2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09
パソコン(PC)の森
家電メーカーパソコンから自作パソコンまで含めた
総合情報Blogです。(技術情報主体)

パソコンの知識を得てより良いパソコンライフを送りましょう。

初めての方はパソコン初心者総合へ進んでください。

【その他まとめ】
総合情報:ソフトからハードまで様々な情報をまとめてあります
商品情報総合:用途や予算に合わせた商品(PC等)のまとめです
【データ復元について】

ごみ箱に送ったデータを戻そうとして完全に消してしまったり、
間違えて必要なデータをShift + Deleteで直消してしまった
時にデータ復元を試みると思いますが、

今回はデータ復元について書きます。

注:復元ポイントではなくOS上でのデータ再認識の復元につ
いて
(2017/8/9時点公開)



【データ復元が出来る理由】
ゴミ箱を経由したり直接完全消去をした場合Windowsの機
能ではデータ単体で直接復元する機能が無い為、通常だと
復元出来ないので、復元ポイント等のバックアップデータを
上書きしてデータを戻しますが、

ストレージ(HDD、SSD)の記憶領域を直接確認出来るソフト
を使えば、データ単体で復元が可能になります。


これは、OS上でデータを消去したという処理が、実際にはデ
ータ領域を書き換えできる領域であるという認識に変えてい
るだけ
であり、書き込まれたデータそのものはストレージの
記憶領域に残っている
からです。

だから、直接記憶領域を確認出来、データを再認識させられ
るソフトを使う事でデータを単体で復元出来る訳です。



【復元が出来なくなる条件】
上記した様にデータ領域にデータが残っている状態なら復元
が出来る訳ですが、以下の条件によって復元が不可能にな
る可能性が高まるので注意が必要です。

必ず復元出来る訳では無いと覚えておいて下さい。


【復元したいストレージにデータの保存をする】
HDD上書きの仕様(クリックすると拡大)
HDDの場合書き換えできるデータ領域という認識になった状
態でデータの保存を掛けると、外側の空いた領域からデータ
を埋める様に書き込む
仕様になっているので、

残っていたデータに別のデータが上書きされてしまってソフト
では復元が不可能になってしまいます。


ストレージが一つしかなくパーテーションも分かれていない場
合、OSが頻繁にデータを保存してしまうので復元が出来なく
なる可能性が高まります。

またSSDは基本新規の空きブロックがなくなるまで記憶領域
を変えて保存しますが、空きブロックがなくなるとブロック単
位で消去して書き込みする様になるので、保存を掛けると書
き換えしてしまう可能性が出ます。


HDDの記憶領域とSSDの記憶領域の仕様は【アロケーション
ユニットサイズとは
】と【SSDのデータ構造について】を参照し
て下さい。



【SSDでTrim機能を有効にする】
SSDは記憶素子の劣化を抑える為と上書きが出来ない仕様
上まっさらな状態なブロックに優先的にデータを保存する様
にしているのですが、空きが無くなると一度ブロック単位で
消去が必要になるので、書き込み時に書き換えが発生して
書き込み速度が遅くなります。

SSD Trimの仕様(クリックすると拡大)
上記の仕様で速度低下を起こし難くする為にSSDにはOS上
書き換え出来る領域と認識されたブロックをバックグラウン
ドで定期的に自動消去
するTrimと言う機能を搭載しています。

だから常に空き領域が出来ていることになるわけですが、書
き換え出来る領域と認識されたブロックなら定期的に消して
しまうので、単純な消去でもタイミング悪いと復元したいデー
タをデータ領域から消してしまう事があると言う訳です。


但し、機能を停止すると書き込み速度が経年で確実に落ち
るので、データの保存性かレスポンスのどちらを取るか判断
する必要はあります。



【復元をし易くするには】

【重要なデータはデータ専用のストレージに入れる】
上記した様に上書きをしてしまうと復元が不可能になる可能
性が高まるので、

頻繁に上書きが発生するOSのシステムデータが入っている
ストレージには重要なデータを入れない
様にして下さい。


システム用とデータ用に2台搭載して使い分けるのが最善で
すが、ノートの様にストレージを一台しか搭載できない場合は
パーテーションを分けておくのも有効です。


【復元ソフトの起動用DVDかUSBメモリを作成して置く】
システムデータがあるストレージで間違って消した場合に、
OSを読み込まずにBIOS起動時に読み込んで直接起動でき
るソフトの起動用メディア
を使用する事で、復元の可能性を
高められます。

但し、スタートボタンからシャットダウンしてしまうと上書きさ
れる可能性が高いので、使用する前に電源ボタン長押しで
強制終了させる
必要があります。



【復元ソフトの例】

【DataRecovery】
DataRecovery v2.4.7.1

表記は7までの対応ですが、10 Pro 64bit(1703)でテストし
た所、正常に復元出来ました。



【Recuva】
Recuva

ポータブル版はUSBメモリ等を挿してそこにダウンロードし、
そのまま実行できるので、システムドライブ上のデータを消
した緊急時に使えます。



【完全データ復元PRO(有料)】

完全データ復元PRO15
(2016/4/14)
ジャングル


USBブートメディアを作成してOS未起動で使用出来ます。

今の所USBブートが出来るのは有料ソフトばかりなので、ど
うしても1ストレージ体制で使用しなければならない時に心配
な場合は購入して予めUSBブートメディアを作っておくと良い
と思います。



【復元ソフトの注意点】
復元できるデータの形式に差異はありますが、基本的に無
料か有料かで復元出来るデータの状況には変わりありま
せん


上記した様にデータを上書きした時点でどちらとも復元不可
能です。

有料ソフトだからどの様な状況でも完全に復元出来る訳では
無い
と思って下さい。



【復元不可能なデータがどうしても必要な時は】
物理的に記憶素子にアクセスする機器を所有している業者
に頼んでデータを取り出してもらって下さい。

磁気データを直接読むので、上書きしていても復元出来る
可能性があります。



ストレージのデータ領域の仕様を予め知って準備おけば、間
違えて消した時に復元できる可能性が高まるので、覚えて
おくと良いですね。



このBlogはBlogランキングに参加しています。
役に立ったと思った方はクリックをお願いします。




総合情報に戻る

TOPに戻る
【グラフィックドライバを更新する時に使うツール 2】

【Driver Fusionとは】
プログラムの追加と削除や、ドライバのインストーラーでアン
インストールをするだけでは残骸が残り、他社製品と入れ替
えた時や新しいドライバと衝突して不具合が起きる事があり
ます。 

このツールはその残骸を綺麗に消す為のツールです。

尚このツールはDriver Sweeperを作成してた所の後継のツ
ールであり、Driver FusionはWindows8以降にも正式対応
しています。



【Driver Fusion】
ダウンロード先
Treexy Driver Fusion



(2015/7/13追記)
バージョン3.0でセーフモードで起動が出来る様に戻りました。

尚、UIが変わっている為、3.0での使い方も追記しておきます。


(2013/12/24追記)
【注意】
上記した様に残骸を消す為のツールですので、ドライバのイ
ンストーラーか、プログラムのアンインストールまたは変更か
アンインストール後に使用してください。

でないとドライバ本体辺りが残ってしまいます。

間違えて先に使ってしまった時は、Radeonの場合は新しい
ドライバを入れる前にインストーラーからアンインストールを、
Geforceの場合はインストーラーでクリーンインストールして
下さい。



【使う前に】
セッティング(1)(クリックすると拡大)
【Ver.3.0】
セッティング 3(1)(クリックすると拡大)
インストール後に初めて立ち上げると英語になっているので、
右上の「歯車の絵」を左クリックし、「Settings」を選択します。

尚、3.0はUIが変わってセッティングの位置が左下に変わっ
ているので注意。

セッティング(2)(クリックすると拡大)
【Ver.3.0】
セッティング 3(2)(クリックすると拡大)
後は「Language」の所で日本語に切り替えた後に「OK」を押
せば日本語に切り替わります。



【使い方】
Driver Sweeperと違い画像表示で大きく出る様になって分
かり難くなった上に、表示を切り替えないと残っているファイ
ルやレジストリの内容
が表示されなくなりました。

使い方(1)(クリックすると拡大)
【Ver.3.0】
使い方 3(1)(クリックすると拡大)
まずは左上にあるドライバ・ファミリを選択します。

ドライバの項目が見えたら、にある青色で囲んだ絵を選択
して詳細表示に切り替えます。

次に下までスクロールして搭載しているGPUベンダのグラフ
ィックボードの絵
左クリックしたら左下の「細部」を押して下
さい。

尚、Radeonの場合は「AMD」、Geforceの場合は「NVIDIA」、
必要な場合は「PhysX」を選択してください。

Fusionでは項目毎に独立している為、一度に1項目しか選
択できません


PhysX」も消す時はドライバとは別で選択して実行して下
さい。

使い方(2)(クリックすると拡大)
【Ver.3.0】
使い方 3(2)(クリックすると拡大)
画像の様に現在残っているファイルとレジストリの情報が表
示されるので、後は「削除する」を押すだけです。


(2015/7/13追記)
3.0の時点でセーフモードで起動出来る様に戻っているので、
今後また起動できなくなった場合に下記の方法で削除する
様にして下さい。


(2014/10/5追記)
【バージョン2.x以降にセーフモードで起動できない】
意図的に起動出来なくしているのか分りませんが、2.3~2.5
を試してみましたがセーフモード起動できない事を確認し
ました。

他所ではバージョンアップでセーフモードが必要なくなったと
書いてある所もありますが、通常立ち上げ時の実行で確認し
たところ、

以前のバージョンでセーフモードで実行した時よりもデータ
残っていたので、完全に削除出来るようになった訳ではない
様です。

なので、以下で対処法を追記します。



【通常立ち上げ時の使い方】
無料だと残る物1(クリックすると拡大)
元々無料版だと微妙にレジストリが残るFusionですが、OS
を通常起動している時はシステムデータ辺りの干渉が弾か
る為通常よりも多く残骸が残ってしまいます。

但し、アンインストール後のファイルは2回の実行で削除出
来るので、必ず2回削除を実行する様にしてください。

尚、2回やってもレジストリの設定ファイルが残るので対処が
必要です。



【Fusion実行後にDriver Sweeperで削除】
無料だと残る物2(クリックすると拡大)
Fusionでは1つだけに見えましたが、セーフモードで起動し
Driver Sweeperで読み込むと10個残っている事が分り
ます。

なので、Driver Sweeperで更に削除してください。

尚、Driver Sweeperだけを使わないのは、更新がとまって
いて新しいドライバの内容ファイル対応出来ない為、先に
Fusionで新しいファイルを削除する必要があるからです。



【実行する時の注意】
セーフモードでやらないと実行しても残骸が残る事がある為、
出来るだけセーフモードでやるようにして下さい。



セーフモードの起動の仕方】
以下を参考にセーフモードで立ち上げてください。

XP
XPのセーフモードの起動の仕方
XPのセーフモードの起動の仕方 2


Vista
Vistaのセーフモードの起動の仕方


7
7のセーフモードの起動の仕方


8
8のセーフモードの起動の仕方


10
Windows 10 のセーフ モードで PC を起動する

(2016/11/25追記)
公式の説明がAnniversary Update前の説明になっていて、
設定経由の説明が間違っています。

設定を開くまでは同じですが、[保守と管理]ではなく[更新と
セキュリティ
]から[回復]を選択して下さい。



Windows7以前は前のSweeperの方が使いやすい事もある
と思いますのでSweeperを使いたい場合は【グラフィックドラ
イバを更新する時に使うツール
】を参考にして下さい。



このBlogはBlogランキングに参加しています。
役に立ったと思った方はクリックをお願いします。




総合情報に戻る

TOPに戻る
【新プラットフォームにWindows 7をインストールする方法】

Windows 7発売から8年目になりますが、ハード側の機器に
対応する汎用ドライバが無い事から正式対応からはずされて
います。

但し、現状MBメーカーが独自に対応して7をインストール出
来る様にツールを出しているので、今回は新プラットフォーム
にWindows 7をインストールする方法を書きます。
(2017/7/20時点公開)



【Windows 7はそのままインストール出来ない】
新プラットフォームは上記した様にハード側とドライバの問題
で正式対応から外れた訳ですが、以下の原因でインストール
メディアからそのままインストールできません。


【USB3.0のコントローラの汎用ドライバがOSに無い】
Intel(100200シリーズ)とAMD(300シリーズ)のチップセッ
トに内蔵されているUSBコントローラUSB3.0しかないので、

BIOS時はマイクロコードで動作しますが、上記した様に汎用
ドライバが無いのでOSインストール時にUSB接続の入力機
器(キーボードやマウス)が動きません


但し、これについてはBIOSの設定やPS/2接続の機器で回
避出来るのですが、問題なのはインストール時にドライバを
求められる
事です。

必要なドライバが無いとインストールが出来ないわけですが、
チップセットドライバに内蔵されていて単体で存在しなかった
り、機器の対応バージョンがMBの製品ページに無い事があ
るので、ドライバを当てられず進めなくなります。



【NVMe接続のストレージが認識出来ない】
NVMe接続用のドライバが無いので、M.2 SSDにOSを入れ
様としてもインストーラー上から認識できず、項目に表示され
ないのでインストール出来ません。



【Windows 7用のインストールメディア作成ツール】
上記した様にそのままではインストール出来ないので、MB
メーカー各社がインストールメディア作成ツールをだしており、

予めドライバを統合したインストールメディア(DVD、USBメモ
リ)を作る事が出来ます。



【メーカー毎のツール】

ASUS:EZ Installer
GIGABYTE:Windows USB Installation Tool
MSI:Smart Tool
ASRock:Windows 7 USB Patcher(USB Driverのみ)
BIOSTAR:Windows tool(USB Driverのみ)
ECS:eSW7(USB Driverのみ)

上の3社についてはNVMeドライバも選択して統合できますが、
下3社についてはUSB3.0のドライバのみなので、NVMe接続
のM.2 SSDにそのままインストール出来ないので注意が必
要です。

また、ASRockまではMBモデル毎にツールが置いてありま
すが、BIOSTARとECSは専用サイトと公式のQ&Aの直臨の
みとなっています。



【インストールメディア作成に必要な物】
光学ドライブ又は仮想ドライブ(DEMON Tool等)
インストールDVD又はISO(MS公式)
DVD-R又はUSBメモリ



【注意点】
【ツールが全てのPCで動くとは限らない】
ツールが64bit専用で32bitのPCで動作しないと言う事があ
るので、

流用して新規に組んだ状態でインストールメディアを作る必
要に気が付いた時に、サブノートで作る事が出来ず、前のP
Cを組み直して作らねばならなかった、と言う事が起きます。

なので、必ず前もってインストールメディアを作成して置いて
下さい。




【統合ツールにNVMeドライバが入っているとは限らない】
上記した様にASRockBIOSTARECSのツールにはNVMe
ドライバが含まれていない
為、

インストールメディアを作ってもインストール時にNVMe接続の
M.2 SSDが認識されないので、直接インストールが出来ま
せん。

その様な時は一度SATA接続のストレージ(HDD、SSD)にイ
ンストールし、MS公式から汎用NVMeドライバーをダウンロー
ド&インストールしてM.2 SSDを接続して下さい。

後はM.2 SSDの方にクローンソフトでシステムデータをコピー
してM.2 SSDだけで正常に起動できるか確認したら、

SATA接続のストレージのシステムデータを消去すればイン
ストール完了です。


手間が掛かりますが、デフォルトで認識できないので3社の
MBを購入してM.2 SSDに7をインストールしたい場合は上記
の手順が必要です。

一応ISOに統合する方法もありますが、コマンドプロンプトで
手書き指定して統合する必要があるので、クローンでコピー
した方が確実です。



【Microsoft 汎用NVMeドライバの場所】
NVM は、Windows 7 および Windows Server 2008 R2で
高速でネイティブのドライバーのサポートを追加するのにを
更新します。
(公式)

尚、公式の場合↑でメールで問い合わせてリンクを送っても
らう方式になっています。


KB2990941(64bit)
一応64bit版については直リンを置いておきます。


KB2990941(32bit & 64bit)
後、修正パッチを集めて公表している所も置いときます。



ドライバ要求で詰むのもありますが、高速なNVMe接続のS
SDの使用も一般的になってきており7を使いたい時に詰ま
る方も多い様なので、覚えておくと良いと思います。



このBlogはBlogランキングに参加しています。
役に立ったと思った方はクリックをお願いします。




総合情報に戻る

TOPに戻る
【ボリュームライセンスのWindows(OS)の切り売り販売に注意】

丁度ネットショップでボリュームライセンス違反販売を見つ
けたその日に関連するコメントを貰ったので、

今回は、ボリュームライセンスを切り売りしている悪質な業
について書きます。



【ボリュームライセンスとは】
ボリュームライセンスとは、PCの導入数が多い企業や公的
機関、教育機関等のビジネス向けのライセンス契約です。

複数台のPCに一括してOSやソフトを入れられるのと、台数
に応じて割引
されます。

個人でも購入は出来ますが、使用権はその個人に限られ
ます。



【ボリュームライセンスの使用要件】
公式のライセンスまるごと早わかりガイド(PDF)を見ると分か
りますが、このライセンスは基本的にビジネス向けであり使
用権は契約した団体及びその関連企業限られています。

つまり、契約した集団やそれに関連する集団に属さない者
使用権は認めていません。



【何故買っては駄目なのか】
何故買っては駄目なのかと言うと、上記した様に本来契約し
た団体や関連企業でしか使用を認められていないボリューム
ライセンスのOSを、

違反販売をしている業者自体が多量のライセンス数で安価
契約をした上で、個人に対してPC1台分の使用権をDSP
偽装して販売しているからです。


つまり、違反販売業者の組織に属している訳ではない消費
使用権は認められない為、契約違反で何時ブロックされ
てもおかしくありません。

しかも、ばらばらの場所からMSPCの情報が送られる事に
なる為、ボリュームライセンスなのに複数の場所から送られ
て来るのはおかしい
と、直ぐにばれます。


尚、個人でも購入する事は可能と上記しましたが、それは個
人でボリュームライセンスを契約した場合であって今回の事
は関係ありません。



【違反販売の特徴】
【DSPに偽装】
DSPとはハッキリ書きませんが、元の値段をDSPに合わせた
上で大幅値引きをした様に偽装しています。



【Windows7以前のOSにバンドル品が無い】
OEMと書いてあるのにバンドル品書いてない
(プリインストール版は販売其のものが違反)


(2014/2/3追記)
単品使用可能なDSP版のWindows7が発売されていますが、
旧DSP版並の値段なので直ぐに分かります。


(2016/8/4追記)
現在はバンドル品が必要になる契約に戻っています。



【プロダクトキーの期限切れが発生すると書いてある】
プリインストール版、DSP版、パッケージ版どれも期限契約
なんて無いのでボリュームライセンスだと丸分かり。



【認証できない事があると書いてある】
上記の期限契約のボリュームライセンスに関連し、期限切れ
ブロック済みプロダクトキーを送っていると考えられます。

本来初期認証時通らないと言う事は有り得ないので。



【異常に安い】
表示している元価格1/31/4程度の価格で販売しており、
7 Pro6000円未満8 Pro9000円未満と異常な値段で
販売されています。



違反発覚でブロックされる以前に、期限契約で何時使えなく
なるか分かりません。

安いからと言って安易に購入するのは止めてください。



OS違反販売関連】
Dellの海賊版Windows 7に注意
再生PC用OS(WindowsXP、7)の販売に注意
Windows7(DSP版)を購入する時に注意する事
Windows 8 or 8.1の違反販売に注意
Windows 10の違反販売に注意



このBlogはBlogランキングに参加しています。
役に立ったと思った方はクリックをお願いします。




総合情報に戻る

TOPに戻る
【Windows7(DSP版)を購入する時に注意する事】

購入者即ライセンス違反に成る様な販売の仕方をしている
業者があまりにも多いので、独立した記事として書きます。



(2015/11/8追記)
Windows 10のDSP版からバンドル品が復活したのに伴い、
単品使用が可能なDSP晩の在庫が捌け次第Windows 7もバ
ンドル品が必要な規約のDSP版の発売に切り替わってい
ます。

すでに切り替わっている店で購入する時の注意として読んで
下さい。



(2014/1/16追記)
2014/1/11単品使用可能Windows7(DSP)が発売され
ましたが、ハードパッケージの旧DSPの方はバンドル品
なので、旧パッケージ版を買う時の注意として読んで下
さい。

尚、新DSP版の説明は【単品使用可能なWindows7(DSP)版
について
】を参照してください。



【Windows以前のDSP版の仕様】
OSについて】でも説明してありますが、Windows7以前のD
SP版
にはバンドル品が必要であり、

OSを使用する為にはバンドル品をPCに搭載して通電し、BI
OSで認識出来る状態にしないとライセンス違反になります。

つまり、バンドル品はPCに組み込めるパーツを選ぶ必要が
ある訳です。



【PCパーツの規格】
PCパーツには規格があり、組み込む為には専用の接続規
に合わせたパーツを用意する必要があります。

光学ドライブストレージ(HDD,SSD)、VGA及び各種増設ボ
ード
は接続規格の移り変わりが遅いですが、CPUメモリ
MB等は1~4年程度で頻繁に規格が変わるので、短期で組
み込めなくなる
事も少なくありません。



【買ってはいけないDSP版とは】
上記した様に、CPUやメモリ等は規格が比較的短期で変わ
るのでパーツの詳細(規格,仕様等)が必要に成るわけですが、

ネットショップの中には、バンドル品が「CPU」や「メモリ」とだ
けしか書かれておらず、規格の合わない中古メモリ中古C
PU
を送りつけてくる悪質な業者が存在しており、

送られて来ても略組み込む事は不可能な為、インストールし
た時点で確実にライセンス違反になり、何時ブロックされても
おかしく無い状態に成ります。

だから、パーツの詳細(規格,仕様)が書かれていないネットシ
ョップで購入してはいけません。



違反販売のOSは変に安い事が多いですが、新世代のCPU
(5千~10万円)やメモリ(3千~2万円)の価格を考えれば、
有り得ない価格で販売している事が分かると思います。

安いからと言って安易に購入しない様にしてください。



OS違反販売関連】
Dellの海賊版Windows 7に注意
再生PC用OS(WindowsXP、7)の販売に注意
ボリュームライセンスのWindows(OS)の切り売り販売に注意
Windows 8 or 8.1の違反販売に注意
Windows 10の違反販売に注意



このBlogはBlogランキングに参加しています。
役に立ったと思った方はクリックをお願いします。




総合情報に戻る

TOPに戻る
サイトで良い出会いって?