogle等の検索エンジン
利用すると思いますが、検索方法次第ではより簡単に素早
目的の情報を検索する事が出来る様になります。

今回はGoogleを例に説明します。



【検索方法の前に】
検索に慣れている人は分かっていると思いますが、基本的
に検索エンジンは「単語」を基本に情報を検索します。

だから、「文章」での検索は検索候補が出て来ない可能性が
ある事を覚えて置いて下さい。
(強制的に検索エンジンがキーワード内の単語から検索する
ので大抵でるとは思いますが)

また、単語での検索でも、キーワード多いほど(4つ以上)
逆に検索候補が出ない事もあります。



【完全一致検索】
単一のキーワードで完全に特定出来る情報だと分かってい
る場合に利用する事で結果を絞り込めます。

Googleでの完全一致検索の入力は"キーワード"



【条件検索】
検索をする時に情報を特定出来るキーワードを知っている場
合は、単一のキーワードを入力するだけで検索する事が出
来ることもありますが、

単一のキーワードでは検索で表示される情報が多すぎて、
どの情報が求めているものか分からない
と言う事があります。

そう言う時に、条件を付けて検索する事で情報を絞り込む事
が出来ます。


【AND検索】
A and B
AND検索とは、上記の画像のABの二つのキーワードの両
方共に関連している情報だけを検索結果として出す様にする
為の条件検索です。


例えば2.5インチのHDDを探している時に「HDD」だけで検索
してしまうとHDDに関連するあらゆる情報を検索結果として
出してしまう為、情報量が多くなってしまいますが、

HDD 2.5インチ」と入力すれば、「HDD尚且つ2.5インチ
情報」と言う条件の下検索する事で情報を絞り込めます。

GoogleでのAND検索の入力はA B



【OR検索】
A or B
OR検索とは、上記の画像のABの二つのキーワードのどち
らか一方にでも関連
していれば、検索結果として出す様にす
る為の条件検索です。


例えば、マザーボードでもASUSGIGABYTEだけの情報が
知りたい時に、

MB ASUS OR GIGABYTE」と入力すれば、「MB尚且つ
ASUSGIGABYTEの情報」と言う条件の下検索する事で
情報を絞り込む事が出来ます。

GoogleでのOR検索の入力はA OR B



【NOT検索】
A not B
NOT検索とは、上記の画像のABの二つのキーワードの内、
B関連する情報を除いたAの情報を検索する為の条件検索
です。


例えば、新品のメモリを探している時に中古メモリの情報を
省きたい時に

メモリ -中古」と入力すれば、「中古メモリ除いたメモリの
情報」と言う条件の下検索する事で情報を絞り込めます。

GoogleでのNOT検索の入力はA -B



【その他検索法】
検索エンジンにもよりますが、キーワードに合わせて画像か
ら検索する「画像検索」や、動画から検索する「動画検索」、

更に店名、地名や住所から「地図検索」が出来る事もありま
すので、有効に使いましょう。



【検索オプション】
これも検索エンジンによりますが、情報が更新された年月日
言語地域サイトの形式等を条件指定して絞り込む事
が出来ます。

Googleの場合「検索ツール」をクリックで条件指定



情報、ネットリテラシー関連(2)


このBlogはBlogランキングに参加しています。
役に立ったと思った方はクリックをお願いします。




総合情報に戻る

TOPに戻る
サイトで良い出会いって?